掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年10月31日
草津温泉へ(10月30日~31日)
草津は「いい温泉よ〜いいところよ〜」といろんな人から聞かされていて、
一度行ってみたかった温泉です。
友人と、一泊二日の温泉旅行へ出かけて来ました。

横浜から草津まで直通バスで行きます。
この時期ですから「紅葉も見られるかしら?」と期待してのお出かけでした。
バスの中から見える道路沿いの温度表示は、“8℃”。
草津に向かって進むにしたがって、モミジの赤、イチョウの黄色、落葉松の金茶色・・・
素敵な紅葉です。

宿へ着いて早速辺りを散策。白根神社も紅葉が綺麗でした。
白根神社

湯畑
硫黄の匂いが鼻をつきます。流れ落ちる湯量の凄いこと!
湯畑1

湯畑

周りにめぐらされた石の柵には、時代もジャンルもまちまちの、沢山の人の名前が書かれています。「草津に歩みし百人」とありました。
昔々から、この温泉があったこと、その愛好者が沢山いたことが分かります。

湯もみと踊りも見物しました。
「草津 よいと〜こ〜 一度は おいで どっこいしょ・・・」
湯もみや踊りを見ながら、見物客も一緒になって歌ったり手拍子をたたいたり。
その声や音が天井や周りに響いて中々良いものでした!
ゆもみ

温泉街を歩き、お店を覗いて回ります。素敵な建物が沢山あります。
温泉街1

彫り物

軒下

温泉街2

「草津は寒いだろうな?」とハイネックのセーターにカーディガンも重ねて着たのですが、それでも寒かったです。
寒いはずでした。昨日?だったか今朝とおっしゃったのだったか?白根山は雪だったそうです。1000円均一ショップで、スカーフを買って首に巻きつけました。

夕飯前と寝る前と次の日の朝と・・・
温泉には欲張って3回も入りました。 極楽 極楽(*^。^*)


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 11:59 | お出かけ | コメント(11) | トラックバック(0) ]

2008年10月27日
帰省して
ホトケのザ

お盆にも帰らず、お彼岸にも帰らず、義母のお見舞いにも行かず、お墓参りもせず・・・
このまま1年が終わってしまうのかと気になっていたが、何とか時間が取れて
急遽帰省して来た。

朝一番に、まずはお墓参りへ。
お店はまだ開いていないし、お花も買えないし、
荒れ放題の実家の庭から、オキザリスの花と赤い実を摘み、まだ青い柚子をいくつか捥いでお墓へ向かった。
息子夫婦の 結婚写真 を見せながら、小さい声でお喋りする。
車を止めた場所に戻ると、先ほど近くのお墓にいらした方が、
「よう、お参りなさいました」と声をかけて来られた。
懐かしい訛り!

そのまま車を走らせて、続いて義母の病院へお見舞いに。
久しぶりに会う母は、肌つやも良く安定している様子でホッとする。
耳元で、「お母さん、孫が結婚しましたよ」と話しかけたり、暫く母の傍で過ごす。
義父のお墓参りも済ませ、親戚を少し回って挨拶をして、そのあとは、 
夫の故郷の伝統行事なのに、まだ一度も見たことが無いという
「正八幡宮九日(くんち)祭(五穀祭)」 を見物した。

慌しい帰省だったけれど、今は少しホッとした気分。
[ 投稿者:Y&Y at 23:04 | その他 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

正八幡宮九日(くんち)祭(五穀祭)見物へ 
五穀祭

行列は、一の鳥居から始まります。
本殿までの長い参道を、太鼓橋を渡り階段を登り本殿まで歩きます。
一の鳥居

箒を持った人が掃き清め?ながら、その後を家老、槍を持った人、弓や矢を持った人、
殿様、そのまた後に、長襦袢を着て赤いタスキに赤い帯、頭にピンクや白の生花を挿し、ほっぺを赤く染めた人たちが続きます。長い長い竹ざおで長持ちを担ぎ、あっちへよろよろ、こっちへよろよろしながら従っています。
行列

なんとも可愛くてユーモラスで、この方たちの顔をみると思わず噴出してしまいます。
行列1

行列2

行列3
行列が、やっと何とか本殿へたどり着きました。

殿様と家老は上がっておもてなしを受けます。
五人の殿様

休憩中
お供は一休みです。

このお祭りのことをネットで検索してみましたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神様に米の有り難さを感謝する奇祭で、
氏子中を五組に分け、その代表の当屋組が五穀豊穣を祈って
神前で饗膳職をつとめます
頭人が殿様、世話役が家老に扮します
宮入りでは、頭人がかみしも袴姿に刀をさして陣笠をかぶり、
その後ろを奇抜な装束の神せん(長持)持ちなどが付き従います
午後二時三十分に宮入り、午後四時、祭典・頭人の行事と続き、
祭典終了後流鏑馬(やぶさめ)行事が行なわれます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夫の故郷のお祭りですが、夫も見るのは初めてだそうです。
お祭りに集まるのは関係者が殆どのようで、もったいないことだと思います。
もっと子どもたちも来てくれたりしたら良いのにと思いました。
[ 投稿者:Y&Y at 10:16 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年10月18日
ピアノとギターと・・・練習中
PA150010

楽器を始めて1年半ちょっとの私たち。
そんな、ど素人の私たち夫婦が、若い二人の結婚を祝って、
結婚式の日、ピアノとギターで伴奏合奏して、皆さんに歌って頂くことになった。

line_heart02

夫がピアノの先生から渡された教則本には「世界は二人のために」が入っていて、そうしてテキストには、既に“花丸”もついている。
“花丸”を貰った時、夫はひそかに「結婚式に余興で演奏して祝ってやりたいな」と思ったそうだ。
そんなことを何気なく言い出す夫に、私も気持ちは大賛成。
ギターの先生に、コードのついた「世界は二人のために」の楽譜をコピーして頂き、時折練習してみたりしていた。

心ひそかに願ってはいたことだけれど・・・それが現実に合奏して歌うことになって・・・
さあ大変!練習してはいるものの、今でもところどころ間違える、歌もひどい。
「下手でゴメンネ! でも一生懸命、二人を祝う気持ち一杯で弾くからね!」

子どもの頃の事を尋ねられ、しまいこんだ場所さえ定かではなかった「母子手帳」やら「育児日記」やらを引っ張り出して読み返してみたり、
披露宴で皆さんに見ていただくスライドを作るための写真を、アルバムから一緒に選んだり、そんなこんなも嬉しくて幸せな時間。

line_heart02

結婚式 結婚式当日

[ 投稿者:Y&Y at 13:23 | 楽器・発表会 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2008年10月10日
総合公園を歩く
寄り添う二人 6:37
朝の陽だまりで仲睦まじく寄り添う二人(二匹)!
いつもおんなじ場所にいるのね、あなたたち!

ウォーキング再開
総合公園は、朝でも夕方でも、歩く人・走る人・犬の散歩の人・・・たくさんの人がいる。
9月に受けた健康診断の結果を見て、とうとう観念して公園を歩くことにした。
出かける時は二人一緒、着いたあとはそれぞれ1人。
私は歩く、相棒はジョギング。

今朝は、うっすらと富士山も見えた。
富士山 7:13

怠け者の私は、一人ではとても続かない、けれど一緒に家を出る人がいてくれる。
一人では続かないことも二人でなら、なんとか続けられそう・・・。
(かな・・・? いや、今度ばかりは続けなきゃな〜)

相棒のジョギングは、東京マラソン以来ずっと続いてる。
[ 投稿者:Y&Y at 15:55 | 総合公園 | コメント(8) | トラックバック(0) ]