掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年10月29日
湘南平へ
朝、ジョギングに行った夫が「今日は富士山が綺麗に見えるよ〜」と言う  「じゃあ私、ちょっとだけ湘南平に行ってくるわ」  夫、「早くしないと、富士山消えるよ〜」
少し歩きたかったし、お天気もいいし、秋の花もまだまだあるかもしれない。パワーポイントで作るものは、次の原稿が来るまで中休みだし・・・で、ちょこっと歩きに行って来た。

いつものように高来神社に自転車をとめてお参りして男坂から登ります。境内には今日は沢山の園児たちがいました。まさか・・・こんな小さな子どもたちが登るのかしら?と思いつつ先に登りはじめて・・・。



お花を見つけては嬉しくなって写真に撮ったり、いつものように道草ばかり。案の定、頂上について展望台に上った時には富士山はほぼ雲の中でした(-_-;)
展望台からぐるりを眺め、ちょっと休んでの帰り道、大勢の可愛い子どもたちが次々に登って来るのとすれちがいました。「こんにちは〜!」と元気よく挨拶してくれます。たしかさっき境内に居た子どもたち(^_-) 思わず「良く登って来たね〜 スゴイね〜 頑張ったね〜!」って声をかけてしまいます。幼稚園の年長さん組なのだそうです。子どもの一人が教えてくれました。「年少さんは、まだ小さいから公園でドングリ拾いをしてるんです。登るのは年長さんだけです!」とちょっと誇らしげに。引率の先生のお話では、湘南平へ登るのは年長組の恒例の行事なのだとか。秋の遠足なのだそうです。握手しに来る子もいます。お花をくれる子もいます。「お花は採らなかったのですか?」って聞いてきましたから「お花はね、写真にだけ撮ったのよ」って答えた私です。
せっかくもらったツワブキの花は、家に帰って小さい瓶にいれて飾りました(^_-)
ツワブキの花
[ 投稿者:Y&Y at 15:04 | 湘南平 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年10月20日
ミルキーウエイライブに
ミルキイライブ

今日は、西やん先生の「ミルキイライブ」の日だった。一緒に弾かせて頂いたのは「街角」「通りゃんせ」「愛の夢」「レディマドンナ」「七つの水仙」の5曲。
先生とのデュエット「街角」は、易しい弾きやすい編曲にして下さっているのに、ダカーポで戻る時、ピッタリと揃えられなかった。やれやれトホホ・・・。Aちゃんとのデュエット「通りゃんせ」は、上手く弾けたわけではないけれど何とか終わった。前回、楽譜を見失ってしまったリベンジ曲「愛の夢」は、今度はまずまずだったかな〜(^_^)
自分の出番が終わった後は、コーヒーを飲みながら他の方々の演奏をしっかり楽しむ。

いつもいつも失敗ばかりしているのに、こうして先生と一緒に弾かせて貰えるのは本当に有難いこと。終わった後は「楽しかった〜」って思ってしまう。

Aちゃんとのデュエット「通りゃんせ」は、8月の「まりと殿様」と同じ編曲者の方のもので、Aちゃんと2人して「面白いよね〜これ、すごくドラマチックな感じで・・・」って練習している時も話していた曲。16分音符の連続、音の大きさの変化、速度も何度も何度も変化がつけてある。速弾きのところは始めの頃は全然指が動かなくて、もう泣きたいくらいだったけれども、それが少しずつ少しずつ弾けるようになって来る。それが嬉しい。それだから面白い。前回の「まりと殿様」にも速弾きのところがあって、「私には無理・・・」と若いAちゃんにお願いしたのだけれど「今度は交代だよ」ってAちゃんに言われて、つい「じゃあ〜今度は年寄も挑戦してみようかな」なんて受け持ったものの、これがどうにもこうにも弾けなくて、先生にもAちゃんにも最後の最後まで心配をかけてしまった。それが・・・それでも・・・「どうにもこうにも無理!」と思った速弾きの部分でも、繰り返し繰り返し練習すれば少しは上達することが感じられて、こういうのって嬉しい。
前回 8月「ミルキーライブ」
[ 投稿者:Y&Y at 22:02 | 楽器・発表会 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2012年10月17日
志賀高原へ(10月14日[日]~15日[月])続き
2日目(10月15日[月])
木戸池・・・ひょうたん池・・・渋池・・・志賀山分岐・・・志賀山・・・裏志賀山・・・四十八池(昼食)・・・志賀山分岐・・・渋池・・・前山湿原≪≪≪硯川・・・木戸池===横浜



朝、もう一度温泉に入り、そのあと散歩に出てみると、木戸池一面に霧がわいていた。
カメラマンさんたちが大勢いるけれど、この方たちは何を撮ろうとして待ち続けているのかしら・・・? 霧は流れて薄くなっていくだろうと思うのに・・・? もしかして、朝陽が当たると景色がガラリと変わるのかしら・・・? 
ホテルの外壁に付けられた寒暖計の目盛は2℃のちょっと下。こんなに冷えてるんだ! 

朝食を済ませ、ホテルで用意して頂いたお弁当を持って出発。抜けるような青空の下、淡い紅葉や池を眺めながら歩く。志賀山分岐までは歩きやすい気持ちの良い道。志賀山分岐からは急坂になって来る。登って下って、また登って急坂を下って志賀山〜裏志賀山〜四十八池と歩き、ここでお昼休憩。帰りは前山リフトで下り、泊まった宿の温泉で汗を流し帰路へ。

おかげさまで、お天気に恵まれ紅葉にも恵まれ、とても気持ちの良い歩きが出来ました(*^。^*)
でも、下見の時は台風に追われるような日で大変だったそうです。リーダーさん・お当番さんには本当に感謝です。

2006.7.22 志賀高原・前山湿原池めぐりへ

2006.7.23 志賀高原・岩菅山へ

[ 投稿者:Y&Y at 19:37 | 歩き | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2012年10月16日
志賀高原へ(10月14日[日]~15日[月])
1日目(10月14日[日])
横浜===のぞき≪≪≪横手山≪≪≪のぞき===信州大学自然教育園・・・三角池・・・田ノ原湿原・・・木戸池(泊)



所属している「歩く会」の10月例会は「志賀高原の森と池を歩く」、楽しみにして参加した。
横手山へはスカイレーターとスカイリフトで一挙に上まで上がり展望を楽しんで、そのあとは自然教育園を散策。

横手山は志賀高原の山の中では1番高い山なのだそうだ。曇りがちだったけれど、それでも遠くの山々の連なりが素敵だった。私は気づかなかったけれど富士山も見えていたのだとか。
始まりの紅葉の淡い色合いは、新緑のようにも思える柔らかさ。池に映った景色も素敵に感じた。
[ 投稿者:Y&Y at 19:24 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年10月07日
沼津アルプスへ(10月6日[土])
今日の歩きコース
多比バス停・・・多比口峠登り口・・・多比口峠分岐・・・鷲頭山・・・小鷲頭山・・・中将さんの洞窟・・・志下峠分岐・・・志下公会堂バス停(歩く会11月例会下見参加)



確かめておかなくてはいけないことも色々あってスタート時刻が遅れたことと、お天気が崩れてくる心配もあり、予定の全行程は歩けなかった。(本番の日は、志下峠分岐・・・志下坂峠分岐・・・徳倉山・・・横山峠と歩く予定)

「沼津アルプス」とは、沼津市の海岸線沿いの≪香貫山〜横山〜徳倉山〜志下山〜小鷲頭山〜鷲頭山〜大平山≫と続く山稜線を地元の愛好家が整備して名づけられたもので、1番高い鷲頭山でも標高396mと低いものの、眺望が楽しめて変化に富んだ道として親しまれているのだとか・・・。

実はこのコース、以前一度歩いたことがある。その時は、大平山〜鷲頭山〜小鷲頭山〜徳倉山と歩いた。思い出すのは「富士山が見えて素敵だったな〜!」と「低い山だけれど上ったり下ったりが結構きつかったな〜」など。
2006.2.15 沼津アルプスへ

昨日は心配していた雨にもならずに済んだし急降下がず〜っと続く道は怖くて緊張したけれど、そこにはしっかりとロープが付けられている。「沼津アルプス」は大変な道だけれど、歩き終わってしまえば面白く楽しいコース!
[ 投稿者:Y&Y at 18:39 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]