掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2009年12月11日
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
第一回タンノイ記事
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
その後の自作オートグラフ(4)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

過去にタンノイオートグラフの図面として発表されたものが日本やアメリカに幾つかあるそうですが、そのいずれも肝心の何箇所かのサイズが、間違っていたり、表示されていなかったりでその図面を見て製作にトライした人達の多くが途中で挫折してしまったようです。

CADを使ってそんな不完全な図面の改定を試み、全てのサイズに矛盾の生じない図面を作成しようとされたのが萬羽氏です。

さて、スピーカーの前面、後面ともホーンとなる複雑極まりない箱を製作しようと、3セット6台のタンノイオートグラフを作っている木工現場にど素人の無職が通うようになってそろそろ3ヶ月が過ぎました。

それ以来、12mm厚と18mm厚の4x8版フィンランドバーチと格闘して来ました。無職自前の165mmφ/1.6mm厚丸鋸では刃が逃げてしまうほどのバーチ合板の硬さに驚き、また板の余りの重さに腰砕けになったりしながら、亀の歩みでここまで来ました(^-^)/
1111
これは切り取った3セット分のパーツ材の一部です。

複雑極まりないオートグラフのCAD図面に驚いたり、疑ったりしながら、図面の寸法通りに板に墨つけし、カットしてきました。カットは100ピースを越え、ほとんど全ての板は小口に角度のついたカットになり、多数のカットは萬羽氏にお願いすることになりましたが、先日ようやくカットが終わり、組み立て作業に移行して、1日目で、この写真の状態となりました。
2222

2日目で、この写真の状態となりました。現在ここまでです(>_<)
3333
ここまでの作業では驚くことに、ほとんどの小口突合せがカットした板の寸法でピッタリと合い、まるでキットのように組みあがることです。カンナなどでの現物合わせ、調整は全く不要でした。CAD図面の正確さに驚かされました。

途中で完成に至らず絶望して火をつけて燃やしてしまった夢を何回も見ましたが、ここまでの作業の結果を見て、これなら完成できるかも、と、別の夢を見るようになってきました。

この調子だとアッセンブリー完了は意外と早いかもしれません。でもグリル回り、ツキ板張りなどまだまだ完成までには遠い道のりだと思っていますが、これなら完成出来るという確信も少しは生まれ、ブログに掲載する勇気も出てきました(^-^)/

次回の報告も出来るかも知れません。この続編の記事が出ない場合は、挫折したことになります(>_<)

これは無職のものではない別のオートグラフですが、もう少しアッセンブリーされたものです、早くこのレベルまで行きたいですね。
4444

なお、このタンノイオートグラフの自作に興味をお持ちの方は
「ばんCRAFT研究室」をご覧下さい。

ここで自作用キット、全製作請負、ユニット調達など相談に乗ってくれます。無職は無謀にも「萬羽氏の工房で制作指導のもと自作」というコースを選択しました。なお氏は一級建築士でCADはお手の物、JBLのハーツフィールドも製作したという生粋のオーディオファンです。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:28 | オーディオ | コメント(21) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
クラシックとジャズ
こんにちは。
危ない!ヤバイ!
全身、全霊、入魂状態で記事を拝見してしまいました。
完成が楽しみですね。
>通うようになってそろそろ3ヶ月が過ぎました。
近所でしたら見学に出かけてみたい工房です。
工房のHPを拝見しましたがオートグラフとハーツフィールドを選択できるようですがクラシック向けとジャズ向けのように大雑把に使い分けする事になるのでしょうかね。
これくらいのスピーカーになると家具に近い感覚なんでしょうかね。
投稿者: メタ坊 at 2009-12-11 12:56:41
タンノイ・オートグラフ
私は進工舎が製作していたオートグラフの図面を持っています
1987年発行の別冊FMfanです・・・
当時から何時かはタンノイと・・・タンノイに夢を
持っていたのですが・・・最近のお値段では手だ出せません
遂に夢で終わりそうです(笑)
最もA7が有るので置き場所も有りませんが(^_-)-☆

無職さん・・・自分で材料をカット&組み立てをすれば
愛着も一入になるでしょうね~、頑張って下さいね(^_-)-☆
投稿者: altum at 2009-12-11 13:38:11
メタ坊さんへ
<危ない!ヤバイ!
全身、全霊、入魂状態で記事を拝見>

いや、ほんとにオートグラフを聞いたときの無職の受けた感銘と同じです。
今まで聞いたスピーカーシステムと全く違う音に驚きました。やはりホーンですから低音がヅヅーと遅れて出てくる感じがまるで教会のホールで聞くオペラの感じに近く、また良質な低音の量が桁違いに豊かなのです。この2点のみで、製作したいと思いました。
投稿者: クニタン at 2009-12-11 14:45:10
altumさんへ
あまりオートグラフの図面の事に詳しくないのですが、その別冊FMfanの図面で製作を始めて、挫折して庭で火をつけて燃やしてしまったという人が今回この製作キットを始めるようです(~_~;)

アルテックA7のような軽い弾む音が出るスピーカーの方が良い点が沢山あると思います。無職もそのような音を目標にスピーカーを選んできました。

でもこのオートグラフの重低音の出方はこのスピーカーシステムにしかないもので、この低音の猛毒にかぶれてしまいました(~_~;) 聞こえない重低音で部屋を揺さぶるパワーと言えば大げさですが、そうゆう表現が1番近いと思います。もしかしたら人工的なローブースト効果かもしれないと思いますが、もう中毒状態です(>_<)

いわゆるオリジナルボックスではなく、素人のDIYで使う工具で自分でカットした箱なのでミテクレ等期待できないし、ましてや家具等とは思ってもいませんが音だけは期待しています(^-^)/
投稿者: クニタン at 2009-12-11 15:10:47
ホールトーン
こんにちは。
またお邪魔します。
>教会のホールで聞くオペラの感じ
想像してみましたが、部屋を暗くして眼を閉じればイギリスかヨーロッパの教会にいるような響きの音楽なんていいですね。
以前、某中古ショップで店員さんのコメントで「ホールトーン」と表現していたモノを聞かせていただきましたが、そんな頃は直接的な音、輪郭のはっきりした音が好みで良さがわからずにいました。現在ならこのCDはこっちのスピーカーで聴いたほうが・・・なんて楽しみ方に余裕があります。昔のように絶対こうでなければなんて強迫観念は少なくなって来ました。
歳なんですね。
投稿者: メタ坊 at 2009-12-11 16:06:42
メタ坊さんへ
はい、歳かも知れません。解像度の高いレンズよりライカのズイミクロンレンズの色調を尊ぶようなものですね。

このスピーカーしか出せない音を感じ取ってしまうと他の欠点はみなエクボになってしまいます(>_<) 

でも酒が入るとどれでも同じ音に聞こえてしまいます。お酒が1番安いオーディオアクセサリーかもしれません(~_~;)
投稿者: クニタン at 2009-12-11 16:58:36
道程
度々すみません。
>ズイミクロンレンズの色調を尊ぶようなもの
昔からの先入観ですが、国産レンズから始めて階調豊富で鮮やか発色のツアィスへ流れて、その次は侘び寂びのライツへの道になるのでしょうか。
仰られるようにオーディオの世界もレンズの世界と似ているかもしれませんね。
投稿者: メタ坊 at 2009-12-11 18:09:35
別冊FMfan
>挫折して庭で火をつけて燃やしてしまったという人が
今回この製作キットを始めるようです(~_~;)

アハッ!そうでしたか・・・・・私は作る勇気が無かったので
図面だけは保管していました、第一材料が手に入りません

なので、昔はⅢLZをバック・ロードに入れて聴いていましたよ
当時コーラルから25cm用のバックロード・エンクロージャが
売り出されていて・・・フロント&咽喉?の部分を弄って取り付けてました
その内、縁有ってA7-500を手に入れました(^_-)-☆
投稿者: altum at 2009-12-11 18:46:37
メタ坊さんへ
結局、趣味、道楽の世界に共通する自己満足、自己完結になってしまうような気もしますね。

自分が認めたものを他人が認めると、とても嬉しいですね。「あ、そのレンズ僕も使ってるよ、とてもいいね」なんていわれると大満足です。

箱が完成したらぜひ聞きに来て下さいね。そしてこれは良い音だと言って下さい(^_^X)
投稿者: クニタン at 2009-12-11 19:47:45
altumさんへ
211ドライブのA7の音は無職も想像できる素晴らしいものです(^-^) もう簡単には手に入らないですから大事にして下さいね。
投稿者: クニタン at 2009-12-11 19:57:34
やっぱりそこでしたか!(^0^)//。
何となくあそこで作られているのかな!?と思っていましたが、なんと!自作コースを選択されたのですね!!!!!!

お師匠様!”ファイト!!!”ですよー。。。

完成したら”親父号を5台くらい持参で”音色を聞かせてくださいませ。。。(*^-^*)vv
投稿者: カッシー at 2009-12-11 22:24:45
カッシーさんへ
しばらくブログが静かなので海外でも行っていたのでしょか?

こちらはお察しのとおりの所でシコシコ箱作りをしていました。まだいつ挫折するか、または出来上がるか分かりませんが、出来上がったらぜひ聞きに来て下さいね。
投稿者: クニタン at 2009-12-11 23:47:02
211A
>211ドライブのA7の音は無職も想像できる素晴らしいものです(^-^) 
もう簡単には手に入らないですから大事にして下さいね。

了解で~す(笑)
それで、中国製Electron Tubu211を常用にして
211Aは大切に保護!(笑)・・・反って211Aの為にならない?
2ペアー、グラファト製×1にチタン製×1
チタン製のバラバラが・・・自己バイアスだと電流が少し少なめ
固定バイアスで有れば何とか使用できるかな?が3本
1本ドライバー段と直結の時に過電流が流れてNGに
(っで、自己バイ&ドライバー・トランスに改造です)
それでペアー崩れ?で3本です、私は2ペアー有りますので
クニタンさん使われますか?
このまま、死蔵するのも勿体無いな~と、思いますし
それなりの経験が無いとヤバい球なので(^_-)-☆
投稿者: altum at 2009-12-12 08:25:21
altumさんへ
altumさんおはようございます。
友人の好意で24bit/96KHzの生録DVDをお借りし音を聞きましたが、
とてつもなく鮮度の高い音でビックリしています。やはりCDのフォーマットの限界をまじまじと確認しました。
211Aの件、ありがとうございますm(__)mしばらく検討させてください。211アンプは何台も作ったのですが、全部嫁入りして手元にはプラスバイアスの805アンプのみ残っています。あの大きなアンプを作る気力が出るか体と相談しなくちゃいけないです(>_<)
投稿者: クニタン at 2009-12-13 08:33:30
クニタンさんへ
了解しました!

記事を書いて現物を確認!(笑)
そうしたら、グラファイトのプレートの物の1ペアー
(私のブログで初期の211Aアンプとして
紹介している物、若干鼠色になっています)と
チタン製が1本でした(^_-)-☆
投稿者: altum at 2009-12-13 09:18:14
画面から、音が出てきます。
皆様とのやり取りを拝見していて、とても凄い音が溢れてくる気がします。
材質や設計の精度、組み立てられる方々のエネルギーから、本物以上の雄大な音が現れそうに見えます。 完成の暁には、一度聞かせて頂きたいと、垂涎状態です。
当方、憧れの無職へ突き進んでいるオヤジです。
投稿者: fumi-G at 2009-12-15 10:43:18
fumi-Gさんへ
「本物以上」の雄大な音←これが良くも、悪くも無職の心を捉えてしまいました(T_T) 40Hz前後の音にならない音というんでしょうか、ロウソクを吹消す息の音、気配が聞こえるんです(゜o゜)猛毒ですね。
投稿者: クニタン at 2009-12-15 11:10:28
これは...
キットなのでしょうか???
キットでしたらおいくらくらいかかるのでしょうか?
とても興味がありますね♪
パラゴンがでないかと思っていますね♪
投稿者: SEED at 2010-01-17 09:54:14
SEEDさんへ
禁止ワードにひっかかってコメント出来なくなってしまいました。明日でも再トライします。
投稿者: クニタン at 2010-01-17 21:51:06
SEEDさんへ
時々コメントの中に禁止ワードに引っかかる言葉が有るらしくてコメント拒否されてしまうのです(^_^X) まったく思い当たる言葉がなくていつもこまってしまいます。
投稿者: クニタン at 2010-01-17 21:55:45
SEEDさんへ
値段はコースごとの設定になっているので間違いがあってはいけません、ここ本文内のリンク「ばんCRAFT研究室」でお聞きになってください。とても親切で丁寧に教えて頂けます。
投稿者: クニタン at 2010-01-17 21:58:43

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/44.04/a06764/0000307360.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/44.04/archives/0000307360.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら