掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

_



掲示板はここです!<===<画像も貼れます(^-^)>
ここをクリックm(__)mすれば直近の30記事が連続で読めます
無職(クニタン)へのメールはここをクリック。
大好きな安売りコーナー(^-^)→アマゾン家電・カメラ バーゲンコーナー
↓↓ここにも良く行きます、つい無駄使いをしてしまいます(>_<)↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

2009年06月26日
24Bit/192KHz DVDディスク入手 (2)
⇒24Bit/192KHz DVDディスク入手(1)

今回の24Bit/192KHzディスク音源を何とか自宅で再生しようとして、いろいろやってみて発見したこと、あるいは勘違いしてしまったのかもしれませんがとりあえずなるほどと思ったことを列挙します。
010
上のDVDはいずれも24Bit/192KHz録音のものもです。

(1)DVD/VideoとDVD/Audioとは同じでない、両方を再生出来ないDVDプレーヤーがある。

(2)DVD/MultiプレーヤーとはDVDビデオとDVDオーディオを再生できるということではなく、CDやDVD-R、DVD-RWなどの多種のディスクメディアを再生できるということのようである。無職のパソコン内蔵DVD/MultiプレーヤーではDVD/Audioは再生出来なかった。

(3)これが1番残念なことですが、
高品位録音Disk(24,20Bit、192,96KHz)は、著作権で保護されていているものはデジタル出力信号は取り出せない(勿論アナログは取り出せる)か、またはダウンサンプルされて、16Bit/48KHzあるいは16Bit/44.1KHzのCDレベルまで品質が落とされてデジタル出力される。

(4)従って、高品位のままパソコンから光/同軸ケーブル(デジタル接続)で外付けDACに接続できない(パソコン内部でデジタル処理を完了して外部へはアナログ出力のみとなる)
009
という事で、なんてことはない、原点に戻りDVD/CD/SACDなんでも再生できる独立単体DVDプレーヤーDV9500/Marantzを使って高品位DVDを再生することになりました(>_<)

DV9500からメインアンプまではアナログ接続です。
デジタル図案1
さて、問題の24Bit/192KHzの再生音です。
伊藤深雪のシュタイン フォルテピアノがピアノの音とこんなにも違うのにビックリしました。全体に音がやわらかく、しかも広帯域感いっぱいの感じがよく出てきます。

ムソルグスキーの「展覧会の絵」はどうも個人的には好きになれない音楽ですが、オーディオ的なり方は充分サウンド好きの無職のハートを満たしてくれます。

ドボルザークの交響曲「新世界」やホルストの「惑星」はまさに静寂の中の空気のゆれが体験できるようでした。

こんなよい音を聞かせてくれるとは期待を超えるものでした。しかし残念なことにソフトのラインアップの貧弱なことは否めません。無職の好きな音楽はほとんど見つからないのです。またDVDもDVD HDとBlu-ray Disc等に移行しているようにも見えるので、今後のラインアップの充実もあまり期待出来ないのかもしれません(>_<)

そんな理由でLINNのDSe-onkyoのようなネット配信の世界で高音質な音楽を提供するところに期待を持ってしまうのは当然かもしれません(‥;)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:23 | デジタルオーディオ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月23日
昭和のワンシーン
001
2、3日雨がひどかったのですが、そのなか、アマゾンの買い物を引取りにローソンまで出かけました。そこで、道をはさんだ反対側に懐かしい「3丁目の夕日」を思い起こさせる、昭和の香りを見つけました。

こんな信号機、ジーゼル牽引車、貨物車、懐かしいですね。少年時代の線路遊びをつい思い出してしましました。また、文明は汽車までとカッコ良く思い込んでいた大学時代、鈍行電車で日本や世界を旅行したことを思い出しました。

今また日本中をローカル電車で旅行し、駅に寝泊り(STB)する趣味人がいるそうですが、もうそんな体力もなく、無職も気持ちだけその予備軍になっています。

そんな訳で、毎日、常温の日本酒を2合だけ飲んで、布団に入り、夢の中で世界中をローカル線旅行することにします(~_~;)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 12:29 | 安曇野 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月21日
高さ30mの松の大木を切りました。
電線、電話線、光ケーブル、寄り付き、おとなりさん、等の理由で簡単に切って倒せない松の木を専門の方に切ってもらいました(^-^)/
kinobori1

ネジボルトを足場として幹にねじ込み、30mのてっぺんまで枝を払いながら上り
kinobori2

上から45cm(マキのサイズ)ずつ刻んで落とし、
最後の10mはドーンと倒し、地上で薪サイズにカットです。
kinobori3

文章で書けばこれだけですが、1人でここまでこなす名人はもうホンのわずかの方しかおりません(>_<) この方が引退すればもう無職の家の木は切れません。

今時、クレーン、高所作業車等で伐採するの普通になってしまいましが、無職と同じような環境を持った人は今後どうしたらいいのでしょうか?

この薪は陶芸家の登り窯の燃料になります。出来上がった陶器を1つ頂く約束です(^-^)/

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 07:10 | 安曇野 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月19日
24Bit/192KHz DVDディスク入手(1)
ホームページをあっちこっち探して手に入れたムソルグスキー「展覧会の絵」がやっと到着しました(^-^)/ 
007

昔も音のよいLPで有名だったこのソフトはDVDでもきっとよいサウンドを聞かせてくれるものと期待大です(◎-◎)
はやる気持ちを抑えてパソコン内蔵DVDプレーヤーに挿入、さてと、、、あれ再生しない(‥;) Windows Media Player(WMP)ではだめなの? それではiTuneで、、、これも勿論再生不可(>_<)(>_<) DVDオーディオのプラグインが必要のようです。
006

今日のところは時間切れ、結局このオーディオDVDは再生できませんでした。また明日新たな挑戦が待っています(~_~;) 

そんな中、光デジタルケーブルを換えて見たら面白い発見をしました。やはり音が違うのです。良い、悪いの判断はまだこれからですが、がぜん、音が違ってくるのです、デジタル信号の数値データの伝送で音が違ってくるなんてアホやねん、と思っていましたが、現実は不思議な結果となりました。

出来のよい光ケーブルと普通の光ケーブル
013
続く⇒24Bit/192KHzDVDディスク入手(2)


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 17:14 | デジタルオーディオ | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2009年06月17日
安曇野有名人の手形、足型をゲット!
山小屋がガラクタで手狭になってきたので一部、増築しているのですが、基礎、立ち上がりに生コンを打ち終わり、最終日の今日はベタ基礎部に3立米の生コンを入れ、ならして硬くなるのを待つ段階になりました。基礎工事はこれで作業終了です。(~_~;)

工事屋さんが引き上げ、無職も今日はこれで終わり、一安心と部屋に戻り、缶ビールの栓を開け、CDをセットしてゆっくりJPOPでも聞こうかとしたその時です。

ウーキキキーと突然の奇声、表に飛び出してみると、サルの群れ、戻ってカメラを持ち出したときにはすでにサルどもは遠くへ避難済み、変事はないかとあたりを見渡すと、、、、
035
ありました、くっきりとサルの手形、足型が(T_T)

さすがにサルもの、軽業もの、生コンの中で溺れることは無かったようで、無事逃げおうせたようですが、こちらはこの有名人ならずの手形と一生付き合っていかなくてはなりません(T_T)
040

まいりました。これでは生コンが固まるまで目が離せません、缶ビール片手にお外で見張り開始です。案の定ネコが近づいてきました。ブログでは書けない言葉を使って追い払ったり、ビールを飲んだり、とても充実した午後のひと時となりました(^_^X)

翌朝、、おや、他にも足跡が、、、、 これは、、、、タヌキ? イノシシ?、、 
011
どうやらネコの足跡のように見えます。飲みすぎで気が付きませんでした(>_<) ちなみにネコはこの生コンの匂いがとても好きなんだそうです。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:29 | 安曇野 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

真空管アンプ回路図、図式


続きを読む ...
 
[ 投稿者:クニタン at 09:27 | 連載記事の目次 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月16日
食べ歩きお勧めグルメ、安曇野、他 <目次>


続きを読む ...
 
[ 投稿者:クニタン at 12:06 | 連載記事の目次 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラベンダー祭と野豚の丸焼き
とても手入れの行き届いた気持ちの良い農場です
001

120キロの大豚にはたっぷりのハーブが摺りこんであるようです
007

美味しい塩をたっぷりかけて食べました、皮が特に美味しかった
030

200人位に提供した後もこんなに残っていました、もう1回ならぼっかな(>_<)
036

レストラン内の手作りうどんも素朴な味で、ここでしか味わえないものでした(^-^)
033
日曜日に車を飛ばして野豚の丸焼きを食べにいきました。
この車を飛ばしてという感じがお分かりでしょうか? 無料という訳で、遅れまいと飛ばしたわけです(~_~;)

ゴロゴロと回る丸焼きが出来あがる間、農場のラベンダー狩りを楽しんで、美味しい手作りうどんを食べながら、120Kの丸豚を来場者、約600人で食べると1人あたり何グラムもらえるのかなあ、ヒマ人計算しながら待っていると、ようやく丸焼きの出来上がりです(^-^)/ その時12時30分でした(^_^X)

皮と脂を多目にもらいました(^-^)/ いや、美味、美味でした。
初めて訪れたラベンダー畑も北海道の富良野に決して負けない見事なものでした。

「影武者」さんのコンサートも楽しみました。

夢農場さま おつかれさまでした。
今しばらくラベンダー祭が続いてお忙しいでしょうけれど、がんばってくださいね。

夢農場さんのブログ
[ 投稿者:クニタン at 09:44 | 安曇野 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年06月15日
イントラ反転805アンプ製作推移 <目次>


続きを読む ...
 
[ 投稿者:クニタン at 21:57 | 連載記事の目次 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

DVD オーディオの音
自分のパソコンがどうやら24Bit/192KHzまで音を光出力できるようになってから(*1)、がぜん良い音を見つけようというエネルギーが沸いてきました。

一つは前回ご紹介したようにe-onkyoの音楽配信サービスから24Bit/96KHzの音楽ソフトが手に入ることから一曲200-300円の曲をダウンロードしてその音の良さを確認しました。

さて、別に高音質ソースはないものかと思っていると写真屋さんのコメントでDVDがあるとヒントを頂き、さっそく調べてみました。

あまり人気の無いDVDオーディオですが、16Bit/48KHzから24Bit/192KHzまでのフォーマットがあるようです。

それではさっそくパソコン内蔵のCD/DVDプレーヤーで試聴してみました。ビートルズファンの賛否両論で話題の「The Beatles LOVE]です。このアルバムはサービスでCDディスクに加えてDVDディスクが付いた2枚組です。収曲タイトルは全く同じなので聞き比べには最適だと思いました。DVDに映像は入っていません。
003
左がCD、右がDVDディスク

DVDのフォーマットは不明ですが、、DVD再生の方がCD再生より明らかに音が良いと駄耳の無職にも分かりました。無職の6畳の部屋ではスピーカー前面の音像がCDではゲンコツ位、DVDではカボチャ位に広がり、さらにエレキのリズムセクションがCDではスッチャ、スッチャと聞こえるのに対しDVDではスッチ、スッチと聞こえました。帯域の広さを実感できます。

これに気を良くし、また、また話題の辻井伸行、「川のささやきサントリーホールLIVE! 」を入手(^_^X)
006
これはサントリーホールライブの映像付です。

いやあ、、このピアノはホントに凄いですねえ、4曲、5曲目が「月光」と「熱情」なんですが、リヒターやましてやバレンボイムのピアノタッチに比べても辻井のタッチはものすごく柔らかく、かつ音に愛情があるのですね。こんな音を出すピアニストはきっと世界中の女性のアイドルになると思います。

いけない、脱線しました。このDVDもフォーマットが分かりませんが、抜群の音だと感じました(24Bit/96KHzだと書いてあるブログもあり)、身を入れて聞いても、BGMで聞いても音に「うるささ」がなく、楽しめるDVDでした。

さて、これだけDVDオーディオの音が良いと分かると、24Bit/192KHzの明示のあるDVDを見つけて聞いて見なければいけません(>_<)
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:48 | デジタルオーディオ | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2009年06月11日
24Bit/96KHzデジタル再生、苦戦の連続
010

前回始めた「パソコンでオーディオする」のその後です。
ネットのサイトでCDよりも音質の良い24Bit、96KHzの音源が入手でき、その素晴らしい音楽ソースを何とか破綻なく再生したいという事でさらにデジタル化を進めてみました。

残念なことにDACとして使うサンバレーのSV192Sの光、同軸、AESなどの入力端子は24Bit/192KHz対応しているのですが、USB入力はなんと16Bit/48KHzまでしか対応していないことが分かりました。これには参りました。パソコンの出力はUSBが駄目となると、オンボードの貧弱なアナログ出力しかありません。同軸、光などのデジタル出力は付いていません(T_T)

やはり品質のよいデジタルを出力できて、そして折角デジタル処理をするわけですからアナログでは考えられない出力として光ケーブルを使ってみたくなり調べてみました。

パソコンのUSB出力にUSB/光変換アダプター等をつけて光出力を得られることを知りましたが、果たして24Bit/192KHzまで対応するのかなかなか分かりません(~_~;)

そんな中でウエブサイトでお勧めコメントの多かったデジタルオーディオボード SE-90PCIというパソコン内部PCIソケットにはめるオーディオボードが24Bit/192KHz光デジタル出力対応と明示してあり、これを入手しました。オーディオ高級フィルムコンデンサー2個分の値段です(~_~;)
100

パソコン内部に取り付けたSE-90PCI OSコンをはじめとしてオーディオクオリティのパーツを使っているのがわかります、その下に見えるのはビデオボードです
013

生まれて初めて購入する光デジタルケーブル。そしてなんと赤い光がこぼれ出るのですね(>_<)、光信号は可視光線で出ているのです。赤外線とか紫外線で光そのものは目には見えないと思っていました。
005

さて、パソコン内部にボードを取り付け、音出しをするのですが48KHzの音しかでません、なにせパソコン初心者なのでBios、デバイスマネージャー等のセッティング泥沼にはまりましたが、半日かかって何とか96KHzの音がでました。
図案.BMP

PC(オーディオボード出力)- 光ケーブル - SV-192Sオプティカル入力- ラインケーブル - 真空管パワーアンプの構成でやっと24Bit/96KHzの音源が破綻無く再生出来ました。
017

022

で、初めて聞く24Bit/96KHzの音ですが、本田美奈子のゴットファーザー愛のテーマがくっきりと浮かびあがりました。彼女がこんな歌手だったとは知りませんでした。弾む豊かな低音と柔らかい高音がデジタル音をきれいに拭い去ってくれ、CD再生とは次元の違いを見せ付けてくれました(^-^)/

これではじめて高品質デジタル再生音の一端を聞いたわけですが、ここまでの無職のデジタル再生音に対する感想は低音も中高音も素晴らしい音に聞こえ、ステージ床の足音ドスン、透明なクリスタルボイス、ピアノのリアルな打音なども、とてもよいと思いました、、が、、、

LPレコードと比較すると小音量域のダイナミックレンジと言うんでしょうか、ボリュームを絞って聞くと音楽が平坦につまらない音になってしまうのが気になりました。LPアナログ再生では音を絞って聞いてもデジタルほどは平坦な音にならないことを再発見した気がします。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:20 | デジタルオーディオ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月07日
自作可能なオートグラフ(3)
無題-ステッチされた画像-07
大きくて左右一枚の写真に入らないので2枚の写真を合成しました。

004

自作可能なオートグラフ(1)
自作可能なオートグラフ(2)
製作者のブログ
いよいよフロントグリルまわりの完成です。

今回も良いサランネットを見つけるのに苦労したようです。吉祥寺や津田沼にあるホビー用品の専門デパート、ユザワヤまで探しにいったとのことですが、聞いてみると昔アキバに豊富にあった自作用サランネットも今はどこにもほとんど置いてないそうです。

最近、「レプリカランドセル」などちょっとビンテージ風のサランネットはマイナスネジなどと同様アメリカまで探さなければいけないのが当たり前になってしまっているんですね(T_T)

さて、装飾、プロテクション機能が主と思っていたグリルネットですが、これをつけるとずい分と音調が変ってきました。

今まで豊かな低音の響きにすこし負けそうだった中、高音が、少し元気になり、教会内部の石敷きステージ上のオペラが屋外ステージ上に変ったようなサウンドになって来ました。

少し、低音のホーン臭さが引っ込み、解像度が上がってきたようです。なにかネットをつけると反対の効果があるような気がしていたのですが、不思議な効果です。これはタンノイの設計者のGRFさんがこのグリル効果まで音調を計算、設計していたんだと確信しました。

豊かな低音をベースに色気のあるバイオリンやフルートの音色がいっぱいにオーディオルームを満たしてくれました。

半世紀近くも世界中のクラシック好きのオーディオファンを魅了してきたオートグラフの箱の持っている音像再生能力の凄さに触れたような気がしました。

フロント、バック双方のホーンを持ったオートグラフ
バックホーンのみのGRF
フロントホーン、バックはバフレスのコーネッタ
(詳しくはこの本をご覧ください)

このタンノイの主力3種類はどんな違った鳴り方をするのか聞いてみたい気がしてきました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 10:19 | オーディオ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月06日
安曇野、新緑の季節
004
若葉が日ごとに増えて春真っ盛りの安曇野の林です。
森林浴、ウオーキングのベストシーズンになりました。
005

でもこのきれいな林も間伐、下草取り、など手がかけられず、日本の林業の崩壊のワンシーンを担っています(T_T)
002

こんなに太く、真っ直ぐで長い松の木も、まったく市場性がなく売ったら1本3000円くらいでしょうか、もっと安いかもしれません。売れないかもしれません。

そして、木を切るとなるとクレーン車を入れなければ切れない無職の家など1本10000円の予算を見ないといけません。10000円ー3000円ですから差し引き7000円の出費となるのです。

切らないで置くと風などでいつかは倒れるかも知れません。いったいどうしたらよいのでしょうか?

無職に出来ることは、ビールを飲みながら、新緑の松をめで、よく育った、よしよしと可愛がってあげることしか出来ません(T_T)

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 11:49 | 安曇野 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年06月05日
和食好きはイタリアン好き(^-^)
ピザが好きで、パスタが好きで、モッツァレッラ、プロシュート、アンチョビ、トリッパ、パンチェッタ、バローロやサスカイヤが好きで、、こんなに太ってしまった(^_^X)

イタリアン食材には塩漬けもの、魚醤もの、蕎麦もの、背油ものが多く、「しょっぱい」、「魚くさい」、「油っぽい」、「内蔵、ホルモン系」、「粉っぽい」など日本食に共通するものが多く、ほとんどの料理がとても美味しく感じられ、つい食べる頻度が増えてしまいます。

010
ピザは皮の薄いものが好きな人と、厚いものが好きな人とに別れますが、無職はどちらも好きです(^_^X) これは薄いピザのチャンピオンです。たっぷりの旨いチーズがパリパリのベースに乗っていて、とても美味でした。

014
こちらはおなじみのイカ墨パスタ、イカの肝はとても美味しいもので、大抵の日本人が好んで食べますが、墨の方はあまり食べる人がいません。しかしイタリアンではこのスミが重要な食材です。これも独特の旨みがあってやみつきになってしまいます。でも食べた後は「お歯黒」になってしまいます(^_^X)

安曇野にはおしゃれなイタリアンがいったい何店有るのだろう、20店は下らないと思うけど、順番に全部の店を制覇するか、糖尿病になって食事制限になるか、どちらが先になるだろうか(T_T)

008
美味しいイタリアンワインでした。

ピッコラーナ 南穂高 0263-71-2200

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 09:48 | 料理 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月03日
CDを超えるミュージックソースを手に入れるには!
HD_P

hd_24_96

CDのフォーマットはサンプリング周波数44.1KHZ、量子化ビット数16Bitというけど素人の無職はこんな風に理解しています。

アナログ波形を一秒間に44100回標本化(サンプル)するということは例えば
10Hzの信号波形の一波長を4410個の点でサンプルを取るということですから、これはとても充分な再現性のあるサンプリングといえますね。

100Hzの信号なら波形の一波長を441個の点でサンプルを取るということですね。
1KHなら波形の一波長を44.1個の点で
10KHzなら波形の一波長を4.41個の点で
20KHzなら波形の一波長を2.20個の点で波形の大きさをサンプルするということですね。

という事は、20KHzの信号波形はその一波長の、たった2.2箇所の信号電圧を測って、サンプルするわけですから、数学的な妥当性はさておいて、これはもう録音、再生品質としてはよい物とは言えないと思っています。これは確かに限界ですね。というか10KHzの4.41個以下ではもう結構貧弱な標本化といえるのではないかと思っています。

さて、今度はその各サンプル点で計った信号電圧を16ビットのレベルに割り振る場合は2バイトだから16進数でFFFF、10進数で16x16x16x16の65536段階のレベルに割り振ることになります。±32768レベルと言うことになりますね。これはなんだか、もう充分な量子化だと思いますが、これも安心できません。

交響曲「新世界」は40分の最後にたった一回だけメゾフォルテでシンバルがなりますが、そのシンバルの音を歪ませないで録音するためには、それ以前の交響曲全部を半分前後のレベルで取るとすると±11000レベルということになりますかね。まあそれでも充分にも思えますが、小さなピアニッシモの音あたりで影響がでるのかも知れません。

さて、そんな訳でCDのサンプリング周波数44.1KHzというのは高音再生にはとても貧弱なもので、ぜひ96KHzとか192KHzのサンプリングで録音、再生されたものを聞いてみたいと思っていました。すでにプロの録音スタジオでは96KHz/24Bit以上が当たり前になっているとききます。

でもそんなソースはアマチュアには入手できないと思っていたのですが、なんと世の中はここでも進んでいました。無職は知りませんでした(>_<) ここをご覧ください。

96KHz/24Bitのサンプル音楽がきけます。

他のサービス会社もあるようですが、このe-onkyoではHD/24/96シリーズと名うってかなりのクラシック、ジャズ、その他の曲を96KHz、24Bitフォーマットで比較的安く提供しています。

残念ながらここからダウンロードした曲はそのパソコンでしか再生できず、当然ながらCD-Rに出来ず、DVDにデータとして入れることは出来ても他のパソコンで再生することは出来ないという制限があります。でも一曲200-300円なので一度この、CDを超える高品位な音を自分のパソコン+オーディオ装置で聞いてみる価値は充分あると思いました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

BLOGランキングに参加中です。応援してくださる方、上のバナーのクリックをお願いいたします。継続の強力な力になりますm(__)m
[ 投稿者:クニタン at 17:36 | デジタルオーディオ | コメント(2) | トラックバック(0) ]