掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年10月13日
ケース検討会 その1
障がい者と共に歩むグループ支援勉強会
            (2017.9.25pm7~9:20 まちの縁側なから)
キーワード
・触法の人の受け皿(触法障がい者も含む)
・根源的な問題を生活の問題へと変換
                             その1
≪当日のテーマ≫
①Aさんより、最近のなからについて報告
②Bさん(軽微な犯罪を繰り返してきた70歳代男性)支援について
   (触法支援の課題と老後の自立)
③Cさん(虐待を受けて育った20歳代男性)の回復へのプロセスと医療
    との連携について(Dr.への手紙を読みながら)

①報告内容;〇他の集団との連携による学習支援の始まりについて。
     〇障がいの有る若い人達が社会人としてより良く生活してい
    くための応援体制について。

②Bさんのケース検討会
(Q)どうして国選弁護人からSW(ソーシャルワーカー)に関わって欲し
  いと、声がかかったのですか。
(A)この弁護士さんとは以前からつながりが有り、このケースは3件目
  です。
   互いのスタンスを分かり合っているので、依頼に結びついたと思
  います。
   本来、国選弁護人は当事者が執行猶予で釈放された時点で、お役
  御免です。
   しかし、この弁護士さんは釈放後の問題にも出来る範囲で、しか
  もボランティアで応援してくれています。
   当事者と拘置所での面会の時点では、療育手帳が取れると感じま
  した。釈放後、ある社会福祉法人が制度外で彼を受け入れてくれま
  した。
  {作業所支援員の補助}という形で当法人のグループホームに入所
  し生活し仕事する中で、検査してみると{療育手帳は取れない}と
  の結論が出ました。
   彼の表情は、拘置所にいた時とは別人のように明るくなりまし
  た。
   彼が微罪を繰り返してきた背景も見えて来ました。
(途中略)
   これからは、≪制度外・ボランティア≫でなくて「長崎モデル」
  (長崎地検と社会福祉法人南高愛隣会がタッグを組んで受け皿を用
  意)のようなものが、長野県にも出来るといいと思います。
    なお、刑務所から出て来た人を対象に「県地域定着支援セン
   ター」が、
   県庁の近くにあります。県社会福祉士会が受託運営しています。

[ 投稿者:ゆり at 20:59 | まちの縁側 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月10日
10・11月の予定
☆Knit Bee (ニット ビー)楽しくお喋りしながら編み物しませんか。
    日 時 毎週月曜日・土曜日10:00〜12:00
会 場 なから (技能面はお一人ずつに応対していま。)
    持ち物 編み針等 お手持ちのもの
    参加費 600円  
    ワークショップ 10月14日(土) 指無し手袋(かぎ針)
               23日(月)   〃   (棒針)

☆バザー 手作り作品・お下がりの子供服・バッグ・装飾品等
     日 時  10月14日(土) 10:30〜12:30
     会 場  なから

☆障がいのある人たちと共に歩む「グループ支援」勉強会
     日 時  10月16日(月)18:00〜  11月11日
     会 場  なから
     参加費  100円 (軽食を用意しています。)

☆手話教室 手話ダンスも楽しみましょう。
     日 時  10月17日(火) 10:00〜11:30 11月21日
     会 場  なから      
     参加費  100円

☆やさしいヨーガ教室 お年を召した方にもお楽しみ頂けるヨーガです。
     日 時  10月19日(木 )11月9日(木)10:30~12:00 
     会 場  なから        30日12月12日
     参加費  600円
       靴下が脱ぎ履き出来る状態でお越し頂けるとより効果的
       です。

☆食育 お煮掛けうどん+キノコアドバイザー
     日 時  10月29日(日)14:00〜17:00 
     会 場  ハートピア調理室        次回11月26日
     持ち物  エプロン・頭に被るもの・お持ち帰り用タッパー
          等
     参加費  700円

☆運営会議 地域の居場所づくりに興味のある方ご参加ください。
     日 時 10月29日(日)  19:00〜20:30 
     会 場 なから   (軽食を用意しています。)
[ 投稿者:ゆり at 20:55 | まちの縁側 | コメント(0) | トラックバック(0) ]