掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年02月27日
鎌倉へ(鶴岡八幡宮~海蔵寺~亀ヶ谷坂切り通し)
久しぶりに鎌倉へ行きました。まずはお目当ての「雛祭り展」を楽しんで、後はブラブラと。

鶴岡八幡宮の舞殿では結婚式の最中でした。神主さんは階段の上の神殿に向かって祝詞をあげられているようです。かなりな距離がありますが神様にはちゃんと届くのでしょうね(^_-)-☆ 私たちは階段を上ってお参りしました。

鶴岡八幡宮 鶴岡八幡宮河津桜

そのあと「ぼたん園」を見て回りました。サンシュユ?が咲きはじめ、沈丁花も開きかけて良い香りがしています。

鶴岡八幡宮ぼたん庭園から源平池

ぼたん庭園椿

ぼたん庭園傘 ぼたん庭園藁囲い

曇ってはいるものの雨は落ちてはいません。
北鎌倉駅まで歩くことにして、海蔵寺へ行ってみました。忘れっぽい私です、でも、たぶん、海蔵寺は初めて行ったと思います。

海蔵寺

奥の十六井戸も見て来ました。

十六井戸

そこから「亀ヶ谷坂(かめがやつざか)切り通し」を通り抜けます。上って下って北鎌倉駅まで歩きました。

亀ヶ谷坂切り通し

楽しみにしていた展覧会でした。素敵な作品、温かいおもてなし、思い掛けない出会い、嬉しい日でした。
[ 投稿者:Y&Y at 23:23 | 鎌倉 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2010年02月21日
フルートとギターのデュオ・リサイタルへ
山形由美・荘村清志デュオコンサート

フルートの山形由美さんとギターの荘村清志さんのデュオ・リサイタルへ行った。
コンサートは2部構成になっていて、
第1部は ≪名曲の調べ≫ 第2部は ≪ラテン音楽の楽しみ≫

音楽に詳しくないので、フルートとギターと言う組み合わせが何だか不思議な気もしていたが、タンゴも始まりの頃はフルートとギターでの演奏だったのだとか。知っている曲もいくつもあって、お二人のデュオを楽しく聞いた。

実は、開演前に荘村さんのギターのCDを1枚だけ買った。
演奏会終了後、購入したCDにサインをして頂けると言うので私も行列の後ろに並んだが、こういうことをするのは初めてだったので、ちょっとビックリしたけれど、サインを書かれた後、荘村さんの手がさっと出て来て握手をしてくださった! そうか・・・そういうものなんだ(*^。^*)

家に帰ってCDを聴いて雰囲気に浸ったり、1部の中の「シシリアーノ」が気になったので、You Tubeで探して聴いたり・・・。

もっと上手にギターを弾けるようになりたいな・・・。
[ 投稿者:Y&Y at 00:09 | 楽器・発表会 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年02月13日
三国山(1330.2m)へ
三国山は、神奈川県・静岡県・山梨県の県境に位置した山で、山中湖を見下ろしたり富士山も見える・・・と楽しみにしていた山

今日のコース
篭坂峠〜アザミ平〜大洞山〜ズナ坂峠〜三国山〜三国峠〜バス待ち場所まで車道歩き(歩く会2月例会に参加)

朝から雨が少し降っていてとても寒い。集合場所の本厚木駅へ向かいつつも、「バス仕立ての山行だから中止はないけれど、山へ登るのは無理なのだろうな〜?そうしたら、どんなところを回るのかしら・・・?」と素人の私は思っていた。
ところが集合場所へ着いて聞いてみると、リーダーさん達は当たり前ように「雨なら中止だけれど雪だから大丈夫!」とのことで、当然のごとく実施だった。バスの中から雪景色が見え始めると何だかわくわくして来た。
篭坂峠でバスを降り公園墓地へと上がって行く。積雪量は10cmくらいあったかしら?もっとあったかな?広場へ着いてみると、30人くらいのパーティーが準備体操中で「お先に」と出発していった。私たちも準備体操をして歩き始める。

さあ出発

粉雪は絶え間なくちらつくけれど風はない。道の両脇の木々は雪をかぶり、細い枝も幹も氷でぐるりと覆われていて、重みで道に覆いかぶさるように倒れこんでいる。「すご〜い!こんな風になるんだ〜!」延々と続く氷の木々のトンネルは、クリスマスの時の電飾の飾りのようにも感じられる。よく見ると、赤い新芽もオレンジ色の新芽も、赤い実も茶褐色の実も、ドライフラワー状態の紫陽花も、み〜んな氷の中に閉じ込められて、可愛い飾り物みたいだ。滅多に見られない素敵な景色!「でも・・・こんなに氷に覆われてしまって大丈夫なのかしら?」とちょっと心配にもなったり。

閉じ込められた木の芽

アザミ平からは、これから登る大洞山が一瞬うっすらと姿を現してくれた。

大洞山が見える

アザミ平標識

あざみ平で

雪道に腰を下ろしたり、立ったままの人もいたり、ここで昼食。
気温は零下3度。食事し終わった頃にはすっかり手もかじかんでしまった。冷える冷える。食事が済んだら早々に出発。また雪道を歩く。
バスの中で、今日の山行のリーダーさんが、雪道歩きのお楽しみのヒントにと、動物の足跡の講義をして下さったが、兎さんの足跡は見つかった!
今日の雪は、サラサラのパウダースノウ。積もった新しい雪の下は凍っているけれど、歩きやすい道だった。途中、傾斜の急な下りは危ないと言うことでアイゼンを装着。三国山へ向けてまた歩く。

アイゼン装着

三国山へ向けてクマザサの道1

気温は朝からずっと氷点下のまま。会の旗は、洗濯物が凍ったみたいなカチンカチン状態。クマザサに貼りついた氷を手でそっと剥がしてみると、船形みたいな?ボートみたいな?カーブがあって、なんだかヤリイカの甲羅みたいで可笑しくなったり、垂れ下がった長い氷をポキッと折ったり・・・。
暫らく歩いて三国山山頂へ到着した。

三国山山頂

雪道歩きで時間が予定よりかかったこともあり、三国山から寄る筈だった「鉄砲木の頭〜パノラマ台」へは行かず、バスが待っているところまで車道を歩いて下りて行った。

三国峠から車道を下りる

途中、駐車場から山中湖が一瞬見えたり、最後に、帰りのバスの中からシルエットの富士山も見えたり、そうして何にもまして久しぶりの雪山歩き、滅多にできない素敵な経験、素晴らしい景色、本当に楽しい1日だった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日、山では二組のグループと出会いましたが、
途中で追い越して行かれた男性2人組は「私たちは今日は大洞山までです」と戻って来られて、ご挨拶して分かれ、
先に出発して行かれた30人くらいのパーティは「大洞山から先は足跡が全く無くて引き返します」と戻って来られて別れました。
「このまま進んで大丈夫かしら・・・?」と思いましたけれど、つい先日下見をしたばかりのリーダーさん始め今回の役員さん達は、しっかりと目印を確かめて先導して下さり、間あいだに入って下さり、しんがりを固めて下さって、参加している私たちも皆の目で確かめながら、埋もれた標識は雪をかいて見えるようにしたりして歩きました。
今回のような雪山の引率は本当に大変だったことと思います。お陰さまで無事に歩けましたし、本当に楽しく歩きました。感謝の1日でした!
[ 投稿者:Y&Y at 17:57 | 歩き | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2010年02月09日
第9回 アコースティック ジョイントコンサートに参加
平塚美術館 美術館

2月7日(日)、「ウクレレポロロン」さんと「ポップギタークラブ」合同の発表会が、市の美術館ホールでありました。今回はウクレレとギター、他にマンドリンとオカリナのグループの賛助出演という構成です。

美術館コンサート会場 コンサート会場入口

調弦 調弦中

ジョイントコンサートは、昨年の4月以来の10ヶ月ぶりでしたから、練習期間はタップリあった筈なのですが、「これで安心!」と言えるほどには仕上がらないものです。本番は、やっぱりあちこち間違ってしまいました。

今回、リハーサルの時に先生が言われた「守りの演奏でなく、たとえ間違ってもいいですから、攻めの演奏をしましょう! お客様に心を込めてお届けしよう! の気持ちで弾くほうが、ずっと伝わるものが大きいはずです」の言葉は身にしみました。
間違いを怖れて小さく縮こまった演奏になってしまっては、何の感動もない演奏になってしまうのだな〜と気づかされました。

発表会後は、例によって即座に新しい楽譜が配られます。ビートルズの「レディマドンナ」。またまたリズムが難しそう・・・先生のお好きなリズム?

会場の片付後、ギターをもって一度家に帰り、そのあと「反省会を兼ねた食事会」に参加し、食事会の後のカラオケにも行ってしまいました。
朝から夜遅くまで、なんとまあハイテンションな1日だったこと!(^_-)-☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日のことです。演奏を聴きに来て下さったご近所の方が、「良かったわよ〜」と言っては下さいましたが・・・相変わらずミスの多い演奏でしたから、1にも2にも練習練習!

→2009年4月 「アコースティックジョイントコンサート」

[ 投稿者:Y&Y at 18:00 | 楽器・発表会 | コメント(7) | トラックバック(0) ]

2010年02月02日
河津桜原木(伊豆・登り尾山 続きの続き)
河津桜 河津桜原木1
河津桜原木(1月30日 12:20) 

053079
1月30日、修善寺梅林で梅を見たあと、またちょっと足を伸ばして
河津川沿いの桜並木の様子を見に行ってみたけれど、
土手は寒いのかな? ここは、まだまだお花見には早すぎた。
053079
[ 投稿者:Y&Y at 12:27 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]