掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2009年12月31日
先日は餅つきでした。
何年ぶりかの臼でつく餅つきをしました。
偶然の快晴日で朝から薪を焚きもち米をセイロで蒸かし、
IMG_5879

熱湯を入れ石臼を暖めてからもち米を入れて杵で捏ね始め、充分お米がつぶれてきたらドスン、ドスンと本格的につき始めるのです。
IMG_5883

始めて見た石臼です、これはめずらしいですね。
でも臼の移動は二人かがりでもやっとの重さです(>_<)
IMG_5890

ひと臼に3升づつ、5臼で15升(1斗半)を男3人女5人でついたのですが、さすが肩がガクガクして来ました。

1升=10合
1斗=10升
1石=10斗
1俵=4斗
一反(300坪)の田んぼから8俵のお米が取れる。

でしたか? はて? もう忘れましたね(^_^X)
お百姓さんと楽しい会話をしながらの楽しい一日でした。

IMG_5899

おはぎもつくったのです(^-^)/
IMG_5904

久しぶりに食べた臼突きお餅は伸びて、伸びて、スーパーのパック餅とは別物の味わいでした。

ことしも今日限りです。皆様よいお年を!

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:04 | 安曇野 | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2009年12月28日
24Bit、96KHzで録音した曲
CDの16Bit/44.1KHzのクオリティーを超える24Bit、96KHzで録音した曲は以前お知らせしたように素晴らしいものです。しかし無職の環境ではこのような高音質の録音物は残念ながらe-onkyoのサイトなど限定されたサイトからしか入手できず、使いづらいと感じていました。

その理由は、

A)ダウンロードしたパソコンでのみ再生可能で、このデータをDVDなどのメディアに入れ、他のパソコンやDVDプレーヤーで使用出来ないようにプロテクトされている。

B)元々の録音がマルチトラック、オンマイク録音などで自然感のある録音が少ない

C)有料配布はもちろん当然だと思うのだけどそれにしては選べる音楽チョイスが少ない。

まあ、無職のように音を聞くのがメインの人はあまり音楽チョイスは関係ないのだけど、A)の理由で再生にパソコンが必要となりオーディオ機器とパソコンを一緒に置かなくちゃいけないのは本当に困るのです。(ノイズの事もあるのですが、パソコンをオーディオルームに置くと音楽を聞かなくなってしまうのです(^_^X)

さて今回知人の紹介でお知り合いになれたスガラボットさんという方から24Bit、96KHzで録音されたDVDをお借り出来、その音の鮮度に驚きました。
IMG_5907
小ホールでのプロの演奏家のワンポイント、ステレオ録音です。ビシっと決まる定位、Vnの弦の生々しく擦れる音、Pfの弾む打鍵音、いずれも無職の脳細胞を揺さぶるものでした。
IMG_5909
LPの中にはこれに近い音を出すものも少しはあるのですが、CDからはこの様な音は聞いたことがありません。

実は今回スガラボットさんがこんな録音の試聴を希望される方にテストダウンロード出来るよう専用ダウンロードサイトを開いて下さいました。

スガラポットのオーディForum

このWAVファイルやAUDIO_TSファイルをダウンロード/再生できる方はぜひこの驚きの音を聞いて見てください。そして脳細胞を洗濯してみて下さい(^_^X)

スガラボットさん、貴重な音源の公開、感謝感激ですm(__)m

<追加>
このファイルのダウンロードを再生できない方は無職までご連絡いただければスガラボットさんの了解を頂いた上でDVD/AUDIOのメディアでお渡しできるかも知れません。しかしこれでもDVD/AUDIOメディアを再生出来る環境をお持ちでないとだめですからあまり役に立たないのかも知れません(>_<)
(通常DVD/AUDIOの再生にはパソコンDVDPを使うのですが、パソコンがあれば上のファイルをダウンロード再生出来ることになりますね)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m


[ 投稿者:クニタン at 12:03 | デジタルオーディオ | コメント(19) | トラックバック(2) ]

2009年12月25日
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
第一回タンノイ記事
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
その後の自作オートグラフ(4)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

まあ余り進展はないのですが、2009年度末にここまで来ました。
IMG_5864
椅子の手すりに見える板はまだ固定していません(>_<)

底板にホーン形成用の縦板を立て、固定していく作業の繰り返しですが、大きい板は重く、小さい板ははめ込み時微妙な角度となり作業も段々きつくなってきました。
IMG_5860

基本的には板と板の張り合わせは米国製タイトボンドを付け、クランプで固定、クランプが使えないような所は木ネジを併用、必要なら固着後木ネジを取り去るという手順の繰り返しです。この接着剤は固まると日本製のように透明で柔らかいものと違って白くカチカチの硬さになりその強度と後加工の容易さが長所です。

高価なフィンランドバーチの合板といえども長辺には曲がりやそりが出るのでそれを調整しながらの接着ですが、パーツとなるカット板の高精度なこともあり、それほど力技は必要ありませんでした。
IMG_5870

この後、天板を乗せることになりますが、天板のミゾにピッタリと全ての立板が収まればひと安心ですが、来春2010年早々の楽しみにと取っておきました(^_^X) 実は年内にはそこまで到達しませんでした(>_<)。

なお、このタンノイオートグラフの自作に興味をお持ちの方は
「ばんCRAFT研究室」をご覧下さい。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:37 | オーディオ | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2009年12月21日
人生のボレロ
久しぶりの東京でした。
船1

都会にも田舎にもそれぞれの魅力はあるけど、こうやって都会の華やかさを目のあたりにするとやはり都会の持つ強力な魅力がヒシヒシと伝わってくる。若者を捉えて離さない何か強いエネルギーを自分も感じてしまう。
球1

ドーム

イルミネ1

人生の夢を実現したいと田舎を捨て都会に出た1人の若者と、人生の終局に向かって田舎の魅力を再発見した無職人間という2つの人格が2つのメロディーを繰り返し、繰り返し奏でるボレロのように体の中を駆け巡っているのです。
ゆき道

迷いも後悔も恐れも不安もネオンを見れば掻き立てられるのですが、日常の生活では、ほとんど姿を消し、心地よいのどかな時間の推移を少しずつ楽しめるようになって来ました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m

[ 投稿者:クニタン at 11:20 | 安曇野 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年12月17日
アナログテスターとDMMの違い
ご存知の方にはいまさら何、といわれそうですが、知らない方も多そうなので一度は書いておこうと思いますm(__)m

アナログテスターとデジタルマルチメーター(DMM)の違いといえば、

内部抵抗が低い⇒テスター
内部抵抗が高い⇒DMM

周波数特性がDMMよりは良い⇒テスター
あまり良くない⇒DMM

高級品になると違う場合もありますが、通常はこんな理解だと思います。でも、ダイオードの極性などをこれで確認している方はもうご存知だと思いますが、もう実はもう1つ、見逃されやすい相違があります。

抵抗測定時、テスターの場合グランドテスト棒(黒いテスト棒)からプラスの電圧が出て外部抵抗を測定します。これはけっこうアナログ時代の常識で、ほとんどの方がご存知なのですが、あまりこの常識に慣れてしまうと危険だと言う事例がこれです。

左DMM(フルーク)で右DMM(サンワ)の出力電圧を測っています。ということはDMM右はDMM左の内部抵抗を測っていることになりますね。左DMM表示は+0.236V、右DMM表示は11.09MΩです。赤テスト棒からプラス電圧がでています。
DMM1

テスト棒の極性を変えて測っています。マイナス電圧が出ていますね
DMM2

そうなんです! デジタルマルチメーター(DMM)で抵抗測定をする場合、プラス棒(赤いテスト棒)からプラス電圧が出力されるのです。アンプ製作中、ダイオードやLED等の極性を測る時、昔の常識でやっているとつい大怪我をしてしまいます。

表題とは関係ないのですが、今度は右のDMM(サンワ)で左のDMM(フルーク)の出力電圧を測ってみたものです。これによるとサンワは上の写真で約0.2Vで抵抗測定していますが、この写真でフルークは2.7Vで抵抗測定しているのが分かります。こんな違いもあることを今回初めて発見しました(^_^X)
DMM3

まあ、プラス棒からプラスが出るのは当たり前ですが、テスターの常識があまりにも一般的だった時代を経てきた人にはちょっと違和感がありますね。理由は有るのでしょうが、こうゆう基本的なことはあまり変えて欲しくないと思うのは無職だけでしょうか。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:15 | オーディオ | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2009年12月15日
BSテレビアンテナの設置 2
BSテレビアンテナの設置 1

やっと山の神のお手を借りしてBS/CSアンテナの設置に成功しました。
kaorinさんご教授通り、屋根の上と部屋の中とで携帯で連絡を取りながらアンテナの向きを調整し、屋根から落ちそうになりながらもとうとう入力感度95を獲得して
成功となりました\(^^\) アンテナの向きは上下、左右とても敏感でした。

IMG_5788

さて、待望のBS、CSチャンネルが視聴可能になったのですが、OさんからCSって何見えるの?って聞かれてウッと詰まってしまいました(~_~;) 確かにほとんどが有料チャンネルでそのままでは見えず、数チャンネルの通販チャンネルのみ無料視聴可能というもので、視聴意欲を持てませんでした(^_^X)

このCSの有料チャンネルにはCNNやディスカバリーやアニマルやBBCやディズニーやWOWなどのチャンネルがあって、、これってスカパーの事なんだとやっと分かりました(>_<)(パラボラアンテナを付けてCS受信機でみる有料チャンネル群がスカイパーフェクトなんですね)

BSは7チャンネル見れるのですが、NHK関連は残念な事に受信料催促告知が画面の中に出ます。でも期待の音楽関連番組は無職にとってはとても魅力的なものです。

その他のBSチャンネルも魅力的な番組が多いのですが、韓流ドラマが多いのには閉口しました(>_<)もしかしたら日本のドラマより多く放映されているかもしれません。

今後はテレビをLANに接続して双方向接続に挑戦してみようと思いますが、これで一体何が出来るのでしょか(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:24 | デジタルオーディオ | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2009年12月11日
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
第一回タンノイ記事
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
その後の自作オートグラフ(4)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

過去にタンノイオートグラフの図面として発表されたものが日本やアメリカに幾つかあるそうですが、そのいずれも肝心の何箇所かのサイズが、間違っていたり、表示されていなかったりでその図面を見て製作にトライした人達の多くが途中で挫折してしまったようです。

CADを使ってそんな不完全な図面の改定を試み、全てのサイズに矛盾の生じない図面を作成しようとされたのが萬羽氏です。

さて、スピーカーの前面、後面ともホーンとなる複雑極まりない箱を製作しようと、3セット6台のタンノイオートグラフを作っている木工現場にど素人の無職が通うようになってそろそろ3ヶ月が過ぎました。

それ以来、12mm厚と18mm厚の4x8版フィンランドバーチと格闘して来ました。無職自前の165mmφ/1.6mm厚丸鋸では刃が逃げてしまうほどのバーチ合板の硬さに驚き、また板の余りの重さに腰砕けになったりしながら、亀の歩みでここまで来ました(^-^)/
1111
これは切り取った3セット分のパーツ材の一部です。

複雑極まりないオートグラフのCAD図面に驚いたり、疑ったりしながら、図面の寸法通りに板に墨つけし、カットしてきました。カットは100ピースを越え、ほとんど全ての板は小口に角度のついたカットになり、多数のカットは萬羽氏にお願いすることになりましたが、先日ようやくカットが終わり、組み立て作業に移行して、1日目で、この写真の状態となりました。
2222

2日目で、この写真の状態となりました。現在ここまでです(>_<)
3333
ここまでの作業では驚くことに、ほとんどの小口突合せがカットした板の寸法でピッタリと合い、まるでキットのように組みあがることです。カンナなどでの現物合わせ、調整は全く不要でした。CAD図面の正確さに驚かされました。

途中で完成に至らず絶望して火をつけて燃やしてしまった夢を何回も見ましたが、ここまでの作業の結果を見て、これなら完成できるかも、と、別の夢を見るようになってきました。

この調子だとアッセンブリー完了は意外と早いかもしれません。でもグリル回り、ツキ板張りなどまだまだ完成までには遠い道のりだと思っていますが、これなら完成出来るという確信も少しは生まれ、ブログに掲載する勇気も出てきました(^-^)/

次回の報告も出来るかも知れません。この続編の記事が出ない場合は、挫折したことになります(>_<)

これは無職のものではない別のオートグラフですが、もう少しアッセンブリーされたものです、早くこのレベルまで行きたいですね。
4444

なお、このタンノイオートグラフの自作に興味をお持ちの方は
「ばんCRAFT研究室」をご覧下さい。

ここで自作用キット、全製作請負、ユニット調達など相談に乗ってくれます。無職は無謀にも「萬羽氏の工房で制作指導のもと自作」というコースを選択しました。なお氏は一級建築士でCADはお手の物、JBLのハーツフィールドも製作したという生粋のオーディオファンです。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:28 | オーディオ | コメント(21) | トラックバック(0) ]

2009年12月08日
今年の蕎麦の不作は深刻(>_<)
全国の半分の蕎麦を収穫する北海道も、第2位の長野県、福島県、山形県もそろって新そばの収穫量が前年の60%位になっているようです(×_×;)

種蒔き時(7、8月)の降雨、受粉用の昆虫の不足などの影響が色々言われているが本当の原因ははっきりしないようだ。

戸隠そば使用とか、国産粉使用とかを売り物にしてきたお蕎麦屋さんにとって今年はつらい年になりそうです。なにせそば粉が一袋(45Kg)1万2千円位が現在2万円を越える値段になっているのですから。
IMG_5657

良心的なお蕎麦屋さんは何とか値上げを避けようと色々な工夫をしていますが、こんな工夫は無職の共感を獲得しています。
IMG_5710
(このお店は上の蕎麦の店と別の所です)

こうすれば不況が終わった後の値上げ後の料金がそのまま継続してしまう便乗値上げを避けられますね。

さて、こうなって来ると古参のお蕎麦屋さんの手堅い仕入れチャンネルが強みになる反面、新参蕎麦さんは良いソバの争奪戦に不利になり、順当な価格で仕入れる事が困難になるでしょうから、つらいところです(>_<) 

新しい蕎麦屋さんには蕎麦打ちとかタレとかに工夫やコダワリを持っていて美味しく出すところも少なくないので無職は同情してしまいます。

以前のブログに書きましたが、実は今年の新ソバはとても美味しいと無職は思っています。こんな時に初めてソバを美味しいと思ったなど、皮肉な無職の人生の一端を現わしているような(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:39 | 料理 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年12月06日
BSテレビアンテナの設置
昨年4月にアナログテレビの映りが悪いのでこの際、地デジに換えてしまおう、と20素子のUHFアンテナを付けました。詳細は⇒ここです。

それに味を占めて今度はBS/CSを見てやろうとパラボラアンテナを設置して見ました。なにせテレビには電界強度計が組み込まれていて電波の強度を簡単に測定できるので自前での設置も簡単と言うわけです(^-^)
アンテナ1

地デジアンテナも安価なので2台目の設置として、今回は14素子のものにしました。高所恐怖症の無職ですが頑張って屋根の結構高い所にポールを取り付けアンテナ2種類を取り付けました。

向きは一応UHFアンテナは南東の美ヶ原テレビ塔、BSパラボラアンテナは太陽2時の方向と高さに合わせました(~_~;)
アンテナ2

さあ、期待の視聴です。地デジは大丈夫、強度計は77を示しています。画像もばっちりです。
アンテナ3

あれBSが見えなーい(>_<)
テレビ内蔵の電界強度計での表示で電界強度、、ゼロを指しています。
アンテナ4
これでは映るはずがありません。アンテナの向きの調整が必要のようです(T_T)

