掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年06月18日
リンゴジュースについて
リンゴジュースの果汁100パーセントの商品には透明なジュースと混濁タイプのジュースの2種類ありますがどうしてでしょうか。

これはジュースの製法に違いがあります。

リンゴは酸化した場合、褐色になって、そのうえ砕いて搾ると濁ってしまったり、沈殿物が生じたりして、見た印象がよくありません。

以前は酵素を入れて沈殿物などを分解して透明にし、ろ過していました。

1960年代の後半当たりから、ビタミンC溶液を砕いたリンゴに加えることで変色が防止できて安く作れることがわかりました。

それ以降国産ジュースはほとんどが、リンゴをそのまま搾る混濁タイプに変わりました。








[ 投稿者:eytu55nuw524 at 20:53 | 生活 ]

2019年06月12日
赤ちゃんの体温調節
赤ちゃんは眠くなってくると、手のひらが温かくなりますが、これはどうしてなのでしょう。

大人と赤ちゃんでは熱を体の中で作るとか外へ逃がしたりする場合、仕組みが違っているみたいです。

大人は寒いと筋肉を震わせることによって体の中で熟をつくり、暑い場合は汗をかいて熱を放熱しています。

これにたいして赤ちゃんの場合は、左右の肩甲骨の間に脂肪がためられていてそれを燃やして熱を発生させることで血管を拡張させ全身に熱を送って体を温めるのです。

体温が上昇したときも血管を拡張させることで放熱します。

このどちらの場合も赤ちゃんの手のひらは温かくなります。

そして、快適な体温になったところで眠り始めるというわけです。






[ 投稿者:eytu55nuw524 at 20:59 | 生活 ]

2019年06月08日
除菌・殺菌・消毒について
せっけんの「除菌」「殺菌」「消毒」についてはどのように違うのでしょうか。

「除菌」というのは微生物を物理的に取り除くことをいい、「殺菌」というのは微生物を死滅させてしまうことといった相違があります。

「消毒」につきましては人畜にとっては有害な微生物ばっかりを殺菌することになります。

「抗菌」というのは増殖に歯止めをかけるということを意味します。

薬事法において「殺菌」「消毒」の用語を用いることが承認されているのは、消毒剤といった「医薬品」と薬用せっけんなどのような「医薬部外品」限りとなります。

台所用洗剤によっては殺菌・消毒効果のあるアイテムもありますが、薬事法において、これらの言葉が使えないため「除菌」という表現を用いているのだそうです。





[ 投稿者:eytu55nuw524 at 20:32 | 生活 ]

2019年06月03日
名誉教授になるには
名誉教授はどのようにしてなれるのかというと、

1 長年教授を務めた人
2 学長を務めたた人
3 教授の年数は短いが学術上、教育上の功績が大きい人

このような人が名誉教授の対象となるようです。

3には故湯川秀樹博士が文化勲章受章などによって大阪大学から名誉教授を授与されたのが当てはまります。

最も多いのが1で、大学によって年数は違っていますが、京大、阪大、東大、九州大は15年となっています。

なお助教授、講師だった年数も3分の2として加算されます。

名誉教授は終身制なので定年はありません。

特典についてはたいしたことはなく図書館入館証がもらえたり大学刊行物が送られてくるとか懇談会への出席程度だそうです。

ラポマイン



[ 投稿者:eytu55nuw524 at 11:46 | 生活 ]

2019年05月26日
烏龍茶の語源
烏龍茶の語源をご存知ですか?

中国には6種類のお茶があって、中でも一番多く飲まれているのは緑茶だそうです。

中国の緑茶は日本の緑茶に比べて渋みが少なくて、さっばりした味とのことです。

烏龍茶は「鉄観音」や「水仙茶」と同じ種類の半発酵茶の一種のお茶になります。

広い国土の中国の中でも飲まれている地域は福建省、広東省の北部、台湾などに限られているようです。

烏龍茶という名前の由来は、茶菓が烏のように黒くて竜のような形をしているためこの名前がついたそうです。

烏龍茶は脂っこい食事をしたあとに飲むと良いと聞いたことがありますが、実際のところどうなんでしょうか。






[ 投稿者:eytu55nuw524 at 11:41 | 生活 ]

2019年05月22日
すき焼きとしらたき
すき焼きが始まったのは室町時代からだそうです。

その当時はガンとか、カモシカ、ウサギといった肉を焼いて食べていたそうです。

すき焼きと言う名前で呼ばれるようになったのは江戸時代からだそうです。

畑を耕すときに使っていた鋤の上に肉をのせて食べていたので、すき焼きと言う名前になったそうです。

すき焼きに初めて牛肉が使われたのは安政元年だそうです。

それからは牛肉のすき焼きに使われるのが当たり前になったとのこと。

すき焼きの主役の牛肉としらたきは相性が悪いと言う話がありますが本当なのでしょうか。

話によると牛肉としらたきを並べておくと、白滝に含まれるカルシュームが肉を変色させてしまったり、肉を硬くするとの事。

でも、悪い肉だとそうなるかもしれないが、良い肉を使えばそんなことはないと言う話もあるようで、どうも実際は違うみたいです。






[ 投稿者:eytu55nuw524 at 09:58 | 生活 ]

2019年05月18日
奈良漬で酔っ払い
あまり、お酒を飲めない人が奈良漬を食べても酔ってしまうみたいです。

奈良ずけってアルコール分はどれくらいあるのか気になりますよね。3.5%以上含んでいるそうです。

上のクラスの7月になるとなんと5%から6%も含まれているとの事。

ビールが、アルコール分が約4.5%と言うことです。

ですから、奈良漬の方がビールよりアルコール分が多いと言うことです。

裏付けを取り、奈良漬を食べてから運転すると酒気帯び運転になってしまう可能性があります。

お酒に弱い人は、運転する時は奈良漬は食べないようにしたほうがいいです。

下戸の人は、奈良漬をおいしいと思って食べる人はあまりいないかも知れませんね。

チョコレートにも、よくウィスキーとかブランデー入りと言うのもありますが、これも気をつけないと酒気帯び運転になる可能性がありますので気をつけましょう。






[ 投稿者:eytu55nuw524 at 19:53 | 生活 ]