掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年11月29日
大雄山 最乗寺へ
最乗寺紅葉1 清滝不動尊

先週に続いて「大雄山 最乗寺」へ出かけた。
赤いモミジは大分枯れて来ていたが、かわりに黄色が綺麗になっていた!

天狗様が参拝者を両脇から見下ろしている奥の院への石段300有余段、ここは不思議な音が聞こえる階段。

天狗様と石段 11月21日(土)撮影

「鶯の啼き廊下」みたいに予め仕立ててあるわけではないと思うけれど、「水琴窟」のような微かな音がする。石段の間に付けてある金属製の手すりに、歩く人の足音が共鳴して鳴るのだろうか?そんな感じの音の連続。

「奥の院」でお参りしたあと、今回は杉林の間の道を山門まで戻ってみた。
参道脇に並んでいる石碑に「奉納 杉苗壱萬弐千本 明治13年3月・・・」「奉納 杉苗壱萬本 大正・・・」等とある。こうして一帯が杉林になって行ったんだな〜。

黄葉山門から 最乗寺山門
[ 投稿者:Y&Y at 10:05 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年11月23日
11月の「ビレッジ音楽会」に参加
二重奏 

昨日の寒さとは、うってかわって温かな日。今日は11月の「ビレッジ音楽会」の日だった。発表会は緊張はするし恥もいっぱいかくのだけれど、それがあるお陰で練習にも熱が入るし楽しい気持ちにもなれる嬉しい機会。

今回の11月の「ビレッジ音楽会」は、
先月の「えのぐばこ水彩画展」のミニライブ
から間があまりなくて、
練習期間が短くて、とても曲が仕上がらないかな〜と思ったのだけれど、易しい曲を2曲選んでいただいて、今回も参加した(*^。^*)
曲目は  クリーゲルのメヌエット と  バッハのメヌエット (2曲とも先生とギターの合奏)。「短くて易しい曲だし何とか弾けるかな〜」って思ったのだけれど、やっぱり(当然)そんな甘いものではなかった(^_^;)

今回、公民館のサークル「pgクラブ」からも、独奏2人・グループ1組・先生との合奏2人、と上手い人たちが参加された。その方達の演奏も聴きたかったのだけれど、夕方から仕事のある私は、自分の出番が終わったらすぐに帰った。
発表会の様子は、毎回先生がDVDに作ってくださる。
自分の演奏を聴くのは恐ろしけれど、それはとりあえず横に置いておいて(^_-)-☆
出来上がりを楽しみにして待っているところ。

窓から外を見る 

応接室 

→9月「ビレッジ音楽会」
 
[ 投稿者:Y&Y at 15:10 | 楽器・発表会 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月21日
大雄山 最乗寺へ
紅葉の様子を確かめがてら車で出かけた。途中でふっと「連休中だった!」と気づいたが、心配するような渋滞もなくすんなり着いた。
境内の駐車場に車を止めて参道へ戻り、色づいたモミジを眺めながら上って行く。
お線香を買って煙を浴びてお参りして、多宝塔や清滝を眺め天狗様を見上げ階段を上って行って奥の院でもお参りして・・・。

大雄山最乗寺紅葉 紅葉1 

お線香

最乗寺 

紅葉2 紅葉3

下駄

奥の院

奥の院から戻る時に、ほら貝の音が聞こえた。音を頼りに探してみると、杉木立の向こうで墨染めの衣の若いお坊さんが一人、一生懸命練習している。写真を撮りたかったけれど、邪魔をしても悪いと思い遠慮した。

杉の大木に青々とした苔が付いている。いい風情!

杉の大木に苔

来週、若い2人が帰ってきます。ここへ案内しようと思っているところです。どうぞそのときまで紅葉がもっていますように・・・。
[ 投稿者:Y&Y at 22:11 | お出かけ | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2009年11月18日
総合公園とおり抜け
水琴窟 水琴窟のモミジ

池面 池面

絵を描く人 絵を描く人

予約していた本を受け取りに総合公園を抜けて図書館へ行った。
帰りは久しぶりにブラブラと公園内を歩き回り、家に帰り着いたら2時間も経ってた。
お昼の用意を始めたら、書道講座に行っていた夫もすぐに帰宅。

実は図書館では、もう一つ目的もあった。
姉からの電話で、従姉妹の川柳が新聞に載ったのだと。
土曜日の新聞を引っ張り出して探す・・・「脳トレ川柳」あった!あった!
なるほど〜うまいな〜! こんな風に詠むんだ〜!
読んだり聞いたりは、俳句も好きだし、川柳もいいし、短歌も好きだ・・・でも作るのは難しい。
[ 投稿者:Y&Y at 16:35 | 総合公園 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月08日
菰釣山(こもつるしやま)へ
菰釣山は、西丹沢でもひときわ奥まった位置にある山で、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある山。「秋の市民登山」に参加して菰釣山へ行って来た。

今日のコース
道志道の駅・・・道志の森キャンプ場・・・登山口・・・ブナ沢乗越・・・菰釣避難小屋・・・菰釣山山頂(1379m)・・・(往路下山)・・・道志道の駅
「道志道の駅」でバスを降り「野鳥ふれあい広場」で準備体操をして歩き始める。「道志の森キャンプ場」への道は、まだまだ紅葉が綺麗だった。キャンプ場からしばらく舗装していない林道を歩く。 

菰釣山1 川沿いを歩く 

登山口へ着いて、ここから山道へ。

登山口 休憩

水の少ない沢を何度か越えたりして登って行く。ブナ沢乗越の分岐からは尾根歩き。しばらくの歩きで避難小屋に着いた。避難小屋から菰釣山が見える。ここでお昼休憩。

菰釣避難小屋 ぶな林

30分ほどの歩きで菰釣山山頂に到着!

菰釣山山頂

バスの中からは、クッキリと見えていた富士山だったけれど、山頂に着いた頃は、うっすらと状態になっていた。それでも、山中湖も見えるし嬉しい気持ちになる。

山頂から富士山を見る

景色を眺めたり写真を撮ったりして、また来た道と同じコースを「道志道の駅」まで戻った。
私たちの団体以外、往きも帰りも一人の登山者にも出会わなかった。菰釣山は静かな山。

帰りのバスは山中湖経由、富士山を眺め、白鳥を眺め、道沿いの紅葉を眺めながら・・・。

山中湖バスの中から
[ 投稿者:Y&Y at 08:20 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年11月04日
画展で演奏させていただいて
1

私のギターの先生は、絵も教えていらっしゃる方です。
先週の木曜日から昨日までの6日間、先生と生徒さん達の画展「えのぐばこ水彩画展」がありました。
いわゆる絵の展覧会とちょっと違うのは、展覧会場で楽器の演奏もあったことです。
ギターを教わり始めて2年と数ヶ月、下手な生徒の私にも、恐れ多いことに「やってみませんか?」とお声がかかり、先生と合奏(ギターの二重奏と先生のマンドリンにギター伴奏するかたち)させていただきました。

絵を見ながら聞いている方もありますし、目の前の椅子に座って聞かれる方もいらっしゃいます。緊張してドキドキして手に汗をかきました。あちこち、やっぱり間違ってしまいました。いつものことです。
聞いて下さった方々には、下手な演奏で申し訳ない気持ですし、先生にもゴメンナサイですし、穴があったら入りたいような出来でした。それでも、弾かせていただいた私は、とても楽しかったのです。

楽器の演奏は、先生とお仲間のウクレレバンド・pgクラブ有志・ウクレレサークル有志・先生のウクレレソロなどなど聴き応えのあるもので、私のは賑やかしです。

先生とお仲間の素晴らしい絵を眺め、お誘いした友人と久しぶりにお茶してお喋りしたり、他の方々の演奏を楽しんだり、ドキドキわくわくの数日間が終わりました。

若い時の1年は、年をとってからの10年くらいに当たるのでしょうか? 年をとってから楽器を始めた私は、いっぱい練習するしかないのだな〜とつくづく思います。

嫌なことや辛いことがあると、うなされたり泣いたりする私ですが、ギターの時は、うなされたり泣いたりはしていないみたいです(そばにいる夫の弁)。
なかなか上手くなりませんが、練習もいやではありません。次の発表会がまたすぐにあります。大変大変・・・
[ 投稿者:Y&Y at 11:25 | 楽器・発表会 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年11月02日
刈入れ
minori karitori
10月21日               11月1日

我が家の小さい田んぼの稲も、それなりに稲穂が実り、昨日やっと刈入れをした。ほんの一握りだけれど、藁はお正月のお飾りになる予定。

面白かったのは、稲穂が色づき頭を垂れて来た頃、外出して帰ってくる度に、バケツの田んぼから急にバタバタと音を立ててスズメが逃げだしたこと!
やっぱり、田んぼには案山子を立てる必要があるんだ!

→バケツの田んぼ、8月の様子

[ 投稿者:Y&Y at 22:54 | 花・樹 | コメント(8) | トラックバック(0) ]