掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2010年05月14日
貴重な球STC4212Eが入手できたので(^-^) (1)
早速シングルアンプ試作回路を作図してみました。
4212 015
フィラメント定格14V/6Aとオオメシ食らいです。前に転がっている球はGE211です。

出力30W前後をまず目標に、加えて電圧、ドライブ管には是非あのWE101Dを使いたいと思い色々考えてみました。

出力真空管4212は現実的な1000V電圧、100mA程度の動作で試して見たいので

STC4212動作点を切りよく

Ep=1000V
Ip=100mA
Eg=-35V

と、STCのEp-Ip曲線図から取り敢えず選びました。これでA2シングル30Wは取れそうです。こうやって定格を見るとこの球はずい分スイングしやすい、オーディオアンプに適した球なんですね。もちろんフィラメントの事を考えると頭が痛くなりますが(~_~;)

またグリットを固定バイアスにするとリップルコンデンサーの耐圧がずい分楽なんですが、高価な球なので自己バイアスの安全性を捨て切れません(~_~;)

さて、初段とドライバーには懸案のWE101Dを是非使ってみたいと思います。ウエスタンを代表する直熱三極管です。これで全段三極、直熱管アンプが出来ます。

このWE101Dは不思議な球です。アキバではこの球を出力に使ったアンプを40年近くも作り続けている、ある有名老舗を知っています。この球の魅力に取り付かれたオーディオピープルも無職は沢山知っています。

通常はEp=130V前後、Ip=6〜8mA前後の電圧増幅管として使うのですが、この音の良さを是非出力管としても使いたいとウエスタンが定めた定格動作点を超えてずい分高い所で使った動作が多数の方によって試されてきました。けっこうタフな球でかなりの無理が出来るとの報告が今や常識となっています。

最近では山本音響工芸さんがA08Sというアンプ

Ep=250V/Ip=13.5mA/Eg=-27V
という控えめ(^_^X)な動作で出力管に使ったシングルアンプを販売しています。出力は約0.7Wだそうです。いいですねえ、デザインも良いし、音もきっとすばらしいでしょうね。無職も買いたいです。

そんな訳でこの値を使わさせて頂き

ドライバー段WE101Dを
Ep=250V
Ip=13.5mA
Eg=-27V
のパワー管動作でSTC4212をドライブですることにしました。

初段WE101Dの動作は
Ep=100V
Ip=8.1mA
Eg=-4V
というウエスタン推奨の電圧増幅管規格を使います。

4212 021
一番上が4212E、その下ST管のWE101D、その下WE D86326(101Dの古典管、テニスボール管です。良い形ですね)、下右は大きさ比較用のWE300B

以上の動作点を使った一般的なトランスドライブ3段アンプ回路を考えてみました。初段とドライブ段の間は直結なので、初段の直流Ep電圧100V分をかさ上げして2段目の動作点を作っています。インターステージトランスは10K、1:1あるいは1:2程度、30mAを流せるものを探そうと思います。もちろん出力管はマイナスバイアスなのでイントラ反転は不要ですね。
STC4212amp11
こだわりの全段直熱3極管、カンプリングコンデンサーなしのアンプです。

机上の回路図では、特に交流動作が何にも分からないのでこれでバラックを作り一歩、一歩進めて行きたいと思います。多少、あるいは大きな変更が出てくるかもしれませんが、この方向で製作を進め、ブログでご報告していきたいと思います(~_~;)
[ 投稿者:クニタン at 19:16 | オーディオ | コメント(10) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
こんばんは
また、だんだんとクニタンさんらしくなってきましたね。楽しみです。

しかし、14V6Aとは・・・
ヒータートランス独立でも充分な大きさになりそう。
いい音の為には、音楽を聴く何時間も前から電源入れっぱなしにしたい真空管アンプは、「エコ」なんて反経済的なことせずに、きちんと消費するデフレ対策が本分ですから、頑張って贅沢に作って下さい!
投稿者: kaorin27 at 2010-05-14 23:07:09
kaorinさんへ
こんにちは、応援ありがとうございます。また少しフォースを感じられるようになってきました。

真空管アンプはデフレ仕様、、、うまいこと言いますね、そう電気などケチッては良い音はでませんf^_^;

はい、この球のフィラメント14v6A、84Wは尋常ではありません。エージングに使う写真に見える大型スライダックでも10Aしか流せないので2本の球を並列につなげず直列に繋いでエージングしてます(>_<)こんなこと初めてです(*_*)
投稿者: クニタン at 2010-05-15 07:21:17
大きな真空管ですね!
私が見た(ガラス管で知っている)真空管・・・250TL(TH)位の大きさでしょうか?
写真で比較の為に写されているGE211のナント可愛い事!
4倍の容積!でしょうかね
バイアスがー35Vと言う事はドライブは2A3s並で良いので
かなり低歪み・・・最大まで振らなくても良いので楽?でしょうね
電源は其々単独に!でしょうか

完成が待ち遠しいですね・・・(^_-)-☆
投稿者: altum at 2010-05-15 08:54:32
追伸!!
昔15~6才の頃?
電圧増幅管の76を出力管に使用して音を出していた頃が有りますよ~(笑)
最初はお金が無くて真空管が買えなくて手持ちの物で・・・
一番姿が大きな真空管!で使ったのですが
良い音が出て
熊谷に居た頃に電気屋さんに頼んで76を手に入れて
再度組んだくらいです・・・今でも欲しい真空管ですが
見えないですね~、また見えたとしてもとんでもない価格!(^_-)-☆
投稿者: altum at 2010-05-15 09:02:53
真空管女子
おはようございます。
>テニスボール管です
山本音響さんのHPを覗きましたが、本当にカワイイですね。もし「真空管女子」と呼ばれる部族が存在すれば、カワイイとの理由だけで購入しそうですね、中年オヤジがカワイイと言っているくらいですから。
>出力は約0.7Wだそうです
若い頃でしたらこの数字を馬鹿にして見向きもしませんでしたが、現在でしたらこの出力で商品として成立するのだから、素晴らしい音なんだろうな・・・と思考しますね。後はSPの選択と使い方なんでしょうね。
球の音の違いを大らかな広い気持ちで楽しんでおられところなどは見習いたいですね。
投稿者: メタ坊 at 2010-05-15 09:37:42
altumさんへ
76なんて渋い球を使っていたんですね。懐かしいな。もうどこにも見えてこないですねえ。

WE212はもうめったに見えませんが、STC4212はまだ時々見かけます。ワインビンよりは大きく一升びんよりは少し小さいくらいでしょうか。とうとう製作を始めてしまいました。altumさん譲りの電源別筐体を考えているんですが、モノアンプにもかかわらず40Kgを超えそうなのでモノでかつ電源別を考えなくてはならず4台の筐体になってしまう状態で悩んでいます。まあそれが楽しいのですね。
投稿者: クニタン at 2010-05-15 13:30:09
メタ坊さんへ
真空管女子、、、(・_。)
なんと今風な萌えるネーミングでしょうか、、、破顔(ニタリ笑いの崩れた顔)が元にもどりませんm(__)m  参りました、脱帽です(゜o゜)

ということはSTC4212は見た目通り真空管男児(男子でなく)ですから男女の和合を達成する人生の楽園アンプになりそうですね。これは頑張らなくてはいけません。鞭を頂きましたm(__)m

投稿者: クニタン at 2010-05-15 13:39:43
遂に!STC4212ですか!!(*0*)
お師匠様!遂にあの”STC4212”に挑戦されるのですか!!

アンプビルダーの方々が最後に挑戦したい”球ちゃんのNo1”ですよね。。。。

Epは1500Vあたりでしょうか??(小生ビビチャウ1000Vオーバーですね!)

完成したらお邪魔させてくださいね!!(@^0^@)VV
投稿者: カッシー at 2010-05-15 18:39:06
カッシーさんへ
とうとう最後のアンプにされちゃいましたか(×_×;)
まだまだ使ってない球は山ほどあるのでこれが最後ではありませぬ(-_☆)

付加電源はブログに書きましたが、1000V/100mA位からスタートしようと思っています。それから段々上げて様子を見るつもりです(^-^)
投稿者: クニタン at 2010-05-15 20:41:09
gEFiKvYJGccmsDaWIQg
So true. Honesty and eveyritnhg recognized.
投稿者: Malinda at 2012-01-02 23:14:21

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/44.04/a06764/0000325043.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/44.04/archives/0000325043.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら