掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2010年03月25日
時に食べたくなるインドカレー
B級グルメが大好きな無職ですが、実はカレーはあまり好きになれません。理由は説明しづらいのですが、強いて理屈をつければ、カレーに混ざる小麦粉などのデンプン質が舌に残る感触が嫌いなのかも知れません。そんな訳であまり食べません。

同様に残念なことにB級グルメの巨人、カレーうどんも、ほとんど食べません(>_<)

でも本場インドやタイ、ベトナムカレーは大好きで機会があれば食べに行きます。まったくデンプン質の気配が無く、多数のハーブの渾然とした得も言われぬ香りと美味に文字通りシビレてしまいます。

そこに熱々のナンでも付いてくると最高ですね。この小麦粉で出来たナンのデンプン臭さはまったく気にならないのはナンでしょうか? m(__)m

先日は以前勧められていたインド料理の有名店に行ってきました。
夜景
松本市内の高台にあって夜景の綺麗なお店でした。写真は夕時の手撮りなのでぶれてしまいました(>_<)

メニューも本格的なもので期待いっぱいのオーダーをしました。
マトン
キーマ

タンドリーチキンやキーマカレー、マトンカレー等を楽しみ、シシケバブも追加オーダーしました。久しぶりのインド料理だったのでとても美味しく本格的なハーブや香辛料を味わうことが出来ました(^-^)

でも残念ながら、料理の味付けに何か足りないものを感じてしまった。沢山の香辛料が入っている本格的インド料理なのは分かるんだけど、なにか重要な香辛料が抜けているような感じなんです。カレーにもタンドリーチキンにも、そしてシシケバブにも同じように感じました。そして最後のラッシーにも何か物足りなさを感じました。

しかし信州で本格的なインド料理というのも香辛料の仕入れなど難しい点も多いと思うので仕方ないでしょう。そして本物のインド料理を食べたくなった時、他にはない貴重な店なのでまたきっと行くことと思います(^_^X)
[ 投稿者:クニタン at 12:59 | 安曇野 | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2010年03月19日
その後の自作オートグラフ(4)
第一回タンノイ記事
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

寒さや大雪に加えて、旅行をしたり、酒を飲んだりでさぼり気味だったオートグラフ製作ですが、とにかく一歩でも半歩でも前進しないと、、と少しづつ、少しづつ進めています。

とりあえず固定、固着した部分の前と後ろです。まだここまでしか完成していません。左が後ろ、右が前からの写真です。
013

この椅子の手すりのような所の内側は音道で、この中がスピーカーの裏の気室(バックチャンバー)からぐるりと前に、更に後ろへと抜けてゆくホーンの一部です。
016
014

これに一番外側のパネルを仮付けして様子見をしているところです。まだ固定はしていません。この外側パネルとその内側パネルの間がホーンの開口部になります。大きいですね。これでやっとオートグラフの全貌が見えてきました(^-^)/
021

更に調子に乗ってスピーカーのフロントバッフルを所定の場所に仮に乗せて見ました。ここにスピーカーユニットとフロントホーンが取り付けられる予定です。
024

まだ、まだ先は見えません(>_<)

なお、このタンノイオートグラフの自作に興味をお持ちの方は
「ばんCRAFT研究室」をご覧下さい。
[ 投稿者:クニタン at 10:18 | オーディオ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年03月14日
今回もまたうなぎレポートです(^-^)/
ミシュランとともに無職が信頼しているグルメ店評価本にザガット(ZAGAT)があるのですが、その日本語ヴァージョンには東京版、関西版、に加えてなんと長野版があるのです!!
2gatu3gatu 047

その中で信州のウナギ家さんのトップランキングになっている「まつ嘉/まつか」は気になっているお店でしたが何せ松本には小生お気に入りの「桜家」というウナギ家さんが有るので「まつか」には行ったことはなかったのです。

ところがWさんからのお勧めもあり、とうとう行って来てしまいました(^_^X) うなぎは決してB級グルメなどではなく高級和食のひとつだと思っていますが、所詮うな重はうな重、2、3回居酒屋行きを節約すれば無職でも何とか食べれる高級和食です(^-^)
2gatu3gatu 034

このお店は「11時半よりウナギの売り切れるまで、午後2時頃!」という、なんと言うことでしょうか、一日に2時間半しか営業していないのです。11時に到着したときには一階席は我々で満席になりました。
2gatu3gatu 035
4切入り(うなぎ2匹分)のうな重3150円、値段は相場でしょうか(~_~;)

がんばって4切入りのうな重を頼み、待つこと30分、(注文を聞いてから活ウナギを捌いて蒸して、焼くのですから当然です、ここでイラついてはいけません)
2段のお重で出てきました。お決まりの肝入りお吸い物、漬物が付いてきました。グルグルのタレのかけ回しがひょうきんですね(^-^)
2gatu3gatu 041
‥‥ (‥;) (~_~;) (*_*) (@_@;) (゜O゜;)(^-^)(^-^)/(T_T)

おっとこれはすごい、パリパリの皮に溶けそうな肉厚の身、、、そして無職好きの甘みを抑えたタレ、文句のつけようがありませんでした。ブランドうなぎの浜松の名店を越えるかもしれません。

地味な店内インテリアと控えめな接客態度もえらく気に入ってしまいました。これはまた居酒屋行きを節約してでも行かなくてはと思いました(^^ゞ

Wさんご紹介ありがとうございました。メチャ美味しかったですm(__)m

まつか/松本市中央3-2/0263-32-0747
[ 投稿者:クニタン at 18:49 | 料理 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2010年03月10日
3月のドカ雪
2月には何回も雨が降って雪が全部溶けたと喜んでいたのですが(×_×;)

