掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2016年09月19日
名状しがたいLH0032のようなもの
世の中にはLH0032という非常に音が良いオペアンプがあるのだが、いかんせん入手困難である。幸いLH0032は定数を含めて回路が公開されているので、一部のオーディオマニアがディスクリートで再現している。

ディスクリートオペアンプ (LH0032等価回路)そこで私が作ったものがこれである。これを作っただけで連休が潰れたのだが、土曜日に300Ωの金皮を買い忘れたことが発覚し電気街まで調達、ついでに別件のオペアンプも購入して遅くなり、日曜日に今度は100Ωの金皮が足りないことが発覚、また電気街まで調達……で、タイムロスがあったためである。

初段のFETは熱結合が推奨されているようだが、今回はわざわざ熱結合をしなくて済むデュアル素子の2SK2145-BL(東芝)を使っている。BLランクなのはこのランクしか売っていなかったから(そして2個単位で売っていた)。これはチップ部品なので変換基板に実装する必要があった。

それ以外のトランジスタは2回路合わせてNPNが18個、PNPが10個。自作する人はよく2SC1815/2SA1015(東芝)を使うようだが、今回は海外で定番のSS8050/SS8550(フェアチャイルド)を使った。DランクとBランクがあるが、購入したのはDランク(hFEが高い方)。

今回、補償コンデンサは100pFを使った。このあたりならなんとか安定するようなので。

ハンダ面の様子専用基板は用意できなかったのでユニバーサル基板でちまちま実装。せっかくなので差し替えで使えるように2回路実装することにしたが部品点数も多くて(実装密度も高い)ややこしいのでまずCADツールを使って実体配線図を作ってから実装。どうしても配線をまたぐのでそこはポリウレタン線で実装。ポリウレタン線の被覆はハンダの熱で溶けるそうだがなかなか溶けない。予め片端に半田を塗るなどの対策をしたけど仮止めがうまくいかないなどものすごく作業性が悪いので正直もうやりたくない。

酸金が焦げた今日の昼に完成して最初に火入れ(通電させること)すると煙が出る事態。慌てて電源を切ってよく見たら1箇所配線を繋ぎ忘れていた。問題の場所を半田でブリッジさせたところ正常に動作した。酸金が2つ焦げてしまったが。

ディスクリートオペアンプ試聴中の様子肝心の音質だが、クリアで見通しが良いながらもウォームな印象で、僅かに反響のようなものが聞こえてくる金色音質。ICオペアンプよりディスクリートのほうが音が良いと言われる理由がわかった気がする。ただ、直接駆動では音量が足りない気がしたのでZobelフィルタ経由で接続させている。
なお、オフセット調整のトリマポテンショは特に調整していない。ある程度の直流成分が出ていようが私は気にしない、というのもあるが……

材料と原価は以下の通り。なお、半田とポリウレタン線は計算に入れていない。
品名単価数量金額
ユニバーサル基板 LUPCB-7427W(Linkman)@¥1221¥122
DIP8ピン金メッキ丸ピンコネクタ(台湾製)@¥721¥72
変換基板 D006(ダイセン電子工業)@¥4102/10¥82
SIP金メッキ丸ピンコネクタ(台湾製)@¥21612/20¥130
DIP6ピン金メッキソケット(台湾製)@¥162¥32
デュアル Nch JFET 2SK2145BL(東芝)@¥2002/2¥200
NPNトランジスタ SS8050DBU(Fairchild)@¥4218¥756
PNPトランジスタ SS8550DBU(Fairchild)@¥4210¥420
ポリプロピレンフィルムコンデンサ UPZ(東信工業)@¥162¥32
多回転トリマポテンショ J9W(東京コスモス電機)@¥3242¥648
金属皮膜抵抗 1/4W標準品(KOA)@¥1026¥260
酸化金属皮膜抵抗 1W標準品@¥104¥40
合計¥2,794
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 18:19 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月18日
Raspberry Pi 3 でオーディオ用スペアナを作った件
電子工作とはちょっと違うけど。

DAC まで作ったけど……4月頃買ってきた Raspberry Pi 3 だけど、せっかく DAC まで用意したのに Volumio が動かなかったので、結局FFTアナライザを動かすことにした。

ノーブランドの小型液晶モニタ用意したのは Raspbian、8GB の MicroSD カード、使い古しの USB サウンドデバイス(2010年頃に買った X-Fi Go)、ノーブランドの小型液晶モニタ。それと一時的にキーボードとマウスも必要。モニタはアナログコンポジット信号しか受け付けないのでAV変換ケーブルが必要だが、ピン配置が違うので端子の色が合わない。変換ケーブルの赤い端子をモニタの黄色い端子につなぐという変な使い方をする必要がある。

必要なソフトは Friture というソフト。なのだが、最新版だとライブラリが足りなくて動かないのでバージョン 0.14 を使う必要がある。まずここでハマった。

USBデバイスからサウンド入力するようにして……とここまでは良かったがレベルがおかしい。他のメーター類もレベルが下がっている。

自作のアッテネータ色々おかしかったので後日アッテネータを自作。といってもパッシブなので線繋ぐだけだったりする。これでおよそ直った。マイク端子は入力インピーダンスが低く、直結はまずいらしい。あと何故かステレオにならないようだがそれについては不明。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 22:28 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月02日
オペアンプのレビュー進捗状況とか
1ヶ月近く経ってオペアンプのレビューも結構出来てきたので現況とか。

書き終わって公開したもの

リンク先はレビューページ、カッコ内の数値は評価(5点満点)

持ってるけどまだレビューしてないもの

  • NE5532
  • NJM5532
  • NJU7032 ※CMOSデュアル
  • LT1498CN8
  • AD8656ARZ ※面実装デュアル ※低電圧用 ※過電圧で破損したおそれあり
  • OPA2350PA ※低電圧用
  • LT1028CS8 ※面実装シングル
  • LME49720NA
  • LM358N(ST、マレーシア製)
  • OPA2211AIDDA
  • MUSES01
  • THS4631 ※面実装シングル
  • NJM2114DD
  • NJM2147D
  • NJM4556DD

[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 18:54 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年03月04日
AD00031がiPhoneの電波を拾う件
前回の続き。

オーディオマニアの間では、オペアンプを交換することがよく行われている。AD00031でも、自己責任ではあるがオペアンプを交換することができる。キットに付属するものはNJM4580DDであるが、これをLME49860に差し替えてみたところ、通勤中に事件は起きた。


以前にChuMoyアンプを使っていた時も似たようなノイズが聞こえたことがあるが、いかんせん今回は大きいため非常に耳に悪い。サーという熱雑音ならまだしも、ビーとかガーとかいうデジタル変調系のノイズなので非常に耳障りである。
後で調べたところ、専門用語では「アンプI」(アンプ妨害)と呼ばれる電波障害(ESI)の一種だそうで、場合によってはラジオが聞こえる場合があるそうである。

LME49860だとノイズが大きかったが、NJM4580だとそれほど大きくなかったのでどうやらESIノイズを拾いやすいアンプと拾いにくいアンプがあるようである。また、アンプにiPhoneを近づけると(他のデジタル機器でもおそらく発生する)ノイズが大きくなり、接触する場所によって大きくなったり小さくなったりした。
このノイズについて調べるためにオシロスコープを使うのだが、そのままではプローブが当たらないので以前自作した中継台を使用した。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 22:30 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年03月03日
AD00031を買ってみた
先月半ばにAD00031というポータブルアンプキットを買ってきた。

このアンプ自体の説明は公式サイトを参照されたい。

最初はApple純正品のイヤホンで使っていたが、数回イヤホンを切り替えた。
・Apple純正品(オープン型)……iPhone 5cの付属品。
・SE-CE511(オープン型、32Ω)……感度が良く、ボリュームは9時の方向でちょうど良い。
・百均で買ったもの(オープン型、32Ω)……清々しいまでのローファイ、ボリュームは2時の方向まで回す必要がある。
・SHE9710(カナル型、16Ω)……感度が良い。回路構成上熱雑音が聞こえてくるが、これに落ち着いた。

AD00031のネジをユリアネジに取替ところで、このキットは筐体をネジで止めるが、電池を交換するときにはネジをはずさなければいけない。電池の交換ごときに工具が必要というのではやってられない。腕時計じゃあるまいし。そこでローレットネジに交換するのだが、あいにくM3のローレットネジが売っていない(M6とM4ならあった)。仕方なくユリアネジで代用した。
つづく
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 01:10 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年09月28日
パッシブアッテネーターの自作
2010年から使ってきた Sound Blaster X-Fi Go! を取り外してオンボードの Realtek High Definition Audioに切り替えた。というのも、今のRealtekドライバだとステレオミックスが使えることと、Sound Blaster X-Fi Go!だと48kHz/24bitまでしか対応していないこととである。High Definition Audioと書いてあるとおり、オンボードで192kHz/24bitに対応している(録音は16bitまで)。
しかし1つだけ問題があった。音量調整が荒いのである。どういうことかというと、66〜73までの範囲で動かしても全く音量が変わらず、74にすると急に音量が上がる、階段状になっているのである。
なぜこれで困るのかというと、ステレオ出力を分岐してVUメーター(簡易なものだが)を接続しているからである。普段は-9dBFSを0VUに設定しているのだが(iTunesで音楽を聞くときの設定)、テレビ放送では-20dBFSを0VUとしているらしく、ニコニコチャンネルでのアニメ公式配信でもそういったレベルになっているようである。今までは本体側の音量を調整して調整していたが、荒い階段状の音量調整ではそうもいかない。
そこで、切り替え式のアッテネーターを自作することにした。

最初の構成は木曜夜に組み立て、ポテンショメーター2段接続した回路を切り替えて使うものだったが、これは結論からいうと設計ミスである。
アッテネーター(間違った回路)
これでは接地している側の並列抵抗まで連られて(変換できなかった)変わってしまう。ユニバーサル基板にはんだづけする前にシミュレータ(LTSpice)で設計すべきだった。
設計とは関係なく、出力端子の片方がハンダ不良なのかショートしてしまっていた(今年のはじめに中学の時以来のハンダ付けを行った。私は経験が浅い)。さらに空中配線のコードを長くとったためにスパゲッティ化。

金曜の夜にショートした端子を交換、出力はされるようになった……が、前述の問題が発覚。
その時はプリアンプキット(既に使用していたのとは別に改めて組み立てた)と同一の筐体にするしていたのだが、挙動を観察しようとオシロスコープを使用したあと、プローブを外す時にうっかり活線のままGNDクリップを外してしまい電源ジャックの端子がスパーク。VDDと接触したらしい。この時は左側の回路を繋いでいなかったためそちらは生きていたが右側のチャンネルが故障。幸いにして他の部分には波及していないようだし、プリアンプは従来使っていた同じものがまだ生きているのでそちらに戻した。

土曜日に部品を再調達し、再設計。ラグ板で設計することも考えたが、結局はユニバーサル基板を逆さに取り付けることとした。
アッテネーター(正しい回路)
半固定抵抗はレオスタット接続にするのがミソ。回路も単純だ。接地側の抵抗は共通の固定抵抗を使う。




但し、アンプの後にアッテネータを繋ぐと電流が足りずVUメーターが正しく振れなくなるので先にアッテネータをつなぎ、その次にアンプを繋ぐという変な構成に。
なお、アッテネーターやアンプよりも前で分岐してヘッドフォンを接続しています(諸事情により私のPCにはスピーカーを繋いでいません)。

