掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2006年03月22日
日本の地名をラテン語で
こちらのページに、日本の地名のラテン語形が書かれています。それなりにラテン語っぽいのですが、ごく一部しか書かれていません。
そこで、私も考えてみました。

まずは私が学校に行くときにいつも通っている北摂地域の東側(JR京都線沿線)の地名から。

高槻……Tacatsucia, -iae
茨木……Ibaracia, -iae
吹田……Suita, -ae (そのまま)
千里丘……Senrioca, -ae

ア段で終わっているのはそのまま、イ段で終わっているのは最後に -a を付けて第1変化させればいいので簡単ですね。

北摂西側、阪急宝塚線沿線の地名とか。
豊中……Tojonaca, -ae
箕面……Minovō, Minovōnis (ちょっと苦しいけど第3変化)
池田……Icheda, -ae

大阪市の地名。
梅田、難波はUmeda, -ae; Namba, -ae でOK。
日本橋は Nippombasium, -ī かな? 同様に阿部野橋……Abenobasium, -ī
# 大阪は橋が多いからねぇ……「〜橋」は「-basium」でいいかも。
天王寺……Tennōsia, -iae
住之江……Suminojea, -eae(Hiatusの問題が……)

阪神地区の地名。
尼崎……Amagasacia, -iae
西宮……Nisinomia, -ae
芦屋……Aseia, -iae
三宮……Sannomia, -iae
神戸……Cōbea, -eae
う〜ん……月並みか……;

今度は京都の地名で
嵐山……Arasijama, -ae
鞍馬……Curama, -aeまたは-atis(鞍馬寺……Templum Curamatis)
大原……Ōhara, -ae(何のひねりもない……)
山科……Iamasina, -ae

う〜ん、とりあえず基本はローマ字書きの語尾が
-a → -a, -ae
-i → -ia, -iae
-u → -ium, -iī (例:小松→Comatium)
-e → -ea, -eae
-o → -ium, -iī
-ō → -ō, -ōnis
-an → -an, ānis
-in → -in, inis
-un → -on, ōnis
-en → -en, inis
-on → -on, ōnis

……とりあえずこんなもんかなぁ……考えるの疲れた(ぁ
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 19:26 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
現代ラテン語について/De lingua latina hodierna
現代ラテン語とは、現代に書かれた古典ラテン語の意味で使っています。「POP&ミーハー」を基本コンセプトに、ラテン語作文を書き散らしています。関連ネットリソースとしては以下のものがあります。...
投稿者: ラテン語で遊ぼ at 2009-02-10 10:10:57

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/48.59/a04971/0000115342.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/48.59/archives/0000115342.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら