掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2016年08月22日
トプコンクラブの吉田君にトプコン35Bを直してもらう
オークションで買ってみたら画像の印象よりもかなりひどい、ということは実はあまりない。「目」には自信があったのだが、たまに失敗する。
これも失敗したものの一つだ。
Topcon 35A early
ー元が元なので治ったと言ってもボロボロではある。バルブがNGなので無限遠の確認ができていない。使ってみたいカメラの一つだが、まあまたの機会、またの出会いがあるだろう。その頃フィルムが買えるかどうかわからないけれど。
Topcon 35A early
カバーの絞り?は複雑な形状だ。
黒いダイアルは、知ってる人は知っているが知らない人は全く知らないと思うので書いておくが、交換レンズの8cm望遠の専用の距離計ダイアルである。4.2cmレンズはフロントエプロンにあるレバーで、8cm望遠はトップの黒いダイアルで。
Topcon 35A early
Topcon 35A early
巻き上げるとセルフコッキングでシャッターがチャージされる。
小さいが重い、中身の詰まったカメラという印象。ファンはいるようで綺麗なものだとオークションはヒートすることも多いが、まあそうだ、綺麗なものが出たらそりゃみんな黙っちゃない。
[ 投稿者:ぢ at 18:57 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

探し物が見つかった話 メッツのストロボの板みたいなやつ
Metzのストロボは世界に冠たるドイツ製である。が、いつの頃からか世界に冠たるドイツ製といえどもカメラ同様日本製に席巻されており、周りを見回してもメッツなんか使っている人がまず居ない。
だからいいんですね。
人があんまり使ってないストロボ。
Metz 45CL4
Metzはクリップオンタイプの20、30といった小型のGNのストロボも幾つか持ってはいたが、グリップ型の大型ストロボを手にしたことはなかった。
なぜか?
使わないからですね。使わない、クリップオンタイプですらもう滅多に使わない。大型(といってもGN45だが)グリップタイプなどまず使わない。そうでしょう?みんなそうでしょう?

最近(と言っても一年以上前だ)ふと手に入ったのが45CL-4というタイプ。ただしブラケットがないのでカメラにつけることはできない代物だ。
メッツのストロボブラケットはカタログを見ても写真すらちゃんとない。幻の感がある。
まあ、普通はストロボと一体なのだし、販売時もセットなわけだから単体で販売されるのはあまりないのだろう、と思われた。
どういうものかというと、こういう形状だ。
Metz 45CL4
ーあとこういうパーツも重要だ。
Metz 45CL4Metz 45CL4
ー普通取り外さないと思うが、この45CL−4にはなぜか付いていない。

で、なぜそんなパーツの、ブラケットの画像があるかというと
ジャンクで見つけたんですね。ブラケットと普通外さない部品とセットでを300円で。
Metz 45CL4
ーもう素晴らしいです。
かっこいいですね。使いませんけれども。
ストロボは他のいろいろと抱き合わせで500円でした。
ちなみに楽しみ方はこうです。こうやって眺めるものですねこれは。
image
ーストロボは裏面の方がかっこいいです。
[ 投稿者:ぢ at 18:18 | かわいそうのこと | コメント(0) | トラックバック(0) ]

陸のTOKO海のNIKKO 双眼鏡 ORION 星の名前の双眼鏡
東京光学と日本光学、軍需産業の一翼を担った日本の光学メーカーで、今も続くからなかなかに老舗だ。
トプコンの双眼鏡は昭和20年代か30年代、トプコンがメーカー名でトーコーワイドフィールドが商品名になるのか?Wネームのようでマニアの心ををくすぐるネーム。最短距離が若干他メーカーの双眼鏡より短いので部屋の中でもたのしめる。
Topcon Toko
Topkon ToKoNikko Orion
日本光学、学の字がフォントにないニコンはオリオンという製品名、軍需品で広く使われたという一般的な国産光学兵器でニコン以外のメーカーもあるのでTokyo Nipponの刻印に注意だ。8Xはあまり見かけないような気がしたので入手したが、別に珍しいこともない(らしい)。
Nikko Orion
Topcon TokoNikko Orion
この個体は古物商のいうところのウブのようだ。触ると外皮が崩れてしまう。
布製のケースは一般的なものなのか、終戦間際の粗悪なものかわからないけれど、名前がアルファベットで書いてある。
終戦後にピクニックにでも使われたのならいいですなあ。
[ 投稿者:ぢ at 17:43 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月15日
コニレッテ Konilette コニレット
素晴らしいな、と思ったのはシャッターだ。
チャージのコッキングはわずかに動かすだけ、シャッターは軽く、ぶれも少なそうだ。
「コニレットはよく撮れた!」というのはこのシャッターの力も大きかったのではないだろうか。
Konilette

年齢年代的にコニレットに思い出や思い入れはないのだが、最初に持ったときに「これは使える」と直感的に思った。巻止めがありフィルムカウンターがあり、蛇腹により内面反射もなく、レンズも良いものだ。35mmフィルムもなんとか使える、というところも使えそうな、ね、これはいいカメラですよ。と言っているような印象だった。
まあ実際にはかなり難物だった。ピントも狂っていて調整はなかなか困難で諦めた個体もあった。シャッターもちゃんと動くものは少ないのではないだろうか?
コニレットは作りも良いし安かろう悪かろうなものではないのだが、安いものは安い造りではあるのだ。経年のコニレットは案外敷居が高い。
今まで持っていたコニレットは棚に置いて眺めて飾っていた
これも多分撮影に使うことはない。
使うためのカメラもあれば、手に持ったりちょっと動かしたり、眺めたりするカメラもあっていいんじゃないか…
KoniletteKonilette
まっすぐな部分がなくなりつつある。
KoniletteKonilette
ベークライトの質感は良いものだ。
Konilette
ーこのサイズ、このままのデザインでズームレンズのデジカメがあったらいいな。蛇腹のデジカメ、いいと思います。
[ 投稿者:ぢ at 16:56 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

B+W TULIPAN アルトベンリー あると便利
Tulipan Lenshoods
文章では説明しづらいものは多い。
B+Wはシュナイダー傘下?のフィルターメーカーのようだが日本ではあまりポピュラーではないブランドだと思う、ライカM8を使った時に赤外IRフィルターで初めて知ったブランドだった。
これはフードも兼ねたフィルターホルダーという製品になるのかもしれない。小さな黒いボタンでフィルター(37mm)を落とし込んで固定できる。
チューリパンという製品名でいいのだろう。サイズの表示があるので大きなサイズなど各種商品展開していたのかもしれない。見たことはないけれど。
かなりしっかりした材質で、だいぶ古いもののようだが、いかにもドイツ製らしい堅牢なものだ。
あと、これは持っているとすごく便利です。
Tulipan LenshoodsTulipan Lenshoods
[ 投稿者:ぢ at 16:29 | ひとり写真工業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]