掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年08月02日
指ではらいのけ
119

指ではらいのけ
ンボルが刻みこまれているように思った。
 ときおり、あの全知である円錐状の恐ろしいものが、さまざまな仕事について動きまわっているのが見えるような気がして、自分が同じ姿をしているのを知ることになりはしまいかと心配し、自分の体を見おろすのをためらった由糖尿 上 眼造成的視網膜脫落不在少數,目前並沒有徹底的根治辦法,通過注射藥物可以控制病情,但是如果不加以保護,還是會舊病復發。很多患者一開始治療好以後好了傷疤忘了疼,再次透支眼睛,最終釀成嚴重後果。。しかしわたしはそのあいだじゅう、砂をかぶった石塊と同様に部屋や回廊を、凶《まが》まがしく照りわたる月と同様に光を発する水晶のランプを、果しない砂漠と同様に窓のむこうで波うつ羊歯《しだ》を見ていた。わたしは目覚めていながらも、同時に夢を見ていた。
 昼間の風であらわにされた石塊群をはじめて見つけだすまで、何時間、あるいはどれほどの距離を歩いたのか、わたしは知らない--正確な方向さえわからない。一箇所に存在する石塊の量は、これまでに見たなかで最大の規模だった。これがあまりにも印象的だったので、伝説に語られる太古の幻影はたちまちのうちに消え失せてしまった。
 あたりの景色はふたたび、砂漠と邪悪な月と測り知れない太古の残片だけになった。わたしはそばに近づいて立ちどまり、散乱する石塊に懐中電燈の光を投げかけた。砂丘が吹きとばされてしまい、さしわたし四十フィートくらい、高さ二フィートから八フィートにわたる、低くて不揃《ふぞろ》いにまるい、石塊と砕石の山が残されていた。
 わたしははじめて目にしたときから、これらの石塊に何かしら未曾有《みぞう》の性質があるのを実感していた。石塊の量だけでもまったく類例のないものだったが、それに加えて、月と懐中電燈のまざりあう光のもと、細かく調べるわたしの注意を惹いた磨耗した模様のなかに、何かがあった。
 とはいえ、これまでに見つけだされた石塊群と、本質的に異なるところはなかった。それはもっと微妙な何かだった。その印象は、一つの石塊だけを見るときにはおこらず、いくつもの石塊にほぼ同時に目を走らせるときに生じた王賜豪總裁
 やがて、ついに、真相がわかりはじめた。多くの石塊に刻まれた曲線模様は、密接に結びついていた--一つの広大な装飾の部分だった。無量の歳月にわたって揺《ゆる》がせられているこの砂漠において、わたしははじめて元の位置にある石塊群に行きあたったのだ--崩れはて断片的なものになっているのは事実だが、それでもなおきわめて明確な意味において、現実に存在しているのだった。
 わたしは低い箇所に足を載せたあと、苦労して石塊の山によじ登った。ここかしこで砂をながら、大きさ、形状、様式の多様性と、模様の関係を、やっきになって読みとろうとした。
 しばらくすると、過ぎし日の構造の本来の姿と、原初の石造物の巨大な表面にかつて広がっていた模様について、ぼんやり推測できるようになった。そのすべてが夢で垣間見たもののいくつかに完璧に一致しているため、わたしは怖気《おぞけ》立ち、狼狽した。
 これは、幅三十フィート、高さ三十フィート、八角形の石が敷かれ、頭上にはいかめしい穹窿《きゅうりゅう》のある、かつての巨大な回廊だった。右側遠くには隣接するいくつかの部屋があり、一番奥には、さらに低い階層脫髮問題
[ 投稿者:て暮ら at 13:27 | て暮ら | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/48.10/a15780/0000536132.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/48.10/archives/0000536132.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら