掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月29日
仙丈ヶ岳へ(7月25~27日)
「仙丈ヶ岳」は、手持ちの山の本などによると
・・・優しく穏やかな山容と高山植物が多く見られることから「南アルプスの女王」ともいわれる山・・・男性的な甲斐駒ケ岳と対峙してそびえ、3000mを超える南アルプスの山の中ではビギナー向きの山・・・とある。
「登ってみたい山」ではあるが、「今の自分の脚力で本当に付いて行けるかしら?大丈夫かしら?」と少し心配しつつも ”山ガイドさんと一緒の 2泊3日のゆったり登山ツアー” というのを頼りにして、参加した。


7月25日(火)
甲府駅===湯めみの丘(昼食)===広河原===北沢峠(3000m)・こもれび山荘・長衛荘(泊)

こもれび山荘 こもれび山荘

クリンソウ群生 クリンソウ群生


7月26日(水)
長衛荘・・・2合目・・・大滝ノ頭(2520m・5合目)・・・小仙丈ヶ岳(2855m)・・・仙丈ヶ岳(3033m、昼食)・・・仙丈小屋・・・馬の背ヒュッテ(2698m・泊)

大滝ノ頭 大滝ノ頭(5合目)

小仙丈ケ岳 小仙丈ケ岳到着

藪沢カール 藪沢カール

小仙丈カール 小仙丈カール

仙丈ケ岳へ 仙丈ケ岳めざして

仙丈ケ岳山頂 仙丈ケ岳到着

仙丈小屋分岐 仙丈小屋分岐

馬の背ヒュッテ 馬の背ヒュッテ


7月27日(木)
馬の背ヒュッテ・・・藪沢小屋・・・大滝ノ頭(2520m・5合目)・・・北沢峠(2000m)===広河原===湯めみの丘(入浴、昼食)===甲府駅

甲斐駒ケ岳 
4:58 馬の背ヒュッテから見える甲斐駒ヶ岳

北沢峠 北沢峠(2000m)


3000m超えの山へ登るのは何年ぶりでしょう?「本当に登れるのかしら?」とかなり心配もありましたが、お花も沢山咲いていて元気づけられ、心配していた雨も、歩いている間は殆ど降られることもなく何とか登頂できました!
今も、思い出しては嬉しさの余韻に浸っています(^O^)/


3000m超えの山で、登ったのは
・乗鞍岳(3026m)
⇒ 2010年8月13日〜14日乗鞍岳へ 
⇒ 2010年8月13日〜14日乗鞍岳へ続き 
⇒ 2010年8月21日〜22日乗鞍岳へ 
⇒ 2010年8月21日〜22日乗鞍岳へ続き 
・槍ヶ岳(3180m)(大喰岳(3101m)中岳(3084m)南岳(3084m)
⇒ 2013年9月27日〜30日槍ヶ岳へ 
[ 投稿者:Y&Y at 19:34 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
こんばんは
仙丈岳に登られたのですね。
3000mというのは、やはり魅力ですよね。

それなりの魅力がありますね。
そんなことをいって穂高連峰とと槍ヶ岳しかありませんが・・・

南アルプスはゆったりとしていいですね。
天気に恵まれて、登れてよかったですね。
又素敵な子3000mの山に登れるといいですね。
投稿者: オコジョ at 2017-08-13 20:55:59
オコジョさま
コメントありがとうございます。
久しぶりに高い山へ行けました。
殆ど降られることなく歩けましたし、
素晴らしいキバナシャクナゲの群生も見れましたが、
残念ながら山頂からの展望は望めませんでした(~_~;)

また頑張って、少し高い山へも行こうと思っています(^_-)-☆

投稿者: Y&Y at 2017-08-17 11:25:35

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/43.60/a03705/0000535853.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/43.60/archives/0000535853.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 9 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら