掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2008年05月30日
特定の数字+phobia
欧米(というよりキリスト教圏?)では「13」は不吉な数字だとされているが(どっかで聞いた話、イタリアではそうでもないっぽい)、この「13」という数字を異常に嫌うことを「triskaidekaphobia」というらしい(古典ギリシア語で「13」を「トリス(three)・カイ(and)・デカ(ten)」という)。「13日の金曜日(Friday the 13th)」といえば不幸なことが起こると(欧米の一部の国では)信じられているし、実際アメリカなんかだと「13階がない(12階の上が14階)」とか「13階がM階(13番目のアルファベット)となっている」などがあり、英語版Wikipediaの該当ページ掲載のエレベーターの階数ボタンの写真にも「13階がない」というものがある。
ちなみに「13日の金曜日恐怖症」なる単語もある。「paraskevidekatriaphobia」(現代ギリシア語でパラスケヴィは金曜日、13はデカトリア)というのだそうだ。

一方、(おそらくベトナム以外の)漢字文化圏(中国・台湾・日本・韓国・北朝鮮)では「4」が不吉な数字(中国語数詞の「四」は「死」と発音が似ているため。麻雀でも「四家立直」「四槓散了」「四風連打」といった流局がある…四槓流れの場合は「嶺上牌がなくなるから」、四人立直は「ツモ切りだけで勝負が決まっては面白くないから」という理由もあるのだが)である。
これに対するtetraphobia(テトラはギリシア語で4)という英語はあるのかと思えば、本当にある。Wikipedia英語版の該当記事には、上海のエレベーターの、4階・13階・14階がない階数パネルの写真が載っている。
死符「テトラフォビア」 ←ゆゆ様辺りが使いそうだ(もちろんこんなスペルカード、原作には出てこない)。

ちなみにイタリアでは17が縁起悪いらしい。17はローマ数字でXVII、並べ替えるとVIXI、すなわちラテン語で「私は生き終えた」つまり「死んだ」ということになるから、というわけ(「イタリア語で」ではなく「ラテン語で」という点がまた…)。こういうのをheptakaidekaphobiaとでも言うんやろうか。Google検索してみた結果、
Results 1 - 2 of 2 for heptakaidekaphobia. (0.09 seconds)
…あまり知られてないのね。まぁ、イタリアローカルだし。実例としては、イタリア語版Wikipedia
La compagnia di bandiera Alitalia non ha la diciassettesima poltrona sui suoi aeroplani
(アリタリア航空の飛行機には、17番席がない)
という記述がある(私は修学旅行でANAの飛行機に乗ったことしかないので知らないが)。

日本では「苦」に繋がるからと「9」も避ける人もいる。対応する単語としては「enneaphobia」(ギリシア語でエネアは9)が考えられるが、果たしてこのような単語は使われているのだろうか。Google検索の結果
Results 1 - 10 of about 92 for enneaphobia. (0.46 seconds)
Did you mean: enetophobia
となったことから、あまり一般的ではないものと思われる(ちなみにenetophobiaは「先端恐怖症」)。しかし、Wikipedia(英語版)に次のような記述があることから、一応存在する単語ではあるようだ。
The Japanese consider 9 to be unlucky, however, because it sounds similar to the Japanese word for "pain" or "distress" (苦 kunrei ku)[citation needed]. The fear of the number nine is enneaphobia.
訳:しかしながら、日本語でpainやdistressを表す単語である「苦(訓令式ローマ字では ku)」に似ていること[出典求む]から、日本人は9を不吉な数字と考えることがある。9という数字に対する恐怖症を enneaphobia という。


もう一つ忘れてはならないのは「六百六十六恐怖症」(hexakosioihexekontahexaphobia)である--ヘキサコシオイは六百、ヘクセーコンタは六十、ヘキサが六を表す。「元ネタ」は「ヨハネの黙示録」13章18節。皇帝ネロのことを表しているのではないかといわれているが、「616が正しいのではないか」という説もあるらしい(そこら辺の議論については私の専門ではないのでおいておく)。

ほかにもありそうだが、とりあえずこの辺で。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 03:24 | 外国語 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月11日
今日は墓参り
今日は墓参りに行ってきました。
丹波のほうなんですが、天気が悪かったせいか寒かったです。
(丹波と聞いて京都府と兵庫県どっちを連想する人が多いんだろう…)

で、帰りはなぜか妹が運転するという流れに(年下のほうの妹はすでに免許取ってるんですよねぇ…対して私はまだ教習中)。
まぁこうしてここに日記を書いていると言うことは、事故もなくちゃんと帰ってこれたというわけで。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 21:27 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年05月03日
近況
更新は不定期だ。文句は言わせない。
私が管理しているサイト・blogについての話ですよ?(ぉ


それはそうと世間では黄金週間だそうですが、私は水曜に授業がないので連休明けが1日遅くなったりするのですよ。


今日、仮免許試験に合格しました。と言っても連休があるので、仮免許の交付は7日以降ということになっているのですが。


相変わらず書くことが支離滅裂なのは仕様です(蹴
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 17:23 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]