掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月15日
3.わが民法上は、委任は無償というの
3.わが民法上は、委任は無償というのが原則である(ローマ法からの沿革に由来するものであり、専門家たる受任者は委任者から独立して自由な高級労働を行うものであり、報酬を受けることによる束縛にはなじまないということを理由にする)。しかし、わが民法上も有償の委任を禁じるものではなく、報酬特約があれば、有償の委任となる。また、現代の取引社会では、無償の委任の実例は極めて少なく(実際問題として、無償では受任者も事務処理に対する熱意を失いがちである)、仮に明確な報酬特約がなかったとしても、委任の内容次第によっては、黙示の報酬特約があると認定すべきである。また、委任は、諾成契約であり、意思表示のみで成立する。https://joborate.com/mandate/mandate2/
[ 投稿者:はるまふじくん at 17:04 | 地域 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/49.37/a01220/0000562702.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/49.37/archives/0000562702.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら