掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2015年07月26日
Nomen est omen(名は体を表す)
最近、中古の万年筆を入手した。コレクション目的というのもあるが、半分は実用目的である。
今の若い世代だと「万年筆が実用目的?」と思うかもしれない。しかし、ボールペンが普及する以前は万年筆が実用のペンだったそうだ(実のところ、私もまだ20代である)。
私も2013年末まではボールペンを主に使っていた。しかし、2014年に就活用に新しいボールペンを買った時に、ついでに買ってきたのがプレピー(万年筆)だった。なにせ210円(増税前の価格)だったのである。履歴書を書くには、ボールペンより万年筆のほうが良いと聞いたからである。これが私の万年筆との出会いだったが、その後9月頃には金ペンにも手を出し、ボールペンは使わなくなってしまった。そんなわけで、私の中で万年筆は実用のペンなのである。

プラチナプラチナこの万年筆はプラチナ万年筆の、その名も「プラチナ」というペンである。ヤフオクで2万円弱(送料込み)で落札したものだ。
同社HPに記載されている社史によれば、発売は昭和42年で、「ペン先はプラチナ」「キャップ・軸は銀にロジュームメッキ」当時の定価は1万円であった。ただし、「昭和40年の5億は現在の資産価値にして50億」(漫画『アカギ』より)と言われているくらいなので、インフレ調整すると10万円程度ということになる。事実、現行品の白金ニブだと10万8000円である(うち8000円は消費税)。つまり、実質2掛けで手に入れたこととなる。

キャップの刻印キャップには「SILVER」との刻印がある。銀軸にしては状態が良いなと思っていたが、実は前述のとおりロジウムメッキらしく、網目の部分は黒くなっている。
私は、金属軸の万年筆を持つのはこれが初めてである。(ほかにアルミ軸のプレジールとか無印万年筆も持っているがそのような「卑金属軸」はノーカンとする。ここでいう「金属軸」とは、貴金属軸のことである。)

プラチナプラチナのペン先ペン先には「PLATINUM Pt ALLOY」と刻印がある。太さの刻印がないが、調べた結果ごく初期を除いて中字しか作られていなかったらしい。首軸には銀色の象嵌がある。

実際に使おうとインクカートリッジを挿してみたが、インクが出てこない。アスコルビン酸水溶液に2日ほど浸け置いてみたが(古典インクはアスコルビン酸で洗浄できる)、カートリッジを挿してもなかなかインクが出てこない。仕方がないのでコンバーターで洗った上で使ってみたところ、書けるようになった。

プラチナ萬年筆「プラチナ」/PP-10000 中字/ペン先は白金 軸は銀・ロジウムメッキ/書き味は硬め、プラチナにしてはフローが良い?/(コンバーター、現行ブルーブラック使用時)/たゞ、プラチナの中字にしては細い気がする。実際に書いてみた。白金合金のペン先は硬めで、金属軸らしく持った時に重量感がある。書く時に筆圧がいらないところが万年筆の長所だが、このペンも自重だけで書ける。コンバーターを使っているからか(インクは現行品のプラチナブルーブラック)、渋いと言われるプラチナにしてはフローが良い気がする。

一部では「プラチナ万年筆がプラチナで作ることに意味がある」と言われているようだが、「世界の万年筆プラチナが誇りをもって誕生させた豪華万年筆決定版」と謳う高級万年筆である。書き味が硬いが、筆圧をかけずインクのフローだけで書ける点では実用に堪えるペンである。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 18:16 | 万年筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]