掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月20日
花瓣凋零在雲端沐春之城

人少的路上,花開更加肆意,向著驕陽也行,向著雨露也行,向著清風也行,自由的姿態讓我不由地深深震撼,這是天空的縱容,也是大地的關懷。越走春色愈濃,直教人眼花繚亂,才明白“亂花漸欲迷人眼,淺草才能沒馬蹄”是何等的生機盎然,才明白“落花流水春去也,天上人間”是何等的難以尋覓。湖畔,島上,町洲邊:花花都迷人,香韻各不同;池池修小橋,姿態千百樣;道道鋪石板,路路有行人。這究竟是花木的季節,還是山湖的季節呢?我邊騎邊思考,興許,是生命醒來的季節吧!
琢磨著,肯定在某一次三月的春雨後,天邊的彩虹,遺落在瑤湖,才讓我在四月剛至之時,因不規則的色彩斑斕而心花怒放。就算是同一顏色的鬱金香和油菜花,也是一個優雅含蓄,一個張揚豪放,前者似亮眼的鑽石點綴整個湖光瀲灩,後者相互依偎連成熱浪滔天的海洋。那仿佛翩躚少女面容的桃花,開滿高坡的棧道和悠長的柏油道。正所謂“玉容寂寞淚闌幹,梨花一枝春帶雨”,手扶住一樹梨花,就似守住漂泊的幾朵白雲,花蕾上有的不止蜜蜂采蜜,還有那幾滴未幹的三月雨淚。淡紫薰衣草,鵝黃迎春花,粉嫩小櫻花,野外未名花……都開了,在樹枝上,藤條裏,水塘邊,以及在孩童稚嫩的臉頰。過路的人,未曾摘折,笑著拍照,才能不留痕跡而帶走春景與美好。
青青垂柳,顏色也深了,不論我騎在哪個角落,總能感覺葉尖在親吻我額頭,樹下還三三兩兩躺著淺眠的遊人。一群一群的遊人,在各處靜謐陰涼地,或搭起帳篷,或野炊燒烤,或深聊長歌,有時孜然味和辣香味飄進風裏,有時戀人相互擁倚的故事與酒浸透進風裏,還有時遲暮老人白發如雪的滄桑封存在風裏。你可能會問我為什麽會知道呢?因為正在擦拭著汗水,傾聽著生命裏的感動,不一定非要是淚水滿面才是深深動容,淚往心中流,面色寂靜如水,也會是極大的觸動。
順著相對排開的棕櫚樹走來,轉過幾叢野花燦爛的草坪,眼前的湖水由翡翠的顏色驟變成寰宇深藍的色調。若不是幾隊鶯燕飛過,湖天發界限都要分不清了。這裏的月牙灣,就是那個被南昌人稱之為“小馬爾代夫”的地方,熱帶茅草亭旁,常有疾速的快艇駛過,那浪花濺起,婉若遊龍翻騰,又好似群魚嬉戲,當背影消逝,歡笑的還在一遍遍重播。岸邊的灣灘上,一片叫好,就連那拿著玩具鏟堆沙子的小男孩和小女孩,都想讓他們的遮陽帽和碎花裙,在浪裏嚐嚐花的味道。
“哎哎哎,這細伢子幹啥子呦,快回來,不然挨打咧。”他們的父母扯開嗓子喊道。
他們回頭望了望,再向前看一看,眼神像這湖水般清澈,繼續一深一淺靠近木橋浪花。
“呃嘿,這樣不聽話噠。”說罷,疾奔向他們,一把騰空抱起,小孩手裏的沙在指尖和陽光裏泄漏,撒在母親新買的草帽上,他們樂了,母親感歎一聲,也樂了起來。一切沒有戛然而止,就算我離開了通向這裏的路,金沙湮沒車轍,可我清楚他們類似的場景還在繼續!
翻越了幾座新砌好的石橋後,天色漸晚,陽光的溫度降了許多,估摸著遊覽了四五個小時。何必要知道具體的時間呢?它總會偷偷溜走的,所以不能光守著,還是朦朧一點吧!就像,我這一程看見的三對新人置身瑤湖之春裏,正在拍攝婚紗照的樣子,遙遠些詩情畫意恰恰更有濃厚的味道,太靠近了,強烈的真實也許會刺破此番平靜。而我隻是,悄悄經過,兩旁的小竹林在山地車的前進中倒退,越前進,倒退得越快。最後一眼,我不經意間,撇向寬闊國道附近的竹籬笆及木樁子,上面掛著枯老藤條,還有幾縷深深青苔,對比車水馬龍的鬧市,多了一份牽掛。如此祥和,是想保護著瑤湖的花海,還是要隔絕風沙的入侵,為隱逸而約束呢?這是個問題,卻不容易得到答案……
回到租車老伯這裏時,夕陽染紅了瑤湖上空,像被一場大火燒過一樣,也似碾落。雲端之下,江西師範大學仿佛屹立在紅色火海之中,再眺望遠一點,南昌的奧體中心建築,甚至整個南昌城就如梳妝好的女子,披上了紅衣,乘風歸入湖裏。最後這一抹紅光,終將隱沒在黑夜,又在第二天的清晨醒來,,色彩斑斕,花香不散!
[ 投稿者:び鈴を押し at 12:59 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月07日
牙痛怎麼辦?治療牙痛的小偏方





牙痛,相信每個人都有過,俗話說“牙痛不是病,痛起來真要命”,牙痛起來的時候千萬不可小視,否則那難受的滋味實在讓人難忘啊~~。牙痛是指牙齒因各種原因引起的疼痛,為口腔疾患中常見的症狀之一。下面就來給大家推薦一些治療牙痛的民間小偏方,能讓我們在不用醫生的情況下,也可以儘快止痛。

方法一:取大蒜搗爛,溫熱後敷在疼點上可以治療牙髓炎、牙周炎和牙痛等症狀劉芷欣醫生

方法二:用一只雞蛋清加等量白酒攪勻喝一口,含口中,5分鐘後吐掉,一日二次(一日一只蛋),2-3天消炎止痛。可治療牙周炎、牙齦炎症狀。

方法三:把味精按1∶50的濃度用溫開水化開後,口含味精溶液一會兒就吐掉。這樣連續幾次,堅持兩天後牙痛就會好的。

方法四:牙疼的時候可以切生薑一小片咬在痛處,必要的時候可以重複使用,睡覺的時候含在口裏也無妨。這是很安全可靠的一個驗方劉芷欣醫生

方法五:取普通白酒100克放入茶缸裏加上食鹽10克;攪拌,等鹽溶化之後放在爐子上燒開。含上一口在疼痛的地方,注意不要咽下去,牙痛就立刻止住了。

方法六:漱口:含一口水(溫度接近體溫),用力漱口。

方法七:用冰塊按摩合穀穴5分鐘。

方法八:花椒10粒,白酒一兩,將花椒浸在酒內,十分鐘後用酒口含,幾分鐘即見效,一日2次每次10分鐘,3-4天痊癒。神經性、過敏性、蛀牙痛均可使用。

方法九:按摩手:這方法可緩解50%的疼痛。取一塊冰搓摩拇指與食指骨頭相連的“V”字地帶,輕輕地將冰塊壓在此部位5-7分鐘懷孕前準備

[ 投稿者:び鈴を押し at 13:29 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月26日
世界公認的6個美容秘方






美容是所有女性一生關注的焦點,這裏小編給大家推薦6個美容秘方,甩開昂貴的護膚品,回歸自然看看效果如何Wedding Shoulder 價錢

  除面部皺紋:

  鮮黃瓜汁二調羹,加入等量雞蛋清(約一只蛋)攪勻,每晚睡前先洗臉,再塗抹面部皺紋處,次日晨用溫水洗淨,連用半至一月,能使皮膚逐漸收縮,消除皺紋有特效.

  皮膚粗黑:

  靠化妝品增白皮膚,只能一時掩飾,治表不治本,現向你介紹一種治表治本能使皮膚增白而真白的妙方,既簡單又有特效:用白醋甘油按5:1混合, 常擦皮膚(一日二三次)能使皮膚濕潤,減少黑色素沉積,一月後皮膚即細膩白嫩,潔淨光滑富有彈性,充滿美感。(此方對遺傳黑皮膚均有效).

  除雀斑:

  杏仁*5錢,研成細粉,用雞蛋清調勻,每晚睡前塗面部,次日清晨用溫水洗去,一日一次,10-15日顯效,以後不發Derma 21 好唔好.

  黃褐班蝴蝶斑:

  冬瓜汁白醋等量,調勻塗面部,一日2-3次,塗後過10分鐘洗去.連用半月即可除淨.

  除面部色素斑:

  鮮番茄汁蜂蜜,按5:1混合,塗面部,過10分鐘後洗淨,連用10-15日,能使黑色素分解,皮膚變白紅潤.

  除粉刺(酒刺青春豆座瘡):

  鮮黃瓜汁白醋等量調勻,先用熱水洗臉後再塗臉,一日三次,塗後過10分鐘用溫水洗去,連用半月可愈,以後不老Derma 21 好唔好.








[ 投稿者:び鈴を押し at 13:30 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月07日
慢性鼻炎吃什麼藥效果好



主要用的是滴鼻類的藥物,具體操作是:滴藥時鼻孔朝上,頭後仰,以不使藥液流入口中,每次一側鼻腔點入3~5滴即可,點藥後保持頭位5分鐘,每日用藥3~5次。但該方法不易長期使用,且容易因為操作不當而使藥液流入咽喉,對於兒童慢性鼻炎者更是不適宜採用。

2、慢性鼻炎的中醫藥物治療

中醫認為慢性鼻炎以肺脾氣虛和氣滯血瘀為主,慢性鼻炎應以補肺脾,通利鼻竅的辦法為主。具體作法是:蒼耳子10克、白芷10克、辛夷10克、薄荷3克(後下)。慢性肥厚性鼻炎加川芎10克、赤芍10克。鼻涕多者加半夏10克、茯苓12克,冬瓜子12克。但中醫藥物療法所需時間非常長,且藥物的搭配比例一定得嚴格遵守,定時服用,非常的麻煩。慢性鼻炎吃什麼藥效果好避孕 藥

3、慢性鼻炎的推拿療法

以右手拇指和食指,捏住鼻樑兩側,上下稍用力推移,上至內眼角下,下至鼻翼上方,每次10分鐘,每日2次。推拿按摩雖然可以起到適量的疏經作用,但是按摩額力度的大小和推拿是否能長期堅持決定著該方法是否能產生效果,即使堅持使用,也不能從根本上治癒慢性鼻炎。方法四,針灸治療:取穴迎香、印堂、太陽、風池、曲池、足中裏等,每次2—3穴,強刺激。針灸治療不是一般人可以在家裏自行操作的,需要專業的針灸師來實行。因而,不具有普遍性,且長期進行針灸,對患者而言也是相當痛苦的一件事。

4、慢性鼻炎的飲食保健

宜:多食富含維生素A、B2、C、E、煙酸的食物,多食新鮮蔬菜水果,又宜多食含鐵食物。臨床上用鐵劑治療萎縮性鼻炎,有效率可達75%左右,可見對血清較低的萎縮性鼻炎患者,多吃含鐵食物,療效是肯定的。

忌:抽煙和食辣椒、飲酒、吃火鍋等上火、生冷、辛辣食物。

預防慢性鼻炎的措施

鼻塞不可強擤鼻:偶爾鼻塞時不可強行擤鼻,以免引起鼻腔毛細血管破裂而發生鼻出血,亦可防止帶菌黏液逆入鼻咽部併發中耳炎。可用水洗洗鼻腔避孕 藥

小病不要拖:有病不要拖,一定要積極治療。感冒等小病及時治療,防治直接傳染到鼻。

刺激食物不過食:炸辣、醃漬、燒烤等刺激性食物,都是火熱之品,而肺開竅於鼻,肺屬金,火克金。火熱之品過多直接導致肺火盛,加重鼻炎病情。

鼻炎患者少游泳防鼻感染:鼻炎患者儘量少游泳,游泳時均應用口吸氣,用鼻呼氣。如果鼻內有水,不宜用力擤出,立刻可在地上作跳躍運動,同時用鼻作短促呼氣以便將水噴出。慢性鼻炎吃什麼藥效果好

冷熱交替不劇烈:不要長時間待在過冷的空調房,進出空調房防止冷熱交替劇烈引起感冒。肺開竅於鼻、肺主皮毛。冷熱變化對皮膚的刺激,經常反應在鼻。引起鼻的病變。

冰涼飲料不過飲:脾胃快速吸收大量冷飲,會直接分佈在肺中,民間“炸肺”之說,是存在的,很多患者直接表現的“炸肺”就是傷了肺之竅——鼻。

慢性鼻炎的食療方

1、川芎豬腦湯

配方:豬腦2副,川芎15克,辛夷花10克。

用法:豬腦洗淨,剔去筋膜,將川芎,辛夷花煎水取汁,入豬腦和鹽、胡椒,燉熟,分二次吃。

功效:行氣活血,補腦通竅。

主治:氣滯血瘀之慢性鼻炎。

2、桃仁粥

配方:桃仁10克,當歸6克,粳米50克。

用法:桃仁去皮尖研碎,當歸煎水取汁,與粳米一起如常法煮粥,一次食。慢性鼻炎吃什麼藥效果好

功效:活血化瘀,養胃利竅。

主治:氣滯血瘀之慢性鼻炎。

3、棗泥豆包

配方:大棗(去核)250克,白扁豆1000克,麵粉1000克。

用法:扁豆水煮,至軟時加入去核之大棗再煮,至水將盡豆能搗碎時離火,趁熱將扁豆、大棗作成泥狀,作陷;麵粉和好發酵,發好後加適量蘇打或堿揉勻,擀皮,包進扁豆棗泥,做成豆色(大小不拘)蒸熟,作主食口服 避孕 藥

功效:健脾利濕,養胃利竅。

主治:肺脾氣虛之慢性鼻炎。





[ 投稿者:び鈴を押し at 12:20 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月18日
しまいかに背
「うん。こうしているから、安心してお休み。明日には何とかなるだろう。」
「あい。」

明日など、どうなるかわからない。
今や、会津降人(あいづこうじん)と世dermes 價錢間に後ろ指を指される二人だった。

「朝敵」「逆賊」といういわれのない謗りは、江戸への道中、直正と一衛の高い誇りと自尊心を粉々に打ち砕いた。
故郷では秀才の誉れ高かった直正でさえ、身元引受人がいなければ、東京と名を変えた帝都に入ると、職も住むところもを得られない。

会津の名を秘めても、東北から流れてきたものすべてに、世間は厳しかった。
言葉に滲むわずかな訛りに、相手が眉をひそめる。

ほんの少し前まで武士の世で、将軍様が江戸城に居たことも、移り気な人々は忘れかかっているのだろうか。
あれほど攘夷を叫び異国を嫌ったはずの新政府は、倒幕以来、西洋諸国に尾を振りすべてを必死に取り込もうとしていた。
幕府に加担した者達だけが、今や帝に弓dermes 價錢を引いた裏切り者よと言われ、どこにいても肩身を狭くして過ごしていた。出身地を東北だと相手に告げる度、足元を見られ、食料を買うたび定価よりも高い金銭を要求された。

「……一衛。大丈夫か?」
「あ……い。申し訳ありません、直さま……」

数日、神社の境内で過ごしていた二人は、役人に目をつけられそうになり、そこを後にしていた。無人の寺は付近には無く、泊まれる場所を求めて二人は彷徨っていた。
無理な長旅の疲れのせいか、一衛は熱を出し動けなくなった。

「困ったな、熱が高い。せめてどこかに、雨露をしのぐ場所があれば良いのだが……。」

宿を探そうにも、北国の出身と告げれば、お上に仇なした輩を泊めるわけには行かないと、どこへ行ってもけんもほろろに断られた。
身分を明かさないで済む日雇い仕事で得た金も、清助にもらった路銀もとうにそこをついていた。
もう三日も、ちゃんとしたものは食べていない。
直正はこんこんと、時折咳き込む一衛を抱きしめ、静中を撫でていた。
そうするしかない自分を情けなく思ったが、どうすることもできない。
一衛は瞳をうるませて、何度も詫びた。

「……直さまの、お荷物……になってました。すみませぬ……」
「いいから気にするな。少し休んだら、どこか横になれるところを探して来よう。また、雨が降りそうだ。昨夜、夜you beauty 美容中心露にぬれたのが良くなかったのだな。」
[ 投稿者:び鈴を押し at 13:11 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月25日
なく表いわ

いえ、
この後もつづくのですが、
ここまでを思い出すと
僕は「うん、まさにその通り」と
膝を打つような気持ちになります。



『ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
異土の轉按套現乞食になるとても
帰るところにあるまじや』



すべての人にとって
どうかは知りませんが、
僕にとっての『ふるさと』は
そういうものーー東京で乞食みたいな
暮らしをしていても
帰る気にはなれない土地ーーなんですね。



その東京にいると、
夕方にこれまたよく聞くメロディが流れてきます。
童謡の『故郷』です。



(↑こういう時間帯にそのメロディは流れてくるんです)



『兎追いし かの山
小鮒釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき故郷』
で有名な、あのメロディです。



しかし、
僕はそれを聞くたびに
3番の歌詞を口ずさんでしまいます。
『志を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷』



すでに忘れ果てたつもりの
生まれ育った土地に
思いをよせてしまうなんて
馬鹿げてるのですが、
このメロディとそれに付随して
思い起こされる言葉は
僕をすこしだけ複雑な気分にさせます。



きっと
人間はそんなに便利にはできていないのでしょう。
忘れた振りをしていても
経験したことはどこかに確実に残っていて
なにかの拍子にそれは
ふっと頭をもたげてしまうのです。



ただ
感傷に浸っていても
なにも良いことなどないので
僕はすぐに忘れた振りをしはじめますけどね。



それに、
僕が『ふるさと』に戻ることもないでしょう。
このように
ごくたまに『かなderma veil效果しくうたふ』ことはあっても。



彫刻を眺めつづけるのも
もう4日目になってしまいました。
でも、
これで終わりですからね。


最終日の今日は
これまでとは趣を変えて
純粋に美学的見地から
彫刻の股間を見てみようと思います。


「は?」とお思いの方もおられるでしょうが、
まあ、4日も彫刻について書いていると
こういうこともしたくなるものなんです。


さて、
『トイレで唸る人』ですが、


彼は真っ裸でトイレに入っているせいか
縮みあがっているようです。


アップにすると、こんな感じ。

原形をとどめないほどに縮みあがってますね。
きっと、
寒い冬の日のひとコマなのでしょう。
男子たるもの、こういうのは理解できます。


つづいては、
エミール=アントワーヌ?ブールデルの作品
『弓をひくヘラクレス』です。


こういう切り口だから
仕方ないかもしれませんが、
すぐに目がソコにいってしまうお方も
いることでしょう。

でも、焦らないで下さいね。
ちゃんとアップもご用意してありますので。

さすがは勇者ヘラクレスです。
文弱なお方とは違って、
きちんとした形を曝け出しています。



で、
さらにアップ。



重ねてきちんと書いておきますが
これは美術作品であり、
僕はその観賞をしているだけですからね。



ロダンとブールデルでは
そのパーツのつくり方にも
これほどの違いがあるってことを
示したいだけです。



そう、
あくまでも純粋に美学的見地から
眺めているだけですよ。
「そこんとこ、よろしく」です。


では、
後ろからヘラクレスを眺めましょう。

背後からでもわかるってのが素晴らしいですね。
ブールデルは写実的な表現を好んだのでしょうか。
ま、
各器官の分離まで荃灣西新樓はいかなかったようですけど。


しかし、
ロダンも縮みあがってるばかりではありませんよ。

こちらの彫刻では頑張っています。




ほら、ね?


まあ、
だいたいの彫刻が真っ裸の人物であるのは
人間の身体をいかに表現できるかが
彫刻家のテーマだったからなんでしょうね。


グロテスクであり、また美しいものでもある
人間の身体を余すこと現するためには
どのパーツであれ、
きちんと描ききる方がいいと僕は思います。
だって、
そうしない方がいいなら、
パンツくらい履かせときゃいけですもんね。
[ 投稿者:び鈴を押し at 13:20 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月10日
こういうあの人が恋
「ぅん……?」

髪は短くなってしまったが、小さな顔も疲れて青ざめたまぶたも、あの日のままだった。
緩慢な動きで、サクルの胸に預けていた頭を上げた。

「何……?」

「いつか、君に貰った箸についていた文の意味が知りたい。愛し合った日の翌日に、花のお礼だと言you beauty 美容中心好唔好って君から届いたんだ。」

「ああ……あれ。」

「何度もそらんじて、覚えてしまったよ。日本の大使に使いを出して意味を聞こうと思っていた。」

「……そんなことをしたら、とんだ赤恥をかくことになるぞ。」

由綺哉はどうやら照れていた。気にせずサクルは直も重ねた。

「なぜ?……黒髪の みだれもしらず うちふせば まづ かきやりし 人ぞ恋しき……にはどんな意味が?君がわたしにくれた文の意味を、どうしても知りたいんだ。教えてくれ、由綺哉。」

「何でそんなことを知りたがるかなぁ……いっそ、そこいらの中学生にでも聞けよ……もう。」

由綺哉はふっとそっぽを向いた。実はかなりシャイな性質らしいと、サクルは気付く。

「由綺哉……?」

赤みを乗せた頬で、怒ったように由綺you beauty 優纖美容哉は口にした。

「……あなたを思い、髪の手入れもせず乱れたまま、わたしは床に伏しています。こうしていても真っ先に思い浮かぶのは、昨夜わたしの褥(しとね)で、この黒髪をかきやったあの人の事。あなたが恋しい……って書いたんだよ。この、野暮天。」

「由綺哉っ……!」

幸運にも最期の言葉は聞こえなかったらしいサクルは、喜びに上気し、もう一度由綺哉を抱きしめた。

やはり日本には帰したくない、このまま傍に居てくれと言い出し、由綺哉が本気で切れるのはもう少し後の事だった。




「あとがき」

黒髪のみだれも知らずうちふせば まづかきやりし人ぞ恋しき 和泉式部、後拾遺集755番。

黒髪が乱れるのも構わずにふせていると、なにはさておいても、この髪をやさしく掻きやってくれたしい。「まず」は初めて愛してくれた男を指す。

和歌検索などしていますと、時々ものを見つけます。訳も色々あるので目移りします。
古文が自在に操れる人が羨ましいです。文語体とか、此花にはちんぷんかんぷん……すごく使いやすかった大好きな翻訳サイトさまが閉鎖されてしまったので、復活してくれyou beauty 投訴ないかな〜と思っています。(′?ω?`)まじ、 しょっく……
[ 投稿者:び鈴を押し at 12:46 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月17日
な声んだで海
引き寄せた二枚貝のような唇が、そっと重なって絡み合った。ぎこちなく小さな舌が、スルタンの口腔を這い、劣情を煽ってゆく。小さな青い人魚の、貝殻骨をなぞると「はふっ…」と吐息が洩れた。

何もついてない光る下肢に、やがて、ふるりと小さ墾丁旅遊な性器が顔を出して屹立した。
少年人魚の足の間に隱されたものがそっと勃ちあがり、体の内部にしまわれていた人魚の薄紅色の突起が恥ずかしげに顔を出した。
桜貝の色に染まった胸の突起もスルタンの手のひらで、固くなり震えていた。子羊の新鮮な肉片のようにも見える、透き通った茎に、露がとろりと今にも溢れ落ちそうになっている。芳香を放つ少年人魚の秘部に、王さまはそっと口を付けた。
舌を絡め吸い上げると、人魚は驚き甘い悲鳴をあげた。

「あ……っ、スルタン!飲んではいけません!人魚の精は、人には毒となるのです。おやめください。」

だがスルタンの喉は、こくりと音を立てて甘露な毒薬を飲み下してしまった。

「今更、毒など何も怖いことはない。わたしには失うものなど何もないのだから。今、ここで黄泉へ旅立っても構わぬ。」

人魚は不思議そうに「でも、ここには…」と口にした。

「スルタンには白い漆喰の柱が立ち並ぶ、夢貨物存倉のように美しい王国があるではないですか。この国を守る為に、スルタンは長い間、戦をしているのではないのですか?」

「好きでそうしているわけではない。太守だから、そうしている。……王妃に出会い初めて、誰かを守る為に戦をしようと思った。願いは……叶わなかったがな。王妃を失くした今は、漆喰の回廊が罪人を閉じ込める牢獄のように思える。」

「スルタン……。」

「後宮にいる多くの女たちは、自ら望み、また言い含められてわたしの正妃になる為にここに来た。わたしが国を留守にし戦をしていた時、正妃が捕虜となり辱めを受けたのを知っても誰一人として悲しまなかった。そればかりか、次は誰が選ばれるだろうかと、派手な衣装で着飾って、次々にわたしの前に現れた。」

人魚は胡坐をかいたスルタンの膝にそっと頭を乗せ、可愛らしい声で歌うように語った。

「スルタンのお妃さまは、きっと素晴らしい方だったのですね。遠く離れた今も、スルタンの胸の中で生きて愛されている。羨ましい気がいたします。」

「助けられた侍女が、妃がどれほど毅然として、女官たちを守る為に屈辱に耐えたか話をしたが、宰相たちには妃よりも、わたしの体面の方が大事だったんだ。誰も妃が死ことを悲しまなかった。そればかりか…もう二度と正妃にこのようなことが起こらないように、以後は国主の正式な結婚は認めないようにしようと画策している。誰も、わたしの深い悲しみには気付かないんだ。王妃の亡骸も無く、弔いも出せぬ……。誰もわたしの妃を悼まぬ……。」

「可哀想なマハンメド……。わたしと一緒に海の王国へ行く?漆喰の王国を捨てて、生まれ変わって輝く銀色の鱗の魚になる?わたしと長(とこ)しえを生きる勇気がある?」きらりと人魚の瞳は輝き、スルタンの耳元に小さの秘密を教えた。
スルタンの哀しみに満ちた表情が搜索引擎優化やがて喜色を浮かべ、小さな青い人魚を抱きしめた。愛する者を失ったスルタンと囚われの小さな青い人魚は互いの空虚を埋めあった。
最後のパズルの一片をはめ合うように。
[ 投稿者:び鈴を押し at 13:19 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月06日
せないたと思
「細雪の水揚げの日に、無粋なことだ。……いっそここを、お前と二人の貸切にしてしまえばよかったね。」

「若さま!逃げてーっ!」

花菱楼で長らくよばれたことの無かった呼び名を、誰かが叫んだ。
音を立てて慌ただしく乱暴に階段dermes激光脫毛を駆け上がる音と、浅黄の大声が響いた。

「浅黄……っ?」

何かを察した澄川が、さっと一枚着物を羽織ると細雪花魁に緋襦袢を着せかけて、いいね、お前は決して奥の部屋から出てはいけないよと、ささやいた。

「一体、何事でありんしょう……?」

「心配しないでいい。話を付けて来よう。」

後ろ手に固く締められた金色の襖を、細雪は見つめた。
決して部屋からは出てはいけないとdermes激光脫毛固く念を押されたが、どうにも気になって襖の傍に寄って聞き耳を立てた。
酔客は大門で断りを入れるが、中で飲んだ分にはどうしようもない。
そんな時は花菱楼の男衆が自警団として、ならず者は直ぐに処断する。場合によっては、現の警察に突き出すこともある。

だが聞こえて来たのは、どうやらそんな雰囲気ではなく、まっすぐ細雪花魁に向けられたものだった。
聞き覚えのある声で現での名前を呼ばれ、思わず細雪は部屋の内側で耳を覆い、身を固くした。

「基尋、どこだーーーっ!」

「本郷の宮様の声……」

「知っているぞ!今日、ここで基尋を水揚げさせるつもりだろう。俺が何の為にあいつをここへ連れて来っているんだ。出てこい、基尋--!伯父さんが助けにきてやったぞ!」

大勢の男衆が、寄ってたかって上に上dermes 脫毛げさよう、本郷の宮……今は宮家を失ってただの本郷という苗字の男を阻んでいる。

「本郷様。あれほど酷いことをしておいて、何で今更こんな所までお越しになったのです……!どうか、お帰り下さい!」

「基尋の小姓風情が……邪魔だてするな!」
[ 投稿者:び鈴を押し at 12:29 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月17日
前でにでき
「なぁ……さっき、俺の背中の鯉を見てただろう?これはなぁ、俺とお前だよ。俺には昔からお前だけしかいなかった。傍に居ろよ……優しくしてやるからな。ムショに居る間、毎日お前の夢を見た。会いたかったぜ、求。」

細い身体を抱き上げて、膝の上に乗せたreenex膠原自生らどっと血の塊を含んだ鮮血が下りて散った。

「ああ、中が切れちまってたのか……。可哀そうになぁ。後で、薬塗ってやるからな。さあ、その前に痛みどめだ。」

小皿に入れられた白い粉を水で溶いて、細い注射器に吸い上げる。足首を掴むと、求は何をされるか予期して、虚しい抗いを見せた。

「……や……め……に……さん……」

「すぐに気持ちよくなるからな。……堕ちろ。」

少量の液体が、足の指の間に消えてゆく。ぶるりと腕の中の求が震えるのを見て、間島はふっと笑った。散々に抗った女たちが、最後には薬欲しさに自らあさましく腰を振り身体謝偉業醫生を開くのを見て来た。薬で支配できない人間などいないと、間島は思っていた。

あれほどの吐き気と眩暈が、瞬時に引いてゆく。先ほどまで求を包んでいた絶望の代わりに、高揚感が満ちて来て、救われた気持ちすらする。
全て薬のせいだった。

痛みが全て快感に変わる瞬間、まるで眩い光が射すように求は目を細めた。この昏い世界から逃れようと手を伸ばし、思わず、共に生きようと誓ったまぶたに浮かぶ最愛の女性の名を呼んだ。

「……ゆ……き子……」

顔色を変えた獣が、瀕死の獲物の喉元に食いついた。

「今なんて言ったんだ?求〜、もう一回呼んでみろよ。お兄ちゃんが、ここに連れて来てやるぞ。お前の目のやり殺してやろうか、おらっ!二度とその名を口ねぇ様に抗衰老してやるからな。」

体力を削がれていた求は、頬を張られて失神した。

激高した義兄は、そのまま隣室の手下を呼んだ。

「おいっ!下から機材持って来い!」

「え……兄貴。こいつは特別なんじゃ……」
[ 投稿者:び鈴を押し at 12:40 | び鈴を押し | コメント(0) | トラックバック(0) ]