掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月06日
美が究極の価値

・・・・・・・っということで、あなたにとって価値あるものとはなんですかと聞かれたら何と答えます。

お金、宝石、知識、情報、愛、友情、命、家族、健康、名誉などでしょうか。

例えばお金。

お分かりのようにお金そのものには価値はありません。

お金を使って得るものに価値があるのです。

じゃあお金を使ってクルマを買ったとします。

同じようにクルマそのものではなく、それを使って得られるものに価値があるのです。

ちょっと難しくなって、愛。

愛そのものに価値があるのでしょうか。

愛に普遍性があるのでしょうか。

愛を追い求める過程、あるいは、与えられる行為に価値があるんじゃないですか。

間違っているとは言いません、価値の定義の仕方が違うだけです。

ぼくのいう価値とは、追い求める対象としての価値です。

いま読んでいる本に「真・善・美」という言葉に目が留まりました。

実はこの本、2回目なのですが、前回は読み飛ばしていました。

ぼくは、これ以外の価値を付け加えようとしたのですが、どうやっても出来ませんでした。

手強いぞと思って調べたら哲学用語でした。

それも超有名な。

自分の無知を恥じます。

プラトンの時代からですから手強いわけです。

真・善・美それぞれ定義付けは難しいです。

しかし、追い求める対象としての価値は間違っていません。

皆さんも真・善・美が究極の価値かどうか考えてみてください。
[ 投稿者:追憶 at 11:04 | 追憶 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/49.96/a16029/0000558112.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/49.96/archives/0000558112.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら