掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2008年01月26日
休日の朝の公園
朝の公園歩きを「早朝に歩くのは体に良くない・・・」と夫が遅い時間に変更した。
その日以来、私は歩かなくなった(時間を見つけて一人でも行けばよいだけの話なんだけれど・・・)
今日は土曜日、久しぶりに一緒に公園へ歩きに行けた。
コースを1周だけして図書館へ回り、順番待ちしていた本を受け取ってまた公園へ戻る。落ち合って帰りは一緒。公園の中では、いつも別行動。

休日のこのくらいの時間だと、子ども達も含め走る人が多いな〜!
200801261011000 10:11

体育館の前で、鬼ごっこ?をして遊ぶ子供達、これから何か行事でもあるのかしら・・・?
200801261016001 10:16

[ 投稿者:Y&Y at 11:12 | 総合公園 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年01月25日
きなこあめ
きなこあめ
電子レンジでハチミツを温め、
そこに黄な粉を混ぜこむ
丸める(棒状にして切る)
きなこをまぶす・・・完成!

「小さな日記」の「はしばみセーラさん」のブログで見て、作りたくなったお菓子です。
普通のきなこのものと黒ゴマ入りの黒大豆のきなこを使って、2種類作ってみました。
あっという間に出来て、そのうえ美味しいです

今日は、お友達と以前から手がけている手仕事の続きをしました。
お昼は、お宿の友達が作ったヤキソバ、常備菜も用意してありました。柚子大根とフルーツきんとんです。
持ち寄りの果物とお菓子も。
「手仕事をしよう」と集まるのだけれど、食べるのも楽しみ、お喋りも大事です。
キナコアメもお茶菓子に食べてもらいました。
友人たちの感想は「美味しいね!」です。
レシピをコピーし、残りのきなこあめも持って帰りましたから、彼女達も作るでしょう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 18:08 | 手作り | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2008年01月23日
ルーファス・ウェインライトのコンサートに\(^O^)/
東京国際フォーラム「ルーファス・ウェインライト ジャパンツアー 2008」
終わった後のホール前
国際フォーラム

若い人から貰う情報は、自分からは開けない窓からの景色みたい。

洋楽は、子ども達がまだ家に居た頃、ビデオの機械が壊れるほど繰り返し繰り返し、見たり聴いたりしていて、側にいる私も、見るともなく聴くともなくしていたが、夫婦二人だけの生活になった今、全く無くなってしまっていたことの一つ。

次男から「お母さん、ルーファスのチケットがあるんだけれど・・・自分が行きたくて買ったんだけれど行けなくなったんで・・・行ける?」と電話が入った。
「ルーファス・・・ルーファス・ウェインライト!」すぐに思い出した。
「うん、行ける、行きたい!」顔をよじって夫の方を見ながら、『いいかな〜?』と夫の了承も確かめる。

何時だったかしら?4年前?5年前?
「すっげえいいと思うんだけれど、お母さん聴いてみてよ」と聴かされたのがルーファスの1枚目のCDだった。

深みのあるやわらかい声、情感のこもった特徴のある歌い方・・・ああ、あの時ぞくぞくした声だ!
バックバンドとガンガンギンギン大音量で歌う曲もあれば、マイクなしで、ミュートをかけた金管3本で静かに歌ったり・・・。
2時間の演奏が終わり、暫くの合間のあと、アンコールで再び出てきたルーファスは、白いバスローブ姿だった。
ピアノの弾き語りのあと、今度はステージ前面に置かれた椅子に足を組んで腰を掛け、イヤリングをつけ、指輪をはめ、ルージュを塗り、編みタイツの足にピンヒールの高い靴を履き、バンドの男性7人とダンスをしながら歌って魅せた。

洒落た終わり方。 久しぶりの非日常、楽しい時間!
[ 投稿者:Y&Y at 08:08 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年01月18日
三蓋山(みかさやま)~猫越岳(ねっこだけ)へ
今日のコース
修善寺駅===天城トンネル入口・・・旧天城トンネル・・・天城峠・・・旧天城峠・・・
滑沢峠・・・三蓋山(1012.6m)・・・つげ峠・・・猫越峠・・・猫越岳(1034.7m)・・・
猫越峠火口湖・・・後藤峠・・・後藤山・・・ナベ岩・・・仁科峠===宿へ

伊豆に、猫越岳(ねっこだけ)という名前の山があるのを知って、『なんだか面白い名前だな〜』と思っていた。
手持ちの本で見ると、この山があるのは、天城峠から西へのびる伊豆山稜線で、歩く人は少ないけれど天城らしい展望と自然が一杯のコース、と紹介がある。
歩いたあと、湯ヶ島の温泉で一泊する予定で出かけて来た。

天城トンネル入口でバスを降り、階段を上って旧天城トンネルへ。
明治34年に出来たという古いトンネル。ツララが下がっていた。
旧天城トンネル

トンネルの右側から天城峠への道へ入る。
伊豆山稜線歩道へ入る

途中、何度も富士山が見えて嬉しくなる。
富士山を見ながら歩く

天城峠から更にすすんで旧天城峠へ。
旧天城峠

滑沢峠を通り過ぎ、少し登ってほどなく三蓋山山頂へ到着。ここでお昼。
風はないが薄っすらと雪も残っていて寒い。買ったばかりのテルモで熱々のコーヒーを飲む。
三蓋山山頂

うっすらと雪が残る道

ブナの気持ちの良い林、猫越峠からひと登りで猫越岳山頂へ。
ブナ林を行く

ブナ巨木

猫越岳山頂

少し下ったところにある「猫越峠火口湖」、250万年前は海だったそうだ。湖面一面に氷が張っている。とても静か。
猫越峠火口湖

赤くなって来たアセビの花芽。
アセビの花芽

アセビの道

アセビの道、笹の道、以前歩いた達磨山の道を思い出す。

仁科峠から見上げるナベ岩
仁科峠からナベ岩を仰ぐ

仁科峠から湯ヶ島へ
仁科峠


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 20:50 | 歩き | コメント(9) | トラックバック(0) ]

2008年01月14日
大磯・左義長へ
一度見に行きたかった、大磯の新春の風物詩「左義長」を見に行って来た。
火祭り会場の北浜海岸へ着いたのが4時半頃。
火が入るのは7時、いくらなんでも早すぎた・・・。

サイト1

サイトと子ども

海岸に並んだ9つのサイトは、達磨や扇子などで綺麗に飾られている。
お習字が飾られていたり、折り紙の輪つなぎを長く垂らしているのもある。
飾り方は町内によって、それぞれ少しずつ違っているようだ。
サイトの側にいらした町内の長老さん?のお話しによると、
サイトに火がつけらる箇所は恵方、
てっぺんの「おんべ竹」は、必ずへ恵方へ倒さなくてはならない、
その為、サイトは3本の綱で張られていて倒れる方向を調節するのだとか。

「やんなごっこ」の儀式に使われる、縄で編まれた仮宮
神輿

縄は、すべて「の」の字に編まれ、中にベニヤで作ったお社が入っている。
サイトの火が燃え盛る頃、裸の若衆が綱で引いて海へ入る。
両方を綱で引き合い、最後はこのお社を潰す・・・。

長老さんは色々なことを話して下さる。
左義長と言われるようになったいわれとか、今日のお祭りに用意するのは清酒2本とお豆腐2丁、醤油は使わないとか(何故かは?聞かなかった)。
お話を伺ったり、屋台のヤキソバを食べたりして待つこと暫し、火入れの時間近くになると、正月のお飾りや縁起物を持った人、見物人と思しき人などが増えて来た。

サイトに火が入る
燃え上がるサイト

裸の若衆は、冷たい海の水に浸かったり、上がってくれば背中や頭に火の粉が舞い落ちるのだから、大変なこと!
仮宮

振る舞いのお酒を頂いたり、駅で買った紅白のお団子を熱いのを我慢しながらあぶったり、人垣の中から「やんなごっこ」を見物したり、寒かったけれど楽しいお祭りだった。
[ 投稿者:Y&Y at 22:55 | 地域 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2008年01月12日
三社巡りへ
今日のコース
小田原駅=箱根神社=箱根峠=三島大社=熱海梅園=伊豆山権現=小田原駅

歩く会1月例会は、一年間の山行の安全と無病息災を祈願しての三社巡りだった。
今回は、集合場所の小田原駅から貸し切りバスによる神社巡りだ。
朝からポツリポツリと雨も落ちてくる憎のお天気だったが、源頼朝にゆかりのあるこれら3つの神社は、私はどこも皆初めての場所。

「箱根神社」 
箱根神社1
別当行実が源頼朝の挙手を助けたことで幕府の絶大な庇護を受け伊豆山神社と並び関東第一の神社となった

「三島大社」 
三嶋大社
源頼朝は源氏再興を祈願して100日間ここに日参し、後襲撃に成功した

三島は水の街、「水辺の文学碑」を見ながら湧水池のある白滝公園へ
白滝公園

花には少し早いけれど「熱海梅園」へ
紅梅は、かなり咲いている。淡いピンクの梅も咲いている。白は、まだまだこれから。
ロウバイはかぐわしい香りを放ち既に満開。中山晋平記念館も見学
熱海梅園で

「伊豆山権現」 
伊豆山神社
頼朝と政子の縁を結んだ場所として知られている

頼朝と政子が腰を掛けたと言われる「腰掛け石」
頼朝、政子腰掛け石



続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 23:16 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年01月06日
東京マラソン10kmコースを歩く
朝、いつものように公園へ歩きに行く途中で夫が、
「東京マラソン10kmコースを歩いてみたいんだけれど」と言い出した。
「じゃ、今日は? 今日なら一緒に行けるし行きたいし」と私。
必要な地図を何枚かコピーして出かけた。

スタートは、聳え立つビル群の間の都庁から
新宿都庁 12:25 

靖国通り、外堀通り・・・大勢の釣り客で賑わう市ヶ谷駅側の釣堀
市ヶ谷駅釣堀

釣堀から離れたところでも釣り人が
市ヶ谷駅釣り人

専大通り、内堀通り、皇居のお堀端・・・、噂には聞いていたけれど、次々に人が走って来る。男性、女性、若い人、年配の人、ずんずん走り去って行く。
『この人たちも、東京マラソンを走るのかな〜?皆さん速いな〜!』

ジョギングする人

皇居お堀端

途中でお昼を食べたり、写真を撮ったり、やっと終点の日比谷公園に到着 (~_~;)

日比谷花壇 15:30

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 23:23 | お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2008年01月04日
高松山(801.4m)へ
高松山山頂

今日のコース
東山北駅(JR御殿場線)・・・氏神・・・ビリ堂・・・高松・・・尺里(ひさり)峠・・・氏神
・・・東山北駅
高松山地図

足柄平野の北にある「高松山」は、西隣の「大野山」と共にハイキングに訪れる人の多い山だそうだ。

東山北駅で電車を降り、歩き始める。
東名高速側道へ入ると、目の前に明神ヶ岳・金時山・矢倉岳が見えて嬉しくなった。
坂道を上りきると、今度は正面に大野山・その左に大きな富士山がクッキリと見えて、
ますます嬉しくなった。
東名側道から富士を見る東名側道から富士を見る

尺里川にかかる青い安洞橋
安洞橋

安洞橋を渡ってミカン山へ。氏神様で手を合わせ、左の道を菜の花の咲くミカン畑へと
上る。
ミカン畑と菜の花

農道終点から雑木林の山道へ、ふかふかの落ち葉道
落ち葉の道

ビリ堂の石仏(馬頭観音)、ここで小休止
ビリ堂

広々とした高松山山頂
高松山山頂広場

山頂からの富士山は樹間越になる・・・と本にはあったけれど!
高松山から富士を見る

高松山から愛鷹・金時を見る愛鷹・金時

途中から、追い越されたり追い越したりの家族連れの方と写真を撮りあい景色を眺め、
ここで昼食。
反対方向から登って来られた二人の男性もゆっくりとお昼を始められた。
お天気も良く風もなく、気持のいいハイキング日和。
のんびりとしていたいけれど、そろそろ下りよう・・・。
男の子を連れた家族連れの方が先に出発・・・と思ったら、引き返して来て手を叩き、
富士山を拝んでまた下って行った。
なんだか可笑しいけれど、富士山って拝みたくなるのかも・・・。私たちも尺里峠へ向けて下りる。

急坂を下る。林道、農道を下り峠からは舗装道路を下る。
途中で出会った、道路整備をしているブルドーザーと連れの犬!
ブルドーザーと犬

だらだらだらだら・・・
延々と下って行く気分がし始める頃、やっと歩き始めの氏神様へ着いた。
朝、氏神様への舗装道路は凍っていた。
朝の寒そうな姿から、帰りは西日を浴びて眩しそうな暖かそうな姿に・・・
氏神様帰り道で

キラキラと輝く尺里川
尺里川
[ 投稿者:Y&Y at 10:59 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

高松山続き (実・花)
赤い実
山頂の赤い実、なんという木の実なんだろう?とても可愛い

気の早い花
イヌノフグリ イヌノフグリ

ホトケノザ ホトケノザ

スミレ
スミレ大

こちらは、花の直径が1cmくらい、これもスミレかしら?
スミレ

名残の紅葉 ミコシグサ
ミコシグサ

[ 投稿者:Y&Y at 10:07 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年01月01日
年の始めに
平成になってもう20年・・・速いなあ〜!

平塚海岸初日の出

平塚海岸初日の出1
平塚海岸へ初日の出を見に行った

家に帰って今度は近所のお宮さんに初詣
初詣1


初日の出を見に行った場所で、近所の方とバッタリ出会って御挨拶。
初詣でへ行く途中、今度は公園歩きの時にいつも会う、
これまたご近所のご夫妻と出会って、「今年もどうぞ宜しく・・・」とご挨拶。
神社でも、顔見知りの方と出会い御挨拶。
「良い年になりますよう・・・」


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 11:12 | 地域 | コメント(12) | トラックバック(0) ]