掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2011年01月29日
大山(1252m)へ
夜になって夫が急に「明日、大山へ行こうか?」と言いだした。私はもちろん行きたいし嬉しい。でも一応、夫の予定が書きこんであるカレンダーを見ながら聞いた。「大山ね〜!いいよね〜! でも・・・明日の夜は集まりがあるんでしょう?明後日だって色々入ってるじゃない? いいの〜?」って・・・そうして決定!

大山なら家から近いです。朝、いつも通りの時間に起きて、お結びと残り物でお弁当を作り、いつも見ている朝の連ドラもしっかり見てから出かけました。お天気は、富士山は期待できそうにはないもののまずまず。ちょっとうきうきと出かけました。
駐車場には、かなりの車が止まっていて、思っていた以上の大勢の人です。体をほぐしている中高年のグループ、家族連れ、中学生かな?トレーニング場所としてここを上っている子供たちもいます。そんな人たちに混じって私たちも登りはじめます。
道の両側のミツマタの蕾が可愛いです。女坂からの「七不思議」を順に見ながら登ります。女坂といえども結構きつくて息が上がります。

みつまた959 女坂

途中でお会いしたご夫妻、ゆっくりゆっくりペースですがケーブルカーを使わずに歩かれていました。少しお話してみましたら、お2人とも80才代でした。私たちも、これからもずっと歩き続けたいものだと勇気づけられます。

大山不動尊へお参りして、

大山寺への階段

大山不動尊(大山寺)

阿夫利神社下社もお参りして、富士見台からの展望を楽しみ、ヤビツ峠分岐と歩き、

富士見台からの眺め

ヤビツ峠からの合流点

やっと山頂に着きました。ここでお昼にしましたが、山頂は、老若男女、本当に大勢の人でした。

大山山頂

奥ノ院

お昼休憩をして、帰りは見晴台〜二重の滝〜下社へのコースを下ります。「大山の肩」から大山を振り返って見ます。以前歩いた時にも目についた、鹿除けの金網をまかれたモミの木、順調に育っているようです。

大山の肩から大山を振り返る 鹿よけ
大山の肩から大山を振り返る      鹿よけ

見晴台から大山を振り返り、大山三峰を眺めて下社へのコースへ入ります。

見晴らし台から大山を振り返る 大山三峰
「見晴台」から大山を振り返る        大山三峰が見える

下社へ下りる途中、「二重の滝」を見て、下社からはまた女坂を下りました。

下社へ向かって下りる 二重の滝
下社への道を下る           二重の滝

ゆっくり出かけて日のあるうちに帰り着けます。近いっていうのはいいものです(*^。^*)


「大山女坂七不思議」スライドショー


2009年1月4日 大山へ

2006年9月23日 ヤビツ峠〜大山〜日向薬師

[ 投稿者:Y&Y at 11:23 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2011年01月27日
1月の「パプリカライブ」
プログラム

ライブ

今日は西やん先生の「パプリカライブ」の日でした。今月からライブの構成が少し変わり、
始まりは先生の「マンドリン演奏」(ギターとウクレレベースの伴奏)、
続いてpgクラブの精鋭「ポップフレンド」さんの「ギターカルテット」、
そのあとまた先生の「ウクレレ演奏」(ギターとウクレレベースの伴奏)、
と言った構成になりました。
ゲストの「ポップフレンド」さんの演奏は素晴らしく素敵で、うっとり聞き惚れました。
私は、今日また久しぶりに伴奏させて頂きましたが、本当に間違いが多くて恥ずかしい限りです。お客様や先生にも申し訳ない気持ちです。
でも、終わった後は高揚感もありますし、ホッともしますし、ケーキセットを先生や皆さんと一緒に頂いて、そんな事もなんだか嬉しいのです。

次回2月の「パプリカライブ」は、マンドリンの伴奏はAちゃん、私はウクレレの伴奏担当のようです。まだ楽譜は頂いていません。今度はどんな曲になるのかな〜?
[ 投稿者:Y&Y at 22:25 | 楽器・発表会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月24日
1月「ビレッジ音楽会」に参加して ♪
教室発表会

昨日は、通っている「ビレッジ教室」恒例の、2ヶ月に1度の教室発表会だった。私は、カルカッシの教則本の中の、ト長調の「ワルツ」と「ギャロップ」を弾いた。あっという間に終わるほどの、ごくごく短い練習曲なのに、案の定と言うか、やっぱりというか、例によってあちこち間違えてしまった(-_-;)
パーフェクトで演奏を終える方も勿論いらっしゃる。お話を伺ってみると、暗譜されての演奏だった。そうして演奏前もすごく集中していらしたようだ。練習と集中、スゴイ!

音楽会が終わった後の打ち上げ会場での先生の言葉、「パーフェクトで弾けた!と言うことは、とても良い経験になりますよ。本当に素晴らしい!」・・・はすごく素直に心に入った。
昨日の朝のTV番組  課外授業「ようこそ先輩」 のなかで、スピードスケートの清水宏保さんが「1位になっている自分を繰り返し脳にイメージさせる」ことの大切さを伝えていた部分と重なった。
私は泥縄タイプで練習量が足りないこともあり、いつも不安で心が弱い。間違えないで弾けてしまうと、途中で「あれっ?なんだか上手くいきすぎじゃないの?」っていう気持ちが弾いている最中にも頭をよぎる。

不安になるのは、練習が足りないことが一番大きいと思うし、次の「ビレッジ音楽会」には、いつもの泥縄でなく、もうちょっと一生懸命練習しよう・・・・
と言いつつ『そんなこと私に出来るのかな〜』って早くも脳がふらふらしてる(@_@;)

西やん先生は練習の時「この曲はどんなイメージで弾いていますか?どんな情景でしょうね〜?」などと聞かれる。楽譜から曲のイメージを感じ取ることや、気持ちを込めて弾くことの大切さなどを教えて下さる。

今回、教室発表会の前日になって「そうだ、icフォンに録って聴いてみよう・・・私の演奏、どんな風なんだろう・・・」と思って録ってみたら、気持ちと実際に出している音はすごく違ってた。その時になって、やっと本気で意識して弾いてみたりしたけれど、結果はやっぱりボロボロ(ー_ー)!!
[ 投稿者:Y&Y at 20:37 | 楽器・発表会 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年01月15日
河津七滝散策へ
今日のコース
藤沢駅===水生地駐車場・・・旧天城街道・・・旧天城トンネル・・・二階滝・・・二階滝駐車場(昼食)===水垂・・・釜滝・・・エビ滝・・・蛇滝・・・初景滝・・・カニ滝・・・出合滝・・・大滝・・・大滝入口===平塚駅(歩く会 下見参加)

所属している歩く会の2月例会は「天城越えと河津桜」。今回はその下見の歩き。藤沢駅で待ち合わせ、車に乗せてもらって伊豆へ向かう。
水生地そばで一旦車を降りて「旧天城街道」に入る。昔は細い山道だったそうだけれど、今は車も通れる整備された道になっていた。歩き始めてすぐのところに「川端康成文学碑」がある。ヒメシャラの艶のある茶色が目につく。

川端康成文学碑 川端康成文学碑

ヒメシャラ ヒメシャラの茶色い木肌

「旧天城トンネル」をくぐり、二階滝を見て、

旧天城トンネル 二階滝 旧天城トンネル                            二階滝

約1時間半のノンビリ歩きで「二階滝駐車場」へ到着。

二階滝駐車場 二階滝駐車場

ここでお昼にしたのだけれど、ちょうどこの頃から雪がちらつき始め、寒くて寒くて食べ終わったら早々に車に乗り込んで、続く散策地「河津七滝」へ向かった。

水生地からは以前から一度歩いてみたかった「河津七滝」を順に巡って歩いた。

釜滝 エビ滝 釜滝                   エビ滝

蛇滝 蛇滝

初景滝 初景滝

カニ滝 カニ滝

出合滝 大滝 出合滝                                   大滝

柱状節理と呼ばれる岩は、断面がが見えていたり、歪んでいたり、水に洗われて丸っこくなっていたり・・・とても面白く感じた。七つの滝を全部巡って約1時間の散策。寒い日だったけれど、ここは大勢の人が歩いていた。お土産屋さんを覗くのも楽しかった。

大滝からはまた車で河津まで。
今は駐車場もガラガラだけれど、本番の歩きの日は「河津桜祭り」期間中にあたる。車は止められるかしら?すごい渋滞にはまるんじゃないかしら?どうなりますことやら・・・?
そうそう、気の早い河津桜の木もあって、もう咲いているのももあった!
[ 投稿者:Y&Y at 17:57 | 歩き | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月08日
湘南平・高麗山から平塚宿を歩く


(歩く会 新年例会参加)
[ 投稿者:Y&Y at 21:56 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2011年01月05日
吾妻山公園へ
「吾妻山公園の菜の花が見ごろ・・・」と新聞に載ったりテレビで取り上げたりしてる。お天気も良く暖かい。「今日なら富士山もきっときれいに見えるよね〜!」と出かけた。

菜の花と富士山 菜の花と富士山

菜の花と海 菜の花と海

山頂の大きな木 山頂の大きな木

水仙 水仙の花の道

しばらくゆっくりしたあとは、大磯の城山公園にも寄って、富士山を見て海を見て・・・
大野山では富士山がしっかりとは見えなかったけれど、今回はとてもきれいに見えた!(^^)!
[ 投稿者:Y&Y at 23:58 | 二宮・吾妻山 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年01月03日
大野山(723.1m)へ
大野山標識

今年の初歩きは、近場で気軽に登れて上手く行けば富士山も見られる「大野山」にした。歩き始めは、御殿場線「山北駅」から。
道沿いに並ぶ石仏を見ると「安政・・・」とある。かなり古いもののようだ。

馬頭観音

日当たりのよい斜面ではスミレも咲いていた。

スミレ咲く斜面

集落の間の急な坂道を上って共和小学校に到着。小学校前の通りからは、「富士見通り」の名前が示すように、正面に見事な富士山が見えるはずなのだけれど・・・。

富士見通りから(共和小学校前)

ふかふかの気持ちの良い落ち葉の道、木々の間から見える大野山。

ふかふか落ち葉の道 大野山へ向かって登る

牧場のそばの階段をどんどんどんどん上って行くと、

牧場そばの道から

双眼鏡を手にしたグループ(野鳥の会の方々かな?)が大勢で一斉に同じ方向を見ていらした。毎年この時期に大野山へ来られるのだそうだ。お目当ての鳥の名前は・・・?あれっ?教えてもらったのに忘れてしまった(ー_ー)!! 他にも、ハギコマシと呼ばれるスズメよりちょっと大きい鳥(羽根にピンク色が入ってる)を教えてもらった。見ていると、上空を群れをなして飛んで行った!

ハギコマシの大きい群れ ハギコマシの群れ

雪が残っている山頂でお昼を食べて

大野山山頂広場 大野山山頂広場

少々寒い中を丹沢湖を見下ろしたり富士山を見たりして

大野山山頂から富士山

大野山山頂から丹沢湖

帰りは谷峨駅へ向かって下りた。

谷峨へ向かって下る1

谷峨へ向かって下る2

富士山は余り見えなかったけれど、持参のラジオで「箱根駅伝」の復路中継を聞きながらのんびり歩けて、それも楽しく感じた。今年も、元気にたくさん歩けますように(*^。^*)

2005年10月23日 大野山へ

[ 投稿者:Y&Y at 21:34 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2011年01月01日
「初日の出」を見に平塚海岸へ
今年も、平塚海岸に初日の出を見に行った。夫はジョギング、私たちは自転車で。
朝のこの時間は、さすがに寒い。それでも、海岸にはいつものように大勢の人が今年初めての日の出を今か今かと待っていた。

初日の出を待つ人々

お天気も良くて風も大して感じないのに、時折、高い波が起きて足元すぐ近くまで波が寄せて来て、慌てて後ずさりしたり・・・。
日の出前には、なんとなく青く見えていた富士山が、日の光を受けてうっすらピンクに染まるようすを眺めたり・・・。
どうぞ良い年になりますよう!

もうすぐ 波が荒い

初日の出

初日の出1

[ 投稿者:Y&Y at 12:24 | 地域 | コメント(12) | トラックバック(0) ]