仕方がないので再度高い所にハシゴで登ってパラボラアンテナの向きの調整です(^^;;;

アンテナ方位は
アンテナ設置場所が午後2時に陽が射す所ならほぼ大丈夫

WEBで調べたこの地方の詳しいアンテナ方位は
真南から41.4度西
迎角は地平線から38.5度上向き(ここの緯度は36度だから太陽より少し上側か)

これを目安に5回も高いハシゴを登って調整したのですが、、、、駄目でした(T_T)
UHFは目測で問題ないのですが、さすが宇宙の衛星から来るBS電波は方向がシビアー、どうも感じでは1、2度ずれても駄目のようです、もう1人では調整不可能、サルにお手伝いをお願いするか、山の神にお願いするかの選択しか残っていないようです(T_T)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:11 | デジタルオーディオ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年12月04日
ホタテが大好きです。
以前、バイクで北海道サロマ湖に行ったとき食べた超大型ホタテの網焼きが仰天の美味しさで、それ以来ホタテが大好きなりました。

ここ安曇野では「おいそれ」とは新鮮なホタテが入手出来ないのですが、今回石巻のホタテ養殖家の友人が送ってくれたモノはとても大きい立派なものでした。貝殻に海藻や小貝が付着しているので3-5年物位でしょうか(^-^)/
ほたて1

マグロと違って養殖の確立したホタテは一年中美味しい物が食べれますが、養殖モノはよく見ると貝殻の蝶番の一角に細いヒモを通した小穴が開いてますね。また殻を弾くとバキッと閉じるので生きているのが分かりました。
hotate2

ピンクはメスの卵巣です。黒い丸のウロ以外は全部食べられるのです(^-^)/
hotate3

そのまま殻から生身をナイフでこそいで口の中に入れると、もう極楽往生です(゜o゜)バター焼き、ソテーなどもいけますが、磯焼きというのでしょうか、貝ごと網の上に乗せて醤油をかけて焼いたものも格別の味ですね。今晩はゲテモノ好きの無職ですからヒモやエラの刺身をツマミに早速一杯です(^-^)/

貝柱は上品な味でいわゆる海鮮臭さがないからでしょうか、あの貝の嫌いな欧米人でもホタテの貝柱だけはよく食べますね。ホタテとトマトのパスタなど人気料理です。

そういえば、ボッティチェッリの絵、「ヴィーナスの誕生」もヴィーナスがホタテの上に乗っています! ギリシャ神話の時代からホタテは別格のものだったのだろうか、ちょっと調べてみたい気になりました(^-^)/

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:05 | 料理 | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2009年12月02日
地野菜直売場で見つけた不思議なやつ(・_。)
この正体不明な、不思議な形をしたもの、、まっ、野菜売り場にあるのだから野菜でしょうけど(^_^X) 手に持ってみると産地証明の名札に「チョロギ」と書いてある。
チョロギ2
ピーナッツよりも小さいものです。
チョロギ1
こうゆうものは決して見逃さない無職なのでさっそく購入して、家で一生懸命インターネットウエブで検索すると、あるわ、あるわ、チョロギって結構、歴史、伝統のある著名な野菜で、特にお隣岐阜県の特産品のひとつでした。

どうやって料理して、食べて良いのか、現代にはインターネットがあるので全く困りません。そしてなんと脳梗塞、認知症などに大きな効果が期待できると書いてあるではありませんか。まさにメダボ人間にピッタリのものでした。

縁起物、お祝いもので味はユリネに近いと書いてありました。これから期待を込めて料理開始です(^-^)

チョロギ漬け
と言うわけでこれが3日後の赤カブ漬けチョロギです。ちょっと食べて見ましたが、まだ色が出ただけで、カブもチョロギも漬かっていなくガリガリでまだ食べれません(>_<) 漬かるにはまだまだ時間がかかりそうです。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:13 | 料理 | コメント(2) | トラックバック(0) ]