掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2009年09月30日
ムラサキシキブと紫式部
いつも行くホームセンターの駐車場の塀のところに目立つ紫色をした花木が目に止まりました。
ムラサキシキブ
思わず近づいてみると綺麗な紫式部でした。正式にはコムラサキなんですが、無職はこれがムラサキシキブだと教わってきました。

去年は平安時代(西暦1008年)に記された紫式部の「源氏物語」1000年紀として主にマスコミのブーム作りもあって各地のイベントが盛り沢山でした。

源氏物語
自分は「光源氏」の生まれ変わりかも、と思っているのですが(ほんとか?)ヒロインの「夕顔」や「空蝉」にはなぜか、とんと縁もないことだしこの酒を飲んで「男読み」「女読み」を居酒屋の親父相手に語って酔いつぶれるのが関の山です(^_^X)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:25 | 安曇野 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月27日
感動のミツバチ巣箱
偶然見かけたミツバチの巣箱です。無職は市街地育ちなので自分の目で見た巣箱はこれが初めてでした。蜂蜜やロイヤルゼリーの大好きな無職ですから、もちろん映画やテレビでどうゆうものかは知っていましたが(~_~;) 
蜜蜂1

テレビのアニマルチャンネルが大好きでたった数匹の攻めてきたスズメ蜂に巣箱の無数の蜜蜂が殺されるのを見て悲鳴を上げたものです(T_T)

森の一角の木を伐採した空き地に沢山の巣箱を置いてありました。横に一列、それを何列かならべ、巣箱は2段重ねのモノもあるようです。きっと巣箱と巣箱の間隔、出入り口の方向などプロのノウハウがあるのでしょうが、誰もその場に居なかったので聞くことは出来ませんでした。
蜜蜂2
蜜蜂3

あたりはブンブンブンと蜜蜂が飛び交い、とても撮影のために10-15m以内に接近することなど出来ず3倍の望遠で辛うじて撮影し、すぐに遠くに避難しました。

昨年あたりから蜜蜂の不作が言われるようになってきて、みかん、桃、リンゴなど蜜蜂の受粉に頼っている農家は戦々恐々です。広大なリンゴ畑の無数のリンゴ花に対して蜂がしていた受粉作業を人間の手で代替するなどまったく不可能に思えます。

トマト、イチゴなどハウス栽培が主なものは借りてきた蜜蜂をハウス内に放せば効率的に受粉をしてくれますが、ミカンやリンゴなどオープンエアの路地栽培物は蜂がいなくなればどうやって受粉させるのだろうか?

蜂蜜は食べなくても我慢できる気がしますが、桃やリンゴ、ブドウ、みかん、ナスなど無くては生きて行く事ができません(T_T)

そんな事を考えながらしばらくその場に佇みきれいな空気を沢山吸い込みました。けっこう新しい巣箱も増設されていてここではそんな消えゆく蜜蜂のことなど別世界の話のように思えました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m

[ 投稿者:クニタン at 11:50 | 安曇野 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年09月25日
美味しいお蕎麦屋さん「山品」
先日、美麻村の山品というお蕎麦屋さんへ行ってきました。
このお蕎麦屋さんについては、インターネットであちこちのHPやブログで紹介されていて、ここ安曇野から1時間弱で行けそうなので穂高⇒大町市⇒美麻村とドライブしてきました。

表玄関はいろんな所で紹介されている通りの民家風
020

店内も昔のそば屋の良い雰囲気を出していました。
鴨居の上、飾り棚には沢山のサイン色紙があり、その著名度を示しています。
026

さて、お蕎麦です。ほのかに甘いソバ、絶妙のバランスのタレ、フレッシュなオロシわさび、歴史を感じる盛り付けザル、いずれも一級品と思わされました。
029

そしてここは、世の中のプライドも敷居も高い有名蕎麦屋とは違い、田舎で本当に美味しい蕎麦を良心的な値段で提供しようという雰囲気に溢れていてとても好印象を持ちました。

残念なことに本当のソバ通でない無職は、この味が皆が認める一流であり、この味を覚えていて、これからはこの味を標準として他のソバを判断しようと思って勝手に使命感(^_^X)を持って食べました。で、あまり心の余裕がなく、いつになく緊張して噛んだり、タレなしで味わったりして食事を楽しむ事が出来ませんでした(^_^X)

この辺では、まだ新そばの季節にはちょっと早く、来週位からソバ刈りが始まり、10月10日のソバ祭からは毎年必ず新ソバにするそうです

山品:長野県北安曇郡美麻村新行14658  電話0261-23-1230

030
店を出た正面に大きな万両の木があり実を沢山つけていました。こんな大きな万両の木は見たことがありません。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:42 | 安曇野 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年09月23日
今年もりんごの季節がやってきました。
こちら安曇野では今のところ早生ブランドの「津軽」が売られていますが、リンゴの王者「サンふじ」の出荷はまだこれからです。
りんご1

りんご2

袋をかけないで太陽のもとで真っ赤にして収穫、パリパリと歯応えがあるのに中には蜜がいっぱいの甘いサンふじ、早く食べたいです。
りんご3
まだ真っ赤ではなく桃色のサンふじ、この時期が一番見て綺麗です。

近くに秋真っ盛りのコスモスの花の群生がありました。もう安曇野は寒い冬の訪れが真近かです。
コスモス群生

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 18:41 | 安曇野 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年09月18日
待望のスピーカー、タンノイ モニターゴールドが到着です
毎週一日だけタンノイオートグラフとデート
タンノイオートグラ自作の途中経過(2)
タンノイオートグラ自作の途中経過(3)
その後の自作オートグラフ(4)
自作オートグラフ その(5)
その後の自作オートグラフ(6)

オートグラフを聞いた時からその聞いたことのない音、低域の出音が自然で、風の音が聞こえるようなブローする太くて力強い音に驚きました。

そしてこの38cmモニターゴールド、ユニットだけですが、ようやく我家に到着です(^-^)/
tannoy2

本を読むとタンノイ同軸2WAYモニターシリーズには初期のユニットやシルバーモニターを除けば

第一世代モニターレッド
第二世代モニターゴールド
第三世代HPD
と商品化されました。

それぞれに38cm、31cm、さらにHPDには29cmの3種類の口径ものがラインナップされていたようです。HPDシリーズからご存知のようにコーン紙裏側にリブが付きました。

さっそく簡単な整備と音出しをしてみました。

ローパスとハイパスの2個が一緒に入ったエンプラケースのネットワークです。クロスオーバーはなんと1KHzです。こんな大事な周波数帯域でウーファーとツイーターをクロスして大丈夫なのかしら。
tanny network&connecter
ユニットとネットワークの接続はこのようなか弱い4端子プラグとソケットです、ちょっとその信頼性に不安があります(>_<)

後ろのバックチャンバーのケースを取ってみました。ケースはプラスチック製。中のウーハー用マグネット(アルニコ)の後ろにはしっかりと同軸2WAY用のツイーターのコンプレッションドライバーが乗っかっていました。このマグネットはアルテックの604Eと違ってウーハー、ツイターに共用されるものです。
tannoy裏1と2
左の写真でねじ回しがマグネットに張り付いているのが見えます。また写真では見づらいのですが、驚いたことに裏フレームの円形開口部は音の流れを考えた面取りをしています。

コーン紙、エッジとも、とてもコンディションの良い物に見えます(^-^)/ 公称入力インピーダンスは8Ωです。

スピーカーの口径の小さいもの、フレームのちゃちなものは裸ユニットで鳴らすと音にならないものですが、さすが鋳物フレームの38cm口径です。裸で聞いても低音がそれなりに出て、適度のバランスで音楽が聞けます。
tannoy1
カザルスの鳥の歌もしっかりと楽しめました(^-^)/

さて、このユニットに最適の箱を作らなければいけませんが、いつのことになるやら(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:32 | オーディオ | コメント(15) | トラックバック(0) ]

2009年09月12日
そろそろ新蕎麦の季節
9月に入ってここ安曇野ではあちこちで蕎麦(そば)の花がいっせいに開花しています。
そば畑1

ソバの花は結構長いこと咲いていて、9月中旬になってもまだまだ沢山咲いています。
そば畑2

そして今年もそろそろ「新そば」の季節が近づいてきました。

蕎麦には、十割蕎麦や、一九蕎麦、二八蕎麦、三七蕎麦と各種あり、また田舎、更科蕎麦などもあり、さらに辛口、甘口タレなど組み合わせは多彩です。

「もりそば」、「ざるそば」、「せいろそば」の違いはなに、
「たぬきそば」の「たぬき」はなぜタヌキなの、
蕎麦はタレにどっぷり漬けて食べてはいけないんだ、
「ルチン」は蕎麦にたくさん含まれ血管を強くするんだよ、
盛りそばを食べるときは最初に真ん中の一、二本を箸で抜き取って食べるのが通、
イタリア人の蕎麦を食べたことあるかい、

などと知ったかぶりをしてデート中、語りながら酒を飲んだものです。

そう、そば屋で蕎麦に具として使うもの、ニシン、かまぼこ、天ぷら、油揚げ、肉、だし巻きなどを蕎麦ぬきでツマミとして注文するのを「ぬき」と称し自分では格好良いと思ってオーダーし、それを肴に飲んだものです。

まあ、そんな蕎麦好きの無職ですが、実は蕎麦の味に関しては素人であまり良く分かっていません。タレのたっぷりかかった「ぶっかけそば」が好きだったりします(^_^X)

甘み、渋み、香り、いずれも漠然として、このデリケートな味を賞味出来るにはまだまだ歳を重ねないといけないと思っています。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:21 | 安曇野 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年09月10日
手抜きのLANケーブル引き回し(^_^X)
古いパソコンが2、3台と増えてしまって捨てるのもモッタイナイので何とか使ってやろうとあまり必要も無いのに別々の部屋で一台づつ使っていましたが、

あのメールはどこ?、昨日のブログ用写真は?、あのサイトのブックマークなどは? どちらのパソコンに入っているか分からなくなってしまって、2台のPCに電源を入れそして部屋から、部屋へと歩き回り、ファイル探しが始まりました。

これではイカン、まるで人間が機械に使われている(>_<)と反省し、PCとPCを繋ぐLAN環境を実現させようと苦悩が始まりました(^_^X)

今回は最初にLANケーブル引き回しの事を書こうと思います。その後の共有フォルダー、ネットワークフォルダーなど良く分からない事は次回にでも、とゆうことにします。

ここら辺の山中も最近は光通信モデムです(^-^)/
001

配線レイアウト図
018
有線LANケーブルの引き回しが大変なので無線LANと電源コンセントを利用するPLC(Power Line Communication)の2種類を検討し知人の勧めもあってPLC方式パナソニック HD-PLCアダプタースタートパック BL-PA310KTを導入しました。

モデム出力を家庭100Vコンセントに入れる親機、パソコン周りはこんなタコ足配線です(>_<)
007 (2)

写真の通り、モデム/ルーターの出力をPLCアダプターを通して電源コンセントに入れるだけです。たったこれだけで家中どこの電源コンセントからでも子機のPLCアダプターを通してデータを取れることになります。昔電話回線でも同じものがあったような気がします。

天井裏に上ったり、床下を探ったりすることなくLANケーブルが家中のACコンセントから出ていることになるわけです(^-^)/
無職の家は平屋ですが、2階建ての家の場合、有線、無線LANより工事、感度の点でかなり有利ではないでしょうか。

商用100コンセントからLANデータを取り出す別室の子機
子機と親機は同じターミナルアダプターです。
015 (3)

無線LANと比較した訳ではないのでPLCだけの感想になりますが、

動作は超安定
スピードは有線と比べて差がわからない。
今までの有線ケーブルの代替なのでPC上の設定変更は全くない。
ターミナル2個セットで実売1万円ちょっとです。

と満足です(^-^)/

この方法はノイズ放出の点でアマチュア無線連盟などから条件付け要望などネガティブな意見もあり、無職のオーディオへの悪影響も心配だったのですが、大丈夫のようです。今のところLP、CDなどのソースの再生にノイズは発生していません(^-^)/

その後、このLAN回線を使った応用一号⇒LANハードデスクです。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:00 | オーディオ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年09月05日
スイカの悲哀
あの夏の果物の王者、スイカ(西瓜)
東京に住まいしていた頃は千葉、八街(やちまた)、富里のスイカや山形、尾花沢スイカなど、他より2,3割高価でもその美味しさに背伸びして購入して味わったものです。

そしてここ安曇野では波田、特に下原のスイカはブランド物でその美味しさは評判です。
スイカ1

そんな有名なスイカを見てこようと波田の西瓜畑にいってきました。すでに収穫シーズンは終わっていました。
スイカ2

収穫の終わった畑に無数に残された西瓜達、なかにはほとんど無傷で食べられそうなものも沢山あるのです。どうやら我々はその美味しい一面しか知らないようです(゜o゜)
スイカ3

この畑の中に多数、未収穫で残される理由は定かではないのですが、無知の無職の推測では

1、小さいスイカを間引きして大きいスイカを育てるため(それにしてはずい分大きくして捨てるものです)

2、太陽光線を均一に充てなかったためマダラに色がついて商品価値の落ちたもの(そうかも知れませんが結構立派なものが多かった)

3、マーケット価格を維持する出荷調整のため収穫しない(そうとしたら悲しいと思うのは無職だけでしょうか)

以上、よくはわかりませんが、あの派手な、押し出し、かっぷくの良いスイカひとつの収穫の裏にはこんなにも沢山の犠牲?があることを知りました。

これは人生とまったく同じじゃない、と居酒屋で語ることも出来る話題でしたが、昨晩は1人寂しく家で酒を飲んで自分の人生を振り返ってみました。

無職の人生、派手なスイカではなく、むしろ稲穂のようだったかも。個々には目立たない個性でも世の中に必要なものだったらいいなあ。

昨晩の酒はあまり美味しくありませんでした(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:59 | 安曇野 | コメント(8) | トラックバック(1) ]