掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2016年11月26日
大山へ(11月23日〔水〕)
今日の歩きコース
大山駐車場・・・(こま参道)・・・大山ケーブル駅・・・大山寺・・・阿夫利神社下社・・・(女坂)・・・大山(1251.7m)阿夫利神社・・・(雷ノ峰尾根)・・・見晴台・・・阿夫利神社下社・・・(男坂)・・・大山ケーブル駅・・・(こま参道)・・・和仲荘(昼食)・・・大山駐車場

勤労感謝の日、お嫁さんと私たち夫婦と、3人で大山へ登った。

大山寺紅葉  大山寺

燃えるようなモミジ。夜はライトアップもされる。

燃える紅葉

家族で登っていた男の子が「山が燃えてる〜!」(^^♪

大山下社紅葉 阿夫利神社下社

下社からの眺め 下社からの眺め

女坂を上る 上りは女坂から

もうすぐ上社 もうすぐ山頂

大山山頂3人で 着いた〜!

山頂は凄い人・人・人、パンと熱い紅茶で軽いお昼。
じっとしていると手がかじかんで来る。見晴台に向けて、早々に下山開始。

見晴台で 見晴台

曇っているのに遠くにスカイツリーも見えた。

見晴台からの眺めスカイツリー 

見晴台から下社へ下りる途中、「二段の滝」で沢登りをするグループもあった。

沢登り

下社まで下りて、さてその先・・・
「下りは・・・どうしようか?」と言いつつ、夫は、迷いなく男坂を選んで下りて行く。
私は、恐る恐るカニ歩きで慎重に下りて、無事に着いて、ホッ(^。^)

男坂を下る 


大山と言えば豆腐料理。
予約していた「和仲荘」で、少し遅めの昼ごはん。
いろいろなお豆腐料理を楽しんで、お腹も一杯になって帰路へ。

久しぶりの大山、久しぶりの男坂。
翌日から筋肉痛が始まり、今日もまだ太ももが痛い(>_<)
[ 投稿者:Y&Y at 17:46 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2016年11月21日
香月恭男展へ(11月17日〔木〕)
香月恭男展平塚美術館へ

ちょっと気になっていて「行ったみたいな・・・」と思っていた展覧会、平塚市美術館で開催中の「香月恭男と丸木位里・俊、そして川田喜久治」展へ行って来ることが出来ました。
友人というよりは人生の先輩、一回りほど上の方とご一緒に。
午前中、中央公民館で開催された「家事家計講習会」で落ち合って、その後、お喋りしながら美術館のレストランで昼食。そうして、その後はゆっくりと絵と写真を鑑賞。

香月恭男は、何年か前、山口県の萩や長門を姉と一緒に旅行した折、三隅町にある「香月恭男美術館」も訪ね、絵や絵葉書、玩具など見た画家さんです。
その後、ある方からお借りした本でも、香月恭男のシベリアシリーズのことなども読みましたから、また思い出したり、ちょっと気になっていたところです。
気になりながらも行かないままでしたが、友人から背中を押され、やっと行ってみることが出来ました!
その方、たまに絵を買ったりなさる方です。香月恭男のことだったのか、丸木さんご夫妻のほうのことなのか?「実はちょっと所縁があって・・・」と。
[ 投稿者:Y&Y at 11:04 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月20日
「県道723号線」のこと
11月例会 
 箱根外輪山歩き 「矢倉沢峠〜火打石岳〜明神ヶ岳〜宮城野」  は山行当番でした。

春先から、何度かこの山に登ったりしているうちに、宮城野の別荘裏の 細いえぐれた道 が、れっきとした県道723号線ということを知りました。

別荘脇道 県道マーク                              えぐれた道                              県のマークの付いた石柱

ネットからのコピーですが
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮城野支所前からの登山道(県道723号線)
この登山道は日が差していれば歩きやすそうに見えます。実際には別荘地の脇が多いので日陰のところが多いです。勿論登山道なので、もっと急なところや岩がゴロゴロしているところもあります。下りに使うと結構滑りやすいかもしれません。ところでこの道は、なんと県道723号関本小涌谷線でした。車が通れない登山道が県道なのです。インターネットの地図を見ると、この登山道に県道のマークが入っています。昔(大正の頃)から宮城野と道了尊をつなぐ道路計画があったようです。実際に現在、強羅と宮城野の間が県道723号線になっています。また大雄山線の関本から道了尊に至るバス道路も県道723号線になっています。どうやらトンネルを掘って箱根町の宮城野側と南足柄市の道了尊側を結ぶ計画があったようです。それが今のところ実現していないために登山道として残されているようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下見の日には、ちょうどハイキングコース起点へ出たところで、

起点 ハイキングコース案内板

地元の方から声をかけられ、「この道はね、県道なんだよ!」って、同じお話を聞かされました。車道を横切った先の表示板の道が宮城野バス停まで続いています。

県道723号線へ

びっくりですよね、こんな細い道が県道なんて!
当番をしたり下調べをしてみると・・・こんなことを知る楽しみもあります。
[ 投稿者:Y&Y at 10:07 | その他 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

箱根明神ヶ岳へ(11月12日〔土〕)
今日のコース
箱根湯本駅===仙石・・・金時山登山口・・・矢倉沢峠(うぐいす茶屋)・・・火打石岳・・・ガレ場・・・明神ヶ岳・・・鞍部・・・宮城野(歩く会11月例会参加)

紅葉と富士山を期待して登りました。
金時山登山口から矢倉沢峠までは一登り。”うぐいす茶屋”で一休み。焼き鳥と味噌コンニャクが美味しかった(*^_^*)

うぐいす茶屋

素敵な紅葉

明神紅葉1

秋の花はもう終わりかと思っていましたら、リュウノウギク、リンドウ、マツムシソウ、ウメバチソウ、まだまだ沢山咲いています。マユミやノイバラの赤い実、キノコも色々。私は気づけなかったのですが、ケムリタケと言うのもあったそうです。押すとプワッと煙のようなものが出るのだとか・・・。

厳しい上りも花に励まされながら歩けます。

明神きつい上り  リンドウ

富士山はちょっとだけ

見えることを願っていた富士山は、途中から雲に隠れてしまい残念!

明神ヶ岳へ

明神山頂

山頂で一休みして鞍部〜宮城野へ。

別荘地脇

県道723号線へ 県道723号線

歩き終わって温泉に入ってほっかりして帰宅(^o^)/

[ 投稿者:Y&Y at 10:00 | 歩き | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月30日
鎌倉ぶらぶら(10月28日〔金〕)
木曜日のこと、近くのお店で買い物をしていたらケータイ電話が鳴った。
「今どこにいるの〜?」  「○○〜」
「時間ある〜?」  「うん、空いてるよ〜」
「会える〜? 話したいな〜」  「いいよ〜嬉しいわぁ〜」
となって、パン屋さんで落ち合って早やお昼。そうし急に決まった金曜日の鎌倉散策。

北鎌倉で電車を降りて、お目当てのミュージアムへ「・・・? あれあれ! 今日は休館?」と思ったら、開催は明日からだった(@_@)

和のキルト展

と言う訳で、本当に行き当たりばったりの 鎌倉ぶらぶら(#^.^#)
とりあえず「浄智寺」へ

浄智寺山門1

浄智寺庭1 浄智寺庭3

浄智寺庭4 浄智寺庭7

お天気がくずれるのは承知で出かけたのだけれど、お昼前に早くも雨が降り出して、傘をさして「亀ヶ谷切通」を抜けて・・・

亀ヶ谷切通

前からちょっと気になっていた「鏑木清方 美術館」へ

鏑木清方美術館

昼食は、ガイドブックに載っていたという「五山」で「建長汁定食」。
入口の戸を開けたとたんに包まれた温かい店内の空気、ごま油の風味のきいた建長汁の匂い。体も心もほっかりとほぐれました(*^-^*)

小町通りをまたぶらぶら・・・でもでも、とにかく寒くて、甘味処で一休みして今日の散策は終わり。

また一緒に出かけましょう!
雨だろうが、目的の展覧会開催は翌日からだろうが、お喋りしてゆっくり歩いて、それで十分(^_-)-☆
[ 投稿者:Y&Y at 20:17 | 鎌倉 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月24日
石老山へ(10月22日〔土〕)
嬉しいお誘いを頂いて、久〜しぶりに石老山へ登ってくることが出来ました(*^-^*)

今日の歩きコース
石老山登山口・・・顕鏡寺・・・八方岩・・・融合平展望台・・・石老山・・・大明神山・・・展望台・・・ゲート・・・プレジャーフォレスト前

石老山登山口入口
            石老山登山道入口

蛇木杉 顕鏡寺
         蛇木杉                    顕鏡寺

岩窟
    岩窟(顕鏡寺寺宝 福一満虚空蔵尊)

石老山へ

岩の道1

八方岩 コウヤボウキ
               八方岩                     コウヤボウキ

融合平展望台
           融合平展望台

キク フユノハナワラビ
        シロヤマギク                        フユノハナワラビ

石老山山頂 石1老山

大明神山
            大明神山

大明神山お社 
           大明神山お社  

花
           リュウノウギク

岩の道3 ゲート到着
       岩の道                     ゲート到着

石老山は、以前一度だけ、桜の頃に登ったことがあります。岩の道と桜が綺麗だったことは思い出しますが、他はほとんど記憶になくて・・・
数えてみたら、なんと10年半ぶりの石老山でした(^_-)-☆
⇒ 2006年4月15日 石老山へ 
[ 投稿者:Y&Y at 20:09 | 歩き | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2016年10月10日
尾瀬ヶ原ハイクへ(9月25~26日) 2日目
9月26日〔月〕
竜宮小屋・・・長沢ノ頭・・・富士見田代小屋・・・アヤメ平・・・中原山・・・横田代・・・鳩待峠===わたすげの湯===横浜

2日目は、小雨の中の出発となりましたが、朝霧の木道の先に至仏山が見えます(^O^)/ 草紅葉の道を嬉しい気持ちで歩きます。

竜宮小屋から朝至仏山を見る 朝 竜宮小屋から

アヤメ平へ向かう アヤメ平目指して

富士見峠へ

アヤメ平 アヤメ平

正面至仏山 前方に至仏山

振り返って燧岳 振り返って燧ヶ岳

一面の草紅葉

横田代へ 横田代へ向かって

横田代

鳩待峠で泥んこのシューズをしっかり洗いました。
実は、ちっとも汚れていない方もいます。私の歩き方の何と下手なこと(>_<) 
バスで「わたすげの湯」へ寄り、汗を流して帰路へ。
楽しみにして待っていた「草紅葉の尾瀬ヶ原ハイク」。
紅葉・花・木の実、山小屋のグループでのお泊りも、まるで修学旅行のよう(^_-)-☆
大満族の2日間でした!
[ 投稿者:Y&Y at 09:09 | 歩き | コメント(2) | トラックバック(0) ]

尾瀬ヶ原ハイクへ(9月25~26日)
所属している歩く会の今年度最後のお泊り山行は、「草紅葉の尾瀬ヶ原を歩く」でした。
この季節に尾瀬を歩くのは、私は初めての経験。心待ちにしていた山行です(*^-^*)

1日目(9月25日〔日〕)
横浜===鳩待峠・・・山ノ鼻・・・牛首分岐・・・ヨッピ吊橋・・・竜宮十字路・・・竜宮小屋(泊)

鳩待峠 山の鼻へ下りる


草紅葉の道1

ヒツジグサ

池塘

白樺と紅葉

逆さ燧岳

草紅葉

竜宮小屋

[ 投稿者:Y&Y at 08:42 | 歩き | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月02日
明神ケ岳へ
今日のコース
箱根湯本駅===仙石バス停・・・金時山登山口・・・矢倉沢峠・・・火打石岳・・・明神ヶ岳・・・鞍部・・・宮城野バス停===箱根湯本駅(歩く会 11月 箱根外輪山歩き 下見参加)

湯本駅へ着いてみると小雨が降りだしていた。『今日は、1日こんな感じなのかな? 雨具を着込んでの歩きになるのかな?』と少々気持ちが重くなる・・・仙石まではバスで。一ノ蔵駐車場で身支度を整え、まずは矢倉沢峠を目指して登る。

ホトトギス

「うぐいす茶で」いつものように「味噌おでん」をご馳走になり一休み。
おじさん曰く、「今日はアサギマダラが見られるかもよ・・・」って。
本当に会えたら嬉しいのだけれど。私は今年、まだ一度もお目にかかれていない。

テンニンソウ ツルシキミ

ホトトギス、テンニンソウ、ツルシキミの赤い実、アザミ などなどを見ながら上ったり下ったりを繰り返し、やっと「火打石岳」に到着。

火打石岳

お昼休憩の後、続いて「明神ヶ岳」へ。

シオガマギク

センブリ

トリカブト

マツムシソウ

アサギマダラ

上りが続く道を息を切らして登る中にも、沢山のおに会えて嬉しくなる。おまけに、念願のアサギマダラにも遭遇!

明神ヶ岳山頂到着。

明神ヶ岳山頂

明神山頂フジアザミ 

リンドウ

リュウノウギク

山頂広場で、また食べたり飲んだり。その後、鞍部へ。

アキチョウジ?

鞍部

サルナシ

サルナシ実  

サルナシの実は、程よい酸味があって、とても美味しい(^o^)/
いっとき時間を忘れて大はしゃぎ(@_@)

ここから宮城野への急な下りは、道がかなり荒れている。注意しながら慎重に足を運ぶ。

宮城野へ

宮城野バス停で、温泉組の方たちと別れ帰路へ。

歩き始めに心配した雨は程なく上がり、途中では青空も出て来た。
ちょっと長いコースだけれど、沢山の秋の花にも会えて、ヤマボウシの実を食べたりサルナシの実を初めて味見したり・・・。
少人数での下見ならではの、楽しい愉快な歩きが出来ました(*^-^*)

⇒ 2006年5月5日 明神ヶ岳へ 
⇒ 2006年4月23日 明神ヶ岳〜明星ヶ岳へ
⇒ 2006年4月19日 明神ヶ岳〜明星ヶ岳へ
⇒ 2006年4月19日 矢倉沢峠「うぐいす茶屋」 
 
[ 投稿者:Y&Y at 22:00 | 歩き | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月17日
湘南平へ
今日は、久しぶりに歩きコースを少し変えて、往きは「高来神社〜ケヤキの広場〜地獄沢〜湘南平」。帰りは、いつものコースで。
湘南平 鉄塔

彼岸花赤 彼岸花白

ノコンギク?

ゲンノショウコ

「あれ? ギリョウソウ?!」と思って写真に撮って・・・
ギンリョウソウモドキ
家に帰ってパソコンで「大磯丘陵の花」を見てみたら・・・
「ギンリョウソウモドキ」と言うのが載っていた。これが、そうなのかな〜?

チョウ

ツマグロヒョウモン

ウラギンシジミ
[ 投稿者:Y&Y at 22:44 | 湘南平 | コメント(0) | トラックバック(0) ]