掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月06日
薄情な世界で心をこめて生きている
年回りに変換し、季節のやせている貧しい、秋は結局は離れた。かつて豊満の色が地味のにも多くのシンプルな真っ白い。暮らしていると地味で、生きていると簡単に生きていく。しばらく座ると、淺い眠りの時間の中で、倒れてもマスターした時と相如は静かで良い支付寶認證


命の道は人の往来に決まっている。一部の風景はすでに忘れましたが、いくつかの念が、菊を放つように淡い香り、久居支付寶轉帳


この道には、あなたの命の中には一瞬のような人がいたかもしれない。それらの生活の中に落ちた記憶が、歳月を重ねてみた。人生山重水复箇所存在だけでなく、またあの執着の待つと顔見知りの最初珍珍薯片


私は“薄い冷たい”という言葉が好きで、聞こえてくるのはこの世界によって離れていて、1つの咲いている小さい花、真っ白で、香り、かすかなようです。人生は一つの修行なのかもしれない。花が咲く花は何日かの光景だ。歩いて歩いていると、少し薄くなっていて、世間のことをよく見るかもしれません」。


一部の人は生まれつき薄くて冷たいもので、自分の世界に滞在しても、あまりにも多くの騒がしい声を聞きたくないです。毒舌ではなく、冷たいものではなく、心の透明と平安。浮世の様々な、関係風月;人の心と秋の空自覚、唯心。


いつも自分を静かに置く。この時の心は自然に近い,静かで豊かである。世界と、互いに遠くにあっても、驚かない。


李丹崖、少年花事多く、中年花事淺、老年花事自然。歩いていると、他人に合わせるだけではなく、自分の人生のために絵を書いています。


光陰に何度も何度もそろそろ涼しく、清。混雑している人の群れは,いつも少しうるさいと思っている。私は力を尽くして魂を落ち着かせて、辛酸を避けて放浪して、自分を経営して、薄情な世界で深く生きています。


手を振ってまた一つの季節に別れを告げる。一人と山水遭遇、風と、ふたりは光陰は暖かいてる。薄冷たい季節は、手をつないでいくことを望んでいる。


生命の中で繰り返し読むに値する人は多くないが、一生読んでいる人は少なくない。私は海を渡って柚の木に裸で登るだけが、早くない遅くないとあなたに出会う。あなた、私は、淡い人間花火では、1つぼの緑茶、煮あなた私の人間の歳月。


中年になって、多事多難の時、人の心と秋の空、もますます大切にすることをマスターしました。いつも信じていて、残されたものは必ずしも最高だとは限らないが、きっと一番ふさわしい。


人生山ほど水が上がる。この道に出会って、私は縁のある人の顔の中の山水が同じかどうか分からない。世の中にはあまりにも多くの駅があります。私たちはただ通行人ですが、明るい気持ちで出会うことができれば、出会った一瞬の瞬間に、生き生きとしている風景になっています。


生活は愛の叙情的なものだ。たまには1つの親密な話を聞くと心をアイロンをかけていることができて、いくつかの熟知したシーンを見ることができて、すぐに暖かさを生むことができます。


ある人は会っても見えないし、心の中にいる。心配するに関わらず、遠近、涼しくて、ティム衣。
[ 投稿者:人生裏或繁或簡 at 01:14 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/44.32/a04921/0000546876.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/44.32/archives/0000546876.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら