掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2012年08月27日
白馬岳へ(8月22日~24日) 続き 3
今回のコース
1日目・・・白馬駅=(バス)=猿倉・・・白馬尻小屋(泊)
2日目・・・白馬尻小屋・・・大雪渓・・・葱平・・・白馬山荘・・・白馬岳(2932m)・・・(往復)
      ・・・白馬山荘(泊)

3日目・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・三国境・・・小蓮華山・・・白馬大池・・・栂池自然園
      ≪≪≪(ロープウエイ・ゴンドラリフト)≪≪≪栂池高原駅=(バス)=白馬駅



3日目(8月24日[金])
御来光を見た後、急いで朝食を済ませ身支度をして出発。山の行動は「早く出発して早く目的地に着くこと!」が鉄則だそうだ。午後になると雷も怖い。白馬山頂からは、朝日岳、小蓮華、立山、富山湾・・・昨日と変わって今朝は素晴らしい展望!暫く回りの景色を眺め、長野・富山・新潟の3県が接する三国境へ下りて行く。少し登りかえして小蓮華山へ。振り返って白馬岳を見たりしながら進む。小蓮華山から白馬大池へ下りる途中で振り返って見えるのが、TVドラマ「坂の上の雲」で使われた景色だとか。ここかな?と思える場所があった。雪も残った白馬大池の周りには、ハクサンコザクラの群生もあって嬉しくなる。ここでお昼休憩。大池から乗鞍岳へ上り、ここから天狗原へ下りて行くのだけれど、岩ゴロゴロの道や小雪渓もあり、かなりの緊張を強いられる道だった。天狗原湿原の木道を歩いて、また栂池自然園へ下る。
今日のコースの累積標高差は、+305m -1315m。歩く前は「上りばかりより楽かな・・・」と思っていたが、栂池自然園から登ってくる人たちとのすれ違いにも緊張したりで、なんと8時間近くもかかってやっと栂池自然園へ辿り着いた。
ホッと一息ついて食べた“野イチゴのソフトクリーム”の美味しかったこと!疲れを癒し、あとはロープウエイとゴンドラリフトで下りた。

白馬岳は素敵な景色とお花と変化に富んだ道。お天気にも恵まれ本当に幸せな歩きだったヽ(^。^)ノ
[ 投稿者:Y&Y at 07:01 | 歩き | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2012年08月26日
白馬岳へ(8月22日~24日) 続き 2
今回のコース
1日目・・・白馬駅=(バス)=猿倉・・・白馬尻小屋(泊)
2日目・・・白馬尻小屋・・・大雪渓・・・葱平・・・白馬山荘・・・白馬岳(2932m)・・・(往復)
      ・・・白馬山荘(泊)

3日目・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・三国境・・・小蓮華山・・・白馬大池・・・栂池自然園
      ≪≪≪(ロープウエイ・ゴンドラリフト)≪≪≪栂池高原駅=(バス)=白馬駅

3日目(8月24日[金])朝
一昨日に続いて昨夜も雷と雨になったが、朝になるとすっかり晴れていた。時間を見計らって、「御来光を見るビューポイント」で日が昇るのを待つ。そのうち売店のおじさんも登って来られてぐるりの山の名前を教えて下さった。雲の海から日が昇る。白馬岳が染まる。

日の出1

朝日に染まる白馬岳

杓子岳や鑓ヶ岳の姿もくっきりと見える。雲海の向こうに富士山の姿も見えた。素晴らしい朝!

杓子・鑓

旭岳・剣岳

3日目の続き へ続く・・・
[ 投稿者:Y&Y at 20:15 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

白馬岳へ(8月22日~24日) 続き 1
今回のコース
1日目・・・白馬駅=(バス)=猿倉・・・白馬尻小屋(泊)
2日目・・・白馬尻小屋・・・大雪渓・・・葱平・・・白馬山荘・・・白馬岳(2932m)・・・(往復)
      ・・・白馬山荘(泊)
3日目・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・三国境・・・小蓮華山・・・白馬大池・・・栂池自然園
      ≪≪≪(ロープウエイ・ゴンドラリフト)≪≪≪栂池高原駅=(バス)=白馬駅


朝日を受けて 朝焼け
       4:49                          4:53

2日目(8月23日[木])
夜中過ぎ目が覚めてみると、昨夜の雷と激しい雨は嘘のように治まっていて、空には手を伸ばせば届きそうな高さに、降るほどの星が輝いていた。予報によると、今日の天気は「晴れ一時雨」。



・・・大雪渓を歩く時は落石に充分注意すること。歩幅は小さく・・・本で読んだり山の会の仲間からからも教えられていた同じ注意を、小屋で一緒になった方からもアドバイスして頂いて、一晩泊まってお話したり一緒に食事をしたりしたことから何となく一つのグループのようになって一緒に出発した。
雪渓のとりつき場所でアイゼンを装着し、いよいよ大雪渓を歩く。青い空、白い雲、左手には杓子岳の岩峰、素晴らしい眺め。なんて気持ちが良いのだろう。
8月も下旬に入り雪渓はかなり小さくなっていて、葱平の大分手前で終わっていた。アイゼンを外しお花畑へ上がる。シナノキンバイ?、ウルップソウ、ミソガワソウ、ミヤマトリカブト・・・次々と現れるお花にワクワクしながら登る。白馬尻小屋から白馬山荘までの標高差は1285m、下りはなくてひたすら上る。途中の水場の水は、キ〜ンと冷たくてとても美味しかった。なんとか5時間ほどの歩きで山荘に辿り着き、受付を済ませ荷物を置いて白馬岳山頂まで登ってみたが、曇って来て展望は無い。それでも、新田次郎の「強力伝」の題材になった展望盤を見たりして山荘へ戻った。
曇って来て、霧も流れてきたお蔭かな?ライチョウの番?親子?を見たり・・・、

雷鳥

雲の切れるのを待って、杓子岳や鑓ヶ岳の姿を楽しんだり・・・、

杓子岳・鑓ヶ岳

夕飯のあと、「夕日は旭岳へ落ちる・・・」と聞いて、また外へ出て日が沈むのを待ってみたり・・・、

夕陽を待つ 18:16

夕焼け 18:24

山の天気は変わりやすい。夜になって、また雷が鳴り雨になったけれど、山荘の売店の方の話では、明日は御来光も期待できそうだとか、楽しみにして就寝。

3日目へ続く・・・
[ 投稿者:Y&Y at 13:32 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年08月25日
白馬岳へ(8月22日~24日)
大雪渓とお花畑を歩く白馬岳(2932m)は、『いつか行ってみたいな』と憧れていた山。ちょっと頑張って登って来た。

今回のコース
1日目・・・白馬駅=(バス)=猿倉・・・白馬尻小屋(泊)
2日目・・・白馬尻小屋・・・大雪渓・・・葱平・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・白馬山荘(泊)
3日目・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・三国境・・・小蓮華山・・・白馬大池・・・栂池自然園
      ≪≪≪(ロープウエイ・ゴンドラリフト)≪≪≪栂池高原駅=(バス)=白馬駅

1日目(8月22日[水])
白馬駅からバスで猿倉へ。

猿倉荘到着

猿倉荘で「入山届」を出し、お天気のことなどをお聞きして登山口から歩き始める。

白馬登山口

白馬尻小屋までの道にも色々なお花が咲いていた。

1

4

2

3

1時間ちょっとの歩きで白馬尻小屋へ到着。
「おつかれさん!ようこそ大雪渓へ」の文字が迎えてくれる。

白馬尻小屋

白馬尻小屋1 白馬尻小屋前から

小屋の前からは雪渓も見える。明日の歩きが楽しみ・・・。

2日目へ続く・・・
[ 投稿者:Y&Y at 12:59 | 歩き | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年08月20日
ミルキーウエイライブに
0001880M

土曜日(8月18日)は西やん先生の「ミルキイライブ」の日だった。
私も又お手伝いで伴奏させて頂いたのだけれど、しっかり仕上がるまでにはならなくて、いつものごとく失敗も多い。聴いて下さっている方にも使って下さる先生にも申し訳なくて落ち込んだり反省もするけれど、それでもずうずうしいことに、やっぱり終わると「楽しかった〜!」って思ってしまう(*^。^*)
Aちゃんとのギターデュオ「まりと殿様」は、聞きに来てくれていたサークル仲間の方から「良かったよ」って言ってもらえて、思わず「可愛い曲でしょう!」って応えてしまった。同じくサークル仲間の精鋭の、キトーテさんのメンバーからも「まりと殿様、掛け合いがいいね!」と言ってもらえて嬉しかった。完成度はまだまだだけれど、実は楽譜を頂いて練習している時も、自分でも可愛い感じがして楽しくなる曲だったから。Aちゃんともお互いに「可愛い曲よね〜」って言いながら練習もしていたし。「コーヒールンバ」は私が受けもつ伴奏部分で、どうしてもリズムが不安定になるところがあって、ベースのS子さんに少し音量を上げてリズムを刻んで助けてもらったりしてしのいだり。こんな出来の悪い私に、よくも先生は弾かせて下さるものだな〜って思う。
自分の出番が終わった後は、Kさんの情趣たっぷりのウクレレソロを(曲は「エターナリー」と「魅惑のワルツ」)うっとりと聴いたり、キトーテさんのしっかりした演奏を楽しんだり、なんとか終わった。
[ 投稿者:Y&Y at 00:09 | 楽器・発表会 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2012年08月13日
湘南平へ


毎日暑い日が続くけれど、ちょっと歩いておきたくて湘南平へ行ってみた。
キンミズヒキが咲いて、ノカンゾウも咲いている。『ひょっとして・・・?』と期待していたキツネのカミソリも咲き始めてたヽ(^o^)丿

今日はお盆の入りの日。蝉の声も、ジージー、ミ〜ンミ〜ン、の声に混じって、カナカナやツクツクホーシなども聞こえる。
一瞬、アサギマダラ・・・?と思った蝶は、アカボシゴマダラの夏型だった。
キツネのカミソリが咲き始めているのが分かったから、帰りはケヤキの広場へ回ってみた。

湘南平は、散歩の感じの人がいたり、若い山ガールさんが来ていたり、お孫さんを連れて上る人がいたり、今日もそれなりの賑わいだった(*^。^*)
[ 投稿者:Y&Y at 20:52 | 湘南平 | コメント(2) | トラックバック(0) ]