掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2011年09月13日
Cygwinで「libintlなにがし」と言われてFontForgeがビルドできない件
最近新規でCygwinをインストールしたのですが、FontForgeをビルドしようとすると何故か「libintlなにがし」と言われて上手くいかない。
色々試した結果ビルドを通す方法がわかったので書き留めておく次第。
libintlについては「何故かオプションに-lintlがつかないのが原因」だった模様。Cygwinの問題かconfigureスクリプトの問題?

libspiro0 libuninameslist0 libXi6 はこういうところで見つかりました。やり方はリンク先を参照(英語)。
ここのリポジトリにはFontForgeのバイナリが収録されていますが、バグ付きのバージョン(20110222)しかないので使いません。今回は公式からバグ無しのバージョン(20100501)を持ってきてビルドします。

まず、ビルドで間違ったバージョンのヘッダを参照している?コンポーネントがあるらしいのでそれへの対処。
$ cd /usr/lib/gcc/i686-pc-cygwin
$ ln -s 4.5.3 4.5.2

FontForgeのソースコードをダウンロードしてきたら、次のコマンドでビルド。なぜ現在最新の20110222のバージョンではないのかというと、「輪郭を太らせる」の機能にバグがある(その機能を使うと落ちる。再現性:常時)からです。
--disable-libffを付けるのはlibfontforgeのビルドでなんかPython系のシンボル未解決エラーが起こるみたいなので。
$ tar xfj fontforge_full-20100501.tar.bz2
$ cd fontforge-20100501
$ ./configure --with-python --disable-libff
$ cd fontforge
$ mv Makefile Makefile.orig
$ sed -e "s/-liconv/-liconv -lintl/g" Makefile.orig > Makefile
$ cd ..
$ make
$ make install


18:25頃追記:先ほど確認しましたが再現しませんでした。バグがあったのはダイアログだけだったようです。処理しようとしたフォントデータ(自作の梵字フォント)の方を少し変更すると動きました。なお、Gitリポジトリにある最新のコードでは正常に動きます。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 16:57 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]