掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月06日
薄情な世界で心をこめて生きている
年回りに変換し、季節のやせている貧しい、秋は結局は離れた。かつて豊満の色が地味のにも多くのシンプルな真っ白い。暮らしていると地味で、生きていると簡単に生きていく。しばらく座ると、淺い眠りの時間の中で、倒れてもマスターした時と相如は静かで良い。


命の道は人の往来に決まっている。一部の風景はすでに忘れましたが、いくつかの念が、菊を放つように淡い香り、久居。


この道には、あなたの命の中には一瞬のような人がいたかもしれない。それらの生活の中に落ちた記憶が、歳月を重ねてみた。人生山重水复箇所存在だけでなく、またあの執着の待つと顔見知りの最初。


私は“薄い冷たい”という言葉が好きで、聞こえてくるのはこの世界によって離れていて、1つの咲いている小さい花、真っ白で、香り、かすかなようです。人生は一つの修行なのかもしれない。花が咲く花は何日かの光景だ。歩いて歩いていると、少し薄くなっていて、世間のことをよく見るかもしれません」。


一部の人は生まれつき薄くて冷たいもので、自分の世界に滞在しても、あまりにも多くの騒がしい声を聞きたくないです。毒舌ではなく、冷たいものではなく、心の透明と平安。浮世の様々な、関係風月;人の心と秋の空自覚、唯心。


いつも自分を静かに置く。この時の心は自然に近い,静かで豊かである。世界と、互いに遠くにあっても、驚かない。


李丹崖、少年花事多く、中年花事淺、老年花事自然。歩いていると、他人に合わせるだけではなく、自分の人生のために絵を書いています。


光陰に何度も何度もそろそろ涼しく、清。混雑している人の群れは,いつも少しうるさいと思っている。私は力を尽くして魂を落ち着かせて、辛酸を避けて放浪して、自分を経営して、薄情な世界で深く生きています。


手を振ってまた一つの季節に別れを告げる。一人と山水遭遇、風と、ふたりは光陰は暖かいてる。薄冷たい季節は、手をつないでいくことを望んでいる。


生命の中で繰り返し読むに値する人は多くないが、一生読んでいる人は少なくない。私は海を渡って柚の木に裸で登るだけが、早くない遅くないとあなたに出会う。あなた、私は、淡い人間花火では、1つぼの緑茶、煮あなた私の人間の歳月。


中年になって、多事多難の時、人の心と秋の空、もますます大切にすることをマスターしました。いつも信じていて、残されたものは必ずしも最高だとは限らないが、きっと一番ふさわしい。


人生山ほど水が上がる。この道に出会って、私は縁のある人の顔の中の山水が同じかどうか分からない。世の中にはあまりにも多くの駅があります。私たちはただ通行人ですが、明るい気持ちで出会うことができれば、出会った一瞬の瞬間に、生き生きとしている風景になっています。


生活は愛の叙情的なものだ。たまには1つの親密な話を聞くと心をアイロンをかけていることができて、いくつかの熟知したシーンを見ることができて、すぐに暖かさを生むことができます。


ある人は会っても見えないし、心の中にいる。心配するに関わらず、遠近、涼しくて、ティム衣。
[ 投稿者:人生裏或繁或簡 at 01:14 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

時間を緩和することができることを願
って一生長くありませんて、多くの時、私達がすべてしたいとささえ合いの光陰人、形を水で、葉が、一部の風景を留められないのを見ると、鏡に若くない顔と感嘆光陰は非情で、歳月と繋いで、時にはただ私たちの廂情願だけで、この世で本当に何もなくて、あなたに付き添うことができて一生。


人生の旅の中で、私達はいつも風雨兼行するかもしれませんが、多くの人があなたに関心を持ったのは良いが、また誰が気になるあなたは過ぎるのが辛苦労しないです、急いで歳月の中で、人がいないのが気になりすぎてあなたの気持ちを、私たちは、自分の人生にまたは繁やジェーン、または悲しみや喜び、達成そのユニークな自分。


韶老いやすくて、美しく最も簡単に人をトス、わざわざ遠くから苦労して道を、すべての人はすべてに適応しないで、人が全身を引き、無傷だっ、花、冬、春が来て、道は苦しくても、いつも暗香付き添って、半分は美しくて、半分の憂え悲しみ。


昔風風にゆらぐ煙のはで、歳月を越し、写意に1冊の本、知らぬ間に、私たちなりのストーリの中の人々、これらのない愛はどんな初出の照らし出すか、意気投合して、たとえ決して帰り道も、抽出割歳月静良いように、まだ僕らの約束時間が緩歳月、散って、今、私達はすべての人になった带笑涙ぐむ。


最近、木の木を聞いた「あの花」を聞いて、涙で涙を流していた。生命の隅で静かに咲いていた花が、もうそれぞれになってしまった!あれらは無邪気で、感動したのは、すべて風によって、私たちの若い青春を隠していた。時には聞き分けの歌の時は、もはや年少、時間は長くて、どれだけの人に、歳月の老いた時は、まだ一塵も染まず香り骨に到るの光陰に言って睦言、どれだけの人に、帰ってきたとき、心の中に住んでいた少年は。


かもしれないの相悦の魂は、最終的に出会い、かつて人に出会って、無限の喜び、光陰の屋根の下で、総花、歳月の深い所を開く、指先で軽くなでるのは美しくて、昔の事の中で、香りはどのくらいお互い、どんなに離れていても、君は君、私は、あなたは住んでいる私私はあなたの心の中に眉間、かどうかの柔らかい?正座する時の向こう君と向き合う、すべての思い出が、すでにやさしくなって、ただシーズン香、心の中で妖艶、総1つ聞きたくて、もし、時間の変更が出会い、あなたも逃さない?


ある人は言って、逃した人はすべて時間の中に住んでいて、いつもまた再会することができないでさえすれば、それでは、再び出会って、望んで、私はまだ若くて、あなたも古くて、歳月は静かで、初めは忘れません。


歳月の中で、一歩一歩が修行、気づかない間、とっくに自渡、時間の中で、すべての人はすべて1本、前ページは桃红柳绿、後のページは見渡すかぎり荒涼としているかもしれない、誰も知らない、命の次の交差点で誰と離散、また誰と出会って。


いつも人がいてあなたの手を引っ張って、最も美しい年月を見て、生命の中で最も美しい景色で、総傘を支え、あなたは長い間片付けたくもない、いつ組の情に流されず、風塵にあり、季節の変わり目を、永遠に心の底で適切である。たとえ月日の風にゆらぐ煙を挟んで、私はあなたを覚えている澄んだ目つき、そして思い出が互いに暖を取って、ば十分。
[ 投稿者:人生裏或繁或簡 at 01:12 | 朋友 | コメント(0) | トラックバック(0) ]