掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2009年01月24日
下田 爪木崎へ
爪木崎

2日目 続き 
寝姿山から戻って、今度は路線バスで野水仙の群生地「爪木崎」へ向かった。
ちょうど水仙まつり中でもあり、けっこう人が多い。
暫く上からの眺めを楽しんで、「爪木崎」と書かれた門をくぐり遊歩道を下っていく。
爪木崎門

斜面を覆い尽くすものすごい数の野水仙!
爪木崎1

清々しい香りを楽しみながら灯台まで上がる。
爪木崎灯台

灯台からの戻りはコースを変えて、また上からの眺めを楽しみながら歩く。
「感動の小路?」と書いてあったかな?看板に惹かれて行ってみた眺めは・・・
爪木崎3

俵磯の柱状節理の岩場。
江戸時代には切り出されて“俵石”という名で建設用材に使われたそうだ。
柱状節理

俵磯

俵磯1

岩場で釣りをしていた人を、船が迎えに来た。
釣り人回収

私たちも帰ろう・・・
野水仙一重
[ 投稿者:Y&Y at 21:29 | お出かけ | コメント(6) | トラックバック(0) ]

下田 寝姿山(200,1m)へ
2日目(1月24日続き)
白浜海岸から少し戻って下田ビューホテル手前に自転車を置き、
寝姿山めざして歩き始める。

ツワブキの群生とマンリョウの赤い実の道が続く
寝姿山へツワブキとマンリョウの道

ハゼの実
寝姿山へハゼの木

寝姿山(200.1m)山頂 到着
寝姿山山頂

山頂 自然公園の紅梅と水仙
寝姿山遊歩道紅梅

寝姿山遊歩道水仙

山頂広場で出会ったご夫妻は、
「蓮台寺から登り、お祭り中の高根山でお汁粉などを頂いて寝姿山まで来たんですよ」と仰った。

いったんホテルへ戻り、自転車をお返しし、荷物を背負って、今度はバスで水仙まつりの「爪木崎」へ向かう。
[ 投稿者:Y&Y at 21:03 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

稲取~下田へ(1月24日)
2日目(1月24日) 
下田港 日の出
下田港日の出 6:44

朝、もう一度温泉に入り、朝食を済ませ、チェックアウトを済ませ、荷物を預け、ホテルのレンタサイクルで海岸沿いを白浜海岸まで走った。

下田港内を回る遊覧船 黒船サスケハナ
サスケハナ号

外浦

外浦1

白浜海岸

白浜海岸サーフィン

青い空、碧い海、白い砂浜、綺麗だな〜!
白浜海岸ではサーフィンをしてた!

変速機も付いていないママチャリで下田港から白浜海岸まで上ったり下ったり、結構大変だったけれど、海の色に感激し、景色に見とれ、清清しい気分!
少し戻って今度は寝姿山へ向かう。
[ 投稿者:Y&Y at 20:30 | お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年01月23日
稲取~下田へ(1月23日続き)
下田駅改札口

1日目(1月23日)続き
稲取駅=下田駅***稲田寺***宝福寺***了仙寺***長楽寺***ペリーロード***
ペリー艦隊上陸記念碑***安直楼***なまこ壁の家***・・・ホテル

稲取から電車で下田へ向かう。駅近くになると左手に山が見えた。
「あれが寝姿山かしら?たしかに女性が寝ている姿に見える!」
そして下田駅の改札口は、黒船になっていた!

日中は春のように暖かかったけれど、下田へ着いた頃には、飛ばされそうなほど強い風が出て来た。日が暮れるのも早い。レンタサイクルで下田の街を駆け足で一巡りした。

ペリーロード ペリーロード

了仙寺黒船額 了仙寺

ペリー艦隊上陸記念碑 ペリー艦隊上陸記念碑

安直楼(あんちょくろう) 唐人お吉さんが開業した当時のままの寿司屋
安直楼 

なまこ壁の家 なまこ壁の家

なまこ壁1 なまこ壁の家

[ 投稿者:Y&Y at 18:00 | お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

稲取~下田へ(1月23日~24日)
「むかい庵」雛のつるし飾り
雛の吊るし飾り

「文化公園・雛の館」雛のつるし飾り
雛のつるし飾り 

1日目
稲取駅・・・済広寺(榧の寺)・・・むかい庵(雛飾り会場)・・・愛恋岬・・・どんつく神社・・・文化公園「雛の館」(雛飾り会場)・・・徳造丸(昼食)・・・稲取駅

済広寺
境内入り口にあるカヤの木は、樹齢700年、樹高18mの大木
済広寺カヤの大樹

本堂の左にあるビルマの仏鐘
済広寺

愛恋岬からの眺め
愛恋岬 

稲取はキンメダイが有名なのだそうだ
稲取

お昼に食べた名物のキンメダイの煮つけ
金目の煮付け


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 13:10 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年01月14日
吾妻山公園へ
お天気も良いし、満開の菜の花と富士山を見たくて、吾妻山公園へ行って来た。
臨時駐車場となっている「生涯学習センター」へ車を止めて、歩き始める。
せっかくだから、今回は初めて中里口から登ってみた。
気持ちの良い落ち葉の道、東屋もあった。小動物園はちょっと寄り道・・・
中里口から 落ち葉の道

散策路東屋 東屋

うさぎ 日向ぼっこ中のウサギさん

途中で、駅からのコースと合流して頂上へ到着。
吾妻山公園頂上 吾妻山公園頂上

山頂広場は、満開の菜の花と富士山に誘われた人でいっぱいだった!
菜の花と富士山 菜の花と富士山

伊豆半島・真鶴半島 伊豆半島や真鶴半島も見える

小さな子ども達も、水色の風呂敷包みを各自抱えて登って来て、お弁当を広げて食べ始めた(*^。^*)
お弁当 美味しそう!

帰りみちは、いつものコースで。
水仙も満開、いい香り!
水仙の香る道

[ 投稿者:Y&Y at 19:40 | 二宮・吾妻山 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2009年01月11日
総合公園通り抜け
メタセコイヤ並木

紅梅

図書館から、
「予約資料がご用意できました」とメールが入って、
総合公園を通り抜けして歩いて行って来た。
メタセコイヤの並木道は葉が落ちて明るくなった。
気の早い紅梅が咲き出していた。

金曜日、雨の中を出歩いたからかしら?大山登山の疲れもあるのかしら?
夜になって風邪っぽくなって少し熱が出て、楽しみにしていた昨日の歩く会も欠席した。
今日も、いまひとつ。
だから・・・今日の歩きは、これで済み!ということにしてしまおう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 13:54 | 総合公園 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年01月07日
大山へ(続き)
大山は、手持ちの登山ガイドの本によると、
・・・別名を雨降山(あふりさん)、天平勝宝7年(775年)に奈良東大寺別当の良弁によって開山、後に真言密教の修験道場となった山、農業の神、雨乞い、海上安全、商売繁盛の神としてあがめられ、多くの信者を集め、・・・とある。

今回(1月4日(日)、大山へ登るために車を止めた駐車場は、「先導師の宿」と書かれた看板のある駐車場で、宿と駐車場の間は車一台がやっと通れる狭い道になっていた。
宿の若主人さんのお話によると、
・・・この道は「とうふ坂」呼ばれる昔からの参道で、お参りする人は手のひらにお豆腐を乗せ、それをすすりながら登った・・・と話して下さった。
という訳で、早速とうふ坂から歩きを開始した。
とうふ坂道標

とうふ坂

歩き終わって戻って来て、今度は、宿のご主人とお話することが出来た。
・・・山嶽信仰の山・大山は、今から2200年前に開かれた山。この宿の初代は、鎌倉幕府の命を受け入山し、後に先導師として宿坊を開いた人で、自分は37代目であること。
先導師(御師)は、各地の講へ出向いて行ったり、講の皆さんが来られた時は山へ案内をする。先導師の宿は、それぞれに滝を持っていて、登る前には滝で体を清めてから参拝する。下社まで皆さんを案内し、奥の院へは代表の方と先導師である自分とで登る。
大山と同じような信仰の山は、筑波山・木曾の御嶽山・御岳山・石鎚山・大山の5つ。
「とうふ坂」は、元は階段で、舗装道路の下には階段が埋められている。「とうふ坂」の道標の説明にもある「とうふをすすりながら・・・」の豆腐とは、今で言う「ゴマ豆腐」のことだろうとも言われた。

とうふ坂を歩いていて気になったことの一つが、家の軒下にずらりと並んだ木の板。
軒下のまねぎ

お聞きすると、
・・・これは「まねぎ」と呼ばれるもので、今の千社札の元になるもの、今は布で出来ている「布まねぎ」というのもある。「ほら、あそこのがそうです」を言われた先を見上げると、軒下に青い布が下げられていた。
軒下の布まねぎ

そう言えば、奥の院の左右の狛犬に青い布が置かれていたような。
写真をあらためて見てみると「め組」と読める。
奥の院布まねぎ

もう一つ気になったのは、講の方たちから奉納された石碑。
古いものから新しいもの、色々。
豊榮講石碑

とうふ坂講石碑

昨年秋に行った御岳山にも大きな石碑がずらりと並んでいたが、この宿の門のそばにも新しい大きな石碑が建てられていて、それには赤い字で「江戸 彫勇会」と入っていた。
お尋ねすると、
・・・これは、彫り物をしている方たちの団体からのもので、この中には東京の出初式に必ず出る人の名前もあること。この方たちの彫り物は、それはそれは素晴らしいものだそうです・・・などなど次々と話して下さった。

江戸彫勇会石碑

お参りするのは五穀豊穣だったり、技能集団の方々は技能の熟達を願って、とのこと。
また石尊信仰のことも話された。

そうして「良かったら・・・」と、宿のパンフレットと破魔矢を頂いた。
いつかこの宿に、お豆腐料理を食べに行こうかな・・・。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 20:13 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年01月04日
大山(1252m)へ
大山山頂

今日のコース
大山ケーブル駅バス停・・・大山不動尊・・・阿夫利神社下社・・・蓑毛越分岐・・・
富士見台・・・ヤビツ峠からの合流点・・・大山・・・見晴台・・・阿夫利神社下社・・・
大山ケーブル駅バス停

大山へお正月中に行ったのは初めてのこと。車道沿いに交通整理の人が立っていて、「どうしてだろう?」と不思議に思ったが、ケーブル駅近くになって納得。
ずら〜っと繋がった車が動かない。バス停の駐車場に車を止めるには待ち時間がかかりすぎるので、1日駐車できるパーキングへ車を置かせてもらい身支度をして歩き始めた。

お参りにケーブルカーで上がる人も勿論多いのだろうが、歩いて登る人も結構多い。小さい子どもも一緒の家族連れから若い人のグループ、中高年のグループなどなど、思いがけないほどの大勢の人だった。
女坂

子育て地蔵 子育て地蔵

爪切地蔵 爪切地蔵

両脇にずらりと仏像が並ぶ階段を上るとそこが大山不動尊(大山寺)。
大山寺階段仏像

大山不動尊(大山寺)

下社へ向かって、さらに登って行く。女坂とは言うものの階段も急だし勾配もきつい。
あえぎながら上って、阿夫利神社下社へ到着。お正月の茅の輪が置いてあった。これをくぐると寿命が延びるらしい。
下社茅の輪

お参りをして、奥の院へ向かってまた歩き始める。気持ちの良い杉木立の道を過ぎ
杉木立の中を登る

富士見台に到着。期待していた富士山は、遠くにうっすらと見えた。
富士見台より富士山を見る

ヤビツ峠からの合流点を過ぎさらに上って大山の山頂到着。上空をハンググライダーが飛んでいた。
ハンググライダー1

大山山頂奥の院

奥の院の裏へ回って景色を眺める。富士見台では何とか見えた富士山は、すでに雲の中に隠れてしまっていて、残念!お昼を食べてしばらく休憩後、見晴台へ向って下る。

鹿避けされた道
鹿よけ

どんどん下りて見晴台へ到着。今登って来たばかりの大山を眺め、東京や横浜のビル群を眺め、一休み。
見晴台より大山を見る

ここからまた下社へ向って下っていく。
今日の歩きの標高差は1049m。上りもきついが下りも結構ハード。
見晴台より下社へ下る1

車を止めた駐車場へ戻り、宿のご主人(先導師37代目)に気になったことをお聞きしたら、色々話してくださった。
そのお話が、とても興味深いものだった。
[ 投稿者:Y&Y at 20:27 | 歩き | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2009年01月01日
初日の出(平塚海岸へ)
643 6:43

2009年、元旦。
家族が増えて初めてのお正月。
若い人たちは、年が明けてすぐの夜中に近所のお宮さんへ初詣に出かけ、

私たちは、日の出の時間に合わせて海岸まで出かけた。
夫はジョギング、私は自転車。
風も無く、穏やかな波が寄せてくる。
良い年になりますよう・・・。

631 6:31 

636 6:36
[ 投稿者:Y&Y at 23:55 | 地域 | コメント(12) | トラックバック(0) ]