掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月06日
時間を緩和することができることを願
って一生長くありませんて、多くの時、私達がすべてしたいとささえ合いの光陰人、形を水で、葉が、一部の風景を留められないのを見ると、鏡に若くない顔と感嘆光陰は非情で、歳月と繋いで、時にはただ私たちの廂情願だけで、この世で本当に何もなくて、あなたに付き添うことができて一生。


人生の旅の中で、私達はいつも風雨兼行するかもしれませんが、多くの人があなたに関心を持ったのは良いが、また誰が気になるあなたは過ぎるのが辛苦労しないです、急いで歳月の中で、人がいないのが気になりすぎてあなたの気持ちを、私たちは、自分の人生にまたは繁やジェーン、または悲しみや喜び、達成そのユニークな自分。


韶老いやすくて、美しく最も簡単に人をトス、わざわざ遠くから苦労して道を、すべての人はすべてに適応しないで、人が全身を引き、無傷だっ、花、冬、春が来て、道は苦しくても、いつも暗香付き添って、半分は美しくて、半分の憂え悲しみ。


昔風風にゆらぐ煙のはで、歳月を越し、写意に1冊の本、知らぬ間に、私たちなりのストーリの中の人々、これらのない愛はどんな初出の照らし出すか、意気投合して、たとえ決して帰り道も、抽出割歳月静良いように、まだ僕らの約束時間が緩歳月、散って、今、私達はすべての人になった带笑涙ぐむ。


最近、木の木を聞いた「あの花」を聞いて、涙で涙を流していた。生命の隅で静かに咲いていた花が、もうそれぞれになってしまった!あれらは無邪気で、感動したのは、すべて風によって、私たちの若い青春を隠していた。時には聞き分けの歌の時は、もはや年少、時間は長くて、どれだけの人に、歳月の老いた時は、まだ一塵も染まず香り骨に到るの光陰に言って睦言、どれだけの人に、帰ってきたとき、心の中に住んでいた少年は。


かもしれないの相悦の魂は、最終的に出会い、かつて人に出会って、無限の喜び、光陰の屋根の下で、総花、歳月の深い所を開く、指先で軽くなでるのは美しくて、昔の事の中で、香りはどのくらいお互い、どんなに離れていても、君は君、私は、あなたは住んでいる私私はあなたの心の中に眉間、かどうかの柔らかい?正座する時の向こう君と向き合う、すべての思い出が、すでにやさしくなって、ただシーズン香、心の中で妖艶、総1つ聞きたくて、もし、時間の変更が出会い、あなたも逃さない?


ある人は言って、逃した人はすべて時間の中に住んでいて、いつもまた再会することができないでさえすれば、それでは、再び出会って、望んで、私はまだ若くて、あなたも古くて、歳月は静かで、初めは忘れません。


歳月の中で、一歩一歩が修行、気づかない間、とっくに自渡、時間の中で、すべての人はすべて1本、前ページは桃红柳绿、後のページは見渡すかぎり荒涼としているかもしれない、誰も知らない、命の次の交差点で誰と離散、また誰と出会って。


いつも人がいてあなたの手を引っ張って、最も美しい年月を見て、生命の中で最も美しい景色で、総傘を支え、あなたは長い間片付けたくもない、いつ組の情に流されず、風塵にあり、季節の変わり目を、永遠に心の底で適切である。たとえ月日の風にゆらぐ煙を挟んで、私はあなたを覚えている澄んだ目つき、そして思い出が互いに暖を取って、ば十分。
[ 投稿者:人生裏或繁或簡 at 01:12 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/44.32/a04921/0000546875.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/44.32/archives/0000546875.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら