掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2007年08月30日
檜の香り
8月24日(金) 鍋割山へ

山を歩いて来ると、何故だか機嫌が良くなる。
体は疲れるし、足だって筋肉痛になるのに・・・不思議。

この日、鍋割山へ向かう尾根を登っていると、どこからともなくふっ〜と清々しい香りを感じた。「何だろう・・・? 花・・・?」と見まわすけれど、花でもなさそう。

山頂からの下りコース、後沢乗越〜二俣間は、ちょうど間伐伐採が行われている期間だった。
登山口では「通行不可」となっていたが、山荘の方は「スミマセン通らせて下さい」と言って通ってください・・・と言われる。
その言葉を頼りに、当初の予定コースを下山した。

間伐

途中、伐採箇所に来ると、辺り一面、山道も良い香りで一杯。
「上りのときに感じた香りの正体は、桧だったんだ!」
茶色い枯れ枝や、新しい切り株があちらこちら沢山ある。切り株に鼻を近づけて匂いを嗅ぐ。時々立ち止まって深呼吸をする。いい香り!気持が良い、疲れた体もまた元気になるようだ。これが森林浴、桧の香りの効用かしら・・・。

もっと下りて行くと、トラックいっぱいの材木が運び出されるところだった。「こうして手入れされて、木も売れるんだ!」と何だか嬉しくなった。

間伐材運び出し

間伐材


鍋割山へ行った翌日の地方紙に、こんな記事が載った
・使われない県産林
・丹沢、大山など県産林の利用率が低迷、
・原木の取引価格は落ち込んだまま
・市場に出しても売れないため、伐採する山主は少なく、
 スギ、ヒノキは放置されたままで持ち腐れの状態にある
・利用率低迷「伐採するだけ赤字」
・地元の木を使いたいという需要増えれば…
・理想は木材も〝近穫近消〟

あの日運び出された材木が、いい値段で売れていますように・・・
[ 投稿者:Y&Y at 19:53 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年08月26日
照ヶ崎海岸へアオバトを見に
スコープを据えて

ブログで知ったアオバトの飛来地、大磯の照ヶ崎海岸へ出かけて来た。
着いたのが7:30頃、既に岩礁の近くにはカメラを構えた人々の一群と、少し離れてスコープを幾つも並べたグループが海のほうを眺めたり、空を眺めたり・・・。
今日は「こまたん]( 野鳥を中心に、花や昆虫などを愛でる平塚市・大磯町をフィールドに持つアマチュア・バードウォッチングのグループ)の定例会だそうだ。
「どなたでもどうぞ・・・」とスコープを覗かせて下さった。
岩礁に止まったアオバトがくっきりと見える。水を飲むしぐさも見えた。アオバトは頭を上に上げなくても水を飲み込めるのだそうだ。
頭上を、何度も何度もアオバトの群が飛び回る。胸の淡い緑が美しい。
急に一人二人が声を上げて走り出したと思ったら・・・
落ちた羽を拾いに走ったのだ。さすがに、見つけるのも動き出すのも早い!

緑がかったのは、尾の羽根。白っぽいクリーム色の羽根に筋の入っているのは、お尻の羽根。アオバトの羽は一年かかって全身徐々に抜け替わるのだそうだ。
左右対称に同じところの羽が抜け落ちるので、落ちている羽も左右分2枚あることが多いことなども教えてくださった。
アオバトの羽根

アオバトの羽根1

帰りに、「こまたん」メンバーの1人の「大磯のパン屋さん」で、アオバトパンとアオバトクッキー他を買って帰った。
パン屋さん1

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 13:06 | 地域 | コメント(10) | トラックバック(0) ]

2007年08月24日
丹沢 鍋割山へ
鍋割山山頂

今日のコース
大倉(バス停)〜一本松〜堀山〜天神尾根分岐〜花立〜金冷シ〜小丸(1341m)〜
鍋割山(1272.5m)〜後沢乗越〜ミズヒ沢出合〜大滝往復〜二俣・勘七沢出合〜
県民の森入口〜大倉

大倉バス停そばの駐車場に車を置き、山神社でお参りを済ませ、大倉尾根に向かって歩き始める。
以前、塔ノ岳からこの尾根を下りたことはあるが、登りは初めてだ。
距離が約6.5km、標高差は1,100mくらい。それをいっきに登る。
時折霧が流れる曇りがちの天気、いくらか涼しいはずなのだけれど、急な登り続きで、汗はダラダラ、息も上がる。ふうふう言いながら、ゆっくりゆっくり登る。

涼しげなマツカゼソウ
マツカゼソウ

この青い花は・・・アキノタムラソウ
アキノタムラソウ

キンミズヒキが咲き始めている アザミも・・・→タイアザミ
キンミズヒキ アザミ

ゴロゴロ石の道

マルバダケブキの黄色は、良く目立って気持を弾ませてくれる。
マルバダケブキの咲く道

やっと金冷シへ着いた。右は塔ノ岳への道、左が鍋割山への道。
金冷シ

一旦下ってまた登ってを繰り返し、鍋割山山頂に到着。
霧が出たり薄日が差したりのお天気。天気が良ければ、富士山を始め素晴らしい展望が楽しめるところだそうだが・・・。
鍋割山荘1

ふと見ると鹿が3頭、のんびりと草?木の芽?を食べていた。鍋割山山頂の芝生の広場は、至る所に鹿の糞が転がっていた。目の前でゆったりと寝そべったり餌を食べたりする鹿の群れ、鹿の害も増えている訳だ。
鍋割山山頂で鹿

お昼を食べて少しゆっくりして下山。
登りがきついのだもの当然かしら?下りも急! がんがん下っていく。
下山コースで見つけたヤマジホトトギス。キツネノカミソリも咲いている。
お花を見ると急に元気になれる。

ヤマホトトギス キツネノカミソリ

後沢乗越〜二俣間では、ちょうど間伐伐採が行われていた。
登りコースの途中でもフッと桧の香りが流れて来て爽やかな気持になったが、桧の良い香りに包まれながら歩くのは、とても良いものだった(香りも、お届けできたらいいのだけれど・・・)

ミズヒ沢から往復30分、素晴らしい大滝の眺め
ミズヒの大滝2

そこからまた林道を下って行き、大倉バス停へやっと帰り着いた。


暫く山らしい山を歩いていなかった。
久しぶりで疲れたけれど、二人で歩けるのは本当に嬉しい。
[ 投稿者:Y&Y at 17:27 | 歩き | コメント(12) | トラックバック(0) ]

2007年08月21日
ウラギンシジミ
8月20日、洒水の滝 散策コースで
ウラギンシジミ2

豪快に落ちる滝を眺め、すっかり涼んでから滝入口へと戻った。
ふと見ると散策コースがある。『どうせなら違う道で・・・』とそっちへ入った。
川沿いの道、山側には紫陽花が植えてある。
銀色の中くらいの蝶が、歩いている私の周りをヒラヒラと何匹も飛び交う。
『ウラギンシジミ・・・?』と思うけれど、ちらと見える翅の赤い色がとても鮮やかで・・・
前見たのと違う、イメージが違う・・・違うのかな〜?

時々止まる、だけど中々羽根を広げてくれない。
ウラギンシジミ1

お願い、羽根を広げて!写真に撮らせて!そうそう、お願い・・・ね!
ウラギンシジミ3

ウラギンシジミ4

家に帰って調べてみると、ウラギンシジミのオスらしい。
以前、チラッと見たのはメスだったんだ。
オスはこんなに鮮やかな衣装を着てたんだ!
[ 投稿者:Y&Y at 15:11 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年08月20日
山北 洒水の滝へ
洒水の滝7
近場で、一人でも出かけられそうで、少しは涼しいところ、日本の滝百選・全国名水百選・神奈川の景勝50選でもある「洒水の滝」へ行って来た。

国府津から御殿場線に乗り換え山北駅で下車。
駅前に可愛い色の循環バスが待っているが、乗らないで・・・
循環バス

ふるさと交流館(?という名前だったかな?)で地図を貰い道順も教えて貰って、まずは河村城址めざして歩き始める。
跨線橋を渡り、山北鉄道公園のD51を横に見て
山北鉄道公園

河村城址入口 シュウメイギクが咲き始めていた。
河村城址入口

シュウメイギク

坂を登る。木陰の道で暑さはさほど感じない。落ちていたドングリ、もうこんなに大きくなっている!
河村城址への道

どんぐり

河村城址
河村城址2

一旦下り、洒水の滝へ向かう
洒水の滝へ1

向こうに見えるのは明神ヶ岳・矢倉岳・金時山
明神・金時・矢倉
暫くは、日差しを遮るものもない暑い道を歩くが、ほどなく洒水の滝入口へ着く。

滝への道
洒水の滝へ

洒水の滝渓流

洒水の滝 落差69m
洒水の滝3

遊ぶ子ども
遊ぶ親子

名水を汲む人
名水を汲む人

今日も暑い日だったけれど、滝の回りは本当に涼しかった!
[ 投稿者:Y&Y at 21:05 | 歩き | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年08月18日
大太鼓の張替え(秋の例大祭を前にして)
大太鼓の皮の張替えは、何年かに一度のことで滅多に無いことだそうだ。
太鼓保存会の会長さんから「良かったら見に来ませんか」と誘われて出かけた夫。
太鼓の皮を締め、踏むのは天井からぶら下がった綱を握り、足の先で踏むのだそうだ。

締め3
締める
締め2

踏む1
踏む
踏む2

反対の面は、また次の日に 締めて踏む・・・ の繰り返し。
来月は地元の神社のお祭り、いい音で鳴り響きますように!
[ 投稿者:Y&Y at 16:28 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年08月14日
酷暑の1日(14日)
総合公園

競技場


14日酷暑1

公園暑い


海1

海2

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Y&Y at 15:30 | 地域 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2007年08月11日
故郷へ
短い帰省の間に、お墓参りや仏様へのお参りを済ませて来た。

青い空、白い雲、緑の田圃・・・「これが故郷の夏だ!」と言う気持になる。
本当は、ここは夫の故郷なのだけれど、今では私自身の故郷のような気にもなるから
何だか不思議。

高台にあるお墓からの眺め  年をとると、この高さまで登るのが大変になりそう
周防灘の向こうに見えるのは九州
お墓参り1

お墓参りを終えて 
ふるさと夕景
[ 投稿者:Y&Y at 16:00 | その他 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年08月08日
花火見物
湘南銀河大橋から寒川の花火が見える。
急に思い立って、自転車に乗って出かけて来た。
花火3

花火11

湘南銀河大橋から見た夕暮れの富士山
富士山


[ 投稿者:Y&Y at 21:51 | 地域 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2007年08月06日
紫蘇ジュース
飛行機雲
遅い梅雨明け宣言の後は、毎日うだるような暑さ続き!

「しそジュースどうする〜? 作る〜? たくさん貰ってきたんだけど〜」と、
今年も友人から電話が入った。
彼女は、お兄さんの畑へ手伝いに行って、一抱えほども赤紫蘇を貰ってくる。
それを材料で分けたりジュースにして配ったり・・・。

酢を使うものと、クエン酸を使うものと両方作ってみた。
しそジュース

酢の方は、飲んだあとツンと来る。「これがいい!」と言う人もいる
クエン酸の方は、飲みやすい。好みはそれぞれ。
[ 投稿者:Y&Y at 09:21 | 手作り | コメント(6) | トラックバック(0) ]