掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2010年02月27日
厳寒の東北旅行(3)
今日(2月17日)は弘前から、黒石、十和田、百石、八戸、久慈と回り、
東北 高速
上は高速道、下は一般道、いずれもかなりの雪でした。
黒石十和田

やっと陸中、三陸海岸のJTBがランク付けした特A級観光スポット「北山崎」に到着です。ここでポスター通りの景観を期待したのですが、
北山崎
現実はこの様な感じでした(>_<) 
東北 139
観光職員に雪の少ない北山崎でこんなに雪を見れるのはとても貴重な体験です、と慰められました(>_<)

雪のシンシンと降る一般道山道を岩手県、田野畑村まで走り、ホテル羅賀荘という所に宿泊です。刺身や牛肉、カニしゃぶとあまり覚えていない夕食ですがペロリと食べ、ホテルの大浴場に入ってすぐに寝てしまいました。きょうは350km位走って、そのうち200km以上は一般道の走りだったのでとても疲労して、早寝です(~_~;)

翌朝、ホテルの部屋窓から6:33分にという美しい日の出を期待して早起き、カメラを抱えて待っていたのですが、
ホテル羅賀荘
厚雲に隠れ、正面に見えるはずの太陽がまるで見えません(T_T)

今日も長距離ドライブです(^_^X)
[ 投稿者:クニタン at 14:59 | 旅行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年02月26日
厳寒の東北旅行(2)
出発地点の秋田市ではレンタカーを借りました。レガシー 4駆 スタッドレスという冬期フル装備の車で東北の旅開始です。残念ながら秋田県での泊まりは今回ありません(>_<)

昭和の大事業といわれる干拓された八郎潟、長い歴史を持つ能代と回り、
能代駅

いよいよ秋田県とさよならです。
秋田県を出る
ハタハタは食べたかな、いや食べなかった(>_<) でも今振り返ると秋田市あたりが東北で一番雪の少ない所だったのかなと思います。

その後青森県、弘前までゆっくりとドライブ。今晩の宿泊は市内ホテルなので食事は外食ですが、自分たちで好きなところへ行けるのでこれが意外と楽しいのです。

評判が良くお勧めの弘前、郷土料理屋、菊富士さん(0172-36-3300)で期待の夕食となりました。
菊富士

もちろんお刺身です。そしてホヤの塩辛、帆立の貝焼味噌、棒ダラと葺きの煮付け、嶽キミと海老のかき揚げ
5ツマミ

津軽の郷土料理がゾロゾロと出てきましたが、いずれも美味しい酒のツマミになりました。でも飲んだお酒は何だったか忘れてしまいましたが、全部美味しかったので大満足です。

郷土料理屋さんからホテルまではこんな道を歩きました。雪国情緒満点です(^-^)
弘前の夜道

翌朝の宿泊ホテルの最上階からの雪景色です。
弘前の朝

さすがに青森県、弘前はけっこうな雪でした。さあ今日は雪道のロングドライブが始まります(^-^)/
[ 投稿者:クニタン at 15:42 | 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年02月24日
厳寒の東北旅行(1)
先日、雪降る中を列車とレンタカーで真冬の東北旅行をしてきました(^-^)/
東北の旅は冬がいい! この一言を信じて安易に出発です。

夜9時信州松本を出立、普通電車で新潟直江津に出ました。
東北 013
普通列車途中の黒姫、、さすがに雪が多いのですが外は暗く写真に撮ることは出来ません(>_<)

そして日本海に面した直江津(新潟県)から憧れのブルートレイン「特急日本海」青森行きに接続して秋田へ、早朝5時半に到着予定です。
東北 026
東北 025
まだブルートレインは現役バリバリで走っていました(^_^X) 過去に一度しか乗ったことが無いのですがとても情緒があり、2度目の再会を果たすことができました。

安いB寝台なので上下、向かい側上下の4人部屋です、部屋に入ったときはもう他の人が寝ていてカーテンが閉められていました。
東北 017
外に寒々しい日本海が見えるのですが海は暗く写真に撮れる明るさではありません(T_T)

検札にきた車掌さんにモーニングコールをお願いし、そのまま寝床を作り寝ることにしました。部屋に窓が無いのでまったく外は見えません。
東北 022
朝5時前には自然と目が覚め、起き出し通路の窓から寒そうな日本海の波を見ていてなぜか去年の大河ドラマ直江兼続の戦いシーンを思い出していました。

新潟の方は多少雪があったのですが、秋田近くにはほとんど雪は見当たりませんでした。早朝5時35分ようやく秋田到着です。
東北 027
早朝の冷えた体はこの明るい秋田駅に救われた気がしました。

乗り継ぎ時間も含めて8時間半、松本ー秋田 乗車券片道8190円 プラス直江津秋田特急B寝台8820円でした。

今晩の宿泊予定地は青森県の弘前です。
[ 投稿者:クニタン at 12:12 | 旅行 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年02月23日
ポカポカ陽気の湯島天神
東京上野にある湯島天神へ行って来ました。

天神様
東 天神
学問の神様です。

梅の花
東 梅木
ここは有名な梅見所です。こんな大きな梅木はあまりないですね。信州よりは余程暖かいからでしょうか。

梅の盆栽
東 盆栽
とてもお買い得だと思いました。

絵馬
東 絵馬
やはり場所がら、シーズンがら、合格祈願が多かったです。膨大な数ですね(~_~;)

境内の中国雑技団イベントを見てきました。
東 雑技
普段は笑わない中国美女も上手な営業笑いをしていました。
[ 投稿者:クニタン at 09:27 | 旅行 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年02月15日
やはり貰うと嬉しいチョコレート
バレンタインチョコを沢山もらったこともありました(>_<)、でも段々少なくなり、とうとう去年はなにも来なかった(T_T)。でも今年はやっとひとつ貰いました。よかった、よかった(^。^;)

無職の酒好きを知っていて、以前から酒の入ったボンボンチョコが当然多かったのですが今回はポピュラーなラムやブランディー入りのモノではなく珍しくバーボンの入ったウイスキーボンボンと酒本体200mLのセットものでした。
バレンタイン2010 016
さすが左党のことを考えた商品ですね。

ラム入りと違って甘みの無いウイスキーと外側の甘いチョコレートとのコンビネーションがとても小生の好みに合っていました(^-^)
バレンタイン2010 017

このバレンタイン風習もずっと前にはなかったのですが、女性から送られる物とゆうことできっと世の中の男性から圧倒的な支持を得たのでしょうか、貰うものは何でも嬉しいものです(^_^X) 年々過熱状態です。デパートや専門店であれだけ専門スペースを作るのですから商品を作るほうもいろいろ工夫して楽しいものを作っているんですね。

3月には生チョコレートで日本酒を封じ込めたボンボンを作ってホワイトデイにお返ししようかと考えています。でもどうやって酒を中にふうじこめるんだろう。
[ 投稿者:クニタン at 10:27 | | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2010年02月11日
日本酒にベストマッチ
無職の垂涎モノといえば、「ホヤの塩辛」です。これを見ると日本酒はどこ、、とパブロの犬のように条件反射をするのは無職だけでしょうか(>_<)

瓶詰めのものしか知らなかった無職にとってホヤには苦さと青臭さがあり、苦手なモノのひとつでした。しかし三陸海岸で生きたホヤの刺身を食してそれは大きな誤解であったと分かってしまいました。

それ以来、機会があれば必ずオーダーするメニューのひとつになりました。鮮度の良いホヤの持つ独特の甘さと、苦さの絶妙なコンビネーションはこの世のものとは思えないほど美味です。死ぬ前に何を食べて死にたいかといわれればこの刺身を、、と言うかはわかりませんがそれほど気に入ったツマミになりました。

でもとても足の速いホヤですからそんなチャンスはなかなかありません。

和食の板前がそんな新鮮なホヤを入手するとまずは酒のツマミに2、3日は美味しく提供出来るようにと軽く、かるーく塩振って作った物がこの「ホヤの塩辛」ではないかと思います。

そんな確かな腕の板さんが作ったものがこれです(^-^) 
Tokyo 003

まず、この宝石のような鮮やかな色がたまりません。色を見て一杯、箸でつついて一杯、箸先をなめて一杯、舌に乗せて一杯、喉越しを感じて一杯、また箸先をなめて一杯、、たまりません o(^o^)o もう日本酒飲みすぎです(>_<)

[ 投稿者:クニタン at 13:04 | | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2010年02月08日
思い出のブルーハワイ
これはミュージカルではなく、キャバレーの話です(^_^X)
何を隠そう30数年前、無職はキャバレーに行ったことがあります。今の若者から見ればキャバレーなんて、うざい、とか言われそうですが、その頃は先輩、同期、友人などと酒の2次会、3次会等でキャバレーに行くのは定番のひとつでした。

番号だか、花ネームだか、源氏名だか付けたお姐さんが横に座ってお酌してくれたり、もっと何かしてくれたりするのですが、気の置けない馴染みの友人と打ち解けた話やHな話をしたりするには格好の場所でした。

そんなキャバレーがその頃は白バラだとかロンドンだとか沢山あり名前は忘れてしまったのですが、その中で「ブルーハワイ」は柔らかい商売(^-^)が受けていて結構流行っていました。まあ業界のトップブランドだったのかもしれません。

雪見酒 005
ところが30数年を経て、あの名門ブルーハワイがしっかりと営業しているのを偶然発見しました。ほんとにあの青ハワイなのだろうか。門構えも昔とほとんど同じです。もしあのシステムが今も変わらず生き残っているとすればこれは浮き沈みの激しい産業界の奇跡ともいえるかも知れません。

