掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年11月21日
コーティングの論理
コーティングは、通常、基板という物体の表面に適用されるカバーである。コーティングを塗布する目的は、装飾的な機能性、あるいはその両方であってもよい。コーティング自体が完全に基板を覆う、すべてのオーバーコーティングであってもよいし、基板の一部のみを覆うことができる。 コーティングのこれらのタイプのすべての例は、多くの飲み物のびん- 1側はすべてのオーバー機能性コーティングを持っている(接着剤)と他の辺が適切なパターン(印刷)内の1つまたは複数の装飾的なコーティングを持っている製品のラベルです言葉とイメージを形成している。

いくつかのアーティストの塗料装飾用のみですが、塗料とラッカーは、主に基板を保護し、装飾的であることの二重の用途があるコーティングであり、大規模な工業用パイプの塗装は腐食を防止する機能のためと考えられる。
機能性コーティングは、例えば、接着性、濡れ性、耐食性、耐摩耗性又は基板の表面特性を変更するために適用することができる。他の場合には、例えば半導体装置の製造は、 (基板はウェハである) 、コーティングは、磁気応答または電気伝導度と全く新しいプロパティを追加し、最終製品の本質的な部分を形成する。

ほとんどのコーティングプロセスのための主要な考慮事項は、コーティングが制御された厚さで適用されることで、塗布いくつかの非常に高価な機械に、壁を塗るための単純なブラシに至るまで、この制御を達成するために、異なるプロセスの数が使用されているエレクトロニクス業界でコーティング。 '非オールオーバー'コーティングのため、さらなる検討は、制御がコーティングが適用される場所にとして必要です。これらの非すべてのオーバーコーティングプロセスの数は、プロセスを印刷している。

多くの工業被覆プロセスは、紙、布、フィルム、箔、又はシート素材として基材に機能性材料の薄膜の塗布を伴う。基板が開始され、ロール状に巻か処理を終了する場合、プロセスは"ロール·ツー·ロール"又は "ウェブベースの"コーティングと呼ぶことができる。コーティングマシンを介して巻き基板のロールは、通常、Webと呼ばれています。
コーティングは、液体、気体または固体として適用することができる。
[ 投稿者:mahogany at 20:23 | おもちゃ、お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

-コントロール-
遡ること二年前

ゴールデンウィークを控えた忙しいさなかに

僕の中の何かが熊野へとむかわせた。

往復1200km。

夜に東京を出て翌日の夜に東京に戻る。

運転手は僕以外にいない。

相棒としての実力を試したかった。

それもあったかもしれない。

長く果てない道に思えた。

こんなことするんじゃなかった。

そう思うこともしばしばだった。

眠気も容赦なく僕の脳味噌を襲う。

同時にアセりも僕を襲ってくる。

もっとスピードを上げなければ。

自分をもう一度奮い立たせ

シートから少し身を離し

前かがみの姿勢になって意識を覚醒させる。

レガシィのハンドルに身体を預け

更にアクセルを踏み込もうとしていた。

そのとき

僕の右足に必ずぶつかってきたものがあった。

クルーズコントロールのスイッチだった。

知らぬ間に右腿でそのスイッチをONにしていたのか

メーターの中の「CRUISE」という緑色のランプが

パっと点灯するのに気付くことがしばしばだった。

僕はその光が点く度にはたと我に返り

クルーズコントロールのレバーをセットして

いつもの気儘にのんびらペースへ復帰していた。

即ち100km/時で高速巡航を再開させていた。

程よく僕の体をホールドしてくれるシートに

その身を預け直して。

レガシィのクルーズコントロールのスイッチは

ハンドルポスト(付け根)ではなく

なぜかハンドルそのものに取付けられており

ハンドルを切る度に合わせて動いてしまうことが

購入直後からずっと気になっていた。

何故だろう。

邪魔くさいだけなのに。

他の車では動かない位置にあるものなのに。

瞳の中にも入らないようにしておくものなのに。

納車後からこのドライブの開始前まで

ずっとずっとそう思っていた。

やっぱり出来が悪い。

だって常識ハズレ。

ホントどうしようもない。

そうも思っていた。

しかし

このドライブを終えたあとの忙しいGWのさなか。

ネットでの表現のあり方を試行錯誤しているうちに

僕の中の何かがパチンと目を覚ました。

僕は大切な妻と家族との夢を叶えるためにも

この車にずっと乗り続けていかなければならない。

そう思えた。

ここまで真剣に運転者の安全を考えている車に

今まで乗ったことがなかった。

そこにようやく気付いた。

そして

僕が僕自身の目指すべき道を見失わないためにも

この車とスバルの技術者を信じて

ずっと乗り続けていこう。

そう心に決めた。

ついでに

大好きなこの車がこの世からなくならぬよう

僕のできるだけの力は尽くそう。

ネットという手段を使って表現してみよう。

だって

スバル・レガシィという大切な遺産がなくなったら

僕自身が行く道のコントロールを失ってしまう。

そう思ったのです。

♪ With a lot of Thanks for SUBARU and LEGACY forever ♪
[ 投稿者:mahogany at 20:20 | おもちゃ、お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]