掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

別のblogとか

2007年07月31日
無限上方ロール。
とある目的のため、無限上方ロールを調べていました。
無限上方ロールとは出目が特定条件の時にダイスを振り足し、振り足したダイスも条件を満たせばさらにダイスを振り足し……という操作です。

具体的には、以下のルールの無限上方ロールを考えていました。
1) 6面体のサイコロを1つ振る。このとき出た目を a0 とする。
2) a0=6 のとき、さらにサイコロを1つ振り、出た目を a1 とする。
3) an=6 のとき、さらにサイコロを1つ振る。この出目を an+1とする。
4) an=1 (ただし n>0) のとき、それまでの結果を全て無効とし、a=0 とする。ただし n=0 のときに限り、a=1 とする。
5) an が 1でも6でもないとき、a は a0 から an までの総和とする。これは、6n+an に等しい。

このとき、

a の期待値は 4.2 に収束する。

また、

a=0 となる確率は 1/30 に収束する。


OOo Calcで調べました。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 02:31 | 数学 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年07月24日
うーん;
今日は帰りの電車(下り新快速)が遅れる。おかげで某駅で長い事待たされることに。
その間に上り列車が何本か来てるの見ていらいらしましたね。

ところで私の場合、どうやら色々考えすぎて鬱になりやすいようです。そしてそこから泥沼になりやすいのが私の性格。
そういう時は一旦頭を空っぽにして瞑想するといいらしい。そして、笑顔を忘れない事。
これから実践してみよう。
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 20:26 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年07月16日
レガシー言語コード DIN2335
なんとなくドイツ語版Wiktionaryを見ていると、「DIN 2335」という言語コード体系が書かれているのを見つけました。
現在一般に使われる言語コードは「ISO 639」というもので、その中でも英字2文字のコード「ISO 639-1」と似ているのですが、DINの言語コード若干異なる部分があります。
(DIN…ドイツ工業規格 Deutsche Industrie-Norm)

一応表も載せておきます。今回はテーブルタグ使ってません。
記事出典:ドイツ語版Wiktionary内、「Wiktionary:Sprache」の項目に掲載されているものを編集したもの

続きを読む ...
 
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 20:49 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年07月04日
Unicodeに麻雀牌が!
Unicode Roadmapを見てびっくり。
リンク先はPlane 1のRoadmapですが、下のほうに
(Mahjong Tiles)
の文字が!

緑の字で表記されているということは、Unicode Consortiumですでに採択されているようです。Unicode 5.1以降に出てくることでしょう。

で、コーディングは U+1F000〜U+1F02Cまで割り当てられています。コード順に、一索〜九索、一筒〜九筒、一萬〜九萬、東、南、西、北、中、發、白、梅、蘭、菊、竹、春、夏、秋、冬、百搭、ブランク、裏面が割り当てられています。
「梅、蘭、菊、竹、春、夏、秋、冬」は地方によっては使ってるんでしょうが…「百搭」って何だ? コード表を見てみると…
「2A | MAHJONG TILE JOKER」
…なるほど。でもこんな牌あるんですか? 私は麻雀の事よく知らないですが。
ついでに萬子、筒子、索子はそれぞれ Characters、Circles、Bamboosと訳されています。
それにしても「白、發、中」が「Red dragon」「Green dragon」「White dragon」ってのはなぁ……英語圏の人はそう呼んでいるのだろうか?
[ 投稿者:芙蓉美晴 (MihailJP) at 17:08 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]