掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2010年01月31日
遊び心いっぱいのガジェット
むかしの鉄腕アトムの漫画の中では銃はレーザー光線が当たり前だった。銃の怖さも知らない少年時代、あのピカと光る光線銃は頭の中を興奮でいっぱいにしてくれました。

その後ずいぶん経ってレーザーポインターというものが出てさっそく購入して遊んだのですが、もうその頃は光線銃などで遊ぶ無邪気な心はすでに失われていました。

さて、近年レーザーを使った本当の実用品として現れたのが建築現場で使われる水平、垂直を測るレベル計で現在プロの土木屋さんや大工さんのほとんどが使っています。

そんな中で素人の無職でも使え、充分実用になり、しかも楽しいものを見つけて使っています(^-^)/

スイッチを入れ、測りたいところまでレーザーでポイントすると測定器からポイントしたところまでの距離が即ちに測れ、しかも最高50m先まで測れるというデジタルレーザーメーターです。(最近少し値上がりしたようです)

IMG_6077
下がレーザーメーター、上がレーザー墨つぼ。光線を左の箱に当ててみました。

長さだけでなく2辺を測って面積、3辺で体積を自動的に計算したり、底辺、斜辺の2辺を測り、もう一辺の長さを測る(木の高さ等を測る)事もできます。

そして肝心の計測誤差もかなりのモノで、5mの測定で実感1〜2mm以内という感じです(^-^)

試聴点からスピーカーまでの距離を測定したり、目線からのスピーカーの高低を調べるのにレーザー墨つぼと組み合わせて使ったりしています。時には誰もいない時にレーザー光線遊びをする事もできます(^-^)
IMG_6074
IMG_6069

世の中本当に便利になりました(^-^)/

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m

[ 投稿者:クニタン at 11:20 | 自作/DIY | コメント(7) | トラックバック(0) ]

2010年01月27日
ぼろスピーカーでアンプをテスト
無職の尊敬する耳の良いkaorin27さんが

そのブログのこことここでの記事で次のようなことを書いています。

ALTECの開発陣が自社のスピーカー作りについて語ったこと・・・

「製品の音決めをする時のポイントは何ですか?」
「悪い録音の音源を再生して確認しています」

これを読んでハッとしました!

逆の意味なんですが、何となく普段無職が感じていたことと同じかも知れないと思いあたりました(^-^)/

無職はアンプのテストに8cmφのぼろスピーカーを20年来使っています。テレビやパソコン、ラジカセ、安物アンプ(トランジスター、真空管とも)などでこのスピーカーを使うと音になりません。低音、高音が全く出ないのです。
IMG_6053

逆に良いアンプを接続するとまるで歌を忘れたカナリアが突然朗々と歌い出したかのように素晴らしい再生を始めるのに気がついて長年経ちました。以来いつもアンプのテストには最初にこのスピーカーを使って音を聞きます。

悪いアンプはからはより悪い音が、良いアンプからは信じられない程良い音が、とアンプの良悪がものすごく拡大されて聞こえてくるんです。このボロスピーカーでこんな音がでるの? マジ? という感じです。

考えられるヘリ理屈はあります(~_~;)

このスピーカーは長岡式で超小型箱から低音を出そうとコーンに重みを加えるために接着剤をコーン表面に手塗りしているので結果として多少の低音と引き換えにものすごく低能率なスピーカーとなっています。
IMG_6047
使用ユニットはFE83です。

それだけでなくスピーカーのオリジナル仕様に比べ異常にコーン紙が重いのでコーンの立ち上がり、立下り、等の制動がものすごく悪く、アンプにとって大変ドライブし辛いものとなっていて、アンプの出力、ダンピングファクター等の制御能力が大きくないとこのボロスピーカーをコントロール出来ないのではと思っています。

まあ、所詮はボロスピーカーですから全体的な音像再生能力はとても貧弱で、一般的なオーディオスピーカーには敵わず、これで音楽を鑑賞したいとは思わないのですが、無職の大事なテストスピーカーとなってしまいました(^-^)/

こんなものが人によってはオーディオの重要なパーツの1つになるということで軽くお考え頂ければ嬉しいですね(^-^)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 15:41 | オーディオ | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2010年01月24日
おいしいなあ、トラフグ
フグ料理は高価で無職には縁の遠いものですが、今回運よくご馳走になることができまた^-^)/

てっさ
IMG_6016

唐揚げ
IMG_6018

とらふぐは美味しいお魚で、とても魚肉とは思えない濃厚な味があり、てっさ(フグ刺し)、てっちり(フグ鍋)、から揚げなどどれも美味しく幸せな気持ちになります。

そしてフグの白子も忘れてはいけません。この白子の炙り焼きは絶品です。
IMG_6020

さて極めつきはひれ酒という麻薬です(^_^X)
安い紙パックの辛酒をチンチンの熱燗にして厚めの焦がしフグヒレに注ぎ30秒位蒸らし置いてからフタをとりマッチで火をつけたら出来上がりです。こんなうまい日本酒の飲み方は他にはないかも知れません(^_^X) とくに安酒でつくるひれ酒が一番美味しいです。
G9 186

そして、飲み残ったフグヒレはもったいないと、更に注ぎ酒と称して、酒を足し、同じヒレから2、3杯とヒレの味が出なくなるまで飲むのです(^_^X) 味が出なくなったらまたひれ酒の追加です(>_<) 酔いもそれにつれて回ってきます。

美味しくて食べるのに忙しく、てっちり鍋の写真を撮るのを忘れてしまい、最後の雑炊だけ撮ることが出来ました(>_<)
IMG_6021

最近のニュースでは今年の天然フグは豊漁で値もずい分下がっているようです(^-^)/

でも天然フグはとても無職の懐で払えるものではないのですが、幸運にも養殖物が発達していて味もそんなにそん色なく最近ではかなり安価に提供してくれるところもあり、昔ほど高嶺の花ではなくなりつつあります。さらにお馴染みの中国のフグも大量に輸入されていて、フグ好き庶民の救世主になっています。中国さんありがとうm(__)m

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 13:19 | | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2010年01月20日
うまい酒、日本酒
078

無職の好きなワインとビールと紹興酒と日本酒は不思議にもいずれも醸造酒です(^-^)/
その中でも日本酒が一番無職の体にフィットしているなあ、、と最近、いや昔から思ってきました(~_~;)

体に優しく体もゆっくり温まり、酔いも緩やかに来て、沢山飲まなければ翌日のダメージもほとんどありません。

そして、飲みながら美味しい和食の肴を味わえます。食べて飲む、これが健康維持の特効薬だと自分に都合よく信じて実践してきたのです(^-^)

飲むだけではありません、無職は冬の鍋が大好きですが、このダシ汁に加える日本酒も欠かせません。魚や肉の臭みを消し、旨みを加え、柔らかく仕上げる働きがあるそうです。

今が旬のカキ鍋など酒を加えるだけで旨みが大きく違ってきます(^-^)/

飲んで、食べて美味しい日本酒。毎日1合、週2日の休肝日が医者から言われたメタボ体形を脱却する今年の目標の1つ(>_<)です。実現可能なとても簡単な目標です、、、ね?(‥;) 


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:00 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年01月17日
マッキントッシュMC275の修理
以前ブログに書きましたが、無職はKT88という球が大好きでマッキン最高傑作のアンプと言われる純正のMC275を30年近く前に購入したことがあります。

さて、その後そのMC275のレプリカが発売されたことは知っていたけど、音を聞いたことも、シャーシの中を見たこともありませんでした。今回そのレプリカMC275の修理という楽しい機会に恵まれちゃいました(^_^X)
MC275全景

故障の要点は電源スイッチを入れて暖まってくると右チャンネルからブツブツ、ボコボコというノイズが発生して、耳障りだというものです(>_<)

症状からこれはカソードバイパスコンデンサーあたりかなと見当を付けてシャーシを開けてみました。

そして驚きました、電圧増幅とドライバー段はガラスエポキシ基板使用、フィルムコンデンサー多用、日本製ケミコン、抵抗です。更に真空管も12AX7→12AX7→12AZ7→12AZ7→KT88という構成でオリジナルのX7→U7→BH7→Z7→88とはかなり違っていて、これはオリジナルとは別物じゃんと少し気落ちしました(>_<)
基板取出し前

レプリカの回路もNFBを出力段から初段にではなく、2段目に返しているとか、初段、2段目の間は直結でないとか、オリジナルと大幅に回路、定数とも違っていました。

修理の方は最初の大予想に基づきチェックしますが、今回は予想を外しました(>_<)
こんな場合は原点にもどって一歩一歩調べるだけです。

オーバーオールNFBを外してから、
入力ショート→ノイズが出る(故障事象の再確認)
2段目入力ショート→ノイズが出る(1段目の故障ではない)
3段目入力ショート→ノイズが出る(1、2段目の故障でない)
4段目入力ショート→ノイズが出ない(これで3段目にノイズ発生原因があると分かる)

という手順でノイズ発生段を特定するわけです。このノイズ確認はオシロでも確認できますが無職は出力に繋いだスピーカーや回路に取り付けて音の聞ける手製クリスタルイヤホン等を使います。とても時間のかかるチェックです(>_<)、そして直結の場合のように簡単に入力をショートできない場合はこの方法は使えません。

抵抗の故障は黒焼け、匂い、など外観で分かることが多いし、コネクター、ソケット、真空管などは小さな木槌でコンコンと叩いて出力音を聞いて行くと接触不良などは分かってしまうことが多い。

ケミコン(電解コン)の故障率はものすごく高いのでこの段の電解コンは安全のため全て交換する。左にあるビンはマニキュア用の除光液です。ハンダのヤニ除去に愛用しています(^-^)/
基板のみ

今回は右チャンネルのみのノイズだったので以上のようなチェックですが、左右同じノイズが出るなら電源回路の可能性、発振ノイズならハンダ付け、位相補正コンデンサーなどが対象となるかも。

コンデンサー
今回は2段目カップリングコンデンサーの取替えでノイズは消えましたが、ケミカル(電解)コンデンサーは上述のように故障が多いので基板上の全てのケミカルコンデンサーを新品に変更、半田付けも全てし直しました。

さあ、試運転も兼ねて、好きなCDで試聴です。

別の意味で驚きました。このアンプはとても良い音なのです。あの程度の構成のKT88プッシュプルなら日本のメーカーにも多数あるし、無職も何台か製作したこともあるのですが、そんなアンプとは歴然と違うなにかガッツのある、太い音なのです。そして矛盾するようですが広帯域なのです。これはまさしくマッキントッシュの音です。オリジナルのブラックビューディーもオイルコンも使っていませんが、この音はどうゆう事なのだろう。

これはユニティ・カップルといわれるカソードやプレートへのNFBを可能にするバイファイラー巻きの出力トランスの貢献が大きいのではないでしょうか。この複雑で特殊な巻き線のトランスは残念ながら日本では手に入りません。

アメリカのウエスタンやRCA、マッキン、マランツ等のアンプを聞くとちょっと日本製のアンプとは違った音がするのは回路だけではなく、トランス、特に出力トランスの違いによるものが大きいのかな、と思っていましたが、改めてこの有名なM-216というMC275の出力トランス(もちろんこれもレプリカトランスですが)の実力に触れたような気がしました。(^_^X)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 15:29 | オーディオ | コメント(14) | トラックバック(0) ]

2010年01月16日
大好きなうな重
このブログでも何回か書いてしまいましたが、美味しいウナギは無職の大好物です。甘過ぎるタレは好みではないのだけど美味しいと教えられればすぐに飛んで行って食べてみないと気が済みません(~_~;)

おー、うまそうお!! これですね
信州ではお漬物は野沢菜です(^-^)/
IMG_5967
山形村アイシティ内の「うなぎの本間」〒390-1394 長野県東筑摩郡山形村7977

信州は地形的にも関西と関東の中間地帯なのでウナギも焼く前に蒸す店と蒸さない店があったり、開きも逆だったり、焼きも皮ではなく身のほうから焼くところもあり、関東風、関西風のうな重の両方が味わえる貴重な地域です。

肝焼き、肝吸い、う巻き、ひつまぶしなんかも大好物(~_~;) スペインの稚魚のシラスウナギを生で食べるアンギラスなんて美味、珍味の絶品も食べたこともあります(^-^)/

DHA、EPA、ビタミンA、B、Eなどとても豊富でどんぶり物としてはカロリーも低めで食後の満足感、安心感も大きいのです(>_<)

こんな美味しいうなぎですが、値段がとても高くなり年金生活者には高嶺の花となってきました。中国産の安価なものもあるけど、有害物質を配合した飼料を使っていたり、ゴムのような味に辟易しています。いつかは中国にもっと頑張ってもらって安価で良質なものを提供して欲しいと期待しているんですが。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 16:28 | 安曇野 | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2010年01月14日
今年は2010年と区切りの良い年なので
こんな日記帳がある事など知らなかったのですが、人に紹介されて10年ダイアリーというものをつけようと一大決心をしました。本当は21世紀始まりの2000年から始めれば良かったと思ったのですが、それはもう10年前のこと(>_<) 明らかに気づくのが遅すぎます(^_^X)
IMG_5983

変則B5サイズのノートで、
IMG_5985

1ページが1日用で10個(10年分)の枠があります。たとえば5月1日のページを開くと2010年の5月1日から2019年の5月1日まで10年間、全部1ページの中で一覧できるようになるわけです。
IMG_5987

