掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年08月15日
コニレッテ Konilette コニレット
素晴らしいな、と思ったのはシャッターだ。
チャージのコッキングはわずかに動かすだけ、シャッターは軽く、ぶれも少なそうだ。
「コニレットはよく撮れた!」というのはこのシャッターの力も大きかったのではないだろうか。
Konilette

年齢年代的にコニレットに思い出や思い入れはないのだが、最初に持ったときに「これは使える」と直感的に思った。巻止めがありフィルムカウンターがあり、蛇腹により内面反射もなく、レンズも良いものだ。35mmフィルムもなんとか使える、というところも使えそうな、ね、これはいいカメラですよ。と言っているような印象だった。
まあ実際にはかなり難物だった。ピントも狂っていて調整はなかなか困難で諦めた個体もあった。シャッターもちゃんと動くものは少ないのではないだろうか?
コニレットは作りも良いし安かろう悪かろうなものではないのだが、安いものは安い造りではあるのだ。経年のコニレットは案外敷居が高い。
今まで持っていたコニレットは棚に置いて眺めて飾っていた
これも多分撮影に使うことはない。
使うためのカメラもあれば、手に持ったりちょっと動かしたり、眺めたりするカメラもあっていいんじゃないか…
KoniletteKonilette
まっすぐな部分がなくなりつつある。
KoniletteKonilette
ベークライトの質感は良いものだ。
Konilette
ーこのサイズ、このままのデザインでズームレンズのデジカメがあったらいいな。蛇腹のデジカメ、いいと思います。
[ 投稿者:山下全裸大将 at 16:56 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

B+W TULIPAN アルトベンリー あると便利
Tulipan Lenshoods
文章では説明しづらいものは多い。
B+Wはシュナイダー傘下?のフィルターメーカーのようだが日本ではあまりポピュラーではないブランドだと思う、ライカM8を使った時に赤外IRフィルターで初めて知ったブランドだった。
これはフードも兼ねたフィルターホルダーという製品になるのかもしれない。小さな黒いボタンでフィルター(37mm)を落とし込んで固定できる。
チューリパンという製品名でいいのだろう。サイズの表示があるので大きなサイズなど各種商品展開していたのかもしれない。見たことはないけれど。
かなりしっかりした材質で、だいぶ古いもののようだが、いかにもドイツ製らしい堅牢なものだ。
あと、これは持っているとすごく便利です。
Tulipan LenshoodsTulipan Lenshoods
[ 投稿者:山下全裸大将 at 16:29 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Kenko SCOPE EYEPIECE 実は何に使うのかわからない
Kenko Lens Scope Eyepiece. for APK mount.
Scope Eyepiece image 50mmScope Eyepiece image 16mm
50mmでは近接でこの程度まで拡大する(左)、16mmの魚眼では歪曲がなく案外見やすかった(右)。まあ、本来はそういう使い方ではないのだろう…Kマウントの望遠レンズは持っていなかった。
[ 投稿者:山下全裸大将 at 02:14 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

MINOLTA MACRO LENS ライカマウントであること
SRマウント用のレンズであるがライカマウントである。革ケースは2上下2層になっており、アクセサリーがたんまり入っていて楽しい。
Minolta SR mount Early Mcro LensMinolta SR mount Early Mcro Lens 1:1 tube.
Minolta SR mount Early Mcro Lens outfit.
同梱アクセサリは等倍撮影用チューブ(L39のライカマウント)、レンズ本体がライカマウントなのでSRマウントアダプター、装着用のレンチ(回螺器)、リバースリングである。
Minolta Macro Rokkor QFMinolta Macro Rokkor QF
等倍チューブ使用時はレンズの表示がちゃんと等倍になる。
Minolta Macro Rokkor QF
一眼レフ黎明期ならではの不思議なライカマウントレンズ。面白いレンズです。
[ 投稿者:山下全裸大将 at 01:41 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

カールツァイスと人民について PRAKTICA と PRAKTICAR とJENAFLEX
Prakticar PENTACON Lens
ー3000本だけという伝説もある初期型のプラクチカール50mm/1.4。前玉の曲率は艶かしい。最短が36cmというところもマニアを惹きつけてやまないところ。
Prakticar PENTACON LensPracticar PENTACON Lens
ペンタコンは社名、プラクチカールはレンズの名称。
プラクチカールにはカールツァイスイエナ製造とマイヤーオプティック製造の2種類がある。ペンタコンの名称がついたレンズはマイヤー製造で、日本ではちょっと値段が安かった。
マイヤーの名称のプラクチカールを見つけた。これにはペンタコンもプラクチカールの名称もなく、Meyer-Optik、Made in Germanyとだけスタンプされている。
東西ドイツの統合期でペンタコンもプラクチカも使えない時期のものだろうか。
Prakticar
余談だが、ネットのウェブ翻訳でMeyer-Optikをドイツ語-日本語翻訳にかけるとマイヤー光学となる。だがネット検索ではメイヤーの方が通りはいいみたいだ。プラクチカールとプラクチカー、メイヤー、マイヤー、タイレル、ティレル、ゲーテ、ギョエテ。

カールツァイス名は有るがプラクチカールの名称がないものもある。ペンタコン統合やツァイスとの商標権争いの産物だろうか。このあたりはあまり深追いしてはいけないのだろう(あまり興味もないので)。
Made in German Democratic Republic。
英語表記は西側輸出向けとなるのだろうか。あまり輸出に積極的な印象のないソ連製の一部のカメラやレンズにも英語を見かける。
いろいろなんだろうな(なにが)。
Carl Zeiss Jena P lensCarl Zeiss Jena P Lens
Practicar PENTACON LensPENTACON PRACTIKA
ー下段は初期のマイヤー製になると思う50mm/1.8(JENAFLEXに付けられていたものではない)。最短が33cm。
マイヤーゲルリッツのオレストンと同じスペック。
こちらのBlogに詳しいhttp://pakira3.sakura.ne.jp/wp/?p=14278
たくさんの個体を見てきているカメラ屋さんや修理屋さんの記録はとても重要です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:山下全裸大将 at 00:24 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]