掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2012年05月11日
patchコマンドのバグ?
今日、マラーティー語フォント(デーヴァナーガリーではない)の改良作業をしていたらpatchコマンドの変な挙動を見つけたので書き留めておく次第。

「foo.txt(元ファイル)から、bar.diff(パッチファイル)の内容に従ってbar.txtを生成する」という場合、
$ patch -o bar.txt < bar.diff
で良いように思える(bar.diffがUnified形式で、foo.txtにパッチを当てるよう書かれている場合)。しかし、
patching file bar.txt
Hunk #1 FAILED at 490.
Hunk #2 FAILED at 34817.
2 out of 2 hunks FAILED -- saving rejects to file bar.txt.rej
と、なぜか(この時点ではまだ存在しないはずの)bar.txtにパッチを当てようとしてしまう(この出力は実際に私が遭遇した例をもとにしている)。しかし、
$ patch -o baz.txt < bar.diff
のように出力先を変えると
patching file foo.txt
とだけ出力され、パッチは成功する。

なお、パッチファイルの最初
--- foo.txt 2012-05-11 11:53:30.454290300 +0900
+++ bar.txt 2012-05-11 15:50:26.057026200 +0900

と書いてあるところで、bar.txtを何かほかのファイル名に変えてやると
$ patch -o bar.txt < bar.diff
で正しくパッチされる。

◕‿‿◕「わけがわからないよ。どうして君たちはそんなに、ファイル名にこだわるんだい?」

[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 17:10 | コーディング | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年05月09日
Gimp2.8が出たけれど
2.6.12に戻しました。

何故って挙動がおかしいんですよ。少なくともうちのWindows環境では。
・文字入力ツールでツールオプションの入力ボックスが真っ白になることがある
・JPEGにエクスポートするときのダイアログでプレビューが働かず、サイズが1.3GBと表示される
ちょっと動かしただけなんですが、これだけバグが見つかるなんて、こんなの絶対おかしいよ。

まぁ文字入力ツールは途中でフォント変えられたりとか便利になったところはあるのですが。
Ver2.6.12(Windows版)はここから手に入れられるのでもし必要ならどうぞ。

CygwinはまだGimp2.8来てなかったです。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 09:54 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]