今の若者は社会とのお付き合いを余りせず家庭第一主義だと聞きます。特に金曜日は家にまっしぐらに帰ってしまい、飲み屋の稼ぎ日は今や閑古鳥、週で一番ヒマな日なんだそうです。

そんなキャバレーの不遇時代にもしっかり生き残って商売をしているなんて、すごい、すご過ぎる(^-^) これはひとつ行ってその真偽を確かめなくてはいけない(^_^X)

もしかしたらキャバレー ブルーハワイを名乗るカラオケショップかも知れませんから。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 04:36 | | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年02月06日
深夜からコンコンと
降り続く降雪。今年は暖冬だといった人はだれだろう? もう今冬4〜5回目の積雪です。そして段々と寒くなって来ました。今日は朝からマイナス3〜4度位でしょうか、昼近くになっても暖かくなりません(>_<)
雪見酒 008

こんな日は体を内部から暖かくするのが一番です。最近飲んでいるボトルを撮影してみました。もうこの中の2本は空ですが(^_^X)、
雪見酒 007
左の焼酎、一刻者は日本酒が切れた場合のバックアップです(^_^X)

岩国の五橋。錦帯橋と関係ある名前だと思うのですが、美味しかった(^-^)/ ここ信州では簡単に手に入らないもので旨みの凝縮されたものでした。Kさんありがとうございます。

新潟の久保田。なんだ久保田かと、酒通からアホ呼ばわりされそうですが、百寿、千寿位までが美味しい、それ以上のクラスだと高くて買えません。最近酒飲みから飽きられてきたのか一時の盛上がりと比較すると見る影もないのですが、味はバランスが取れ、酒臭さを抑えつつしっかりとした芯を持っていて大好きな酒の1つです。

この2本はすでに空っぽ、、ビンを逆さにして両手でぐっと絞っても一滴も出ません(T_T) でも心配無用です。すでに次の日本酒を用意しているのです(^-^)

これぞ銘酒 新潟村上の〆張り鶴です。久保田に近い上品な味ながらよりガツンと来る無職好みのものです。酒屋に入ってしばらくぶりで手に取った〆張り鶴、何と「月」とラベルがあるではありませんか。隣には同じ〆張り鶴で「花」とラベルされたものもありました。

店のおばちゃんに早速質問すると、この「月」なかなか入荷しない貴重酒ですよ。見て、この酒ラベル、バーコード付いてないでしょ、古いラベルをそのまま使ってるんでしょうね。

こんな話を聞くともうだめです。さっそく購入してきたものです(^-^) おやホント他のボトルのラベルには全てバーコードが付いています。_(‥ )フーン これは旨いかも(^-^) 関係ないか(~_~;)

まだ飲めません(^-^) 日本酒にはツマミが必要なのです、これからゆっくりと2〜3品用意して土曜の午後は雪見酒を楽しむ予定です。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:45 | | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年02月04日
美味しいステーキ
日本ではどうしてステーキでも霜降りの肉ばかり尊ばれるのだろうか?
確かに牛のあぶらは美味しいし、霜降り状にサシとして肉の中に入っていればとても柔らかく食べられるのは確かなんだけど、本当の肉の旨みとは違うような気がしている。

アメリカ人にしゃぶしゃぶをご馳走した時、しゃぶしゃぶ肉の脂身をフォークでどけて、赤身だけを鍋に入れていたんです。しゃぶしゃぶ肉の脂身を取るなんてとても出来ないことなんですが(物理的に細かくて無理、それととても勿体無くて出来ない)、一生懸命取っていました。見るに忍びない光景でした。聞いてみると牛肉は大好きなんだけどあぶらは嫌いなんだといってました。

しゃぶしゃぶ肉はさておき、ステーキの本当の美味しさは赤身肉の中にあると思うのは無職だけだろうか。またアバラ骨の近くの肉、骨にくっ付いた肉など本当に肉の甘み、旨みが凝縮しているのではないだろうか。そんな訳で小生はリブロース肉あたりが一番美味しいかなと思っています。そしてTボーンなんか最高ですね。
再取り込み 2178
ここら辺ではめずらしくリブロースの置いてある
ステーキ宮 豊科店 0263-73-2765

さらに生肉のステーキカットを1ヵ月位、冷凍庫で寝かせて、すこし黒味が出てきたものを焼くと無職にとっては更に美味しく感じられます。

サシの入った馬刺より赤身の馬刺
大トロより中トロ
中トロより大間の赤身
牛脂を味わうならホルモン

もう充分すぎる位の脂をお腹に蓄えて、もう脂は要らないといってる無職のちょっと屁理くつな思いを書いてみましたm(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 13:33 | 料理 | コメント(11) | トラックバック(1) ]