掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2012年04月27日
Alternative English spelling (tentative)
[Olternetiv Inglişç spèling (tèntetiv)]

This is my attempt at respelling English with reduced irregularity, but keeping some extent of etymologicality.
[Ðis iz mí etèmpt et rispèling Inglişç wið ridûst irègûlarité, but képing sum èkstènt uv ètimulogicalité.]

Vowels [Vúelz]:
  • /iː/: é (for all occurrences including Y as in CITY, standing for phonologically long E, hence this letter by analogy of Icelandic alphabet)
  • /ɪ/: i (usually: standing for phonologically short I)
    • e (raised schwa: orthographic A, especially in suffix -AGE)
  • /uː/: ô (for all occurrences, standing for phonologically closed long O; circumflex accent was chosen by analogy of Portuguese orthography)
  • /ʊ/: ù (for all occurrences)
  • /eɪ/: á (usually: standing for phonologically long A, hence this letter by analogy of Icelandic alphabet)
    • ai (stands for orthographic AI, AY, EI and EY with or without following GH)
  • /ə/: e (usually)
    • u (stands for orthographic O or U, unaccented)
  • /oʊ/: ó (for all occurrences, standing for phonologically open long O)
  • /ɛ/: è (for all occurrences, standing for phonologically short E; grave accent was added so as to distinguish from schwa)
  • /æ/: a (for all occurrences, standing for phonologically short A)
  • /ʌ/: u (for all occurrences, standing for phonologically short U)
  • /ɔː/: au (for all occurrences, standing for Middle English diphthong AU, looking alike AU of French orthography)
  • /ɒ/: o (for all occurrences, standing for phonologically short O)
  • /ɑː/: â (for all occurrences)
  • /aɪ/: í (for all occurrences, standing for phonologically long I)
  • /ɔɪ/: oi (for all occurrences)
  • /aʊ/: ú (for all occurrences, standing for etymologically long U)
  • /juː/: û (monophthongal, standing for long Y)
    • eu (diphthongal, stands for orthographic (I)EU, (I)EW, EWE, UEUE, EAU)
  • /jʊ/: same as /juː/ (shortened from /juː/)


Rhotic Vowels [Rótic Vúelz]:
  • /ɑr/: ar (for all occurrences, standing for rhotic A)
  • /ɛər/: ár (usually, standing for rhotic long A)
    • air (orthographic AER, AIR, EIR, AYER, [m]AYOR, [th]EY'RE or E'ER, standing for rhotic AI)
  • /ɪər/: ér (for all occurrences, standing for rhotic long E)
  • /aɪər/: ír (for all occurrences, standing for rhotic long I)
  • /aʊər/: úr (for all occurrences, standing for rhotic long U)
  • /ɔr/: or (for all occurrences, standing for rhotic O)
  • /ɜr/: er (orthographic ER, [gramm]AR, EAR[th])
    • ir (orthographic IR, YR)
    • ur (orthographic OR, UR, [j]OUR[ney], [amat]EUR, [m]YRRH, [hors d']OEU[vre], [c]OLO[nel])
  • /juər/: ûr (for all occurrences, standing for rhotic long Y)


Consonants [Consunents]:
  • /p/: p (for all occurrences)
  • /b/: b (for all occurrences)
  • /t/: t (usually)
    • pt/ct (beginning of Greek words only, spelled as is)
  • /d/: d (for all occurrences)
  • /ɡ/: g (usually)
    • gh (before E and I, by analogy of Italian orthography)
  • /k/: c (usually)
    • k (before E and I)
    • ch (Greek words only, spelled as is, corresponding a chi)
  • /m/: m (usually)
    • mb (word-finally, spelled as is)
    • mn/gm/chm (Greek words only, spelled as is)
  • /n/: n (usually)
    • cn (beginning of native words, standing for CN in Greek words and KN in native words)
    • gn (beginning of native or Greek words, spelled as is)
    • pn/mn (beginning of Greek words, spelled as is)
  • /ŋ/: ng (usually)
    • n (if followed by a G or a K)
  • /r/: r (usually)
    • wr (beginning of native words, spelled as is)
  • /f/: f (usually)
    • ph (beginning of Greek words, spelled as is, corresponding a phi)
  • /v/: v (for all occurrences)
  • /θ/: þ (Germanic words including native words)
    • th (non-Germanic words)
    • chth/phth(beginning of Greek words, spelled as is)
  • /ð/: ð (Germanic words including native words)
    • dh (non-Germanic words)
  • /s/: s (usually)
    • c (before E and I, spelled as is)
    • ç (soft C not followed by an E or an I)
    • sc (before E and I of Graeco-Latin words, spelled as is)
    • ps (beginning of Greek words, spelled as is)
  • /z/: z (usually)
    • x (beginning of Greek words, spelled as is)
  • /ʃ/: şc (Native or Graeco-Latin words, in place of orthographic SH, and followed by an E or an I)
    • şç (Native or Graeco-Latin words, in place of orthographic SH, not followed by an E or an I)
    • ţy (orthographic TI, selected by analogy of Romanian orthography)
    • çy (orthographic CI, by analogy of ţ)
    • şy (orthographic SI, by analogy of ţ)
    • š (all ohter occurrences, e.g. pressure, kosher, crescendo)
  • /ʒ/: ž (for all occurrences)
  • /tʃ/: č (usually)
    • ţ (inkhorn terms orthographically spelled with TU or TI)
  • /dʒ/: j (usually)
    • g (before E and I, spelled as is)
    • ĝ (soft G not followed by an E or an I, selected by analogy of Esperanto alphabet)
  • /h/: h (usually)
    • hw (stands for orthographic WH)
  • /j/: y (for all occurrences)
  • /l/: l (for all occurrences)
  • /w/: w (for all occurrences)
  • /ʍ/: wh (for all occurrences)
Silent GH is dropped.
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 23:25 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月25日
諸言語のためのテングワール表記リンク集 Links to Tengwar modes for various languages
これは諸言語のテングワール表記法へのリンク集です。

[Q]…Quenya-style tehta / [S]…Sindarin-style tehta / [B]…Full mode (Beleriand-like)

Germanic languages

[S] 英語 English (Omniglotへのリンク)
[S][B] スウェーデン語 (リンク先の「teng-swe.pdf」をクリック: Direct link)
[S] オランダ語 Dutch
[Q] 古英語 Anglo-Saxon

Celtic languages

[S] スコットランド・ゲール語 Scottish Gaelic (Omniglotへのリンク)
[Q] スコットランド・ゲール語 Scottish Gaelic (Omniglotへのリンク)
[S] ウェールズ語 Welsh (Omniglotへのリンク)
[B] ウェールズ語 Welsh (written in PDF or TEX file)

Romance languages

[Q] スペイン語 Spanish (Omniglotへのリンク)
[Q] 中南米スペイン語 Latin American Spanish (Omniglotへのリンク)
[Q][B] スペイン語 Spanish
[S] フランス語 (リンク先の「Mode français pour les Tengwar」をクリック: Direct link)
[Q] イタリア語 Italian
[Q] ガリシア語 Galician
[Q] ポルトガル語 Portuguese (ポルトガル語版Wikipediaへのリンク)

Slavic languages

[Q][B] ポーランド語 Polish
[Q] 東スラヴ語 East Slavic (Russian, Belarusian and Ukrainian)
[Q] チェコ語 Czech

Other languages

[S] ハンガリー語 Hungarian (Omniglotへのリンク)
[Q] フィンランド語 Finnish
[Q] 日本語 Japanese
[Q][B] リトアニア語 Lithuanian

Constructed languages

[Q][B] エスペラント語 Esperanto
[Q][B] ロジバン Lojban
[Q][B] ロジバン Lojban
[Q] クリンゴン語 Klingon (もう何が何だか……)
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 07:25 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月24日
テングワールで東スラヴ語 East Slavic with Tengwar script (Revised)
Last update: 201204250110

Information
This post contains Tengwar script. To show this, you require a font. If you are using Firefox (11 or later), then enable Graphite; I recommend a Graphite-enabled font Tengwar Telcontar. Otherwise, an alternative choice is an OpenType font Tengwar Formal CSUR, but this looks less agreeable aesthetically on Windows (Uniscribe).

おことわり
この記事にはテングワール文字が含まれています。これを表示するには、フォントが必要です。Firefox(11以降)をお使いの場合は、Graphiteを有効に(リンク先は英語)してください、Graphite対応フォント Tengwar Telcontar をお勧めします。そうでない場合、別の選択肢は、OpenTypeフォント Tengwar Formal CSUR ですが、これは、Windows(Uniscribe)ではあまり綺麗に表示されません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 22:07 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月18日
テングワールで遊ぶ Playing with Tengwar (Italian and German modes)
Information
This post contains Tengwar script. To show this, you require a font. If you are using Firefox (11 or later), then enable Graphite; I recommend a Graphite-enabled font Tengwar Telcontar. Otherwise, an alternative choice is an OpenType font Tengwar Formal CSUR, but this looks less agreeable aesthetically on Windows (Uniscribe).