一昨日から降り続いた雪は今朝になって30cm位に到達しました。3月のドカ雪です(T_T)
IMG_0025

室内は暖房で暖められているので屋根の庇の雪は溶けてこんなにせり出しています。
IMG_0009

積雪で10mある寄り付き道から車が出せません、食料のストックが無いので買い物に行けないとこのままでは飢え死にです。
IMG_0014
さっそく雪かき開始、窮余の、すきっぱらの、大仕事なので急にお腹が痛くなり、始めてすぐ雪かき中止です(>_<)

雪かきをしている間に屋根の庇のせり出した雪が落ちて大きな音を立てました(~_~;)
IMG_0027

日頃の不摂生がたたってこんな急場の仕事には皆目役立たずの体です(T_T) このままでは雪道を300m下ったところにある蕎麦屋さんへ駆け込むしか解決策はありません。あそこには熱燗もおいてあるのです(^-^)

でも徒歩で降りて行って閉店だったらどおしよう(×_×;)坂道を上がって戻る気力はなさそうです(>_<)
[ 投稿者:クニタン at 10:46 | 安曇野 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2010年03月05日
厳寒の東北旅行(最終)
今回の東北旅行最終日は岩手県釜石から遠野、北上、秋田湯沢、稲庭、子安峡そして翌日の仙台です。

釜石は海岸線にそって南北一車線の45号線が走るだけで西の内陸に抜ける仙人峠は物流には険し過ぎて陸の孤島と呼ばれていたのですが、今はりっぱなトンネルが出来ていて遠野までわずかな時間で抜けることができました。

東北 182
どこか高原風情で信州安曇野と似たイメージの遠野を通り過ぎ、花巻の東和ICから高速道に入り、東北道経由、秋田道の横手ICで降りて、湯沢市に合併した子安峡の多郎兵衛旅館にたどり着きました。ここが今晩の目的地です。

さすがに秋田県内陸部、豪雪地帯に位置するこの旅館、石敷きの大風呂、雪見の露天風呂、など5箇所以上もあるお風呂にこだわりの造作を感じました。
東北 197
そして部屋や廊下、風呂、ロビーなど全てにおもてなしの気遣いが感じられ、素晴らしい所でした。食事も素晴らしく写真を撮るのを忘れて食べてしまいました(>_<)

雪見酒もしっかり頂いて熟睡です(^-^)/

東北 204
朝食は食べる前に忘れずに写真を撮りました(^_^X)

東北 206
ここなら料金もリーズナブルで誰にでも安心してお勧めできる旅館だと思いました。

東北3枚
朝からは途中、あのうどんで有名な稲庭町(湯沢市)でうどんをお土産に購入し、一路、仙台に向けドライブ開始です。途中のSAで盛岡名物の冷麺と前沢牛丼を食べました。
東北 245

仙台到着、レンタカーを返還して今回の東北無謀旅行は無事終了です。秋田から仙台まで3泊4日、1147kmの行程をともにしたスバルレガシーの不凍剤まみれの雄姿です。
東北 246
とても安定感のある雪道ドライブにぴったりの車で、別れるのが寂しくなりました(T_T)

信州から列車泊、帰りの東京泊を含めると5泊6日の旅となり、雪と温泉と冬の魚とお酒を堪能した楽しい旅でした。でも今度は暖かいほうへ行きたい(^_^X)
[ 投稿者:クニタン at 10:08 | 旅行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年03月01日
厳寒の東北旅行(4)
今日(2月18日)は岩手県の三陸海岸ど真ん中にある田野畑村のホテル羅賀荘を出て、三陸の一般道を南下、小さな漁村をいくつも通過しました。
東北 159

そして宮古市を通過して更に南下、昼時に釜石に入りました。写真は釜石駅です。
東北 172

ここ釜石では以前三陸海鮮料理 中村家という和食食堂をしていた所が開発した三陸海宝漬を見学(~_~;)です。
東北 162

これを作って大当たりした釜石、中村家さんは今はレストランを閉めてこの製造だけに絞って販売しているようですが、これがものすごい売れ行きだそうです。仙台でも高速道のSAでも売っていますが、アマゾンや楽天の通販ベストランキングの商品だそうです。もちろん東京の高島屋や三越でも販売されています。

知人の紹介でその製造所兼店頭販売所を見てきました。商品はこれですが、アワビとホタテ、イクラ、メカブの入ったとてもリッチな構成の漬物です。年金生活者の無職にはとても高価で買えず、ごくごく小さな現地限定サイズものを夜の酒のツマミに購入しました(^_^X)

その釜石中村家が直営する食堂が近くの橋上市場(以前は橋の上にあった市場なのでこの名前が)の中に有ると聞き、そこでお昼を頂きました。この市場の2階のまんぷく食堂です。

さすがに漁港に隣接する市場の食堂で、地元の人でいっぱいでした。無職はお決まりの刺身定食1500円を注文。見てくださいこの大胆、素朴な田舎盛の刺身皿を(^-^)/
東北 165

定食にはこの子供ホタテの味噌汁が付きます、これが美味い(^-^)/
東北 167
やあ旨かった、大満足です。やはり信州の刺身と一味も、二味も違いました。

東北 169
これは隣の人の3色丼?です(^-^) こっちも旨そうでした(^^;)

さて、最終目的地仙台は近いのですが、所用のため遠回り、午後は、遠野、北上、稲庭、湯沢子安峡へと仙人峠を越えてドライブです。ここに素晴らしい旅館があるのです(^-^)/
[ 投稿者:クニタン at 13:24 | 旅行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]