月カレンダーも10年分あります(^_^X)
IMG_5993

これに記入を続けて10年経てば個人情報としては結構大変な記録になるようで(^_^X)今から10年後に読み返すのが楽しみです。

今年から2019年までの10年間どんな事が起きるのでしょうか? ましてや果たして10年間も生きてダイアリーを付け続けることができるのでしょうか? 期待と不安がいっぱいのスタートです。

とりあえず、お酒を飲んだ日、プールで泳いだ日、2キロ以上歩いた日のマークなどを書き込んで、気楽にスタートしました(^-^)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m

[ 投稿者:クニタン at 11:31 | | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月07日
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
第一回タンノイ記事
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
その後の自作オートグラフ(4)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

オトソ気分の正月もあれ、もう終わり(・_。) 今日は2010年最初の木曜日、週一回のオートグラフ製作が今年も無事スタートしました。あまりの寒さに午前中はズル休みをして午後から開始でしたが、昼からは結構暖かくなり暖房設備の無い工房での作業も楽しく出来ました。

相変わらず接着剤、タイトボンドでオートグラフの木パーツと木パーツを張り付け、組み立ててゆく作業ですが、今日は写真のとおり、下部中央のホーンの一部と、たて板に天板を乗せて勘合を見るところまで行きました。
IMG_5959
白く塗料が着いている様に見えるのは接着材タイトボンドのはみ出したものを濡れタオルでふき取った跡です、拭きをサボっているのがわかりますね。日本のボンドは透明に乾くのですが、タイトボンドは白く乾くのです(>_<)

天板のミゾに下から立ち上がってくる板がきっちり合わさり、直角、垂直出し、切出し寸法等に大きな間違いが無いことが分かり、一安心です。
IMG_5955
やっとオートグラフの威容が現れてきました。恐ろしや、くわばら、デケー、オメーなど悪態をついて今日はおしまいにしました(^-^)

千葉のKさーん、どこまでいきましたかあ(^-^)
無職はまだここまででーす(^^;;

なお、このタンノイオートグラフの自作に興味をお持ちの方は
「ばんCRAFT研究室」をご覧下さい。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 20:25 | オーディオ | コメント(16) | トラックバック(0) ]

2010年01月03日
ウイーンフィル ニューイヤーコンサート2010
元旦のウイーンフィル ニューイヤーコンサート2010衛星生中継を見ました。
プレートル

会場

今年のプログラムです。もちろん最後はラデッキーでした(^-^)/
メニュー

いやプレートル良かったですね。去年のバレンボイムとは違った楽しさがありました。本当に楽しく、楽団員も楽しそうに演奏していたのが印象的です。地デジの音もとても鮮明で臨場感が溢れていました。映像では捉えているバイオリンのソロがマイクには捉えられていないところが愛嬌でした。

フランス人指揮者ジョルジュ プレートルも冗談をドイツ語でいって笑わせてましたね。そして、シュトラウスのワルツ、ポルカ、つい体が動いてしまいました。

酒女歌
この「酒、女、歌」はクラッシク版の酒バラですね(^_^X)

これは「カッコウの鳴声」と「シャンペンを抜く音」の擬音装置?です、まだまだ沢山の擬音装置がありました(^-^)/
擬音装置

去年の妖精のようなダンサーに代わってバレンチノデザインの衣装をきた大人のバレーも美しかった(^-^)/
バレンチノ
女性ならうっとりのバレーと衣装でした。

和服を着た日本人観客も4名以上見られました。まだまだいらっしゃるようでした、うらやましい(>_<) 来年のチケットはウエブで今月2日から23日までメール申し込み、抽選で手に入るようです。こんなに楽しいイベントなら申し込んでみようかな(^_^X) 宝くじ並みの当選確率でしょうけど。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:46 | オーディオ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年01月01日
明けましておめでとうございます
昨年は小雪が3回ほど降っただけで今年は雪が少ないかなと思っていたのですが、大晦日になって朝から雪が降り続き、一夜明けて元旦にはしっかりと積雪を見せてくれました。

ツララと雪の正月はここに来て3年、始めての事です。今年は例年より寒くなりそうな気がしてきました。
IMG_5932

IMG_5926

「来年はお酒を半減し、木工に励み、真空管を整理し、アンプ製作に励み、フィットネスに挑戦し、週一のスイミングプール通いを守り、デジカメ撮影の腕を磨き、部屋を綺麗に保ち、、、その他たくさんの「戒め」を遵守することを誓い、、、ます」

と昨年末(昨夜)正月のお屠蘇をつまみ飲みしながら自分に約束しました(~_~;)

本年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:51 | 安曇野 | コメント(4) | トラックバック(0) ]