掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2009年07月27日
日本の住宅風景を変えたアルミサッシ
昔懐かしい木窓
木窓
昔住んでいた田舎の家の窓は市松模様の木枠窓でした。
小学校の窓も、中学校の窓も古い木製の窓で、その木窓に両手をかけ、よく空を見つめていたものです。そんな体験から木の温もりの窓が脳細胞に刻み込まれてしまいました。

その頃導入され始めたアルミサッシの窓にはどうしても冷たいものを感じ馴染めなく、また掃き出しに溜まるゴミもいやなものでした。

冷たいけれど機能万能のアルミサッシ
アルミサッシ

しかしアルミサッシは気密、水密、保温等の点で飛びぬけて優れている事から、庇(ひさし)不要の構造まで取れる自由な窓設計が可能で、瞬く間に日本中に広まって、あの木製の温もりのある窓は日本中から消えてしまいました。世界遺産の白川郷の合掌造りの家にも改築で取り付けられたり、その気密性と明るさの点で実家の窓もいつの間にかアルミサッシに変わってしまいました。

でも、この日本中にはびこるサッシが日本の住宅をヨーロッパの住宅に比べるととてもつまらないものに見せていると無職は思っています。

現在はサッシぽっく見せない黒やゴールド等のカラーアルミ枠が全盛となり昔のアルミ色は少なくなったそうですが、レール面の凹凸がまだ見苦しく、これを見ると無職の頭の中にはアルミサッシへの拒否反応が現れてしまいます。

そんな中、知ったのが木サッシ(モクサッシ)です。木製の枠を使いながらサッシの機密性を保持しています。欠点はアルミに比べ木枠の対候性が悪く、再ペイント等のメンテナンスが必要なことです。レール面の凸凹はまだありますが、少しは改善されているようです。

木窓とサッシの良いとこ取りの木窓サッシ
木窓サッシ

木窓サッシはアルミサッシに比べ重くて、更に再塗装というメンテナンスが必要ですが、日本の住宅もようやくアルミサッシ一辺倒からくる画一的イメージから抜け出し、さらに2世代、3世代住宅等が浸透すれば、住むに快適、見て楽しく、その場の景観に溶け込むヨーロッパに負けない町並みがいつか形成されてくると信じています。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 16:23 | 安曇野 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年07月20日
ある日の酒
去る夏、旅行中偶然にも函館の函館山近くの教会の外壁に貼ってある紙に目が止まったのです。
私達が何気なく過ごしている今日という日は、昨日亡くなった人が痛切に生きたいと願った一日である

正確ではないかもしれませんが、このような意味の貼紙が言葉、表現を換えて10句以上も壁に貼り出されていました。

G9-8-19 007
突然気ままな心中に激震が走りました。以前にも同様の霊感に打たれて坊さんとか神父さんになろうしたことがあります。

こんな気持ちになると、数日間、電車の中でお婆さんに席を譲ったり、チャリティー募金箱に1000円札を入れたり、酒を断って崇高で清らかな生活を維持したりしますが、すぐに世俗的な生き方にもどり自己中の、酒中の人生に埋没してしまいます。

G9-8-12 024
この話を酒場で隣客にするとにすると、「そうなんだ、そうなんだヨ。今日と言う日はとても大事なんだ、だからもっと飲め、おれにもっと飲ませろヨ」と相槌を打たれてしまいました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 17:12 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月15日
信州は冬の暖房が不可欠!
暖房を設置するに当たって無職のあばら小屋増築部分にどんな暖房をするか悩みました。

今は間伐材が多いから薪ストーブにするか、またはペレット、灯油、エコキュートのオール電化、ガスと検討しましたが。

その中、電気、ガスは早々とあきらめ、薪/ペレット/灯油で最後まで悩みました。

今人気の薪のぬくもりは捨てがたいのですが、調達/保管、煙突/灰掃除、等で一年中気にしていないといけません。また、この辺りに豊富にある針葉樹の薪は広葉樹に比べて火力が強すぎ、燃焼が早すぎ灰も沢山出て、薪ストーブには不適だと分かりました。

木材のチップ化されたペレットは薪の欠点を改良した良いことずくめでそのストーブも補助金が出るのですが、やはり燃費が薪、灯油より少し高そうです。

灯油は去年の一時期、118円/リッターという時がありましたが。価格80-85円/リッターがブレイクイーブンのようで、この価格を灯油が超えると薪/ペレット、電気などが有利性を持ってくるのですが、今日の灯油価格は58円/リッターです!

もう失業保険も切れ、年金生活者の無職にとっては現在の灯油価格では他の選択肢はなさそうな事がわかりました。

そして暖房方法です。現在の新築戸建て暖房の9割が床暖を採用するようです。そのクリーンで健康的な熱、安全性、効率、メンテなど人気の理由がわかってきました。

そんな訳で灯油ボイラー、床暖に決定しました。

11
ベタ基礎のコンクリート床から根太までグラスウールを引き

22
その上に床暖の銅パイプをはめる断熱パネルを引き、銅パイプを格子状に並べ、半田付けします。

44
この上に床暖用のフローリングを敷きます。

33
ハンダ付け箇所から熱湯が漏れてはいけないので0.5MPa≒5気圧程度の圧力を注入して一昼夜検査をします。このパイプも現在は銅に代わる架橋ポリエチレンという素材が主流のようですが、やはり銅の熱効率にはかなわないようです。(もと水道屋のTさん教えてくれてありがとう!)

55
あばら小屋の増設も梅雨明けと同時くらいに屋根、床と付きましたが壁がまだ出来ません(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:17 | 安曇野 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年07月09日
木材の強さ
毎日、つゆ空のもとあばら屋の修理増築工事をしていて(見ているだけですが)、しばらくオーディオ遊びが出来ません(>_<)

ツーバイフォーの壁構造と違って在来工法の柱構造なので増築部分の屋根を付けるまでは比較的早く出来たのですが、 それでも屋根を葺く前に散々雨に打たれました(>_<)

もう45年以上も経つあばら屋の天井裏です。運よく雨漏りしていなかったので天井の梁(ハリ)や垂木(タルキ)は新しい材木と変らないしっかりしたものです。
034

その中に○○建設棟梁勝野○○という立派な棟梁のサイン(オートグラフ)のあるハリを見つけました。昔の人は誇りを持って作業をしていたのが良くわかります。

棟梁のオートグラフです(^-^)/
090

また天井の左右に架ける梁(ハリ)は垂直に立てる柱よりずい分と太いものだと知りました。これならブランコを吊って乗ってもビクともしないはずです(^-^)

増築部分の梁です、オートグラフは入っていません(^_^X)
042

梅雨が明けるころタイミングよく完成となればいいと思っています(^_^X)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 15:15 | 安曇野 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年07月04日
偽オーディオファン
071

無職のオーディオ趣味は「にせもの」ものらしい。

大阪、日本橋の、とある暗いアンプ製作室で分厚いメガネをかけた初老の方がオーディオは良い音楽を聞くための「手段」なんだから、もっと音楽を聞かねば本物のオーディオファンにあらずとおっしゃった。

LPやCDを沢山持っていて、ブルーノートのRVGを語り、交響曲と交響詩を語り、オペラとオペレッタの違いを語りながら音楽を鎮聴するのが本物のオーディオファンと言う事らしいのだ。

音楽を聞く以前に
アンプ、カートリッジ、CDプレーヤーそしてスピーカーをとっかえ引き換えしたり、ラックを吟味したり、ケーブルを抱えて一日中床を這い回ったりするのは「えせオーディオファン」と言う事らしい。

では
バイクに乗ってクルージングする以前に
バイクのエンジンを分解しながら、一日中暗いガレージの中でひかり輝くピストンをみて一人ニヤリしてしまう「エクスタシー」

料理を食べる以前に
吟味して購入した豚バラ肉を焦がして、煮て作るチャーシューの出来に食べるのも忘れて魅入られてしまう「至福のひととき」

写真を撮る前に
余りにも素晴らしいカメラやレンズの造作についニヤリとし。カメラを撫ぜながら「おまえ、いいぞ、すごいぞ」と声をかけてしまうキムタクの「ときめきの一瞬」

木をカットする前に
その素晴らしい木の杢をみて、切ってしまえば終わりだと「涙してしまう」

こんな人生の素晴らしい一瞬、一瞬を追い求めて様々なものに興味を持ち、冷や汗をかいたり、トキメキを感じたいと思う気持ちはいったい何なんだろう?!

音楽を聴くだけがオーディオファンだとは思わない小生は、では何者なの?

世間はそんな人を「病気」という、、、、トホホ(>_<)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 07:40 | オーディオ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年07月01日
安曇野の美味しいランチ
安曇野にはお蕎麦やさん、フレンチ、イタリアンは沢山あるのですが、新鮮な魚をだす所がないと思っていました。でもあるところにはありました。

お昼のメニューは冷やしラーメン、ソースかつ丼、海鮮丼などがあり、ラーメンを食べることが多いのですが、今日は給料支給日(年金?)(^-^)/ 贅沢に海鮮丼を食べました。

ラーメンは今流行のダブルスープなどの過剰味ではなく、鶏ガラ(だとおもう)と野菜から取った懐かしいラーメン原点の味、古いラーメンを知っている人はこの味に救われるのです。
002

さて、海鮮丼です! あれ、今日はトロが入っていないぞ(>_<) 先日ラーメンを食べていた時、隣の人の海鮮丼を覗き込み、オー、次回はわしも海鮮丼だあ、、、、と期待してきたのに今日は入っていないみたい(>_<)
018

まあ、いつもトロを用意している訳でもないでしょうから、気持ちを取り直して、ドンブリに取り組みました。フム、フム、、おいしい、この味です、新鮮な甘い味が口の中いっぱいになりました。これだからお刺身はやめられないですね。(ちなみに無職のぴか一海鮮丼はこれです)

久しぶりに満足したランチでした(^-^)/

どんぐり亭/穂高富田 0263-83-3569

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:18 | 安曇野 | コメント(2) | トラックバック(0) ]