掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年06月29日
信州の鎌倉「塩田平」へ(湯の丸山・懐古園、続き)
今日のコース
小諸=(しなの鉄道)=上田=(上田電鉄・別所線)=塩田町・・・塩田平散策・・・別所温泉=(上田電鉄・別所線)=上田・・・上田城・・・上田=(新幹線あさま)=東京 帰路へ

湯の丸山を歩いた翌日は、朝一番に懐古園を見物し、つづいて信州の鎌倉と呼ばれる「塩田平」を案内して頂いた。

前山寺・三重塔
前山寺・三重塔

常楽寺・石造多宝塔
常楽寺多宝塔

塩田城跡
塩田城跡

塩田北條初代義政公之墓
塩田北條初代義政公之墓

紫陽花の小道
信州の鎌倉遊歩道

安楽寺・八角三重塔
安楽寺 国宝・八角三重塔

塩野神社
塩野神社鳥居

塩野神社

岩座
塩野神社馬頭観音 塩野神社岩座

中禅寺・薬師堂
中禅寺

庚申塚
中禅寺庚申塚

古いお寺や神社、全国「遊歩道百選」認定コースにもなっている塩田平は素敵なところだった!
[ 投稿者:Y&Y at 22:55 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

懐古園 小諸城址へ(湯の丸山 続き)
湯の丸山のレンゲツツジを堪能した翌朝、懐古園(小諸城址)を案内して頂いた。
懐古園は、春の桜や秋の紅葉の写真を見せて頂く度に「素敵だな!行って見たいな!」と思っていたところ。

「懐古園」の文字の入った立派な門
懐古園

掘り出した自然の石を、そのまま積んだような石垣だった。
お城の石垣といえば、皇居の石垣を思い浮かべてしまい、切り出したシャープな線の石垣ではないのでちょっと不思議な気がした。
石垣

黒門橋は空堀の上に掛けられた橋
黒門橋

空堀

小諸なる古城のほとり・・・
小諸城址4

垂直に聳えるような石垣も、子どもにとっては格好の遊び場だったようだ。この石垣を登って遊んだのだとか・・・
石垣上り

石垣の上から恐々下を覗く影3つ(怖がっているのは私だけ?)
懐古園石垣の上から

鏡石

天守閣跡近くからは千曲川が見えた。水音も聞こえた。

この後、北国街道の古い建物をを少し見て、電車に乗って塩田平へ。
[ 投稿者:Y&Y at 22:47 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年06月28日
レンゲツツジ咲く「湯の丸山」へ
湯の丸山

今日のコース
小諸駅=(タクシー)=地蔵峠 -(リフト)-ツツジ平・・・湯の丸山南峰(2101m)・・・北峰(2098.6m)・・・角間(かくま)峠・・・鹿沢温泉分岐・・・地蔵峠=(バス)=小諸駅

小諸駅からタクシーに乗り、途中、五十番観音様にお参りして地蔵峠へ。
満開のレンゲツツジ、日曜日とあって駐車場はほぼ満杯、人も一杯だった。
八十番観音様とお地蔵様へのご挨拶は、戻って来てからということにしてリフトに乗ってツツジ平へ。
60万本以上と言われる、見渡す限りの一面のレンゲツツジの群生、思わず「スゴ〜イ!」と叫んでしまう。

レンゲツツジの他にも、イワカガミ、ツマトリソウ、ヒメイズイ、ミヤマハンショウヅル、サラサドウダン、ハクサンチドリなどなど沢山の花が咲いていて嬉しくなる。

湯の丸山へ登る

花を楽しみながら登って行く。山頂近くは案外急な上り坂、息があがって来る頃に頂上到着。湯の丸山の山頂は岩の広場といった感じ。大勢の登山客で一杯だった。

湯の丸山頂

浅間山

景色を楽しんでからその少し先、三角点のある北峰まで歩いて、そこでお昼。

湯の丸山北峰へ向かう

お昼休みの後は、北峰から角間峠へと下りて行く。この道の向こうが角間峠。

もうすぐ角間峠

角間峠あずまやで小休止

角間峠あずまや

鹿沢温泉分岐への道。優しい緑のカラマツ林、白樺と淡いオレンジ色のレンゲツツジ、笹原、気持ちよく歩ける素敵な道!

レンゲツツジとカラマツ林

白樺とレンゲツツジ

笹原

いったん道路へ出てツツジ平へ戻り、80番観音様とお地蔵様へ手を合わせ、バスに乗り小諸駅へ戻る。

第八十番観音ツツジ平

雨にもあわず、満開のレンゲツツジを心行くまで堪能し、気持ちの良い道を歩き、本当に素敵な1日だった!

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 23:21 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

湯の丸山へ(続き 花)
湯の丸山の歩きコースで出合った沢山の花

イワカガミ スズラン
 
コケモモ

シロスミレ 

ウマノアシガタ 

サラサドウダン

ハクサンチドリ ベニバナイチヤクソウ

グンバイヅル

グンナイフウロ

[ 投稿者:Y&Y at 22:12 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月26日
小田原 松永記念館・老欅荘(ろうきょそう)へ
窓

親しい友人と機会を作って会うのは楽しいこと。
「次は花菖蒲を見に行きたいね」の約束が、花菖蒲はほぼ終わり、紫陽花のほうはまだ何とか見れるかな、の季節になってしまったけれど、近場の、ちょっと素敵なところへ行くことが出来た。(実はこの場所、ブログで知り合った方の記事を見ていて行きたくなったのですが)

小田原駅で箱根登山鉄道に乗り換え、一駅先「箱根板橋」で電車を降りる。
駅で「松永記念館」への道を尋ねると、ありがたいことにマップも一緒に頂けた。
古い建物や蔵も少し残る旧東海道を歩いて目指す「松永記念館」へ。
電力王と呼ばれた松永安左ヱ門(耳庵)さんは、数寄茶人としても高名な方だそうだ。
記念館を見て、いったん外へ出る。記念館前の池には睡蓮が咲き始めていた。

池の睡蓮

アカンサス

池のそばに、最近よく見る「アカンサス」が咲いている。お茶室の「葉雨庵」葉雨庵のために作られた「烏薬亭」を眺めて回って、「老欅荘」へ上る石段のそば、ここにも「アカンサス」があった。

烏薬亭から老欅荘へアカンサス

古いお茶室と、いかにも洋花といった感じのアカンサスと、その取り合わせに何となく微妙な気持ちになりながら、松永さんが晩年を過ごされたと言う「老欅荘」へ向かう。
建物の名前の由来にもなった欅の古木が訪れた人を迎えてくれる。樹齢は400年だとか。

欅大木

老欅荘は、始めは15坪だったのが、茶室など増築されていって段々に広くなり、結局55坪もの邸宅になったそうだ。

老欅荘玄関と庭への門 老欅荘玄関と庭への門

老欅荘玄関うちから 老欅荘玄関、うち側から見る

広間には、畳3畳敷きの大きな床の間がある。床の間を先にとり、残りの広さにあわせて、大きさの一定でない畳が作られ敷かれているのだそうだ。
係りの女性が、そんな大きな床の間が作られた訳などのお話をして下さったり、茶室、奥様のお部屋、玄関など、家の中を案内して下さるままにゆっくりと過ごす。
下の池で見た睡蓮は、モネの睡蓮をお好きだった松永さんが、外国へ行かれたとき持ち帰られたものだそうだ。また、今はあちこちで見られるアカンサスも、これまた外国へ行かれた時に持ち帰られたものだそうで、ここには以前から植えられているもの、などの説明もして下さった。
今日、外は真夏のような暑い日になったが、部屋を通り抜けて行く風は心地良かった。

広間 広間

気持ちの良い緑の葉は、秋には美しく鮮やかな紅葉になることだろう。今度は秋にも行ってみたいなと思う。

このあと、いったん小田原へ戻り、お昼をしたあと小田原城へ。
[ 投稿者:Y&Y at 13:35 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

小田原城へ(松永記念館・老欅荘へ続き)
松永記念館・老欅荘を見た後、いったん早川の小田原漁港の魚市場食堂でお昼にして、

小田原魚市場

また小田原へ戻り、小田原城の紫陽花を眺めて歩いた。

小田原城花菖蒲と紫陽花1 小田原城紫陽花

歩いた後は、報徳会館カフェのテラスでお茶。

報徳会館テラスでお茶

コーヒーのホットを注文した方についてきた生姜の砂糖漬け?が とても美味しかった!
そういえば、ここのカフェは、CAFE GINGER という名前(^_-)-☆

生姜の砂糖漬けは販売はしていないとのことで、「簡単に作れますよ」と作り方を教えてくださったけれど・・・いつか自分で作る気持ちになれるかな〜
[ 投稿者:Y&Y at 10:32 | お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月23日
読む本を決めるきっかけ
桔梗0

今年、「少しは本も読まなきゃ!」と思うので、読んだ本を手帳に記録してみている。
それで・・・というわけでもないと思うけれど、1冊読み終えると「次は何にしよう?」と考えるのが楽しみになって来た。

「次に読む本」を決めるときキッカケになるのは、新聞や雑誌で目にした記事、読み終えた本から自然に、以前読んで面白かった人の他の作品を調べてみて、なにかの賞を貰った作品を検索して気になってなどで、そうして、これ!と決まったら図書館へ予約をいれる。

最近は、山関連の本を何冊か読んだ。 「劒岳」点の記  新田次郎さんのものも。
TVでこの本が映画になると知り、原作を読んでみたくなって図書館に予約を入れて1ヶ月半近く、やっと順番が来て読んでみたら、面白くて夜更かしして一気に読んだ。
そうして昨日、久しぶりに映画館に映画を見に行った。 「劒岳」点の記   

剣岳

大して読書好きでもない私が、自分で探しだせる本の範囲は知れている。
先日、夫の友人で読書好きな方が薦める本を借りてみたら、これがすごく面白くて、手元に持っていた本をうっちゃって先にそっちを読み耽ってしまった。
「あれから、お薦め・・・のメールは来ないの?」と夫に聞くが、まだ来ないらしい。
次には、何がお薦め と書いて下さるのかしら? 楽しみに待っているところ。
クチコミって確かかも、スゴクいいかも(^_-)-☆

[ 投稿者:Y&Y at 15:36 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年06月13日
横須賀しょうぶ園へ
午後から急に思い立って、「横須賀しょうぶ園」へ花菖蒲を見に行った。
ここは、以前、花菖蒲の話が出た時に、「衣笠は素敵よ!」と言う方がいて、『いつか行ってみたいな』と思っていたところ。

水車

花菖蒲むらさき

しょうぶ園1

しょうぶ園3

菅笠、紺絣、赤いけだし、お洒落なスタイルで花殻を摘む乙女(^_-)-☆

横須賀しょうぶ園1

パンフレットによると、7,000㎡の田に412品種、14万株もあるらしい。

花菖蒲1

花菖蒲

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 23:33 | お出かけ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年06月09日
我が家の「田んぼ」 (開成町あじさいの里 続き)
開成町の「あじさい祭」会場は、昨年
「里のひなまつり」を見に行った「瀬戸屋敷」
のすぐ近くだった。
「瀬戸屋敷」に車を止めて、田んぼ沿いの紫陽花眺めて回り、また「瀬戸屋敷」へ戻って、鉢植えの紫陽花を眺めたり、お庭のアヤメを眺めたり、特別展の「鋳物、塗り物・ちょうちん・寄木細工」など工芸品なども見学して、そろそろ帰ろうか・・・としていたら、
「お正月のお飾り用になりますよ、よかったら植えてみませんか?」と稲の苗を下さった。
「我が家の田んぼ!」どうぞ元気に育ちますように・・・。

早苗

「あじさいの里」で買った、涼しげな「青い花」、名前は・・・?もう忘れた"^_^"

青い花

お花の名前は「チドリソウ」です。教えていただきました(*^。^*)

最近夫は、花を植え替えたりもするようになった。
稲の苗は、昔取った杵柄で、
青い花もさっそっくプランターに植えてご満悦の様子(*^。^*)
[ 投稿者:Y&Y at 12:23 | 花・樹 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

「あしがり郷 瀬戸屋敷」 
瀬戸屋敷あじさい

瀬戸屋敷あじさい展1

瀬戸屋敷あやめ

「瀬戸屋敷」の主屋は、お茶会や演奏会などの文化活動の場として、また、雛祭りやお月見などの年中行事、郷土料理作りなど生活体験の場としても利用されているらしい。

今回も「野点」が予定されていたそうだけれど、残念ながら雨で中止になっていた。
[ 投稿者:Y&Y at 11:42 | お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) ]