掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2011年02月25日
鎌倉 浄妙寺へ
鎌倉ギャラリーの企画展「雛祭り展」を見て、楽しみにしていた「マンドリンの演奏」を聴いて・・・そのあと「セツブンソウ」を見たくて浄妙寺へ行った。

浄妙寺

咲いてた(*^。^*)

セツブンソウ1

セツブンソウ

椿、福寿草、馬酔木・・・

浄妙寺の花


久しぶりに「鎌倉ギャラリー企画展」へ出かけました。絵や縮緬細工、珍しいパソコン水彩画、素敵な作品です。『いつか聴かせて頂きたいな』と思ってたマンドリンの演奏も聴く事が出来ました。演奏曲目は「マズルカセレナーデ」「ヘイジュード」「魔女の宅急便」「黒い瞳」と「早春賦」(みんなで一緒に歌う)。どの曲もとても素晴らしい演奏。ここまで曲想をつけて弾きこまれているなんて本当にすごい!と思わせられました。私ももっともっと音楽を感じて演奏しなきゃイケナイなと反省しました。良い刺激を頂きました。

そうして、いつも変わらない笑顔で迎えてくださるK&Hさんを始め皆さんの温かさに嬉しい気持ちになりました。

2009年2月 鎌倉

[ 投稿者:Y&Y at 22:13 | 鎌倉 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2011年02月24日
2月のパプリカライブ
parurika3

今日は西やん先生の、2月の「パプリカライブ」の日でした。先月から構成が変わり、pgクラブの精鋭「ポップフレンド」さんの演奏が入るようになっています。
始まりはウクレレ演奏、続いてゲストの「ポップフレンド」さんの演奏。今回もすごく魅力的な演奏です。惹きこまれて聴きました。そのあとまた先生のマンドリン演奏(Aちゃんのギター伴奏とSさんのウクレレベースが入りました)。
私の出番は最初でしたので、終わった後はリンゴのケーキと紅茶を戴きながら演奏を楽しみました(*^。^*)

P7

次回3月もウクレレの伴奏をさせて頂く予定です。今までやったことのある曲から3曲、新しい曲が2曲。来週新しい楽譜を渡されるようです。一つ終わってホッとしては、また オタオタ ジタバタ ドキドキ・・・の繰り返しです。伴奏は、負担にならないようにと、とても易しく作って下さるのですが、それでも弾けなくて弾けなくて『どうしよう〜(@_@;)』と不安になります。『こんな調子で本当に間に合うのかしら?仕上がるのかしら?』と。
それでも何度も何度も弾いていくうちに少しずつ指が動くようになるのが不思議ですし楽しみでもあります。
とは言いつつ本番はまた別、あちこちとちってしまいます(ー_ー)!!
[ 投稿者:Y&Y at 20:42 | 楽器・発表会 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年02月12日
天城越えと河津桜


今日のコース
小田原駅===新天城トンネル・・・旧天城トンネル(踊り子歩道)・・・二階滝・・・二階滝駐車場===河津七滝観光センター(河津七滝散策)===河津(桜めぐり・吊るし雛)===小田原駅(歩く会 2月例会参加)

想定以上の積雪量だということなのでしょうか? チェーンをつけずに来てしまった車がトンネルのところで何台も立ち往生しているようで、バスが全く進まなくなりました。待っていても時間が遅くなるばかりです。予定しているスタート地点はすぐ先、バスを降りて皆で歩き始めることになりました。
トンネルから出てみると、ちょうどタイヤにチェーンを巻いているトラックや、屋根に雪をたくさん乗せたまま、道の脇に止まっている車もありました。道理で進まないはずです。
下見の時(1月15日)も、薄っすらと雪が残っていましたが、今日はもう本当にたっぷりの雪です。「川端康成文学碑」も雪をかぶっています。枝に積もった雪が時折ハラハラと落ちて来たりするのも面白く感じます。なだらかな勾配の歩きやすい道です。足元はそんなに怖くはありません。
2月の山行は、会の先輩方にお聞きしてみると“雪道に慣れる…”の意図もあるそうで、選んであるコースも歩きやすいコースです。
美しい雪景色にワクワクしながら歩きます。身に着けた色とりどりの上着・ザックカバー・傘、白い世界にカラフルな40名の行列が続きます。旧天城トンネルを抜け、二階滝を眺め、寒天橋を渡り、二階滝駐車場へ下ります。まるで私たちの到着を待っていたかのようにバスが入って来ましたが、運転手さんのお話によると、トンネルを抜けてここまで来るのは、やはり大変だったようです。
河津七滝へ着いた頃には大きな牡丹雪になりました。雪のため時間も押していましたので、お昼はバスの中でとり、河津七滝散策は、滑りやすいところは止めて最初に、カニ滝・初景滝へ行きました。初景滝から振り返って見る山は、まるで雪の花が咲いたようです。「きれいね〜」と声が出ました。そのあと、出合滝と大滝の落ち口を見てバスへ戻ります。
楽しみにしていた河津桜見物は、桜の開花はまだまだでした。見ごろに開いているのは「河津桜原木」と交流館の回りの若木。一番の銘木と言われる「かじやの桜」は少し開き始めていました。土手沿いを歩く気分にはなれなかったので、観光交流館内の吊るし雛などを眺めて時間を過ごし帰路へつきました。渋滞を予想して、サンドイッチと暖かいお茶とミカンが配られ、帰りのバスの中で頂きましたが、リーダーさんの適切な判断、運転手さんのコース取りの的確さ、会員の集合時間を守る律義さ(^_-)もあり、なんと、予定ピッタリの時間に小田原駅に帰り着きました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
所属している「歩く会」の2月例会は雪の中でのハイキングになりましけれど、それはそれで楽しいものです。
昨年の2月の山「三国山」は、ファンタジーの世界に紛れ込んだような美しい雪と氷の世界でした。
今回の「天城越え」も、これまた美しい雪景色の中の、心弾む歩きでしたヽ(^o^)丿

2010年2月13日 三国山

[ 投稿者:Y&Y at 13:37 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2011年02月11日
「さっぽろ雪まつり」「小樽雪あかりの路」へ 続き2
2月7日(月)「小樽雪あかりの路」へ


札幌駅から「快速エアポート」に乗って小樽へ向かう。ふと気づくと・・・海が見えた! 函館本線は、海のすぐ側を走ってた! 一旦「小樽築港駅」で電車を降り、「石原裕次郎記念館」を見学して「小樽駅」へ。

ヨットハーバー

石原裕次郎館

駅には、灯りのともった浮き球が置かれ、天井に近い窓には一面ランプ、「雪あかりの路」へようこそ・・・と迎えられる。

小樽駅構内うきだま ランプの飾られた駅構内

チェックインを済ませ荷物を置いて「雪あかりの路」散策へ出かける。雪がかなり激しくなってきたけれど、それもまた楽しい。温度計を見ると「-5.2℃」と出ていた。
そこからまた少し足を延ばしてガラスのお店を覗いたり、もう一度運河沿いの道を歩いて戻ったり、そのあとさらに「手宮線跡地」の「雪あかりの路」も通ったり(ここでは、熱々のジャガイモをごちそうになった)。

雪はますます激しくなって来る。明日はどんな天気になるのだろう・・・。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 10:18 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2011年02月10日
「さっぽろ雪まつり」「小樽雪あかりの路」へ 続き1
2月7日(月)夕べに続いて「雪まつり」会場へ


向こうから小ちっちゃな子どもたちがぞろぞろと歩いて来る。見ていると、何人かずつがまとまって雪像の前に並ぶ。それを写真に撮る男性。「カメラマンさんも可愛い子供たちには目がないんだな・・・」なんて思ったら、その方は園長先生のようだった。子どもたちの可愛い声が聞こえてくる。「ウルトラマン!」「バルタンセイジン!」『あ〜そうだ、そうそうバルタンセイジンって言うんだった!』なんて思い出したり、私たちもお互いを写真に撮ったり・・・。
今日は「さっぽろ雪まつり」の初日。さすがにどんどん人が増えて来る。小学生もたくさん集まって来た。背中のゼッケンには、それぞれの学校名が書いてあってグループごとに歩き回っている。中の一つのグループが近づいてきて「質問してもいいですか?」と聞いてきた。「どこから来たのですか?」とか「なにが一番良かったですか」とか・・・。「神奈川県だよ」って答えながら、その子が抱えているボードを見たら「ハワイ」って書いてあった!
雪が降ったり時折は青空も見えたりするお天気の中、夕べに引き続き、明るい場所での雪像をもう一度ゆっくり眺めて回り、一旦駅へ行き、お昼を済ませ、旧北海道庁舎へ。

北海道旧庁舎

北辰旗

正面玄関前にいらした「ボランティアガイド」の腕章をつけた女性と少し話をして、中も見学して(時計台にもついていた星形のマークは「北辰旗」と呼ばれるもの分かった)、激しくなった雪の中をまた駅へ戻り、次の目的地「小樽」へ。

[ 投稿者:Y&Y at 22:45 | お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年02月09日
「さっぽろ雪まつり」「小樽雪あかりの路」へ
2月6日(日)〜8日(火)
新聞に掲載されたツアー ≪自由気ままなフリープラン「さっぽろ雪まつり3日間」≫ の言葉に誘われて・・・
「寒いときに寒い所に行くのも良いかもね。「雪まつり」は初めてだし」と申し込んだけれど、雪にも寒さにも慣れない私たちは、「どんだけ寒いのかしら?どんな格好をしていけばよいのかしら?」と悩みながら・・・

青森辺りなのかな?何という山なんだろう?飛行機から、白い雪に覆われた山が見えた。湖も凍っているように見える。

飛行機の中から雪山を見る 湖も凍ってる

千歳空港から快速エアポートに乗り札幌駅へ。荷物をロッカーに預け、まずは「北大」へ。雪の林の中では、子供たちが楽しそうに遊んでた!

北大キャンパス内で遊ぶ子供たち

クラーク博士の像やポプラ並木など眺めながら歩き回る。

クラークさん銅像 北大ポプラ並木

いったん駅に戻って荷物を出し、続いて「時計台」へ行ってみた。

札幌時計台

そのまま、重い荷物を持って「雪まつり」会場の大通公園へ。「雪まつり」は翌日(7日)からなのだけれど、ライトアップもされていて、私たちもご同様なのだけれど、かなりな人出。雪像は、しっかり出来上がったものもあれば、まだまだ途中の状態のものもある。本格的な大雪像から愛らしい小さいものまで。中でも、フクロウやキタキツネなどが彫られた大きな雪像は素晴らしいと思った。

梟キタキツネ 

ライオンキング

天壇祈念殿夜景

1丁目から12丁目まで一通り見て回り、ホテルへ。明日また、明るい時にもう1度みることにして今日はここまでに・・・。
[ 投稿者:Y&Y at 23:59 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2011年02月02日
出かけると、つい・・・
大山へ行った日、参道脇のお店で見つけた「柿羊羹」。
山頂で食べたらすごく美味しかった。

大山柿羊羹

美味しかったから・・・と、帰りにまた「柿羊羹」を買った。
参道脇のお店には色々なものが置いてある。「海苔とネギ味噌のお煎餅」も買ってみた。これもいいお味だった。お蜜柑も1袋200円、ついつい買った。

大野山では、山の中の無人の販売スタンドに色々なものが置いてあって、綺麗な赤い色に惹かれて「かりんジャム」を買った。それと1袋100円だった蜜柑も。

販売スタンド

「かりんジャム」は、パンにつけたり、ヨーグルトに入れたり、紅茶に入れたりして楽しんでいる。

かりんジャム

「河津七滝」の時は、「とうがらし梅茶」。雪が舞うほどの寒さの日。これで作ったと言われる即席漬けと熱い緑茶を出されて、つい・・・。

河津の観光センターでは、1袋200円の蜜柑。美味しそうだし安いし・・・と嬉しくなって蜜柑も。
出かけると、つい色々(#^.^#)
[ 投稿者:Y&Y at 14:31 | その他 | コメント(10) | トラックバック(0) ]