掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年10月23日
ケース検討会 その2
≪③Cさんのケース検討会≫
(Q)複雑な生い立ちや知的障害、虐待などが複合している方ですね。
  そのためか、彼の口から出た言葉を理解するのは難しい気がしま
 す。
  私の周りにもよく分からないことを言う人がいます。住み込み就労
 を世話してもらったが、職場で問題を起こして解雇されました。
  周りも変な目で見るようになってしまって…。
(A) これだけの情報ではアセスメント出来ませんが…。
  住み込み就労することに無理があったのではないか?
  その前にやるべき事があったのでは…?
  検査や診察を受ける。生活や精神的な基盤を整備するなど。
  就労がうまくいかなかったことを、きちんと振り返るといいです。
 そして周りの人の目が変わるといいですね。
(Q)人懐こさはありました。でも、言うことが跳んでいてよく分からな
  いのです。
(A)SW(対人支援)をしていて大事にしていることは“相手の生きてき
  た世界で理解する”です。相手の人物像を描き、状況を的確に把握・
  分析し、謙虚に相手から学ぶよう心掛けています。
   言うことが大きく跳ぶ人を目の前にしたとき、根源的な問題がど
  こにあるかを探ります。
   このごろ、私の目の前にも言うことが大きく跳ぶ人が現れまし
  た。生まれてからの自分のよって立つ基盤がなくて混乱しているよ
  うでした。
   当事者の生きてきた世界を少し聞きました。
   親が残してくれたお金が底をつき困っているようでした。
   稼がないといけないという焦りがうかがえました。
(具体例)両親の愛情を受けずに育った一人暮らしで閉じこもり気味の
   若者です。
   「自分はどうしたいかはわからない。無意識化で話してるが、顕
   在化はしない。あとは死ぬだけ。生きていてもしようがない。」
  と話ました。
   若者の成育歴を訊き、その生きてきた世界で理解しないと、この
  発言の意味は解りません。
    始めは、おかしな人だ、と思うかもしれません。 若者には   ”安心・生活の基盤” がないのです。これが根源的です。
   もう一方で、こう言いました。
  「あなたと相談すれば、お金になるの? そろそろお金が無くなっ
  てしまうのではないかと、思って・・・」これが日常生活の問題で
  す。
   ここから一つ一つ生活課題に取り組むことを繰り返していくうち
  に”その人なりに解決していくことが少なくない” と思います。

「こころの病を診るということ」青木省三著・2017刊より引用
【根源的な問題と日常生活の問題は表裏一体であり、根源的な問題が提起されたとしても、その日常生活上の困難を取り扱う。これを丁寧に繰り返していくうちに、選り根源的、本質的な悩み苦しみを、その人なりに解決していくことが少なくない。根源的な問いを、日常生活の問題へと変換する。】
 
[ 投稿者:ゆり at 08:37 | まちの縁側 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月13日
ケース検討会 その1
障がい者と共に歩むグループ支援勉強会
            (2017.9.25pm7~9:20 まちの縁側なから)
キーワード
・触法の人の受け皿(触法障がい者も含む)
・根源的な問題を生活の問題へと変換
                             その1
≪当日のテーマ≫
①Aさんより、最近のなからについて報告
②Bさん(軽微な犯罪を繰り返してきた70歳代男性)支援について
   (触法支援の課題と老後の自立)
③Cさん(虐待を受けて育った20歳代男性)の回復へのプロセスと医療
    との連携について(Dr.への手紙を読みながら)

①報告内容;〇他の集団との連携による学習支援の始まりについて。
     〇障がいの有る若い人達が社会人としてより良く生活してい
    くための応援体制について。

②Bさんのケース検討会
(Q)どうして国選弁護人からSW(ソーシャルワーカー)に関わって欲し
  いと、声がかかったのですか。
(A)この弁護士さんとは以前からつながりが有り、このケースは3件目
  です。
   互いのスタンスを分かり合っているので、依頼に結びついたと思
  います。
   本来、国選弁護人は当事者が執行猶予で釈放された時点で、お役
  御免です。
   しかし、この弁護士さんは釈放後の問題にも出来る範囲で、しか
  もボランティアで応援してくれています。
   当事者と拘置所での面会の時点では、療育手帳が取れると感じま
  した。釈放後、ある社会福祉法人が制度外で彼を受け入れてくれま
  した。
  {作業所支援員の補助}という形で当法人のグループホームに入所
  し生活し仕事する中で、検査してみると{療育手帳は取れない}と
  の結論が出ました。
   彼の表情は、拘置所にいた時とは別人のように明るくなりまし
  た。
   彼が微罪を繰り返してきた背景も見えて来ました。
(途中略)
   これからは、≪制度外・ボランティア≫でなくて「長崎モデル」
  (長崎地検と社会福祉法人南高愛隣会がタッグを組んで受け皿を用
  意)のようなものが、長野県にも出来るといいと思います。
    なお、刑務所から出て来た人を対象に「県地域定着支援セン
   ター」が、
   県庁の近くにあります。県社会福祉士会が受託運営しています。

[ 投稿者:ゆり at 20:59 | まちの縁側 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月10日
10・11月の予定
☆Knit Bee (ニット ビー)楽しくお喋りしながら編み物しませんか。
    日 時 毎週月曜日・土曜日10:00〜12:00
会 場 なから (技能面はお一人ずつに応対していま。)
    持ち物 編み針等 お手持ちのもの
    参加費 600円  
    ワークショップ 10月14日(土) 指無し手袋(かぎ針)
               23日(月)   〃   (棒針)

☆バザー 手作り作品・お下がりの子供服・バッグ・装飾品等
     日 時  10月14日(土) 10:30〜12:30
     会 場  なから

☆障がいのある人たちと共に歩む「グループ支援」勉強会
     日 時  10月16日(月)18:00〜  11月11日
     会 場  なから
     参加費  100円 (軽食を用意しています。)

☆手話教室 手話ダンスも楽しみましょう。
     日 時  10月17日(火) 10:00〜11:30 11月21日
     会 場  なから      
     参加費  100円

☆やさしいヨーガ教室 お年を召した方にもお楽しみ頂けるヨーガです。
     日 時  10月19日(木 )11月9日(木)10:30~12:00 
     会 場  なから        30日12月12日
     参加費  600円
       靴下が脱ぎ履き出来る状態でお越し頂けるとより効果的
       です。

☆食育 お煮掛けうどん+キノコアドバイザー
     日 時  10月29日(日)14:00〜17:00 
     会 場  ハートピア調理室        次回11月26日
     持ち物  エプロン・頭に被るもの・お持ち帰り用タッパー
          等
     参加費  700円

☆運営会議 地域の居場所づくりに興味のある方ご参加ください。
     日 時 10月29日(日)  19:00〜20:30 
     会 場 なから   (軽食を用意しています。)
[ 投稿者:ゆり at 20:55 | まちの縁側 | コメント(0) | トラックバック(0) ]