おことわり
この記事にはテングワール文字が含まれています。これを表示するには、フォントが必要です。Firefox(11以降)をお使いの場合は、Graphiteを有効に(リンク先は英語)してください、Graphite対応フォント Tengwar Telcontar をお勧めします。そうでない場合、別の選択肢は、OpenTypeフォント Tengwar Formal CSUR ですが、これは、Windows(Uniscribe)ではあまり綺麗に表示されません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 19:14 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

テングワールで遊ぶ Playing with Tengwar (Introducing Ukrainian mode)
Information
This post contains Tengwar script. To show this, you require a font. If you are using Firefox (11 or later), then enable Graphite; I recommend a Graphite-enabled font Tengwar Telcontar. Otherwise, an alternative choice is an OpenType font Tengwar Formal CSUR, but this looks less agreeable aesthetically on Windows (Uniscribe).

おことわり
この記事にはテングワール文字が含まれています。これを表示するには、フォントが必要です。Firefox(11以降)をお使いの場合は、Graphiteを有効に(リンク先は英語)してください、Graphite対応フォント Tengwar Telcontar をお勧めします。そうでない場合、別の選択肢は、OpenTypeフォント Tengwar Formal CSUR ですが、これは、Windows(Uniscribe)ではあまり綺麗に表示されません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 12:19 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

テングワールで遊ぶ Playing with Tengwar (Introducing Russian mode)
Information
This post contains Tengwar script. To show this, you require a font. If you are using Firefox (11 or later), then enable Graphite; I recommend a Graphite-enabled font Tengwar Telcontar. Otherwise, an alternative choice is an OpenType font Tengwar Formal CSUR, but this looks less agreeable aesthetically on Windows (Uniscribe).

おことわり
この記事にはテングワール文字が含まれています。これを表示するには、フォントが必要です。Firefox(11以降)をお使いの場合は、Graphiteを有効に(リンク先は英語)してください、Graphite対応フォント Tengwar Telcontar をお勧めします。そうでない場合、別の選択肢は、OpenTypeフォント Tengwar Formal CSUR ですが、これは、Windows(Uniscribe)ではあまり綺麗に表示されません。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 07:05 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月15日
人工言語ロジバン
……というのに最近興味を持ちました。なんでも、論理的な言語で、やろうと思えば機械と会話したりできるとか。
まぁ覚えなきゃならんことがまだ多いのとパラダイムシフトが必要なのと……

↓わかる人だけわかってください。
魔女文字ロジバン
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 01:46 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月17日
英語の綴りに読み分け符号を付けてみる
英語の綴りの複雑さを皮肉って Ghoti なんていうネタが存在します。英語のつづりを簡略化するという試みはいくつか存在するようですが、ここではそれらとは違い、現行の綴りはそのままで読み分け符号を追加するという方法を取ってみたいと思います。

かなりごちゃごちゃしてる。要改良。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 16:20 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月15日
パシュトー語の母音表記
パシュトー語はアフガニスタンやパキスタンで話されるパシュトゥーン人(アフガニスタンの名前の元となったアフガン人と同じ)の言語で、アラビア文字で表記されます。
アラビア文字は子音を表す文字だけからなります。子音だけで大体の意味が決まるアラビア語はいいのですが、ペルシア語やパシュトー語となると話は別です。
一応母音を表す記号もあるのですが(滅多に使わない)、[a][i][u]の3つしかありません。アラビア語の母音は短母音の音素としては3つしかないからこれで間に合うのでしょう(長母音はさらに子音字を付けて表す)。ペルシア語は短母音が[a][e][o]の3つで、アラビア語の母音記号の転用でも間に合っています(長母音も[ā][ī][ū]の3つ(これはイランのペルシア語の場合。アフガニスタンでは[ē][ō]が加わる)で、二重母音も[ei][ou](アフガニスタンではそれぞれ[ai][au]でアラビア語と同じ)の2つで、アラビア語の音素に近い)。

パシュトー語の音素は二重母音を除くと短母音・長母音合わせて9つで、アフガニスタンのペルシア語(ダリー語といいます)より1つ多いです。[a][i][u][ā][ē][ī][ō][ū]そして[ə](シュワー)です。
それぞれどう表記するのかと言うと、アラビア語やペルシア語を知っている人ならある程度想像はつきます。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 03:36 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月30日
特定の数字+phobia
欧米(というよりキリスト教圏?)では「13」は不吉な数字だとされているが(どっかで聞いた話、イタリアではそうでもないっぽい)、この「13」という数字を異常に嫌うことを「triskaidekaphobia」というらしい(古典ギリシア語で「13」を「トリス(three)・カイ(and)・デカ(ten)」という)。「13日の金曜日(Friday the 13th)」といえば不幸なことが起こると(欧米の一部の国では)信じられているし、実際アメリカなんかだと「13階がない(12階の上が14階)」とか「13階がM階(13番目のアルファベット)となっている」などがあり、英語版Wikipediaの該当ページ掲載のエレベーターの階数ボタンの写真にも「13階がない」というものがある。
ちなみに「13日の金曜日恐怖症」なる単語もある。「paraskevidekatriaphobia」(現代ギリシア語でパラスケヴィは金曜日、13はデカトリア)というのだそうだ。

一方、(おそらくベトナム以外の)漢字文化圏(中国・台湾・日本・韓国・北朝鮮)では「4」が不吉な数字(中国語数詞の「四」は「死」と発音が似ているため。麻雀でも「四家立直」「四槓散了」「四風連打」といった流局がある…四槓流れの場合は「嶺上牌がなくなるから」、四人立直は「ツモ切りだけで勝負が決まっては面白くないから」という理由もあるのだが)である。
これに対するtetraphobia(テトラはギリシア語で4)という英語はあるのかと思えば、本当にある。Wikipedia英語版の該当記事には、上海のエレベーターの、4階・13階・14階がない階数パネルの写真が載っている。
死符「テトラフォビア」 ←ゆゆ様辺りが使いそうだ(もちろんこんなスペルカード、原作には出てこない)。

ちなみにイタリアでは17が縁起悪いらしい。17はローマ数字でXVII、並べ替えるとVIXI、すなわちラテン語で「私は生き終えた」つまり「死んだ」ということになるから、というわけ(「イタリア語で」ではなく「ラテン語で」という点がまた…)。こういうのをheptakaidekaphobiaとでも言うんやろうか。Google検索してみた結果、
Results 1 - 2 of 2 for heptakaidekaphobia. (0.09 seconds)
…あまり知られてないのね。まぁ、イタリアローカルだし。実例としては、イタリア語版Wikipedia
La compagnia di bandiera Alitalia non ha la diciassettesima poltrona sui suoi aeroplani
(アリタリア航空の飛行機には、17番席がない)
という記述がある(私は修学旅行でANAの飛行機に乗ったことしかないので知らないが)。

日本では「苦」に繋がるからと「9」も避ける人もいる。対応する単語としては「enneaphobia」(ギリシア語でエネアは9)が考えられるが、果たしてこのような単語は使われているのだろうか。Google検索の結果
Results 1 - 10 of about 92 for enneaphobia. (0.46 seconds)
Did you mean: enetophobia
となったことから、あまり一般的ではないものと思われる(ちなみにenetophobiaは「先端恐怖症」)。しかし、Wikipedia(英語版)に次のような記述があることから、一応存在する単語ではあるようだ。
The Japanese consider 9 to be unlucky, however, because it sounds similar to the Japanese word for "pain" or "distress" (苦 kunrei ku)[citation needed]. The fear of the number nine is enneaphobia.
訳:しかしながら、日本語でpainやdistressを表す単語である「苦(訓令式ローマ字では ku)」に似ていること[出典求む]から、日本人は9を不吉な数字と考えることがある。9という数字に対する恐怖症を enneaphobia という。


もう一つ忘れてはならないのは「六百六十六恐怖症」(hexakosioihexekontahexaphobia)である--ヘキサコシオイは六百、ヘクセーコンタは六十、ヘキサが六を表す。「元ネタ」は「ヨハネの黙示録」13章18節。皇帝ネロのことを表しているのではないかといわれているが、「616が正しいのではないか」という説もあるらしい(そこら辺の議論については私の専門ではないのでおいておく)。

ほかにもありそうだが、とりあえずこの辺で。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 03:24 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]