いずれにせよ、やはりユニバーサル基板は実装が面倒である。パターン付きの基板を使ったのである程度は楽ができたが、パターンのない部分はスズメッキ線の配線が少し面倒(こういう用途には片面基板のほうが便利)。
かと言って、今回の場合はわざわざプリント基板を発注する程でもないし、自作するとしてもそんな環境はない(うちのプリンタはインクジェット式)。

もっと面倒なのはケースに実装する部品のハンダ付けなのだが……
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 00:49 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月13日
アナログVUメーターを動かしてみる
オーディオメーター聞いてまず重いかべるのはVUメーターであろう。私はデジタル式のバーメーターを今年の1月ごろに購入したが、最近アナログ(針式)のメーターも欲しくなってきた。そこで、簡単なVUメーターを組み立ててみた。

電子工作をする人にはよく知られていることだが、VUメーターを動かすには駆動回路が必要である。先月VU回路を作ろうとしたのだが、自分でユニバーサル基板で作ると正しく動いてくれず、心が折れた。ユニバーサル基板はもう嫌である。

そこで、実装済み基板を1セット購入することにした。ハーネスケーブルセットが別売りなので合わせて購入。シールド線になっているAセットと非シールド仕様のBセットがあるが、プラケースに取り付ける予定なのでBセットを選んだ。(なお、代引きの局留めで送ってもらった。通信販売で購入したのはこの2点のみで、あとは全て実店舗で揃えた)

ガワはタカチのPB-4という大きめのポリスチレンケース、メーター部分は共立で売ってた2連レベルメーターを使用。なお、このレベルメーターはラジケータなので基板のジャンパ線2本をショットキーバリアダイオードに交換する必要があった

私が電子工作で一番困るのはガワである。プラスチックのケースに穴を開けるのに苦労する。今回必要な穴は8箇所。基板取付用の穴がφ3で4箇所(底面)。RCAジャック用の穴がφ6で2箇所、DCジャック用がφ7(実際にはそれ以上広げる必要があった)で1箇所(以上左側面)、ラジケータ用の角穴1箇所(全面)。しかし、手持ちのドリルはφ5までしかない。今回はドリルを斜めに入れて穴を広げたあとヤスリがけをする方法で行った。
そして一番面倒だったのは正面の大きめの穴。前々から苦労していたのだが、プラスチックカッターという専用の工具があるらしいことが判明。電子部品の店には工具も置いてあったりするが、プラスチックケースの加工に役立つOLFAの205Bが店頭にあったので買ってくる。それと八尾南駅前のダイソーで買ったヤスリも使った。
なお、基板取付用のネジとスペーサはセットに付属した。RCAジャックも付属したが、今回は別に買ったものを使った。DCジャックは付属していないので電気街で購入。

VUメーター組み立てを完了して、電源を投入したところ、フルスケールまで振れない。0VUの目盛りのあるところまでしか振れなかった。ラジケータの中身は直流電流計なのでどうも電流が足りていないようである。あとで気づいたが、抵抗2つを1kΩ程度に取り替えるとラジケータでも動くということがオンラインマニュアルに書いてあった。それに気づかなかった私は……
ブレッドボード(30行タイプ、両側にVcc/GNDライン付き)をケースに貼り付け(基板の右にちょうど収まるくらいのスペースが空いていた)、ボルテージフォロアを組んだのであった(LM358Nを1つで済んだ)。すると半固定抵抗をちょっと回しただけでスコーンと振りきってしまい、調整が大変だった。メインの調整用とは別に微調整用の半固定抵抗があるので助かる。

そうして動かしてみた結果は、-3VU以上は目盛りに正確だが、それ以下は高い方に少しずつずれるというものとなった。ラジケータなのでその辺はもう仕方がないので気にしないことにする。

VUメーターのキャリブレーションだが、標準音声信号装置(1.228Vrmsで1.000kHzの正弦波を出力する装置)なんて持っていないが冬に購入したデジタル式(零点調整済み)のを-6dBFSでフルスケールになるようにPCのボリュームを調整してあるのでそれで-9dBFSを0VUとして調節した。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 00:43 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]