掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年08月29日
金時山(1213m)へ 8月28日(土)


今日のコース
小田原駅===仙石バス停・・・金時山ハイキングコース入口・・・金時山登山口・・・矢倉沢峠・・・金時神社分岐・・・金時山・・・金時神社分岐・・・金時神社・・・仙石バス停===小田原駅

金時山登山口へ向かう道の途中、賑やかな鳥のさえずりが聞こえた。「ニーハオ、ニーハオ」と聞こえるのが「ガビチョウ」。もうひとつの声は「ソウシチョウ」と教えてもらった。ガビチョウは姿も見ることが出来た。ともに特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている鳥なのだとか。
朝から本当に暑い。大汗をかきながら登る。登山道には、赤いミズヒキ、キンミズヒキ、ツルボ、ツルリンドウなどが咲いている。ほどなく「矢倉沢峠」に到着。
ここで一休憩。ここから尾根道を登る。オミナエシが咲いていた。フジアザミはまだ固い蕾。展望も楽しめる。山頂近くになると益々急な道になり、暑くて息も上がる。ふうふう言いながらやっと頂上に到着した。
朝、電車の中でわずかに見えていた富士山は、山頂ではすっかり雲の中。歩いている時から大きい音が響いていたが、28・29日と自衛隊の演習訓練があるのだとか。大きな音がしたあとにもうもうと立ち上る砂煙!この2日間の演習で、何億というお金が消えるのだそうだ。
時間も早いので、山頂でゆっくりとお昼休憩をする。
トンボがたくさん飛んでいる。大きいのはオニヤンマかな?一緒に行った仲間が「この指に止まるかしら?」と指を出したり・・・。
蝶もたくさん飛んでいた。アゲハもアサギマダラもいた。
帰りは金時神社へ向かって下りた。

夏休み最後の土曜日、家族連れ、若い人のグループ、金時山は大勢の登山客で賑わっていた。

所属している歩く会の9月例会は「金時山クリーンハイク」。今日はその下見の日。
当日は「乙女峠」コースと「矢倉沢峠」コースの2グループに分かれて登山道のゴミを拾いながら歩きます。
2008.7 金時山(クリーンハイク)
[ 投稿者:Y&Y at 18:30 | 歩き | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年08月27日
さつま芋の花
さつま芋の花1 さつま芋の花

朝、総合公園に歩きに行っての帰り道、見慣れているはずの「さつま芋畑」がちょっと違う・・・?「あれ? さつま芋って花が咲くんだっけ・・・?!」

追記  9月27日(月)
夜のニュースを見ていたら「さつま芋の花」のことに触れていた。
さつま芋は、普通は花はつかないのだけれど、芋が十分出来ない時、花を咲かして種を残そうとするのだとか・・・今年の猛暑は、さつま芋にも脅威だったのだ!と納得した。
[ 投稿者:Y&Y at 14:00 | 花・樹 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年08月26日
西やん先生の「ウクレレ&マンドリンのソロライブ」に
パプリカミニライブ2

今日は西やん先生の「ウクレレとマンドリンのソロライブ」の日でした。
声をかけていただいて伴奏のお手伝いをするようになって今回で4回目になりますが、相変わらずしっかり仕上がらないまま当日が来てしまいます。
「暑い日だから、きっとお客様は少ないですよ。涼しいところで練習させて頂けると思って行きましょう・・・」と言うことだったのだけれど、有難いことに(私にとっては恐ろしいことに)結構なお客様がいらしてた。
曲は、定番の「峠の我が家」から始まります。続いて「北の国」から3曲 “大地” “純” “五郎” のテーマ。五郎のテーマはとても綺麗な曲で、うっとりして聴きました。
次は、ウクレレベースが入って「テイクジAトレイン」。
マンドリンに持ちかえられて「ゴッドファーザー・愛のテーマ」「オオソレミオ」「ダークアイズ」。(ギター伴奏)
私は、しょっぱなから間違ってしまい仕切りなおし。そのあとも、いつものように(@_@;)
ちょこちょこっと間違ったりしました。ため息が出てしまいます。
またウクレレに持ち替えられて、それにベースが入って「ジョージアオンマイマインド」。
そのあとは、先生のウクレレにBsとGが伴奏に入って3人で「プア・オ・ハワイ」「ビューティフルカウアイ」「マリヒニメレ」、最後は「アロハオエ」で終了。

いつものことですが、中々上手くはいかないものです。
お客様にも先生にも申し訳ないことです(ーー;)
ライブが終わって先生の知人のベーシストさんからアドバイスを頂きました。「演奏の前に深呼吸するといいですよ!歌の人でも緊張して息が続かなくなるんだそうです」って。
「演奏の前に深呼吸する!」覚えておかなきゃ(^_-)-☆

前回は♪♪♪


[ 投稿者:Y&Y at 20:59 | 楽器・発表会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年08月25日
乗鞍へ(8月21日[土]~22日[日])2日目 続き
8月22日(日) 今日のコース
休暇村=(シャトルバス)=肩の小屋口・・・大雪渓・・・肩の小屋(剣ヶ峰口)
剣ヶ峰口・・・蚕玉岳・・・剣ヶ峰(3026m)・・(同じ道を戻る)・・肩の小屋・・・富士見岳口・・・鶴ヶ池・・・乗鞍バスターミナル===休暇村===松本駅

お天気も良く夏休みも終わりに近い週末とあって本当に人が多い。
剣ヶ峰口から登り始め、途中で振り返って見た。

登山道から振り返る 登山道から振り返る

青い水を湛えた「権現池」が見えて来た。綺麗な水の色!

権現池 権現池

「蚕玉岳」を過ぎ、乗鞍岳の主峰「剣が峰」へと向かう。あんなに晴れていた空が少し曇ってきて霧が湧いて来る。「どうぞ、山頂に着くまでは何とか霧に覆われませんように・・・」と願いながら歩く。

蚕玉岳〜剣ヶ峰へ 蚕玉岳〜剣ヶ峰へ

あと一息 あと一息

ごろごろとした岩の道を登ると山頂に到着した!展望を少し楽しんで、乗鞍本宮にお参りし記念写真を撮って下山。

山頂 乗鞍本宮

参加者11名、1歳の子どもは「肩の小屋」まではお母さん、「剣ヶ峰口」からはお父さんに負ぶわれて無事登頂。小学1年生の男の子から70代まで全員が登った。バンザ〜イ!

肩の小屋で小休止して、帰りは「乗鞍バスターミナル」へ戻る。沢山のお花を見たり、山を見上げたり、雪が湖の縁に丸くかかって残っている「不消ヶ池(氷食湖)」を見たり、鶴ヶ池へも回ってゆっくりと楽しんだ。

不消ヶ池(氷食湖) 不消ヶ池(氷食湖)

乗鞍バスターミナルが見える 乗鞍バスターミナル

鶴ヶ池が見える 鶴ヶ池

バスターミナルのところには郵便局があってそこから手紙が出せるとと姪に教えられ、昨夜、宿で書いたハガキをポストに入れた。一緒に行きたかった息子夫婦に宛てて書いたハガキ(^_-)-☆

乗鞍本宮遥拝所と郵便局

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 17:17 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

乗鞍へ(8月21日[土]~22日[日])2日目
8月22日(日) 今日のコース
休暇村=(シャトルバス)=肩の小屋口・・・大雪渓・・・肩の小屋(剣ヶ峰口)
・・・蚕玉岳・・・剣ヶ峰(3026m)・・(同じ道を戻る)・・肩の小屋・・・富士見岳口・・・鶴ヶ池・・・乗鞍バスターミナル=(シャトルバス)=休暇村===松本駅

翌日は抜けるような青空になった。休暇村から8時5分のシャトルバスに乗って出発。「肩の小屋口」で降り、皆で準備体操をして歩き始める。山の姿も大雪渓もクッキリと見えて嬉しくなる。

肩の小屋口バス停

登っていく途中、ホシガラスが飛んでいるのを見たり、前回気がつかなかった「カラマツソウ」を見つけて嬉しくなったり、クジャクチョウが黄色いウサギギクに止まっているのを遠めに見たり・・・。

カラマツソウ

丘の上に見える丸い白い建物は、国立天文台乗鞍コロナ観測所だそうだ。

コロナ観測所

1週間前は、雨と霧で辺りの景色がどうなっているのかまるで見えなかった。大雪渓の道を下りて行く時、霧の中から呼びかけるような声がして、「どうしたんだろう?熊でもいるのかしら?」とちょっと不安になったりしたのだけれど、それは夏スキーをしている人たちの声だったようだ。大勢の人が滑っていた。

大雪渓で夏スキー

肩の小屋到着。ここで一休憩して、3026mの剣ヶ峰ヘと向かう(^^♪

肩の小屋到着

剣ヶ峰口

[ 投稿者:Y&Y at 14:20 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月24日
乗鞍へ(8月21日[土]~22日[日])1日目
恒例になった夏のお楽しみ、“大きい家族でのハイキング”。今年は乗鞍へ行った。
1歳児から70代まで総勢11名。松本駅で落ち合って乗鞍高原を目指して走り始める。
途中「一の瀬園地」でお昼休憩。

一の瀬園地でお昼

アカバナゲンノショウコ

一の瀬園地水辺

続いて「三本滝」へ。ここで、今年初めてアサギマダラに遭遇!

三本滝でアサギマダラ

時間も遅くなったので「善五郎の滝」は展望台まで。
滝の水を透かして木々?の緑が見えた。滝の上に見える乗鞍岳。

善五郎の滝 乗鞍岳

夜、宿の露天風呂から見上げた空には月も星も見えた!
明日は、スッキリと晴れた良いお天気になりますよう・・・(*^。^*)
[ 投稿者:Y&Y at 13:51 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年08月20日
夜には月下美人
月下美人時間の流れで
 
「今夜あたり咲くかな〜?」と思って気にしてた・・・
白い部分が見えてきた・・・15:25
開いて来た・・・19:47
かなり開いて香りも出てきた・・・20:42
しっかり開いた(*^。^*)・・・21:43 

去年は 2009.7.27に
[ 投稿者:Y&Y at 22:23 | 花・樹 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

あさがお
     朝 顔 の 姉 妹 (*^。^*)
朝顔
[ 投稿者:Y&Y at 14:27 | 花・樹 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年08月16日
乗鞍高原へ(8月13日[金])~14日[土]) 続き
乗鞍高原2日目 8月14日(土)


夜のうちから降り出した雨は、朝になっても止まず空も暗いまま。朝食を済ませ頼んでおいたお弁当をもらい8時のバスに乗るために「バスセンター」へ向かう。
シャトルバスの発着場では「上は大荒れみたいです」とのことだったが、雨具を着込みザックカバーを着け、しっかり身支度をしてバスに乗り込んだ。
上に行くにしたがって、道路上を雨水が物凄い速さで流れて落ちて行くのが見えて恐ろしい気持ちになる。もの凄い量と勢いだ。
「今日はとても山へは登れないよね、私たちには危ないし。でもお花畑くらいは歩きたいね。」と話しながら終点の「畳平」まで行く。
バスを降りたものの、視界も悪く風も強くて「どうしたものか?」と迷ったが、何組かの人たちが「とにかく肩の小屋まで行って、その先は様子次第で・・・」と言って歩き出されるのに力を得て、私たちも続いてお花畑へ下りた。
シナノキンバイ、ハクサンイチゲ、コバイケイソウ、ヨツバシオガマ・・・色々な花が咲いていて、すぐに嬉しくなる。
途中、肩の小屋口から大雪渓コースで登って来たと言われる方と出会い、お話してみると、「富士見岳」への上り口にチシマギキョウがあること、大雪渓のところにはエゾシオガマやミヤマキンバイがあることなどを教えて頂いて、またぐっと楽しみな気持が湧いて来た。
「肩の小屋」でコーヒーを飲んで一休みしていると、「熊の目撃情報があったようです。これから先、山頂へは行かないで下さい。下りは「畳平」へでも「肩の小屋口」へでもどちらでも結構ですが・・・」とのことで、私たちはお花を見たくて大雪渓コースを下りた。途中、嬉しいことに初めて雷鳥の親子にも遭遇したり・・・。
「剣ヶ峰」には登れなかったけれど、短い歩きで沢山のお花を見ることが出来て、それはそれで・・・こんな日もいいな!

[ 投稿者:Y&Y at 23:25 | 歩き | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2010年08月15日
乗鞍高原へ(8月13日[金])~14日[土])
1日目(金)
乗鞍高原休暇村から牛留池散策コースを歩き、続いて三本滝と善五郎の滝へ



明日はシャトルバスで畳平まで行き、お花を見て剣ヶ峰へ登る予定なのだけれど、お天気が少々心配・・・。


[ 投稿者:Y&Y at 21:40 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]