掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2010年01月30日
修善寺梅林へ(伊豆・登り尾山 続き)
修善寺梅林

「登り尾山」へ登った翌日、「修善寺梅林」へ寄ってみた。白梅はちょと早めだけれど、紅梅は満開。梅林の中に入るとほんのりと梅の香りが漂っていて嬉しくなる。空は青く陽射しは暖かく梅もほどほどに咲いていて・・・なんていい日かしら!

梅の花と富士山 修善寺梅林1

梅の花越しの富士山を眺めたり、梅林内の句碑を読んだり、ぶらぶらブラブラと歩き回る。梅まつりは2月1日からだそうだけれど、土曜日とあってか時間が経つにつれて同類のお客様が増えてきた。

梅林内の茶室「双皎山荘(そうこうさんそう)」

茶室

お抹茶とお汁粉

説明板によると、この山荘には多くの文人墨客が滞在し多数の美術作品や文学作品を残した・・・とある。茶室を開ける準備をしていた男性が、「歌舞伎役者の海老蔵さん、画家の安田靭彦さん、横山大観さんなども良くみえて、ここで富士山の絵を描かれたのですよ・・・」などと話してくださった。ふと見ると、茶室内の窓からは、額縁にピッタリと収まるような形で富士山が見える!お抹茶とお汁粉を注文してゆっくりさせて頂いた。

竹林

シイタケ栽培
[ 投稿者:Y&Y at 20:59 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月29日
伊豆・登り尾(1056m)へ
今日のコース
二階滝P(にかいだるパーキング)・・・二階滝・・・寒天橋(かんてんばし)ゲート・・・登り尾(のぼりお)入口・・・新山(にいやま)峠・・・登り尾山頂・・・登り尾バス停・・・鍋失(なべうしない)バス停・・・二階滝P===宿

国道414号線の「天城トンネル」を抜けて暫く行くと、「二階滝駐車場」に着いた。車を止めてここから旧道(踊子歩道)へ上がる。

二階滝P

二階滝Pから旧道へ上がる

暫らく進むと天城名瀑の一つ、二階滝が見えて来た。二階滝は、八丁池に源を発し下流に河津七滝(かわづななだる)をもつ河津川の第一番目の滝だそうだ。

二階滝

また暫らくのあいだ踊子歩道を進み、寒天橋からは八丁池(はっちょういけ)へのバス専用道路のゲートをくぐり、右手に沢を見ながら舗装道路を上って行く。

ゲートから寒天林道へ

手入れの行き届いたスッキリと揃った杉や檜が清々しい。

杉と檜の林

右手に山が見える・・・あれが目指す「登り尾山」なのかな〜?

登り尾山稜線

登り尾入口の指導標から新山峠へと向かい、新山峠から登り尾山へと上る。

登り尾へ

新山峠

上って行って、登り尾山山頂へ到着。暖かく気持の良い日、ここでお昼休憩。

登って行く 登り尾山頂

のんびりお昼休憩をして、帰りは「登り尾バス停」へ向かう。
ところが下り始めてほんの暫らくで、木に付けられているはずの目印を見失ってしまった。
適当に見当をつけて進んでみるものの一向に印のついた木が見つからない。立ち止まってコンパスを取り出して地図に当てて、改めてガイドブックも読み直して、辺りの木々を見回して・・・やっと印のついた木が見つかって、何とか正規のルートへ出ることが出来てほっとしたけれど、一時はこんなところで遭難しちゃうのかしら?って思った。

目印を頼りに下りて行く 目印

「登り尾バス停」からは車道を戻る。途中の「鍋失(なべうしない)バス停」からまた踊子歩道へ上がり車を止めた二階滝駐車場へ下りた。

鍋失トンネル

踊子歩道(旧道)

登り尾山は雑木が多いので、葉を落とした11月〜4月ごろまでが道が明るく良いシーズン・・・とガイドブックにあったが、上るときも下った時も誰にも出会わなかった。なんとまあ静かな山。


誕生日の月に、2人で歩いて一泊して、ちょっと寄り道して楽しんで・・・そんなことが出来るようになった。
今回の宿は、一昨年、三蓋山〜猫越岳と歩いたときに泊ったラジウム温泉。安くて食事が美味しいのが魅力。
[ 投稿者:Y&Y at 15:08 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月25日
1月の「ビレッジ音楽会」に参加
ビレッジ音楽会控え室

1月の「ビレッジ音楽会」が、昨日の日曜日、いつもの「八幡山の洋館」でありました。
暖かな日の午後、控え室にお借りしている部屋のテーブルの上には、ピンクの薔薇が一輪いけてありました。優しい色に心が癒されるような気持になりました。
開演は1時30分です。集まった生徒たちは、時間までに音を合わせたり、ちょこちょこっと練習したりして準備します。
私は昨日は、「クリーゲルのメヌエット」と「カルカッシのワルツ」の2曲を弾きました。
「クリーゲルのメヌエット」はゆっくり目の易しい曲です。
心をこめて丁寧に! 音が途切れないように! 8分音符のところを急ぎすぎないように! などなどレッスン中に言われた先生の言葉を頭に置いて、心をこめて弾きました。何とかイメージに沿った演奏が出来たかな〜とホッとしたとたん、2曲目の「カルカッシのワルツ」は、出だしから躓いて途中でも弾き直しをしたり散々でした。
「行けないかも・・・」と言っていた夫が、出番近くに来てくれていて、後で聞きましたら「途中で、弾くのを止めちゃうんじゃないかと思った・・・」と言いました。心配して見てくれていたみたいです。
聴いている人は殆ど仲間の生徒ですから、穴があったら入りたいくらいの気分でいる私に、「綺麗な音で弾けてたよ」「曲の変化もつけられてたね」「そのまま弾いても、弾いている本人と先生以外は気づかなかったんじゃないの」などと慰めて下さいますが、まだまだ練習が足りないってことなのだと分かります。発表会はいっぱい恥もかきますが、それでも終わってみれば「楽しかった〜!」と思える時間です。
次回3月は、用事と重なって出られませんが、またその次の5月にはやっぱり参加しようと思います(*^。^*)
11月「ビレッジ音楽会」♪♪♪

[ 投稿者:Y&Y at 19:51 | 楽器・発表会 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月14日
高川山 (1月3日 続き)
古宿猿軍団

先日登った高川山からの帰り道、古宿(ふるやど)集落でお猿さんの群れに出合った。
歩いて行く道の向こうに、チラッとお猿さんの姿が見えて、一瞬、飼ってるのかしら?と不思議になった。近づいてみるとなんと10匹以上はいただろうか、お猿さんが集落の間の広場を走り回ったり飛び跳ねたりしている。民家の屋根の上や軒先にもいる。こんなところにこんなに沢山の群れがいるなんて!橋のところで振り返ってみると、家から出てきた女性がお猿さん達を見ている姿があった。

禾生駅の待合室で待っていらした地元の方と、顔を出された女性駅長さんと、何となく話が始まって・・・「古宿のお猿さんは2グループいるんですよ。それで、あそこでは干し柿も作れなくなったんです。大根も全部食べるのならともかく、上の方だけ齧ってまた次に行ってしまうので困っているんですよ。」と教えてくださった。
そうして続いて今度は「犬に会いましたか?」と尋ねられる。何にも知らずに高川山に来たけれど、この山には「ビッキー」と呼ばれるちょっと有名な犬が住み着いているのだそうだ。

禾生駅1

禾生駅火鉢

それから、禾生駅には火鉢が置かれていて鉄瓶でお湯が沸いている。これは女駅長さんの気持なのだそうだ。山に行くのに、ここで熱々のお湯をいれて行く人もいるとのこと。
待合室に飾られた富士山の写真を眺めたり、女駅長さんのレシピの載ったパンフレット(富士急行線「小さな駅のお献立」女駅長さんの素朴なレシピ集)も頂いたり・・・こんな出会いとひと時もあったりの嬉しい日だった(*^。^*)
[ 投稿者:Y&Y at 09:18 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年01月10日
金子みすヾプロジェクトMギネス その後の続き
認定 
→プロジェクトMギネス [みすゞ燦参SUN2009公式サイト]
 

山口県長門市出身の童謡詩人、金子みすヾの20歳頃の姿を12万人の顔写真で表現したモザイク画が、どうやら正式にギネスに認定されたらしい。
送られた膨大な枚数の写真から、どうやって色合いを選り分けて濃淡のある画を作り上げたのかと不思議だったけれど、今日、夫が兄から貰って来た新聞2紙からのコピーによると、
・・・コンピューターの製作ソフトを使用、撮影した順に端から位置を決め、明度などを加工して印刷。ボランティアら240人が、1枚1枚ダンボールに貼り付けて7時間がかりで仕上げた・・・ミニチュア版には撮影日が示してあり、笑顔の写真を提供した人が、自分の写真を探し出すことができる・・・
などとあった。そう言えば、お正月に届いた甥からの年賀状に「写真見つけたよ!」と書いてあったけれど・・・私たちの写真、画の中のどの辺りにあるんだろう?

[ 投稿者:Y&Y at 23:44 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年01月09日
石垣山(一夜城歴史公園)へ
今日のコース
早川駅(JR)・・・海蔵寺・・・石垣山(一夜城歴史公園)・・・太閤橋・・・入生田駅(箱根登山鉄道)=箱根湯本・・・箱根の歴史・郷土資料館(歩く会1月例会参加)

新年第1回目の歩きは、歩いたあとに総会と懇親会があるため短い楽なコースが多い。今年の初歩きは石垣山だった。
石垣山は、秀吉が北条氏討伐の小田原城攻めの際に、一夜で城を築いたと言うことで知られている山。

集合場所の早川駅から海蔵寺へ行った。海蔵寺本堂前には「ビランジュ」(別名バクチの木、ハダカの木、この地が生育の際北限)という、樹皮が剥がれ赤茶色の木肌がむき出しになった珍しい木がある。

ビランジュ1

お寺の由来なども読み、石垣山を目指してまた歩き始める。
一夜城歴史公園までの道沿いには、太閤の小田原攻めに従った武将を紹介する看板が立てられていた。

石垣山に参陣した武将たち1

立ち止まっては一つ一つの看板を読み、のんびりゆっくりと農道を上って行く。
お天気も良く気持ちのよい日、背中に当たる陽射しが温かく心地よい。
振り返ると、みかん畑越しに相模湾が見え小田原城も見える、大山も見える!

小田原城と相模湾

農道を上る

ノハラクサフジ

歩く会には、歴史に詳しい方もいらして、お話を聞きながら歩くのがまた楽しい。1時間ちょっとのノンビリ歩きで一夜城歴史公園に到着。

一夜城階段 一夜城曲輪跡

展望台から小田原市街を見下ろし、もう一ヵ所ある展望台から、明神・明星・駒ケ岳などの山々を眺める。ここでお昼休憩。

石垣山

お昼休憩の後、入生田駅へ向かって下りた。道沿いに「みかん」や「銀杏」が売られている。銀杏は素揚げして塩をパッと振ると美味しいらしい。私も1袋買った。

銀杏・蜜柑

入生田駅から電車で箱根湯元まで行き、歴史資料館を見学して、そのあと総会と懇親会にも初めて参加した。
配布された今年の山の予定表には、至仏山や蓼科山も入っていて、実際どれだけ参加できるか分からないけれど、すごく楽しみ・・・。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 18:24 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月07日
「金子みすヾ」プロジェクトMギネス その後
金子みすず完成1

童謡詩人「金子みすヾ」さんの詩、「みんなちがって みんないい」をもとに、笑顔の写真を集めて製作していた ≪巨大モザイクアート≫ が、昨年末に完成したとのこと。
日曜日、高川山を歩いていた時、義兄から「これから見に行くところ・・・」と電話が入った。
明日1月8日には、ギネスから認定証も届くようだ。

私たち夫婦、長男夫婦、一緒にお茶したときの友人の写真(了解を得て送付)
そんな写真も入ってる・・・はず・・・?!

→「金子みすヾ」プロジェクトMギネス 生中継

→10月10日「金子みすヾ」プロジェクトMギネス

[ 投稿者:Y&Y at 21:37 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2010年01月03日
高川山(975m)へ
御坂山系の東端に位置する「高川山(たかがわやま)」は、駅から歩けるアプローチの良さと、山頂からの眺望が抜群で人気が出ている山。山頂から望む富士山は、「秀麗富嶽12景」に挙げられ、山梨百名山にも数えられている。
富士山を見るなら、寒い今の季節が絶好の時。お正月休み中の3日(日)、今年の歩き始めに「高川山」へ行って来た。

今日のコース
初狩駅(JR)・・・登山道入り口・・・女坂分岐・・・高川山山頂・・・古宿(ふるやど)・・・禾生(かせい)駅(富士急行線)

スタートは初狩駅、林道脇に「熊出没注意!」の黄色い看板が建ててある。「え〜!熊が出るの〜?お願いだから冬眠しててね!」って呟きながら歩く。

熊出没注意

気持ちの良い檜の植林帯を上って行く。

檜の林を登る

途中、傾斜のきつい男坂には、2ヶ所ロープが置いてあった。女坂コースと合流してまた暫くの上りで山頂に到着。

山頂到着

少し雲はあるものの、楽しみにしていた富士山が目の前にある! 右手には三ツ峠も見える! 綺麗な富士山の見える山で、お正月休み中とあって、山頂には大勢の人がいた。私たちも写真を撮ったり、ぐるりの展望を楽しんでここでお昼休憩。

山頂からの富士山

富士山と三つ峠

帰りは禾生駅へのコースを下りた。檜の植林帯をぐんぐん下る。

禾生駅へ下る

山の斜面を落ち葉が音を立てて流れ落ちていくのを目の当りにしたり、根元の土がえぐられ支えがなくなった木が何本も倒れているのを見たり、コロコロボトンと音がして小さい石が落ちて来たり・・・何だか少し怖くなって早足で歩いた。

倒木・落石

山へ登って山頂から富士山が見えると、何故かとっても嬉しくなる。今日の高川山は、富士山を堪能し、古宿集落でお猿さんの軍団と遭遇したり、禾生駅では名物女性駅長さんとお話したり・・・とっても良かった!

[ 投稿者:Y&Y at 18:47 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2010年01月01日
「初日の出」を見に平塚海岸へ
初日の出3 6:54

今年も、年の初めに「初日の出」を見に行きました。
夫はジョギング、長男夫婦と私は自転車で。
家を出るとき、西の空にはほぼまん丸の白いお月様が残っていました。
海岸についてみると既に大勢の人が集まっていて、砂浜では寒稽古もしていました。

寒稽古1 6:36

日の出の直前からは富士山がピンク色になって来ます。ちょっと後ろを振り向いて写真を撮りました。湘南平の鉄塔も見えます。

富士山と観客と犬と 6:50

雲はあるものの風は殆どありません。そろそろかな〜?と待っていますと・・・

初日の出1 初日の出2  6:51                  6:53

「うわぁ〜出た〜! すご〜い!」 よい年になりますよう・・・

凄かったね〜
[ 投稿者:Y&Y at 18:28 | 地域 | コメント(10) | トラックバック(0) ]