掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年03月06日
その事を母に話す

高校を卒業する間近に祖父と再会し、お祝い金をもらって別れ、その後再会したのはそれから7年後くらいだった。

東京に住んでた父の弟、つまりは叔父が年の離れた女性と結婚し、それがきっかけで祖父は叔父の家に行くようになり婚禮統籌入行、わたしも何度かそこに呼ばれる事となった。

それでその度にお小遣いをくれ、その事を母に話す

今までじいちゃんらしい事はして来なかったんだからもらっておけ

会っている事はばあちゃんには内緒にしなさい

そう言われてたので按摩抱枕、遠慮なくお小遣いを頂いていた。

そしてそれから更に4年後に父が亡くなり、その葬儀で祖父が家を出て行ってから初めて祖母と顔を合わせるのだった。

祖父は祖母に土下座し、何度も何度も謝罪の言葉を繰り返し、祖母は一言も言葉を発せずそんな祖父を見ている。

そして葬儀が済んだ後

また来てもいいかい?

祖父は恐る恐る祖母に聞いた。

勝手にすればいい內痔 開刀

私はあんたの事なんか知らないから

そう祖母は言ったのだが、恐らく心のどこかで祖父を許したんだと思う。

わたしが祖母と一緒に時間を過ごして来てる中で、未だに祖父がいなくなってからの苦労話を一度も聞いた事がない。

本当に強い人だ

そしてその後もわたしは実家に帰る途中駅で下車し、祖父に会うのだが、なんと・・・
[ 投稿者:追憶 at 12:21 | 追憶 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/49.96/a16029/0000548317.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/49.96/archives/0000548317.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら