掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2015年09月28日
パッシブアッテネーターの自作
2010年から使ってきた Sound Blaster X-Fi Go! を取り外してオンボードの Realtek High Definition Audioに切り替えた。というのも、今のRealtekドライバだとステレオミックスが使えることと、Sound Blaster X-Fi Go!だと48kHz/24bitまでしか対応していないこととである。High Definition Audioと書いてあるとおり、オンボードで192kHz/24bitに対応している(録音は16bitまで)。
しかし1つだけ問題があった。音量調整が荒いのである。どういうことかというと、66〜73までの範囲で動かしても全く音量が変わらず、74にすると急に音量が上がる、階段状になっているのである。
なぜこれで困るのかというと、ステレオ出力を分岐してVUメーター(簡易なものだが)を接続しているからである。普段は-9dBFSを0VUに設定しているのだが(iTunesで音楽を聞くときの設定)、テレビ放送では-20dBFSを0VUとしているらしく、ニコニコチャンネルでのアニメ公式配信でもそういったレベルになっているようである。今までは本体側の音量を調整して調整していたが、荒い階段状の音量調整ではそうもいかない。
そこで、切り替え式のアッテネーターを自作することにした。

最初の構成は木曜夜に組み立て、ポテンショメーター2段接続した回路を切り替えて使うものだったが、これは結論からいうと設計ミスである。
アッテネーター(間違った回路)
これでは接地している側の並列抵抗まで連られて(変換できなかった)変わってしまう。ユニバーサル基板にはんだづけする前にシミュレータ(LTSpice)で設計すべきだった。
設計とは関係なく、出力端子の片方がハンダ不良なのかショートしてしまっていた(今年のはじめに中学の時以来のハンダ付けを行った。私は経験が浅い)。さらに空中配線のコードを長くとったためにスパゲッティ化。

金曜の夜にショートした端子を交換、出力はされるようになった……が、前述の問題が発覚。
その時はプリアンプキット(既に使用していたのとは別に改めて組み立てた)と同一の筐体にするしていたのだが、挙動を観察しようとオシロスコープを使用したあと、プローブを外す時にうっかり活線のままGNDクリップを外してしまい電源ジャックの端子がスパーク。VDDと接触したらしい。この時は左側の回路を繋いでいなかったためそちらは生きていたが右側のチャンネルが故障。幸いにして他の部分には波及していないようだし、プリアンプは従来使っていた同じものがまだ生きているのでそちらに戻した。

土曜日に部品を再調達し、再設計。ラグ板で設計することも考えたが、結局はユニバーサル基板を逆さに取り付けることとした。
アッテネーター(正しい回路)
半固定抵抗はレオスタット接続にするのがミソ。回路も単純だ。接地側の抵抗は共通の固定抵抗を使う。




但し、アンプの後にアッテネータを繋ぐと電流が足りずVUメーターが正しく振れなくなるので先にアッテネータをつなぎ、その次にアンプを繋ぐという変な構成に。
なお、アッテネーターやアンプよりも前で分岐してヘッドフォンを接続しています(諸事情により私のPCにはスピーカーを繋いでいません)。

いずれにせよ、やはりユニバーサル基板は実装が面倒である。パターン付きの基板を使ったのである程度は楽ができたが、パターンのない部分はスズメッキ線の配線が少し面倒(こういう用途には片面基板のほうが便利)。
かと言って、今回の場合はわざわざプリント基板を発注する程でもないし、自作するとしてもそんな環境はない(うちのプリンタはインクジェット式)。

もっと面倒なのはケースに実装する部品のハンダ付けなのだが……
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 00:49 | 電子工作 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年09月04日
AdBlockの誤動作で常用対数が計算出来ない
最近、Googleのページ上で検索(虫眼鏡のアイコン)を押しても何の反応もなかった。誤動作は、Google電卓機能で常用対数を入力した時に発生するようだ。自然対数、三角関数、平方根などでは発生しない。
AdBlock Plusを一時的に無効化すると正常動作したのでAdBlockフィルタの誤動作だとわかる。調べたところ、誤動作したフィルタは 「^log^」であることが判明。適用範囲が広すぎる。ホワイトリストに「@@||google.co.jp/search?*」を追加して対処した。
ただし、このフィルタは購読フィルタの中の「ABP Japanese Paranoid filters」にあった。「Paranoid」と付くくらいなので誤動作の可能性がより高いフィルタである。実際に誤動作したし、他のフィルタにも誤動作がわかっているものもある。
とりあえず先程バグ報告は済ませた。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 01:30 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]