掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2012年06月05日
TweetIrcGateway導入ガイド (Ver. June 2012)
ここでは、IRCクライアントと連携して動作するTwitterクライアント『TweetIrcGateway』の最新の導入について記述します。

まず、公式からダウンロードしてきて好きなフォルダにインストールします。ただし、まだ起動してはいけません。なぜなら、非常に古いからです(2012年6月上旬現在)。起動する前に、コンポーネントを更新する必要があります。

本体のダウンロードとインストールが終わったら、コアDLLの更新を行います。こちらから、TwitterIrcGatewayCore.dll の最新版をダウンロードし、インストールされている TwitterIrcGatewayCore.dll に上書きします。これを書いている時点では、 TwitterIrcGatewayCore.dll-20120108-2.5.4390.4163 という名前のものが最新(安定版?)のようです。

次に、設定ファイルを編集しましょう。TwitterIrcGateway.exe.config をエディタで開き(中身はXMLファイルです)、「Charset」の設定を「ISO-2022-JP」から「UTF-8」に変更します。「Interval」などは適当に(あまり小さな値を設定するとしばらく締め出されたりするので注意。リアルタイムで取得したいって場合はUserStreamを使います)。

UserStreamを使うために、アドインを認識させる必要があります。ただし、本体に付属しているものを使用してはいけません。それは仕様が古く(あるいはバグのため?)、動きません。こちらから最新版をダウンロードしましょう。これを書いている時点では、 Misuzilla.Applications.TwitterIrcGateway.AddIns.UserStream.dll.20120520 が最新です。ダウンロードしたら「(インストールしたフォルダー)\AddIns」フォルダーに移動し、「Misuzilla.Applications.TwitterIrcGateway.AddIns.UserStream.dll」にリネームします。

これが終われば、ひとまず起動できます。TwitterIrcGateway.exe を起動し、IRCクライアントから接続します。初回にOAuthの設定とUserStreamプラグインの有効化を行います。方法はこちらによくまとめられているので参照してください。名前を入力するところにはアカウント名を入力することと、最初はパスワードなしで接続することに留意し、OAuth認証は画面の指示に従って設定すればよいでしょう。UserStreamを有効にすると、本物のIRCのようにリアルタイムにツイートが流れてきます。 #consoleチャンネルのUserStreamコンテキストの設定で「set autorestart true」しておくと、自動的に再接続されて良いです。

最後に TypableMap の設定を行います。TypableMap を使うと、ツイートを指定して返信したり、favorite したりできます。TypableMap を有効にする方法はこちらに記載がありますので参照してください。最低限 #console チャンネルのConfigコンテキストの設定で「set enabletypablemap trueを行い、あとは好みで設定すればいいでしょう。
また、TypableMap をより便利に使うために、typablemap.py というスクリプトをインストールしましょう。このスクリプトを使うと、リツイート(公式)したりできるようになります。ダウンロードしたら、「(インストールしたフォルダー)\Configs\(アカウント名)\Scripts」フォルダーにスクリプトを移動します。なお、サーバーの設定をUTF-8にしていた場合、スクリプトをUTF-8にしないと文字化けを起こします
また、typablemap.rb とも併用することができますが、その場合 rt コマンドがかぶるので Ruby スクリプトを編集して qt などに書き換えるか、または削除します。また、最初の行に「module Kernel; Session = CurrentSession = ::CurrentSession; Server = CurrentServer = ::CurrentServer; end」と書く必要があるようです。
スクリプトのインストールが終わったら、#consoleチャンネルのDLRコンテキストの設定で「reload」と入力すれば、スクリプトが有効になります。

これで大方の設定が終わりました。あとは、お楽しみください。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 02:42 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]