掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年03月26日
[社説]「土地公概念」の明文化で「不動産共和国」脱すべき

個人の財産権を公共福利増進のために制約することを可能にし、国土の効率的かつ均衡ある利用・開発と保全のために、法律の定めるところによって制限と義務を課することができると規定した。しかし、憲法裁判所の過去の決定は、韓国の土地問題の深刻な現実を無視することが少なくなかった。1989年の盧泰愚(ノ・テウ)政権時代、宅地所有の上限に関する法律などいわゆる「土地公概念3法」に対し、違憲または憲法不合致の判決を下したのが代表的な例だ。 2008年には総合不動産税法の世帯別 ...
[ 投稿者:雨の日でも自宅近くにコインランドリーがあると便利で at 15:09 | 地域 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/44.91/a01220/0000549507.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/44.91/archives/0000549507.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら