掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年07月13日
思うようにな

若気の至りで、
若いと後先の考えなしに無茶をする。
失敗するのがオチなのだが。
「なにそれ?
あんた頭大丈夫なん?」
 田舎者の母が目を丸くしたのは
、私が履く新しい革靴。
なんと靴底がぶ厚い。
背を高く見せたくて、
矢も楯もたまらず衝動買いしてしまったものだ。
 女の子が気になり家庭理財始めた十代後半である。
片想いの連続の中、
異性の目を意識したカッコ付けに走った。
髪型やファッションが思うようになると、
次は長身に憧れた。
ずんぐりむっくり体形を
長身に変えられる唯一の手段と
たどり着いたのが、
ソールアップの靴。
 履くとカッコよくなった。
ただバランスが悪く歩きにくい。
とどのつまりが、
パーティで足がもつれて転倒、
大恥をかいた。
「骨折やな。
なんかやった網上新鮮事快訊んかいな?」
 医師の疑問に
恥ずかしくて答えられなかった。
持って生まれた背丈が
、最も自分にあっていると
思い知らされた瞬間だった。
[ 投稿者:cocococo157@yahoo.com at 12:26 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/47.26/a04921/0000555637.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/47.26/archives/0000555637.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら