掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年04月29日
春のヴァイオリン演奏会へ
春のヴァイオリン演奏会

ご案内を頂いて、楽しみにして出かけた「春のヴァイオリン演奏会」。
ずっと続けて来られていたんだ、素敵なお嬢さんになられてて、素晴らしい演奏だった!
小さい頃から知ってるからかしら、親でもないのに何だか感激した。

せっかく始めたギター、私も頑張ろう!
来月は、また「ビレッジ教室の発表会」がある。
[ 投稿者:Y&Y at 19:18 | 楽器・発表会 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

「鯉の産卵」(鯉のぼりを見に行ったはずが・・・)
夫はジョギング、私は自転車で鈴川沿いを走って行って・・・
「確かこの先だったよね〜?川に鯉のぼりが渡してあったところ?」何人かのカメラマンさんはいるけれど・・・今年はまだなのかな〜それとも中止になったのかしら?

鈴川1

この川には、鯉が沢山いる。なんだか重なり合うように群がって岸辺近くに寄っている・・・?
急に、バシャバシャっと大きな音がして水しぶきが上がった。鯉の産卵!

鯉の産卵

春の小川

土手のハルジオン

てんとう虫

鈴川

川一面の「鯉のぼり」を見るつもりが、「鯉の恋」の場面に行き会った(*^。^*)
[ 投稿者:Y&Y at 10:59 | 地域 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年04月26日
山中湖北岸、石割山~大平山へ
今日の歩きコース
石割山入口駐車場・・・赤い鳥居(石割神社参道)・・・富士見平・・・石割神社・・・石割山(1,412m)・・・平尾山・・・大平山(1,295m)・・・長池山・・・マウント富士ホテル=(タクシー)=石割山入口駐車場(歩く会・下見)

前日の激しい雨もあがり、風はかなりあるものの青空も見えるまずまずのお天気になった。石割山入口駐車場に車を止め、橋を渡り石割神社の赤い鳥居の階段へ。
石割山ハイキングコースへ

石割神社赤い鳥居狛犬

天まで届くかと思われる階段は、400段はあるらしい。
石割神社参道から天まで届く階段

息が上がった頃にやっと階段が終わり、富士見平に到着。富士山を眺めたりツツジを見ながら一休み。
富士見平

ここからは、歩きやすい気持ちの良い道になる。新緑の石割山、注連縄の張られた木や石、この道が石割神社への参道であることを気づかせてくれる。
新緑の石割山

石割山へ向かって

しめ縄を張った岩

石割神社到着。石割山の名前の由来になったと言われる、石の字に割れた大岩。
石割神社

この大岩の回りを3周してお参りすると良いことがあるのだとか、岩の間から滴り落ちる水を飲むと体に良いのだとか・・・そんな言い伝えがあるらしい。
石の字の大岩

山頂手前の急坂を上り、ほどなく石割山に到着。山中湖・富士山・唐松の芽吹きなどを楽しんで一休み。
石割山山頂

石割山から富士山を見る

平尾山への下りは、暫く滑りやすい急な道が続いて緊張したが、あとはまた、富士山を眺め湖を眺め、ピンク色の桜・アブラチャンの黄色・スミレ・ミツバツチグリの黄色・クサボケのオレンジ・新緑・・・気持ちの良い歩きやすい道が続く。
平尾山山頂は眺望の良いカヤトの広場になっている。風を避けながらカヤトの中でゆっくりとお昼をとる。耳のすぐそばで鶯の声が聞こえ、雉の鳴き声も聞こえた。
平尾山山頂

続いて大平山へ向かう。
大平山へ向かって

大平山山頂から正面に聳える富士山の眺めを楽しみ
大平山山頂

長池山からも湖と富士山を楽しみ、ゆるやかに下って林道へ出た。
林道へ出る

「マウント富士ホテル」に寄ってお茶にして、タクシーで車のある石割山駐車場へ戻り、帰路へ。
山中湖と富士山の眺めをタップリ楽しみ、新緑と花も楽しんだ良い日になった!
[ 投稿者:Y&Y at 13:00 | 歩き | コメント(8) | トラックバック(0) ]

石割山~大平山 花
エイザンスミレ

スミレ

ユキザサ

ミツバツチグリ

フデリンドウ

クサボケ群生

アブラチャン

アケビ

[ 投稿者:Y&Y at 10:10 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年04月20日
花が咲き出した
葉っぱが、ず〜っと枯れた状態で心配だったエビネ。
気づいたら花芽が出ていて、ちゃんと咲いてくれた(#^.^#) 
黄色いほうは花つきが少ない。白いほうはびっしり!
エビネ白1 えびね黄

白い花
ナニワイバラ すずらん

タツナミソウ白

共同購入で買い求めたチューリップ。
たまには変わったものをと思ったのだけれど(@_@;)
チューリップ1

チューリップ赤フリルつき2

他に、ローズ色のも花が開きすぎる感じだった。赤の八重は、チューリップじゃなくて、まるで薔薇の花のように見えた。
普通のほうが、ヤッパリいいかな"^_^"
[ 投稿者:Y&Y at 09:20 | 花・樹 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年04月19日
東照大権現祭
鷹匠

権現祭3

子どもみこし

今日は、恒例の権現祭の日だった。
毎年のこととは言え、ちょっと通りまで出て見物して来た。

鷹狩行列は、将軍役から鷹匠役などを各町内で分担し、子ども達も稚児甲冑行列として参加する。
神社神輿を先導する子ども神輿、車山車の上では太鼓を叩く。ひょっとこのお面をつけて踊りながらついて行く町内もあった。

行列が、やっと神社に到着。
鷹狩行列

今日は晴れて暑かったし、皆さん少々お疲れかしら・・・

稚児甲冑行列
[ 投稿者:Y&Y at 23:22 | 地域 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年04月16日
長野旅行(4月13日~14日) 2日目
長野旅行、2日目の見学は、「善光寺」と「東山魁夷美術館」。

湯田中・渋温泉の宿で一緒になった方のお話によると、善光寺の混雑は半端ではないらしい。予定していた出発時刻を少し早めて宿を出た。

権堂駅で電車を降り、タクシーで善光寺へ。
さすがに7年に1度の「前立本尊御開帳」とあって沢山の人が訪れている。
大きな仁王様の置かれた仁王門、そのまた向こうに立派な山門、またその先に本堂、本堂の前に回向柱が建てられていた。

善光寺参道

参道の両脇のお店も気になるけれど、先に本堂前の回向柱に触る行列に並ぶ。30分位の待ち時間で、程なく柱に触ることが出来た。
来世祈願 

願い事を心に浮かべ、呟きながら回向柱を撫でる"^_^"
善光寺といえば、「お戒壇めぐり」もしてみたかったけれど、待ち時間が長くてこちらは諦めた。
しばらく参道のお店を覗いたり、途中、今度は現世のことを聞いていただける「釈迦涅槃像のあるお寺」にもお参りして、本堂前の回向柱を触って、今のことをお願いをする。
現世祈願 

二つの回向柱を撫でながらお祈りしたから、来世と現世と両方ともこれで安泰かな〜?(^_-)-☆

善光寺さくら

参道のお蕎麦屋さんでお昼にして、続いて東山魁夷美術館へ。

東山魁夷美術館

心ゆくまでゆっくりと見て回り、絵を見たあとはカフェでお茶。

東山魁夷美術館喫茶1

東山魁夷美術館喫茶

こうして、楽しみにしていた2日間の旅行が終わった。
素的なプランを考えてくれた幹事さんに感謝。次回も元気で皆と会えますように・・・!

→2008年11月10日、熱海旅行


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 15:44 | お出かけ | コメント(2) | トラックバック(1) ]

2009年04月15日
長野旅行(4月13日~14日)続き
渋温泉街

長野旅行1日目、4月13日(月)続き 渋温泉
渋温泉には、宿の温泉の他に、9つの外湯(共同浴場)があった。
外湯巡りは、宿で渡される「湯鍵」を使って回るようになっている。
宿の下駄を履き、石畳の通りをカランコロンと音を立てながら歩く。
1番から9番まで、それぞれに効能があり、9番湯は「大湯(おおゆ)」と呼ばれ、渋温泉を代表する名湯だそうで、九湯めぐりの総仕上げ、結願の湯。
渋温泉外風呂

外湯、石畳の通り、建物・・・とても風情のある温泉街だった。
素敵な温泉に案内してくれた幹事さんに感謝(^_-)-☆
[ 投稿者:Y&Y at 15:14 | お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年04月14日
ルリタテハ(地獄谷野猿公苑で)
野猿公苑でルリタテハに遭遇 4/13  15:24 

長野旅行 1日目 4月13日(月)続き 
1日目に寄った「地獄谷野猿公苑」(長野県下高井郡山ノ内町)で、黒っぽい羽に、綺麗な青い筋の入った蝶に遭った!
羽の裏側は枯葉のように見えた。ルリタテハ?! 
初めての出逢い\(^o^)/

野猿公苑1

野猿公苑

湯煙 地獄谷大噴泉

野猿公苑2 お猿の温泉

地獄谷のお猿さんは、世界で唯一、温泉に入るサルなのだそうだ。
この日、日中は暑いくらいの日になったので「お猿さんも、さすがに温泉には浸かっていないかしら?」と思ったけれど、入浴中でした(^_-)-☆
[ 投稿者:Y&Y at 12:49 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年04月13日
長野旅行(4月13日~14日) 1日目
楽しみにしている1年に1度の同級生との一泊旅行。今回は「善光寺のご開帳と杏の花を見る」プランだった。

1日目 4月13日(月)
上田駅で落ち合って、しなの鉄道に乗り換え屋代へ。屋代駅からタクシーに乗って、千曲市森の「あんずの里」へ。
開花情報によると、杏の花はほぼ終わり・・ということで、最初に「オコジョの散歩道」のオコジョさんに勧めて頂いた「観竜寺」へ行ってみた。
観竜寺山門

山門の仁王様。
天井には絵や文字の書かれた板が一面に貼られている(本堂の天井にも、同じように祈願文?や絵が描かれていた)
天井絵

山門天井絵

このお寺さんは、平安時代創建の観音堂とあったが、茅葺屋根のとても趣のある素敵なお寺さんだった。桜もちょうど満開!
観竜寺本堂

観竜寺さくら

ひとしきり楽しんでから「あんずの里」へ下って行く。

「あんずの里」
あんずの里で

お目当てのあんずの花は、ほとんど終わってしまって残念だったけれど、優しい色あいの、芽吹き始めの大ケヤキの姿に心惹かれる。遠くに雪山も見えて嬉しくなる。
あんずの里大ケヤキ

右奥の少し尖った山は、運転手さんは飯縄山だと言われ、展望台の駐車場の方は妙高だと言われた・・・?左のほうには白馬連峰も見えた。

ここでお昼にして、あんずソフト(^_-)-☆も食べて、お土産も少し買って、一巡りして、また屋代駅へ戻り、しなの鉄道と長野電鉄を乗り継いで湯田中へ。
今夜の宿、渋温泉に荷物を置いて、マイクロバスで野猿公苑へ送ってもらう。
[ 投稿者:Y&Y at 15:18 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]